気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    シャルケ、内田篤人を放出か

    内田篤人が放出候補?シャルケが不振で今夏に人員整理と独誌報道

    シャルケに所属するDF内田篤人が、今夏に放出される可能性があると、ドイツ誌『ビルト』が報じている。

    内田は今シーズン、長く続いていたケガから復帰し、昨年12月にヨーロッパリーグのザルツブルク戦で1年9カ月ぶりとなる公式戦出場を果たした。
    4月16日に行われたブンデスリーガ第29節のダルムシュタット戦ではベンチに入り、復帰が期待された。
    しかし、出場機会は得られず、完全復活には至っていない。

    シャルケは2016-17シーズン、開幕5連敗を喫するなどスタートダッシュに失敗。
    直後に7試合連続無敗(5勝2分け)を記録するなど持ち直したが、勢いを継続することはできず、第30節を終えた時点で11位に位置している。
    欧州のカップ戦出場権を獲得する可能性も消滅したため、メンバー編成が見直されると見られている。

    同誌によると、シャルケは適切なオファーを受け取れば、内田を放出する構えがあるという。
    他にはフランコ・ディ・サントも放出候補で、デニス・アオゴら数人の選手とは契約延長が行われない見込み。
    また、セアド・コラシナツはアーセナルへの移籍がうわさされていて、今夏にチームを去る可能性が高いようだ。

    なお、シャルケと内田の契約期間は2018年6月までとなっている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000017-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493217154/

    香川真司、今オフにもドルトムント退団!?

    日本代表10番に今夏の移籍が急浮上した。

    MF香川真司(28)はドイツ1部リーグのドルトムントと2018年夏まで契約があるが、地元メディアはクラブが移籍金を得るため今オフにも放出の可能性があると報じた。
    いまだドルトムントと契約延長の話が出ておらず、香川自身も今後の去就に言及していないとはいえ、関係者からはスペイン移籍の待望論が湧き起こっている。

    地元誌「キッカー」などによると、ドルトムントは余剰気味の攻撃陣再編を示唆しており、クラブが移籍金を得るために契約が残り1年となる香川を今夏に放出する可能性があるという。
    すでに同じドイツのボルシアMGが移籍金1300万ユーロ(約15億円)で獲得に動きだしたと報じられた。

    今季の香川はトーマス・トゥヘル監督(43)の若手優先起用の方針もあって前半戦は出場機会が激減。
    後半戦になってチャンスをものにしたものの、チームは来季に向けて香川と同ポジションのU―21ドイツ代表MFマフムード・ダフード(21)の獲得を発表するなど、今後もポジションが安泰とはいえない。

    このため、香川サイドも慎重にチーム状況を見極めているところで、今後の話し合い次第では移籍を決断する可能性も出ている。
    すでにボルシアMGは香川獲得の報道を否定したが、3月にはニューカッスル(イングランド)も関心を示しており、終盤の活躍もあって注目度は高まっている。

    中でも香川に注目しているのはスペイン勢という。在京Jクラブ関係者「スペインでは日本人の評価は基本的に高くないが、香川だけは別。
    周囲にハイレベルの選手がいるほど生きるテクニックを持っているし、ドルトムントで積み上げてきた実績も高く評価されている」と指摘する。

    世界的名将のジョゼ・モウリーニョ氏(54=マンチェスター・ユナイテッド監督)がレアル・マドリード(スペイン)を指揮していた当時、香川と面談したのは有名な話。
    またスタイルが似ているMF乾貴士(28)がスペイン1部エイバルで活躍していることも現地での評価を高めている。

    C大阪時代に香川の才能を見抜いて抜てきしたブラジル人のレビー・クルピ氏(64)も以前に「シンジはスペインに行くべきだ。
    彼のスピード、ドリブルは必ず通用するし、プレースタイルがフィットするはず。スペインのビッグクラブでもやれる力を持っている」と語っている。

