2006年10月30日

保有している人が売りたいと思う株価って?

みなさん、こんばんは。ウニ太郎です。

最近、深読みしすぎて失敗する事が多い気がします。


真剣に考えてしまうと、つい余計な事まで頭が回ります・・・(涙)。

株式投資についても、考えることは必要ですが、考えすぎてはいけません。


百聞は一見にしかず、と言いますが、又聞きした情報よりも

自分自身が直接仕入れた情報の方が何倍も頼りになることは

これまで度々お伝えしてきましたよね?


そこで本日は、自分の目で確かめて納得できる情報の一つとして、

価格帯別出来高の説明をしてみたいと思います。


価格帯別出来高とは、その価格では、どれぐらいの出来高があったのか?

を表し、ここから下値支持帯や上値抵抗線を読み取ることが出来ます。


普段よく聞く出来高と言えば、銘柄のその日の出来高を示しますが、

その数値からは、その日の人気度しか分かりませんよね?


しかし、一定期間の価格帯別に出来高を確認すると、

その価格で買った人がどのくらい居るのか?を知ることが出来ます。


そんな事を知ってどうするの?と思う人もいらっしゃるでしょうね?


では、少し話を変えますね。

例えば、100円の株を買った場合、どの株価で売却する事が多いのでしょうか?


そりゃ、100円で買ったのだから、ある程度利益が出てから・・・

と思われるかも知れませんが、実は殆どの人が100円付近で売却するのです。


特に、下がった株を安値で仕込もう、と考えている場合は、

その傾向が顕著に現れます。


今まで、高値で株を保有していた人が、早く売りたい・・・と考えているので、

その人達は買値と同じところまで上がってくると、とりあえずは

塩漬けから開放されたい一心で、すぐに売ろうとしますからね。


つまり、出来高の多い価格帯は売りが出易い、と見ることができ、

逆に出来高の少ない価格帯は、売りが出にくい、と考えることが出来ますね。


この値では、出来高が多いので、沢山の売りが出てきそうだ

買った値より、もう少し利益を載せて売ってくる人も多いので、


この辺りの値までは、売りが多数発生しそうだ・・・、

ここを抜けると、上昇しやすい状況が待っていそうだな〜


など、価格帯別出来高に注目すると、

投資家の心理がつかみ易いのではないでしょうか?


また、出来高と併せてチャート形状もきちんと確認するようにすると、

とても分かり易く、安心して売買出来るのではないでしょうか。


それらを上手く組み合わせて安全にトレードする手法は

以下の未来式投資法で詳しく説明しています。


株式投資プレジデントコース、
「サクセスオンリートレード」の負けない投資法をご活用下さい。

⇒ http://12.pro.tok2.com/~shineworks/perfectindex.html


1日中相場を監視できない、でも短期的に大きく資産を増やす方法は無いのか?
忙しい方は、こちらの「カウントダウン投資法」がお薦めです。

⇒ http://12.pro.tok2.com/~shineworks/shineworkscountdown.html


毎日少しの利益を出すだけで、爆発的に資産が増える、株式投資、脅威の手法、
デイトレを極めたい方は、「デイトレードで楽々ネット生活」がお薦めです。

⇒ http://12.pro.tok2.com/~shineworks/shineworksdaytrade.html



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/redwoods7/50827021