August 25, 2017

今日のいっぱい




クライアントは恐れるものじゃない。
喜んでもらう相手。

営業は奪うことじゃない。
喜んでもらう仕事。


社会人10年以上経って、ようやくそんな風に思えてきて、少し肩肘張り過ぎずに、
クライアントさんと話ができるようになってきた。

少しだけ、シゴトの楽しさに気付けてきたのかもしれない。


reenaoya7108 at 23:56|PermalinkComments(0)

August 24, 2017

今日のいっぱい



笑顔で挨拶。

返事はハイ。

目を見て話す。

膝を付き合わせる。

同じ釜のメシを食う。

約束は守る。

ウソはつかない。

友達を大切に。

ありがとうとごめんなさい。

親に感謝。

早寝早起き。

運動する。



生きていくのに大切なコトは、
小学生で全部教えてもらってるんやと実感。

勝手なオトナ観で、変な大人にならないようにしなあかんな。



reenaoya7108 at 23:44|PermalinkComments(0)

August 23, 2017

今日のいっぱい



敬意を持つこと。


相手に対する敬意がないと、
批判的になる。

批判的になると相手に伝わる。

批判的な言動を受けた相手は自分に対して批判的になってくる。

もう最悪の状態。

若いうちや自分がノッてる時は
往々にして人を小馬鹿にしたり、
敬意なき行動が多くなる。

そうなると結局自分に回り回ってくる。
因果応報。


だから、良い時ほど謙虚に、
周りを認め、導いてあげるくらいの気持ちで人と向き合う。

誰だって高貴な人として扱われたいはず。


人に優しく。
敬意を持って。


最近のテーマ。




reenaoya7108 at 23:34|PermalinkComments(0)

July 23, 2017

今日のいっぱい



人のことも自分のことも、
否定はしたらあかん。

でも、事実はきちんと受け入れたほうがいい。

自己否定から始まるとか言うけど、
やり過ぎると人は潰れる。

だから過去は過去として、
今とこれからに向かって
受け入れて、変える。

自己否定ではなく、
自己疑問みたいな、そんな感じ。
大丈夫か?今の自分って。



reenaoya7108 at 08:15|PermalinkComments(0)

July 22, 2017

今日のいっぱい



時は来る。

必ず時は来るはず。

なので、来るときに備えて
今は自分をしっかり磨いていること。

焦らず、自分と向き合い
少しの変化をつけながら、
自己研鑽に励もう。


reenaoya7108 at 08:11|PermalinkComments(0)

July 07, 2017

今日のいっぱい



今を生きる


ないものを嘆いてみたり
隣の芝生が青く見えたり
あったらいいなと呟いてみたり

そんなんもん全部、妄想と逃避でしかない

目の前の今を、しっかりと生きること


そういうとこから、何かが変わり始めるんやと思う

人に誠実に、自分に誠実に


さてと、今日は休もう
reenaoya7108 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 22, 2017

今日のいっぱい




理解しようとする。

決めつけずに、ありのまま相手を理解しようとする。

断片的なもので判断しない。

自分の小さな世界と価値観で勝手に決めつけない。

背景を見る。

心情を見る。

そして受け入れる。

そして、自分が与えられることを考える。


reenaoya7108 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 21, 2017

今日のいっぱい



良いことと嫌なことはいつもセットでくるような気がする。

しかも同レベルで。

だから、全部を受け入れられるような準備はしておこう。

でも少し欲張りを言うと、

51%は良いことの方が多い人生の方がいい。


reenaoya7108 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 20, 2017

今日のいっぱい



周りの人のことを考えられる人

周りの人のために動ける人

そんな人に人は集まる。


人に好かれる人になりたい。
reenaoya7108 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 12, 2017

今日のいっぱい



自分が変わる。

自分から変わる。

自分で変える。


全部自分次第。

今日も反省。

猛省猛省。
reenaoya7108 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 08, 2017

今日のいっぱい



「運動する。」

って、すごく大事みたいです。
運動って、「運を動かす」って言うみたいです。

確かになと。

運を動かすために、運動する。

自分次第で運を動かせられるんやったら、
自分を鍛えるためにしっかり運動しようと、改めて実感。

週2マストで頑張ってもう一回行けたらいいな。
reenaoya7108 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 07, 2017

今日のいっぱい



 自己開示する。

 自分から。

 でないと、人は開示してくれない。

 
 小手先で人は動かせない。

 本気のスタンス。

 
reenaoya7108 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 06, 2017

今日のいっぱい



 良い時ほど脇を締める。

 一喜一憂しない。

 すべきことを、いつも以上にきっちりする。

 いつも以上に人に頭をさげる。

 いつも以上に人のやりたくないことを率先してやる。

 相当な意識をしないと、すぐに浮つくのが、おそらく自分。

 
reenaoya7108 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 31, 2017

今日のいっぱい



人は感情の生き物。
人は気分に影響される。
やからモチベーションなんやらっていう。
理詰めされると苦しくなる。頭ではわかってるけど、逃げられなくなる。

だからロジックからではなく、感情をまず第一に物事を考える。

感情ファースト。


reenaoya7108 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 30, 2017

今日のいっぱい




「信じてみること」


取り組み方、姿勢、過程の努力を知っているからこそ
結果には期待せず、本人を信じてみようと思う。

それも一つの上の人間の度量なるんかも。

reenaoya7108 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 26, 2017

今日のいっぱい



所詮、男はプライド。

口八丁手八丁やったらあかん。

ここぞという時に結果を出すのが男。

自分のプライドのために、あとはやるだけ。
reenaoya7108 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 25, 2017

