リフィニッシャーブログ

染み抜き職人と靴修理(靴みがき)職人技術公開。 綺麗な衣類に着がえませんか?

シャネルのバックに食べ物の染み

大きな地震の後もまだ余震がありますね。
御悔やみ申し上げます。
被災にあわれた方々へお見舞い申し上げます。
1日でも早い復興を心より願っています。


今回のご相談は、東京都台東区のKさんからお預かりしたシャネルのバックです。

シャネルの布のカバンに何ヵ所か食べ物による染みが出来てしまい、シャネルのお店に持っていたのですが、お店では染みをとれないので、こちらにお願いしました。

ブログ画像











バッグの場合は、芯地が使われていたり、皮革が使用されていたり、またデザインしますので、落ちにくい恐れもありましたが、指定箇所以外にもバッグの口周りやサイドポケットや内側に白い染み、また外側全体的にくすみがありましたが、綺麗に落とすことが出来ました。

綺麗にリフィニッシュ完了です。

今回の染み抜き料金は、28,000円です。

シャネル

シャネルとは、フランスはパリの女性デザイナー・ココ・シャネル(1883〜1971)が第一次大戦後、女性向けのシンプルなドレスを考案し、高級衣装店として「シャネル」を開いたことがはじめです。


確実に染みを落としたいなら匠抜きへ


ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

コートの染み抜き

まだまだ寒い日は続きますが、

ビーチサッカー日本代表がアジア連覇!イタリアで行われるワールドカップが楽しみですね。

こんにちは、近藤です。



今回のご相談は、大阪府松原市のRさんからお預かりしたコートです。



軍払下げのコートで、購入時にはマジックと思われるシミが点在。どうしても着用したいので、是非、実物を見てシミ抜きして頂きたいと思います。

との事です。


コート












マジックの種類にもよりますが、マジックの染みは大変落ちにくい染みの一つです。1年以上とかなりお時間が経っていて落ちにくくなっていると思われましたが、綺麗に落とす事ができました。

綺麗にリフィニッシュ完了です。



今回の染み抜き料金は、3300円です。



冬も終わり、衣替えシーズン。

染みの付いた衣類をそのまま、来シーズンまでほおっておくと、染みが繊維へ定着しなかなか落ちなくなってしまいます。

染みが着いた衣類は、匠抜きへ!



確実に染みを落としたいなら匠抜き抜きへ

ブーツのクリーニングは靴磨き隊へ

ヴィトンのバッグにペンキの染み

3月になりましたがまだまだ寒い日が続きますね。早く春が来てほしいです。

今回のご相談は、神奈川県川崎市のKさんからお預かりしたヴィトンのバッグです。

奥様のバッグだそうですが、外装塗装作業に使われている道具(おそらくペンキ)に気づかず触ってしまったとの事です。

ヴィトンバック











色が濃いバッグだったので色が抜けないように注意しながら作業しました。
ペンキは表面についていただけだったのでキレイにリフィニッシュ完了!

今回の染み抜き料金は6,500円です。


お受取りになられて、『妻のお気に入りの鞄にペンキがついた時はどうなる事かと心配しましたが、綺麗になった鞄を見て、妻も私も大喜び!!』と言うお声を頂き、私たちも凄く嬉しいです!!

やっぱりお気に入りのものはいつまでも大事に使いたいですよね。


Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン)
フランスのスーツケース職人ルイ・ヴィトンが創始したファッションブランド。

ルイ・ヴィトンのバッグの定番、「モノグラム」と云われている、有名なデザインは日本の家紋をヒントにして作られたものです。
日本でも人気があるのはどこか馴染みのあるデザインだからかもしれませんね。


ジャケットにワインの染み


やっと、春らしい季節になってきましたね。世間は、入学式や始業式ですが、「自分もそんなことあったな・・・。」と昔話に浸ってしまう床です。

今回のご相談は、神奈川県横浜市のKさんからお預かりしたジャケットです。

3日前に、ワインをこぼしたと思います。何とかなりますか?処置などは何もしておらず、そのままの状態です。

綿50%、毛50%のジャケットにワインの染み
今回ご相談の衣類は、ワインが付着してからの日数が浅く、何も触れていないとのことで、容易な施術が可能と思われました。
しかし、素材がウールの中でも大変柔らかく、摩擦ですぐに毛羽立ちしやすかった為、取扱いに細心の注意を払いながら修復を施しました。

ほぼ綺麗に、リフィニッシュ完了!

今回の染み抜き料金は6,000円です。


WOOL(ウール)

ウールとは、羊毛やそれを用いて織った布の名称で、動物繊維の一種。
ウールの中でも、メリノ種はもっともポピュラーで飼育量も多く、特にオーストラリアメリノ種の羊毛は最高品質と証されています。

尚、日本での本格的な羊の飼育は戦前と言われ、当初は防寒具の原料自給が目的で輸入されました。
ちなみに、毛を刈った後の羊を処分する際、大量の肉を消費する方法として、ジンギスカンが考案されたそうです。

ウールから、ジンギスカンに繋がるとは自分でもびっくりな展開ですが、また一つ勉強になりました!!


