気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    C・ロナウド

    トーレスがC・ロナウドに「どうしたんだ、ピエロ」www

     「欧州CL・準決勝第2戦、Aマドリード2-1Rマドリード」(10日、マドリード)

     レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナウドが、2試合合計4-2として決勝進出を決めた敵地での試合で、対戦相手のFWフェルナンド・トーレスと小競り合いを演じるなど“闘争心”を示した。11日のスペイン紙マルカなどが報じている。

     まずは前半42分、MFイスコのゴールで事実上の決勝進出を決めたシーンだった。Aマドリードのファンで埋まったスタンドに向かって、右手人差し指を口に立てて静かにするよう挑発的なジェスチャー。この試合でロナウドはボールを触るごとにブーイングを受けており、それを受けての反応とみられる。他にも試合中にトーレスから「どうしたんだ、ピエロ」と至近距離で野次られた場面では、返す刀で「家へ帰れ、バカ」と反撃した。

     試合後のロナウドは「僕らは、また決勝で戦えるのをとても喜んでいる」とコメント。さらには「アトレチコが良い形で試合に入って来るだろうってことは分かっていたし、2点を挙げる幸運もあった。だけど僕らには経験があり、1点取れば勝負が決まるってことを分かっていた。僕らはレアル・マドリードで、より多くの経験があることを証明した」と胸を張った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000114-dal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494494664/

    C・ロナウド「ケツの穴をなめろ」

    29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節のソシエダ戦(3-0)で、レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが発した暴言の内容が明らかになった。スペイン『アス』が伝えている。

     経緯としては、まず0-0の前半23分にC・ロナウドがボールを失うと、レアルのファンからブーイング。その後、C・ロナウドが観客席に向かって「イホデプータ(売女の息子が)」と言い返している姿をスペインのテレビ『クアトロ』のカメラがとらえていたようだ。

     さらにC・ロナウドの怒りは収まらず、ポルトガル語で「バイトマールノク(ケツの穴をなめろ)」と続けると、主将のDFセルヒオ・ラモスがC・ロナウドをなだめに行った。

    また、その数分後、別のミスを責めたレアルのファンに対し、目をつり上げながら首を横に振っているC・ロナウドの姿が確認されたことも報じられている。

     内輪もめとなった試合は、C・ロナウドの1ゴール1アシストなどでレアルが3-0の快勝。C・ロナウドの得点時にはファンも手のひら返しで彼を祝福し、両者に平和がもたらされたように見えたが、一度入った亀裂は埋まらなかったようだ。C・ロナウドはレアルの選手で唯一、センターサークルの中からファンたちに向けてあいさつをしなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01636385-gekisaka-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485845104/

    C・ロナウド、中国からの年俸122億円オファー拒否

    2016年12月30日、RFI中国語版サイトは記事「中国の某金満クラブ、4億ユーロのオファー=ロナウドは断固拒否」を掲載した。

    地獄の沙汰も金次第というが、“世界最高のサッカー選手”は金では動かなかったようだ。2016年のバロンドール(欧州年間最優秀選手)を受賞したクリスチャーノ・ロナウドのマネージャーは、中国から移籍金3億ユーロ(約369億円)、年俸1億ユーロ(約123億円)のオファーがあったことを明かした。クラブの具体名については言及していない。ロナウドにとっては世界最高の年俸を手にするチャンスだったが、マネージャーはレアル・マドリーから移籍することはないと断言した。

    今冬の移籍マーケットで中国の金満クラブは続々と大型補強を実現している。上海申花クラブはアルゼンチン人のテベスを年俸4000万ユーロ(約49億円)で、上海集団クラブはブラジル人のオスカルを2400万ユーロ(約30億円)という巨額契約で獲得。世界を驚かせている。(翻訳・編集/増田聡太郎)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170101/Recordchina_20170101022.html

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483343635/

    イブラヒモビッチが考える最高の選手は?C・ロナウド

    イブラヒモビッチがスター3選手に言及。C・ロナウドについては努力で違いを生み出す選手になったと語っている。

    マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが最高の選手と感じているのはブラジルのスター2人だという。『ESPN』が報じた。

    イタリア、フランス、そしてイングランドでも成功を収めようとするイブラヒモビッチ。そんな最高のスター選手の一人であるイブラヒモビッチでさえ、元ブラジル代表FWロナウドには特別な敬意を払っているようだ。

    「ロナウドは怪物で、最高の選手だったと思う。僕にとって彼はまさにフットボールの一例だった。彼がやること全て人々を興奮させた。ドリブルやそのスピードとかね。ロナウドは生まれついての才能を持っているね。練習で身についたものじゃない。作られた選手ではなく、生まれついて彼は特別な選手だったんだ」

    また、2000年代初頭にロナウドとともにフットボール界に彩りを加えたトリックスター、ロナウジーニョについても言及している。

    「僕らはミランで一緒にプレーした。以前のようにベストではなかったが、僕は彼のドリブルや髪を揺らしながら仕掛けていく姿が大好きだった。周りを子供のようにさせていたね」

    一方で、2016年のバロンドールに輝いたクリスティアーノ・ロナウドについては「一緒にプレーしたことはないけど」と前置きしながら「彼はハードトレーニングによって違いを作り出した選手だ。生まれついての才能ではない」とロナウドやロナウジーニョとは異なるとしている。
    http://www.goal.com/jp/news/23582/1/2016/12/30/30982932/1

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483090399/

    C・ロナウド、中国からの年俸122億円オファー拒否

    現地時間29日、レアル・マドリー(スペイン)のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、中国のクラブから届いた破格のオファーを断っていたようだ。代理人が伊『スカイスポーツ』の独占インタビューで明かし、複数の海外メディアがこれを報じている。

     それによると、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は「中国から、レアルへ移籍金3億ユーロ(約368億円)、選手には年俸1億ユーロ(約122億円)以上のオファーがあった」とコメント。移籍金・サラリーともに破格のオファーがあったと明かした。

     メンデス氏はその上で「しかし、金がすべてではない。レアル・マドリーは彼の人生そのものだ。クリスティアーノはレアルで幸せに過ごしているし、中国に行く可能性はない」「中国マーケットは新たな市場だ。彼らは多くの選手を買うことができる。しかし、繰り返して言うが、クリスティアーノが行くことはない。彼は世界最高かつ史上最高の選手。そのようなオファーが届くのは普通のことだ」と、同選手の中国移籍はあり得ないと断言した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000013-ism-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483071737/

    このページのトップヘ