気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    シュツットガルト

    シュツットガルト、グロスクロイツとの契約解除

    サッカーのドイツ2部リーグで細貝萌と浅野拓磨が所属するシュツットガルトは3日、2014年ワールドカップ(W杯)で優勝した
    ドイツ代表、グロスクロイツとの契約を解除したと発表した。

    クラブの公式ホームページなどによると、2月28日に起きた乱闘に巻き込まれて頭部を負傷し、入院。
    看過できない行為として、クラブと本人間で契約を解くことで合意した。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20170303/bun17030323490005-n1.html

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488553357/

    【動画】浅野拓磨、2試合連続アシスト 細貝途中出場

    [12.4 ブンデスリーガ2部第15節 E・アウエ0-4シュツットガルト]


     ブンデスリーガ2部は4日、第15節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトは敵地でE・アウエと対戦し、4-0で快勝した。浅野は3トップの左サイドで先発し、後半28分までプレー。前半24分には2戦連続となるアシストを記録した。細貝は後半35分から2試合連続の途中出場を果たした。

     直近の5試合(4勝1分)で12得点を挙げるなど好調なシュツットガルト攻撃陣がこの日も先手を取った。前半13分、MFベルカイ・オズジャンの右CKを中央のDFベンジャマン・パバールが頭で流し、ファーサイドでフリーになったDFティモ・バウムガルトゥルがヘディングで押し込んだ。

     セットプレーで幸先よく先制すると、前半24分にはFWカルロス・マネが左サイドに大きく展開したボールに浅野が反応。胸トラップから縦に運んで左足でクロスを上げ、ファーサイドのMFクリスティアン・ゲントナーが右足ダイレクトで蹴り込んだ。

     浅野は1ゴール1アシストを記録した前節のニュルンベルク戦(3-1)に続いて2試合連続となる今季3アシスト目。2-0で折り返した後半15分にはマネのスルーパスに抜け出し、スピードに乗ったドリブルから左足でシュートを打ったが、ゴール上に大きく外れた。

     その後も試合を優位に進めるシュツットガルトは後半22分に追加点。縦パスを受けたFWシモン・テロッデのポストプレーからマネがゴール前に抜け出すと、GKもかわして右足で無人のゴールに流し込んだ。同31分にはDFエミリアーノ・インスアの左クロスがファーサイドに流れたこぼれ球をマネが右足で蹴り込み、連続ゴール。4-0と勝利を決定づけた。

     直後の後半35分からは細貝もピッチに入り、ダブルボランチの一角として逃げ切りに貢献。4-0の完封勝利で2連勝を飾ったシュツットガルトは6戦負けなし(5勝1分)とし、勝ち点を32にまで伸ばした。前節終了時点で勝ち点30で首位に立っていたブラウンシュバイクは明日5日に試合を控えており、シュツットガルトが暫定首位に浮上している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-01634015-gekisaka-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480861798/

    シュツットガルト浅野拓磨の1G1Aを英紙が称賛

    ブンデスリーガ2部シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨は、プレミアリーグの強豪アーセナルからの期限付き移籍で武者修行を続けている。11月28日のニュルンベルク戦で1得点1アシストの活躍を見せ、3-1の勝利に貢献したが、英メディアは「アーセナルの忘れ去られた男」と紹介。日本ではお馴染みのジャガーポーズとともに活躍を紹介している。

    「アーセナルの忘れ去られた男、浅野拓磨はゴールを決め、シュツットガルトでジャガーの喜びを爆発させる」とのタイトルで特集したのは、英地元紙「メトロ」だ。

     プレミアリーグで首位チェルシーと勝ち点差3で4位のアーセナルのサポーターは、日本代表FWが今季加入したことをすっかり忘れているという。

     記事では「アーセナルファンはすでに浅野拓磨のことを完全に忘れているかもしれない。だが、日本代表は彼の存在を抜群のタイミングでファンに通知した」とレポートされている。

    「颯爽とファンの心を鷲掴みにした」

     今季7試合目の先発となったニュルンベルク戦、2-1とリードして迎えた後半アディショナルタイムに、浅野はカウンターからのチャンスでGKとの1対1の決定機を迎え、右足で相手の股間を射抜く追加点を決めた。コーナーフラッグに満面の笑みで疾走した浅野は、両手を前に突き出す“ジャガーポーズ”を披露。特集では「クールなフィニッシュ」と評価した上で、「トレードマークのセレブレーションを炸裂させた」と報じられている。

     「ジャガーの異名を持つ浅野は颯爽とファンの心を鷲掴みにしている。そして、アーセン・ベンゲルがなぜ彼を獲得したのかを再認識させた」と、ブンデス2部での活躍を高く評価している。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161202-00010007-soccermzw-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480699287/

    浅野拓磨、ホーム初ゴールの後、食あたりに…

     ドイツ2部シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨(22)が1日、自身のブログを更新。ホーム初ゴールを決めた後で食あたりに苦しんだものの、同僚MF細貝萌(30)の妻でタレント中村明花(30)の作ってくれたお粥(かゆ)のおかげもあって回復しつつある様子を報告した。

     浅野は11月28日に行われたニュルンベルク戦で待望のホーム初ゴールを含む1得点1アシストと活躍し、3―1での勝利に貢献。「ホームのスタジアムで早くゴールが取りたかったのでやっと取れたというのが正直な気持ちです」と胸中を明かした。だが、喜びに浸ったのも束の間だったそうで、「良い事の後には悪い事も起きるもので昨日の夜から食あたりにあってしまいました」と打ち明けた。

     まさに好事魔多しだが、それでも「細貝さんの奥さんが栄養たっぷりのお粥を作ってくれたおかげもあり」と料理上手でも知られるタレント中村明花のお粥を食べて回復に向かっていることを報告。「明日からまた練習が始まるので少しでも良い状態でまた次の試合に向けて良い準備をできるようにしていきたいです!」と最後は元気いっぱいにつづった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000178-spnannex-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480587258/

    【動画あり】シュツットガルト浅野拓磨、移籍後初ゴール!

    シュツットガルト浅野、移籍後初ゴール!クロスの折り返しを左足で合わせる

     シュツットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が、ブンデスリーガ2部第11節のカールスルーエ戦で加入後初ゴールを挙げた。

     浅野はカールスルーエ戦で左ウィングとして先発。カールスルーエの10番を背負う山田大記もボランチとして先発し、日本人対決が実現している。なお、シュツットガルトに所属するMF細貝萌はケガの影響でベンチ外となった。

     0-0で迎えた前半10分、右サイドからのクロスをファーサイドでカルロス・マネが折り返すと、中で待っていた浅野が左足で合わせ、ゴール右へと流し込んだ。浅野にとってはヨーロッパに渡ってから、初めての得点となった。

     なお、試合は浅野のゴールで先制したシュツットガルトが前半30分経過時点で、1点をリードしている。(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20161030/jle16103022580016-n1.html

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477837713/

    このページのトップヘ