確実に染みを落としたいなら匠抜きへ

ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

ダウンコートにミルクの染み

ブログネタ
旬のアイテムを!紹介します^^ に参加中!
春は新学・新入社シーズンと新しいことが始まる季節ですね。
なんだかワクワクする春が好きな森です。

今回のご相談は神奈川県川崎市のYさんからお預かりした、ダウンコートです。

乳児の息子にミルクを吐かれました。水で少しこすってみましたが逆にシミが広がってしまったように思います。吐かれたのは今年の元旦なので1ヶ月経ったばかりです。 

ダウンジャケット











ミルクはタンパク質ですので、時間が経過すると、固まり取れにくくなってしまいます。
また、ダウンですので、あまり無理な処置をすると、中の羽を傷める恐れもありましたが、今回は、染みが着いて、さほど時間が経過しておらず、まだ染みが繊維に定着しておりませんでしたので、キレイに修復する事が出来ました。

キレイにリフィニッシュ完了!

今回の染み抜き料金は8,000円です。

冬も終わり、衣替えシーズンがやってきました。
染みの付いた衣類をそのまま、来シーズンまでほおっておくと、染みが繊維へ定着しなかなか落ちなくなってしまいます。
また、汗染みなどは、変退色を起こしてしまいますので、衣類をしまう前にクリーニングへ出される事をお勧め致します。
また、染みが着いた衣類は、匠抜きへよろしくお願い致します!

確実に染みを落としたいなら匠抜きへ

ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

ウールのセーターにヘナカラーの染み


桜の開花宣言も、あちこちで聞かれる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今年こそは、桜が散らないうちに、花見に行きたい床です!

今回のご相談は、東京都荒川区のYさんからお預かりしたウールのセーターです。

美容室に勤務しているのですが、先日お客様のセーターの衿部分にカラー剤が付けてしまいました。近所のクリーニング店にお願いしましたが、染みが取れずに返ってきました。
お客様の衣類ですので、何とかならないでしょうか?


ニット カラー剤

大変落ちにくいカラー剤の染みが、一度クリーニング店で処置されたことで、繊維の中に入り込み抜けきれ無い恐れがありました。
また、ウール素材はとてもデリケートで、あまり強い薬品を使用する事が出来きません。染み抜き作業を行っても、薄っすら残る心配も考えられました。
今回は、染み抜き作業だけでは、違和感が残る可能性があったので、慎重に染色補正を施しました。

そうしたことで、修復箇所も目立たなくなり、生地の負担も最小限に抑え、リフィニッシュ完了!!

今回の染み抜き料金は、9,600円です。


HENNA(ヘナ)

西南アジアなどの、熱帯地方に生育するローソニアと呼ばれる植物の葉を粉末にしたもの。天然マニュキュアとも呼ばれ、トリートメントとカラーの相乗効果を持つのが特徴です。
ヘナの歴史は古く、紀元前クレオパトラが愛用していたことも有名。
インドでは、結婚式などの行事に、ヘナで手足に美しい模様に染める風習もあり、私たちの生活に欠かせない天然素材の一つです。

確実に染みを落としたいなら匠抜きへ

ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

Yシャツにボールペンの染み

ブログネタ
ショッピング に参加中!

卒業シーズンですね♪この前、社員旅行で沖縄へ行ってきました!
卒業旅行者がたくさんいて楽しそうでしたよ〜!いい思い出はできたかな?
こんばんは、森です。

今回のご相談は広島県広島市のMさんからお預かりした、Yシャツです。

ボールペンのインクだと思われます。クリーニング店に出した際に付着したので、それを落そうと染み抜きしたようですが、落ちなかったとのこと。付着したのは7/23です。

シャツにペンの染み











インクの染みは、一気に作業をしないと綺麗に落とす事が、難しくなります。
今回は、一度クリーニング店で染み抜きをしておりましたので、
濃い染みのまわりがにじんで、縫い目にまで染みがしみ込んでいました。
綺麗に落ちるか・・・また、縫い目の染みは、綺麗に落ちない事が多くうっすら残る可能性がございました。

ですが、時間をかけてゆっくり丁寧に修復を行い、なんとかほぼ綺麗に、リフィニッシュ完了!!

今回の染み抜き料金は、3,000円です。

ペンの染みは、時間がたったり、何かしら手を加えるとすっきりと綺麗に落ちなくなってしまうので、付いたら出来るだけ早めに染み抜きへ出されて下さいね(^_^)/

確実に染みを落としたいなら匠抜きへ

ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

patagoniaのダウンベストにペンキの染み


桜の季節まで、もう少しの辛抱ですが、みなさん花粉症対策は万全でしょうか?
こんにちは。床です!

今回のご相談は、大阪府大阪市のTさんからお預かりしたパタゴニアのダウンベストです。

大切にしているダウンベストに、一年程前ペンキの染みが付いてしまいました。ペンキが撥ねた為、衣類全体に小さい染みがあります。

パタゴニア-ベスト

ペンキが付着してから、かなり時間が経過していたため、染み抜き作業で表面上の染みは落とせても、繊維の中に薄っすら残る可能性がありました。
幸い、特殊なペンキではなく、ダウン表面に加工が施されていなかったこともあり、綺麗に修復する事ができました。

綺麗にリフィニッシュ完了!!