    香川は22日(日本時間23日)に3―2で勝利した敵地でのボルシアMG戦では出番なし。タイトルの可能性が残るドイツカップ準決勝バイエルン・ミュンヘン戦(26日=同27日)に向け温存された。
    今季も残り1か月。ロシアW杯を見据えてドルトムント残留が濃厚とみられるが、適性のあるスペインリーグ入りはあるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000006-tospoweb-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493088190/

    【動画】レアル・マドリー2-3バルセロナ

     現地時間4月23日、サンチャゴ・ベルナベウでリーガ・エスパニョーラ33節のR・マドリー対バルセロナ戦が開催された。

     
     ホームの首位R・マドリーは、筋肉系のトラブルから公式戦2試合を欠場していたベイルが先発復帰。それ以外は、C・ロナウド、ベンゼマ、S・ラモスら主力が順当に名を連ねた。
     2位のバルサは、31節のマラガ戦で第4審判に対して侮辱的行動を取り、3試合の出場停止処分を受けたネイマールが欠場。その代役としてパコ・アルカセルが左ウイングに入り、メッシ、スアレスと3トップを形成した。
     
     首位攻防戦となったエル・クラシコは、序盤からホームチームがアグレッシブなサッカーを展開する。右サイドを起点に敵陣に侵入すると、5分にはC・ロナウドが惜しいファーストシュートを放った。
     
     アグレッシブな戦いを続けるR・マドリーは、カウンターから18分にベンゼマ、19分にC・ロナウドと立て続けにチャンスを創出。いずれも相手守護神のテア・シュテーゲンのセーブに阻まれたものの、28分にセットプレーの流れから均衡を破る。
     
     CKのこぼれ球を左サイドで拾ったマルセロからのクロスボールをS・ラモスがボレーで合わせる。これはポストに当たったものの、ルーズボールをカゼミーロが押し込んだのだ。
     
     先手を取られたバルサだが、先制直後から守備を意識して後手に回った相手に攻勢を強めるとエースが同点弾を叩き込む。33分、ラキティッチからのパスを敵バイタルエリアで受けたメッシが、カルバハルをかわして、冷静に左足で流し込んだ。
     
     振り出しに戻されてしまったR・マドリーは35分にアクシデントに見舞われる。ベイルが左足を痛めて負傷交代を余儀なくされたのだ。
     
     その後、互いに得点は生まれなかったが、前半はバルサが主導権を取り戻したなかでハーフタイムを迎えた。
     
     後半立ち上がりは前半と同様にR・マドリーがプレッシャーをかけて、敵陣へ積極果敢に仕掛けていく。49分にクロースが強烈なミドルシュート、53分にはベンゼマがヘディングで絶好機を作ったが、テア・シュテーゲンの牙城を崩すには至らない。
     
     時間の経過とともに落ち着きを取り戻したバルサは、55分にアルカセル、59分にピケがそれぞれ枠を捉えるシュートを放ったが、こちらも相手守護神ナバスのセーブに阻まれてしまう。
     
     互いにチャンスを作り、オープンな展開となった試合は、73分にアウェーチームが逆転に成功する。相手ゴール前でボールを持ったラキティッチが、キックフェイントでクロースをいなして、鮮やかなミドルシュートを突き刺したのだ。
     
     先行されたR・マドリーは追い上げたいところだったが、77分に再び急事に見舞われる。ボールを持ったメッシに対してS・ラモスが強烈なタックルをかますと、これが一発退場。数的不利となったのだ。
     
     それでも6バック気味に構えて逃げ切ろうとするバルサに追いすがるR・マドリーは、試合を振り出しに戻す。
     
     85分、左サイドをオーバーラップしたマルセロがペナルティーエリア内にボールを供給。これを走り込んできたハメスが合わせて同点としたのだ。
     
     スタジアムのボルテージも上がり、俄然、勢いの増したR・マドリーは、数的不利とは思えないほどの猛攻を見せると、88分にはアセンシオとC・ロナウドが決定機を迎えた。
     
     このまま試合終了かと思われたが、ドラマは試合終了直前の92分に待っていた。
     
     自陣でボールを奪ったS・ロベルトが敵陣へと一気に持ち込むと、バイタルエリアのA・ゴメスに繋ぐ。受けたポルトガル代表MFは左サイドをオーバーラップしてきたジョルディへスルーパスを送る。
     
