NINJA GAIDEN等で知られるTeam NINJAの新作ゲーム「仁王」のメタスコアレビューが公開されました。
現時点で87点とかなりの高得点です。

http://www.metacritic.com/game/playstation-4/nioh


海外レビューを紹介します



海外レビュー



The Jimquisition 100

仁王は他のタイトルを似ていることで注目を集めていたが、インスパイアされて行われた努力によって、今作はそれ自体が記憶されるに値する特別なゲームとなっている。
スピーディーで妥協なき戦闘システム、夢中になれるアイテム収集、そして魅惑的なアートスタイル、
これほど魅力的で洗練されたアクションRPGはそうはない


Playstation Universe 95
ほとんど完璧に近い出来だ。
仁王は感嘆すべきタイトルであり、あっさりと今年のGOTYレースの走者となっただろう。



LaPS4 92
Team NINJAは、ソウルシリーズとの避けられない比較を、独自性を発揮することによって乗り越えることに成功したと言える。
多様で楽しい戦闘システム、偉大な設定、そしてこのスタジオのゲーム特有の難易度、仁王は2017年のベストゲームの強力な候補だ。



XGN 92
仁王は最高のアクションRPGの一つとなった
この膨大な量の特徴が組み合わされた挑戦的なゲームは、人生から40時間以上の時間を奪い取っていったが、全く後悔はない。



Eurogamer Poland 90
仁王は、その非凡な特徴を持って、ソウルシリーズのファンにとっては大変興味深い、長時間の満足できるゲームプレイを提供してくれる。
偉大な戦闘システムと絶え間ない挑戦は私たちを魅了し続けるものであり、冒険の物語や伝承は曖昧であるにも関わらず、満足できるものだ。



CGMagazine 90
Team NINJAはサムライダークソウルで大成功を収めた。



DualShockers90
最終的に、仁王は本当にファンタスティックなゲームです。
それにはいくつかの欠陥があり、いくつかの要素が完成度を損なっているが、それでもほとんどは適切に作用している。
Team NINJAの最新の、愛にあふれた作品は魅力と雰囲気、そして業界で最も優れたアクションバトルシステムで満載だ、



M3 90
仁王を日本の神話版ダークソウルとして見てしまわないことは難しい。しかし、仕組みになれるとすぐに、仁王はそれをユニークにしているいくつもの特徴があることが分かる、一部のインスピレーションの少ないステージや若干時代遅れのグラフィックを除けば、完璧なアクションゲームです。このジャンルでは最高峰のものの一つかもしれない



Destructoid 90
困難だがやりがいのある戦闘や時にはギリギリのパロディである軽快なストーリーに重点を置くことによって、
Ninja Gaidenシリーズの真の後継者のように感じ、ソウルが残した空白を埋めている



IGN Italia 88
最も洗練されたゲームというわけではありませんが、フロムソフトウェア以外のチームから開発されたソウル式のゲームの最初の良作だ。



Vandal Online 82
仁王は他のゲームから拝借している、しかし独自性と個性のあるやり方を取っている。もしコンセプトが気に入ったのなら、逃す手はない。



Stevivor 80
仁王がダークソウルよりも簡単であることは否定できない -私がボスにたどり着けるだけでなく、撃破できるということからもそれは分かる。しかしそれは構わない。Bloodborneとソウルズシリーズが定期的にリリースされることを期待している人にとって、仁王は少なくとも、良い手段だ。



Attack of the Fanboy 90
Team NINJAは、仁王を可能な限り良いゲームにするために多くの時間を費やしたが、それは無駄ではなかった。
出来上がったものは、ソウルシリーズから多くを参照した素晴らしいアクションRPGですが、それ自身が誇るべきタイトルとして独立できるように、多くの変化球を加えている。





<管理人のコメント>

全体的に絶賛されています。
メタスコアでは簡易なレビューのみ掲載されるため、具体性に欠けます。
なので私が体験版をやった感想を書いていこうと思います。
(これまで3度体験版がでていますが、私はα体験版を途中まで、β体験版は通常難易度でステージクリアまでやっています。)


まずこれは死にゲーです。
もう理不尽に死にまくります。
事前知識なしでプレイしたら「はあ!?」となること請け合いです。
糞ゲー認定されても仕方ありません。


しかし、そこを乗り越えて、戦い方を覚えて先に進んでいくと、初見とはまるで違う境地が見えてくるのです。
ハイスピードなアクションRPGの本領発揮となります。


UIから何から完全にソウルシリーズのフォロワーなことは明白なので、ソウルに慣れているとついつい手癖でプレイしてしまいますが、仁王のアクションはソウルとまるで違います。仁王はハイスピードアクションで、相手のスタミナを削りながらボタン連打と致命の一撃で相手の体力を削るゲームです。
一撃一撃が重いソウルシリーズとは違い、連続攻撃等でスタミナを削ることが重要となります。相手との間を見て、弱攻撃と強攻撃の使い分けるのも大切です。
戦闘の感覚は、意外にもニンジャガに近い面があります。

集団を相手にしたときは立ち回りつつ撃破することが必要になります。(どこまでも追ってくるのでまず逃げられません)
ボス戦はソウルの比ではないくらい難しいと思います。

一方で、敵の行動はほぼパターンなので、何度もやってタイミングをつかめば簡単になるという面もあります。そこはソウルに近いですね。


ニンジャガソウルという呼称がぴったりです。


他にソウルフォロワーとしてはロードオブザフォールンがありますが、あれはもっさりしてボスが異様に硬いだけの糞ゲーでした。
こちらはかなり独自の個性を出せていると思います。

メタスコアも高評価とのことで、2017年の新作として、死にゲー好きの人にはぜひともおすすめできます。
コエテクのゲームですが、海外ではソニー販売なので、steamに来ることはまずないと思われます。
PS4でプレイしましょう。