今日のいっぱい



全部背追い込まない。


半分は本気でする、あとの半分は相手次第。

そこは気持ちよく割り切ろう。

そうじゃないと自家発電できない人になるし。

reenaoya7108 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 24, 2017

今日のいっぱい



仕事は人やな。

人は難しい。

だから感動も大きいんかな。



自分が幸せになるために、

周りの人に幸せを与えてあげないといけない。

与えるといつかどこかで返ってくる。

周りにいる人にどれだけの幸せを与えられているんやろうか。

日々、自問自答。
reenaoya7108 at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 23, 2017

今日のいっぱい


自分がしてもらって嬉しいと思うことは、
人にもしてあげろ。

あげるから返ってくる。

ギブギブギブギブ。

世の中ってそんなもん。

もらうより与えろ。
reenaoya7108 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

今日のいっぱい


敬意を払う。

どんな相手であろうと、人は敬わないといけないし、それを表現しないといけない。

敬意なき言動は人を不快にさせる。

そんなことを最近感じている。
reenaoya7108 at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 10, 2017

今日のいっぱい



「変化変化」

なんでもいい。
普段の自分の習慣、ルーティンとなっていることに
少し変化をつけてみる。

いつもと同じ道ではなく、少し遠回りして別の道を通ってみる。
シャワーから湯船に浸かることに変えてみる。
久々の友人に会ってみる。
普段食べないものをあえて食べてみる。
知らない人たちがいっぱりいる場所に一人で出かけてみる。

継続は力になるが、変えないことは衰退につながる。

33を迎えるにあたって、自分を無理やりにでも変えていかないと
どんどん衰えていくんじゃないかという不安と恐怖を真剣に感じてきた。

伸び盛り、働き盛りの30代、
普段の自分ではなく、新しい自分を発見するために
少しでもいいから変化をつけていこうと思う。



reenaoya7108 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 04, 2017

いっぱいいっぱい



「決断」

何かを得るためには、何かを捨てないといけない。

本当に欲しいものを得るためには、めちゃくちゃ大事なものを捨てないと本当に欲しいものは手に入らない。

テレビでGACKTさんも言っていて、すごく感心した。

これからは捨てることを意識して行動していく。
決めて断つのではなく、断つことを決める。

reenaoya7108 at 12:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

March 03, 2017

今日もいっぱい



「尊敬、敬意の念を持つこと」


上司部下、同僚、恋人、家族、旧友、どれだけ親しい間柄であっても、敬意を持たずに接していると相手に伝わる。

自分に対して敬意を持たれてないと受けると、相手に対して攻撃的・批判的になりやすくなる。それが勘違いやとしたらもったいなすぎる。やから、大切やと思っている人であればあるほど、相手に対してきちんと敬意を持って接した方がいい。

なんとなく接したらあかん。年齢が上であろうが下であろうが関係無い。自分の大切な人には特に、尊敬・敬意の念を持つことが大事。

人から大切にしようと思うのであれば、まず自分から人を大切に。


reenaoya7108 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 02, 2017

今日のいっぱい




「自分に嘘をつかない」

自分自身に対して騙し騙ししていること、やましいことを吐き出して良い気を自分に貯めることって大事。

誰しもできていないこととかサボっていることってある。それを隠そうとしてうやむやに気づかないフリをしたり、隠そうとする。でもそうして封印し続けると悪い気が自分に溜まってきて人相に出てくる。言葉や態度にも出てくる。そうなると自分を好きになれず他人や周りにもイラついてくる。そんなん誰得でもない。

やから、定期的にでいいから自分ができたこととかできることじゃなくて、できないこと、サボっていること、騙していることを誰かに吐き出してみることが大事。ありのままを認めることで、素直に今の自分を受け入れて、少しずつでも変わり始めていく。

聖人君子なんていないし、自分を卑下する必要はない。
何もかもできあがってない道半ばの奴なんやから、潔くあかん自分を認めて受け入れていこう。
reenaoya7108 at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

February 24, 2017

一杯いっぱい




「時を待つ」

なんか約10年社会人をやってきて、最近この言葉が頭に出てくる。

試行錯誤して悩んで葛藤して、良いことも嫌なこともいろいろあった10年やったけど、来るべき時は必ずくるし、勝負時ってあるはず。それがいつかは誰にもわからん。でも、くるべき時に備えてしっかりと準備を怠らないこと。勝負時に気づくために自分の感覚を磨いておくこと。それが大事。

人によって時機はバラバラ。だから周りや環境に焦らされることなく、自分を見失わないように。そんなことを考えています。


〜松下幸之助の「時を待つ心」という文章を転用〜

 『「何ごとをなすにも時というものがある。時、それは人間の力を超えた、目に見えない大自然の力である。いかに望もうと、春が来なければ桜は咲かぬ。いかにあせろうと、時期が来なければ事は成就(じょうじゅ)せぬ。冬が来れば春はま近い。桜は静かにその春を待つ。それはまさに、大自然の恵みを心から信じきった姿といえよう。 
 わるい時がすぎれば、よい時は必ず来る。あせらずあわてず、静かに時の来るのを待つ。時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。だが何もせずに待つことは僥倖(ぎょうこう)を待つに等しい。静かに春を待つ姿は、一瞬の休みもなく力をたくわえている。たくわえられた力がなければ、時が来ても事は成就しないであろう。
 時を得ぬ人は静かに待つがよい。大自然の恵みを心から信じ、時の来るを信じて、着々とわが力をたくわえるがよい。着々とわが力をたくわえる人には、時は必ず来る。時期は必ず来る。
 待てといわれればなおあせるのが人情である。だが、自然の理はわがままな人情には流されない。冷たいのではない。静かに時を待つ人には、暖かい光を注ぐのである。おたがいに時を待つ心を養いたい』
 (「道をひらく」PHP研究所刊より)
reenaoya7108 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Recent Comments