実にに5ヶ月ぶりの更新です。このようなブログでも訪問者様がまだいました。本当に感謝です。
さて、先日発売された遊戯王ムービーパック。映画に登場したパラドックスの使用するカード群【Sin】が大量に収録されています。私個人としては、待ちに待ったパックでした。(やっとパラドックスごっこできる!)
しかし、デッキを構築しても中々勝てない…。むしろ手札事故や相手の展開力に圧倒されて、マトモな勝負になりませんでした。作ったのはスキドレ型、ウイルス型、歯車型、1kill型etcです。
そして、たどり着いた答えは…!?

レシピは続きからです。

【次元Sin】
モンスター×24
Sinトゥルース・ドラゴン×2
Sinサイバー・エンド・ドラゴン×3
Sinレインボー・ドラゴン×3
Sinスターダスト・ドラゴン×3
Sin青眼の白龍×3
Sin真紅眼の黒竜×1
Sinパラレル・ギア×3
究極宝玉神レインボー・ドラゴン×3
青眼の白龍×2
真紅眼の黒竜×1

魔法×10
テラフォーミング×3
SinWorld×3
死皇帝の陵墓×1
次元裂け目×3

罠×6
マクロコスモス×3
スキルドレイン×3


エクストラデッキ
サイバー・エンド・ドラゴン×3
スターダスト・ドラゴン×3
Sinパラドクス・ドラゴン×3

以下解説
はい。次元型です。いつの時代でも墓地封じはそこそこ強力。そこにスキドレを投入し、墓地封じ+効果封じの二段構えで相手の展開力を奪います。
展開力を失った相手のモンスターはSinモンスターの攻撃力の前にはなす術が有りません。Sinモンスターが苦手とするリクルーターやギガンティックファイターも裂け目とマクロで封じこめます。
結果、Sinモンスターで相手モンスターを各個撃破し、相手にダイレクトアタックを叩きこむ事が可能になりました。

また裏技的ですが自分の場にスキドレとSinモンスターが存在する時、Sinパラレル・ギアを召喚し更にSinパラドクス・ドラゴンをシンクロ召喚できます。(詳しくは遊戯王wikiのSinパラレル・ギアのページに載ってます)
するとどうなるか?そう。場に2体のSinモンスターが並ぶのです。その布陣は、まさに各時代の最強カードに恥じない闘いが出来ます。



因みに現在の戦績は
マシンカラクリに2勝1敗
ドラグニティに2勝1敗
です。
Sin真紅眼が入っているのは私個人の趣味です(パラドックスごっこしたいので^^

では、今回はこの辺で。