今回の染み抜き料金は5,000円です。

patagonia(パタゴニア)

環境への影響を最小限に抑えつつ、最高の品質と性能を追求し続けるアメリカのアウトドアブランドです。
1993年には、アウトドアブランドとして初めて、消費者から回収/リサイクルされたペットボトルから再生フリースを製造・販売を始めたことで話題になりました。

確実に染みを落としたいなら匠抜きへ

ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

BURBERRYのトレンチコートに鞄からの色移り

パッとしない天気が続いております。体調など崩されてませんでしょうか?
こんにちは、床です!

今回のご相談は、愛知県名古屋市のTさんからお預かりしたバーバリーのトレンチコートです。

黒い鞄を使っていたのですが、気づくと着用していたコートの両肩と両ポケットに色移りを起こしていました。一度クリーニングに出しましたが、染みは落ちずに戻ってきました。

847501

クリーニング店で、一度染み抜き処置されているので、大変落ちにくく、染みが繊維の奥に入り込んでいることがあります。
そうなると、染みの濃い箇所は、薄っすら残ってしまい、完全修復が難しいです。

根気の要る作業が強いられましたが、何とか着用に差し支えない程度までに、修復する事が出来ました。

今回も、手ごわい色移りでしたが、リフィニッシュ完了!!

今回の染み抜き料金は12,000円です。

BURBERRY(バーバリー)

バーバリーは、1835年にトーマス・バーバリーによってイギリスで創業。ブランドの象徴として有名なバーバリーチェックが登場したのは1924年で、当初はコートの裏地として採用されていました。
それ以降、バーバリーチェックはバッグやマフラーなど様々なアイテムにも使用され、バーバリーを代表する人気の柄となっています。

また、今回ご相談のあったトレンチコートですが、バーバリーがイギリス陸海軍向けに製造いたことでも広く知られていますね。
トレンチコートに付いているD字型リングですが、塹壕(トレンチ)戦闘に合わせる為、装備品をぶら下げるパーツとして取り付けたのが始まりで、現在もデザインとして残っていますね。
尚、コート・ジャケット部門の英国王室御用達にも輝いた由緒あるアイテムです。

デザイン一つにしても、意味や歴史があるんですね!
勉強させていただきました!!

確実に染みを落としたいなら匠抜きへ

ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

エルメスのスエードバッグに油染み

ブログネタ
大好き・ブランド2 に参加中!

まだまだ寒い日が続きますね・・・
こんちには、森です。

今回のご相談は栃木県宇都宮市のYさんからお預かりした、エルメスのスエードバッグです。

3センチぐらい、油なのか解らないのですが自分で少し中性洗剤で軽く拭いたらその部分が黒っぽく硬くなってしまいました。他に全体に雨の跡みたいな染みがあります。

エルメスバッグ









スエードは、風合いが変化する恐れがある為、取り扱いが大変難しいです。
また、一度何らかの手を加えてしまうと、染みは取れにくくなってしまいます・・・

何とか、風合いを損ねることなく、リフィニッシュ完了!

今回の染み抜き料金は15,000円です。

HERMES(エルメス)

馬具工房として創業しましたが自動車の発展による馬車の衰退を予見し、カバンや財布等の皮革製品に事業の軸足を移して成功しました。
エルメス社の母体になったのは、ティエリ・エルメスの馬具工房。ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展しました。

エルメスの魅力は、熟練職人による手作りの品質に徹底的にこだわり、ハンドメイドの気品が息づいていることです。

一人の職人が製造開始から完成まで責任を持って作っており、エルメスのバックには製造年、アトリエ、職人ナンバーが刻まれている製品がありますね。

いつの時代も女性の憧れエルメス!!いつか、私も一つは欲しいですね〜! 

確実に染みを落としたいなら匠抜きへ

ブーツのクリーニングは靴みがき隊へ

リフィニッシャー (Refinisher)
洋服・靴・バック・帽子などの一般衣類を可能な限り新品同様に修復(リフィニッシュ)するお仕事です。
素材・色調・染色・縫製・プレスなど様々な角度から、そのアイテムに一番あった修復方法を選択し、最先端の技術を施します。

汚れてしまって、ずっと着てないお洋服。
踵がすり減って、歩く度に音が鳴る靴。

そんな大切な衣類を綺麗に修復して、また心地よく使ってみませんか?
捨てる前に、リフィニッシャーにご相談ください。


ファッションリフィニッシャー
衣類の染み抜きトラブルなどを解決 感動の染み抜き「匠抜き」

シューリフィニッシャー
靴修理靴みがき専門店 靴みがき隊
シューリフィニッシャー
成吉 智昭
staff_photo

いつか芸能人(有名人)の靴を磨いたり修理するのを夢見て、日々頑張っています。皆さんヨロシクお願いします!
QRコード
QRコード
にほんブログ村 ファッションブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