     猛然と攻め上がったジョルディは、冷静にクロスボールをペナルティーエリア内のメッシへと送り、これをエースは左足でゴールへと流し込んだのだ。
     
     この劇的弾の直後、ホイッスルが鳴り、試合は終了。メッシのバルサ公式戦通算500ゴールで、勝ち越したバルサが3-2でR・マドリーを下した。
     
     リーガ・エスパニョーラでの174回目のエル・クラシコを制したバルサは、同勝点ながら得失点差で首位に浮上。一方、敗れたR・マドリーは1試合未消化なものの2位に陥落した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00024921-sdigestw-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492979938/

    レアル・マドリーvsバルセロナ

    レアル・マドリーのホーム、サンティアゴ・ベルナベウで開催される、リーガ第33節 レアル・マドリーvsバルセロナ クラシコの先発メンバーが発表された。

    【動画】ユベントスが準決勝進出

     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は19日、準々決勝第2戦を行い、バルセロナ(スペイン)とユベントス(イタリア)が対戦。スコアレスのまま前半を折り返すと、後半もスコアは動かずに0-0のまま試合終了を迎えた。この結果、2試合合計3-0としたユベントスが準決勝進出を決めた。

     11日に行われた第1戦でユベントスが3-0の勝利を収めており、勝ち上がるには最低でも4点が必要なバルセロナだが、相手の守備に苦しんでなかなか好機を生み出せない。前半15分には左サイドのFWネイマールの折り返しからMFイバン・ラキティッチがミドルシュートを放つが、ゴールマウスを捉えることはできず。さらに同19分には左サイドからDFジョルディ・アルバが送ったクロスをFWルイス・スアレスが触れると、反応したFWリオネル・メッシが左足で狙うもシュートはゴール右に外れた。

     前半31分にはメッシがミドルレンジから枠内にシュートを飛ばしたもののGKジャンルイジ・ブッフォンに阻まれ、その後もバルセロナが押し込む時間帯が続いたものの、ユベントスの堅牢な守備を崩し切れずに決定機を創出できないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

     0-0のまま後半を迎えると、後半5分にはユベントスがゴールを脅かすが、高い位置でボールを奪ったFWパウロ・ディバラ、FWゴンサロ・イグアインとつないだボールからMFファン・クアドラードが放ったシュートはゴール左に。同7分にはメッシがネイマールとのワンツーから狙うも、シュートは枠を捉え切れなかった。

     後半13分にはバルセロナベンチが動き、ラキティッチに代えてFWパコ・アルカセルを投入。同20分にはネイマールのCKをL・スアレスが折り返し、ゴール前のメッシが右足ダイレクトで合わせ、同24分にはメッシのパスを受けたMFセルジ・ロベルトが左足シュートで狙うが、ともに枠を外してしまう。

     後半30分にはディバラに代えてDFアンドレア・バルザーリをピッチに送り込み、守備に重心を置いたユベントスゴールをバルセロナがこじ開けようと攻撃を仕掛け続ける。さらに同34分にはS・ロベルトに代えてMFハビエル・マスチェラーノを投入し、DFジェラール・ピケを前線に上げたバルセロナだったが、最後まで得点は生まれず。

     試合は0-0のまま終了を迎え、2試合合計3-0としたユベントスが準決勝へと駒を進めた。決勝トーナメント1回戦ではパリSGを相手に、第1戦で4点のビハインドを背負いながらも第2戦で6-1の勝利を収めて奇跡的な大逆転劇を演じて準々決勝に駒を進めたバルセロナだったが、“2度目の奇跡”を起こせずにベスト8で姿を消すことになった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-01638934-gekisaka-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492634261/


    このページのトップヘ