ニュース雑記帳KC

魚拓 保管所 画像 まとめ 写真 matome ・ニュース『今日の出来事』 ・ネット発信の今日起こった小さな出来事を発信 ・海外からのおもしろ画像 ・まちBBS ログ ・大手マスコミやニュースサイトが報じない小さな事件や事故 速報など ・過去記事 保管 魚拓 ログ

資料置き場

CjPG2P4UYAAgcoM


CjPG3ihUkAENz3U


CjSQ6X1WEAA3aOg















CjV61UlUYAAsTPe





8UgvxBJ

CiTGBHeVAAE8hYy

東京五輪招致で仏検察捜査 日本の銀行口座から送金か

2020年夏のオリンピックの東京への招致に関連して日本側が国際陸上競技連盟に協賛金を支払ったと指摘されている問題で、フランスの検察当局は、日本の銀行の口座から、国際陸連の前会長の息子に関係するとみられる会社にオリンピック招致の名目でおよそ2億2000千万円が振り込まれた可能性があるとして贈収賄などの疑いで捜査していることを明らかにしました。
この問題は、WADA=世界アンチドーピング機構の第三者委員会がことし1月、2020年夏のオリンピックの東京への招致を巡って、日本側が国際陸連などに多額の協賛金を支払ったと指摘したもので、フランスの検察当局が捜査を進めています。
検察当局は12日、これまでの捜査結果を公表し、日本の銀行の口座から国際陸連のディアク前会長の息子に関係するとみられるシンガポールの会社宛てに、2013年の7月と10月の2回にわたって、「東京オリンピック招致」の名目でおよそ2億2000万円が振り込まれた可能性があるとしています。そのうえで、金銭を不正に受け取った可能性があるシンガポールの会社などの関係者を贈収賄などの疑いで捜査していることを明らかにしました。
ディアク前会長は、東京への五輪招致が決定した2013年9月には、IOC=国際オリンピック委員会の委員を務めていて、開催地の決定に影響力を行使できる立場にあったとみられます。このためフランスの検察当局は、シンガポールの会社とディアク前会長などとの間の資金の流れや、オリンピック招致との関連の有無など、実態の解明を進める方針です。
 組織委「ベストな提案で招致獲得と確信」
2020年東京オリンピックの招致を巡り、日本側から国際陸上競技連盟側に送金していた疑いが持たれている問題について東京オリンピック・パラリンピック組織委員会はこれまで、大会の招致にあたっていた「招致委員会」は組織委員会とは別組織でこうした問題には関与していないとの立場を明らかにしています。そのうえで組織委員会は「東京はIOC=国際オリンピック委員会にベストな提案をした結果として招致を獲得したものと確信している」とコメントし、今回の問題に反論しています。
IOC「フランス当局と連絡を取り合っている」

スイスのローザンヌに本部を置くIOC=国際オリンピック委員会は、12日、声明を発表し、IOCの元委員で、その後、名誉委員も務めていた国際陸連のディアク前会長について、不正に関与した疑惑が指摘された去年11月の時点で、事実上、職務を解いたことを明らかにし、オリンピックの招致などを巡る汚職対策の強化に向けて対策を講じていることを強調しました。
そのうえで、IOCの報道官はNHKの取材に対し、「われわれは、国際陸連への捜査を巡って、フランスの当局などと連絡を取り合っている。現時点では捜査の内容についてコメントしない」としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160512/k10010518691000.html
 
BBCでも東京の話題がトップニュース扱い 

Tokyo Olympics 2020: French prosecutors probe '$2m payment'


Tokyo 2020 delegation members celebrate after IOC president Jacques Rogge announced the Japanese capital to be the winner of the bid to host the 2020 Summer Olympic Games

/>http://www.bbc.com/news/world-europe-36278252

▼2012年の記事
五輪招致書類、都が紛失 前回活動費、8事業18億円

 【藤森かもめ、山田明宏】2020年夏季五輪の招致を目指す東京都が、
前回16年五輪招致で支出した費用の経理書類をめぐり、
保存期間内の8事業計約18億円分の文書を保存していなかったことがわかった。
朝日新聞の情報公開請求に、都は「紛失した」と説明している。

 文書がなくなった事業では、都議会で「金額が業者の言いなりではないか」との指摘があった。
だが、具体的な内訳を示す経理書類がないと事業内容の検証ができない。
今回の紛失は、20年五輪の招致機運にも影響が出そうだ。
http://www.asahi.com/national/update/1021/TKY201210200646.html 

kazuhiro asakawa(あさかわかずひこ)
https://offshoreleaks.icij.org/nodes/13006092

AIJ投資顧問株式会社(破産)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/AIJ%E6%8A%95%E8%B3%87%E9%A1%A7%E5%95%8F

年金資産消失事件
同社は、顧客に対し、240%の運用利回りを確保していると説明してきたが、2012年1月下旬の証券取引等監視委員会の検査により、運用資産の大部分が消失していることが明らかとなった。

約2000億円の年金が不明

東京五輪組織委員会→電通コンサル→その友達→その親父の国際陸連元会長・IOC元委員というルートで130万ユーロの裏金が渡った
https://www.theguardian.com/sport/2016/may/11/tokyo-olympics-payment-diack-2020-games

海外ではセコムを詳細に報じてる
http://thediplomat.com/2016/04/japan-and-the-panama-papers/

http://www.afpbb.com/articles/-/3078909
汚職疑惑に対する捜査は、国際陸上競技連盟(IAAF)のラミーヌ・ディアック(Lamine Diack)元会長と
その子息のパパ・マッサタ・ディアック(Papa Massata Diack)氏に対する捜査の一環として行われている。
セネガル人のディアック元会長は、汚職やマネーロンダリング(資金洗浄)、共謀の容疑が持たれており、
現在は保釈中の身でフランスに滞在している。一方のパパ・マッサタ・ディアック氏は、選手を脅迫した容疑で
国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)から指名手配されており、仏パリ(Paris)の検察が身柄拘束に向けて動いている


電通コーポレート・コミュニケーション局宛て質問状
http://facta.co.jp/blog/archives/20160224001297.html
英国紙The Guardinanやそれを受けたブラジル紙などが
2020年五輪招致でイスタンブールが東京に敗れたのは
トルコが息子の一人Khalil Diackが要求する400万~500万ドルのIAAF供託金を払わず
東京が支払ったからだと報じています。
Khalilとトルコ関係者の間でそうした会話があったとし
Pound委員長は報告はドーピング究明が主眼でそれ以上追及しなかったが
 │国際刑事機構(インターポール)、仏検察庁が内偵中 ..│
で、国際オリンピック委員会(IOC)も問題視していると報じられています。
7 FIFAへの資金ルートだった ISL破綻後も、IAAFと電通の関係をつないできたのは
 元専務の高橋治之氏(五輪組織委理事、コモンズ会長)と言われていますが、事実でしょうか。
8.高橋氏が東京招致にあたり「(アフリカの)40票は自分が取ってきた」と豪語したと伝わっています。
 電通が高橋氏のコネクションを頼り、親しいディアク氏に説得させてアフリカ票を東京に投じさせた
 とも言われますが、事実ですか。
9.スイスでISLなきあと、電通の〝財布〟代わりにAthlete Management Servicesが使われてきたのは事実でしょうか。
 AMSは必然性もないのに、五輪やFIFAイベントなどで電通から業務委託を受け
 カネのチャネルになっていますが、今回の供託金もAMSが使われたのでしょうか。



舛添 裏金 政治献金 不正流用




このページのトップヘ