気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    ハリルホジッチ監督

    ハリルホジッチ監督、乾貴士を視察へ!

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)が3月23日のW杯アジア最終予選UAE戦(アルアイン)に向け、エイバルのMF乾貴士(28)を直接視察する見通しとなった。

    ACミランのFW本田圭佑(30)、セビリアのMF清武弘嗣(27)ら攻撃的位置の主力が所属クラブで出場機会に恵まれない中、乾に約2年ぶりの代表復帰の可能性が急浮上。関係者によると、2月にエイバルの試合に足を運ぶ方針だという。

    母国フランスで休暇中のハリルホジッチ監督が、スペインで奮闘する乾の動向を注視している。

    3月23日のW杯アジア最終予選アウェーUAE戦に向け、2月初旬から欧州組の視察を開始し、同25日のJリーグ開幕に合わせて再来日する予定。約3週間をかけて欧州行脚するが、関係者は「監督は招集の条件として試合に出ていることを重視している。
    スペインで出続けている乾を2月に見に行くことになると思う」と明かした。

    今季の乾は所属するエイバルでシーズン序盤は出場機会が少なかったが、徐々に信頼を勝ち取り昨年10月22日のエスパニョール戦以降リーグ10試合連続で先発中。

    切れ味鋭いドリブル突破に加え、守備面でも献身的な動きを見せ、9位と好位置に付けるチームに貢献している。
    線が細く“デュエル(1対1の決闘)”に難があると判断したハリルホジッチ監督は就任当初の15年3月31日の親善試合ウズベキスタン戦を最後に招集を見送ってきたが、直接視察して再チェックする方針だ。

    指揮官は昨年11月15日のW杯アジア最終予選サウジアラビア戦で所属クラブで出番の少ない本田、岡崎、香川を先発から外し、大迫、久保らフレッシュな力を積極起用して2―1で勝利。

    「A代表に入りたいならプレー回数が必要」と所属クラブで出番を増やすことをレギュラー奪回の条件としたが、現在も本田、岡崎、香川、清武らは十分な出場機会を得られていない。

    17年はW杯アジア最終予選のラスト5試合を控える重要な年。
    攻撃的ポジションの主力の試合勘が不安視される中で、乾の存在がクローズアップされている。
      
    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/01/19/kiji/20170118s00002014255000c.html

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484773564/

    ハリルホジッチ監督、決断か!? 本田ベンチ降格&金崎抜てき

    エースの“降格”で白羽の矢が立つのは――。

    日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)はロシアW杯アジア最終予選のアウェー・UAE戦(3月23日)に向けて所属クラブでの出場機会を重視する方針だ。
    すでにACミラン(イタリア)で構想外となっているFW本田圭佑(30)のスタメン落ちは確実な状況だが、エースの代役には意外な選手が浮上している。

    本田はミランのビンチェンツォ・モンテッラ監督(42)の構想から外れ、今季の先発出場はわずか1試合。
    16日のリーグ戦(対トリノ)でもピッチに立つことはなく、今年に入って公式戦3試合連続で出番なし。
    本田は退団を視野に入れているものの、移籍金が発生するため1月中の移籍は厳しい見通しだ。

    そんな状況にハリルホジッチ監督は業を煮やしている。この状態が続けば本田のコンディションが上がってこないのは確実。
    3月のUAE戦は最終予選の行方を左右する一戦だけに、指揮官は「代表に入りたいならプレー回数だと本田にも説明した。

    もう代表はプライベートなものじゃない」と断言。
    さらに「じゃあ、3月(最終予選)はどうなりますかということだ」と話し、先発で起用しない考えを示唆した。

    ハリルホジッチ監督はすでに代役の選定作業にも着手。その筆頭候補はFW金崎夢生(27)だ。

    昨年12月のクラブW杯では左足首捻挫を抱えながら奮闘し、2得点1アシストをマーク。
    欧州王者レアル・マドリード(スペイン)との決勝でもスペイン代表DFセルヒオラモス(30)を圧倒し、その実力を世界にアピールした。

    A代表指揮官は、昨年8月に金崎が鹿島の石井正忠監督(49)に造反した行動を問題視して代表から追放したが、すでに石井監督とも和解したことから「監督の夢生に対する評価は今でも高い。その件は問題にしていない」と協会関係者。

    代表チーム内では3月で“謹慎期間”が終わるとの認識で一致しており、ハリルホジッチ監督も「金崎が良ければ私も考える。私はこれから良い選手を選ぶ」と復帰にゴーサインを出している。

    日本代表では主に1トップで起用されてきたが、これまで所属したクラブでは右サイドでも多くプレー。
    ハリルホジッチ監督はその映像も確認済みで、本田に代わる右FWでも十分なパフォーマンスができると判断。
    今季好調のFW大迫勇也(26=ケルン)やFW原口元気(25=ヘルタ)と併用するプランも検討している。

    エースを押しのけて、代役の“問題児”が結果を残せるか。
    一方の本田はこのままでは日本代表でもベンチが定位置になりかねないが…。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000005-tospoweb-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484806117/

    ハリルホジッチ監督、“点取り屋募集”を全世界に発信!

    日本代表の課題に挙げるハリル 「私はこのタイプの選手を探さないといけない」

     日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が点取り屋の不在を課題に挙げている。「私が求めているのは純粋なストライカー」と明言し、2017年シーズンにストライカー発掘に着手することを宣言している。FIFA公式サイトで語った。

    「現時点で我々は色々なポジションからゴールを決めることができている。センターバックから中盤、フォワードからだ。いいことだが、私が求めているのは純粋なストライカーだ。1試合に1、2回あるかどうか分からないチャンスでゴールを決める選手だ」

     ハリル監督はこう語った。日本代表にはレスターFW岡崎慎司、ケルンFW大迫勇也ら実力者が揃うものの、FW陣に満足できていない様子だ。点取り屋募集中であることを、全世界に発信している。

    「私はこのタイプの選手を探さないといけない。もしくは育成しないといけない。いいチームには1人いる。調子が悪くてもゴールを奪う道筋を立てられる選手だ。流れが悪くてもね。いいストライカーと優秀なGKを育成することは可能で、すごく重要なことだ。強国には重要なポジションにいい選手が揃っている。もしいないのなら結果は期待することはできない。クラブレベルでも同じだ。バイエルン、バルセロナ、レアル・マドリード、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド。どのチームにも存在する。我々には調査を進める必要がある」

    「問題は枠内シュートが42%ということ」

     ハリル監督はこう語った。ストライカーの育成こそが最優先事項と強調している。日本代表の弱点は点取り屋不在だと認識しているようだ。

    「我々は1試合平均で22本のシュートを放っている。これはかなりの数字だ。Jリーグのチャンピオンシップでも、浦和と鹿島がどれだけシュートを打った?(1試合目は合計16本で2試合目は20本)だから、我々は数多くの決定機を作り出している。だが、問題は我々の枠内シュートがわずか42%ということだ。50%以上に上げなければいけない」

     日本代表選手のシュート精度の低さを一刀両断した指揮官は、長年の課題でもある本格ストライカーの育成と得点力アップに着手することになる。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170102-00010020-soccermzw-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483351991/

    ハリルホジッチ監督「日本代表は皆のもの、本田の個人的

    彼は決して日本のエースに無理難題を突きつけているわけではない。継続的なプレイ時間の確保こそ、ヴァイッド・ハリルホジッチ代表監督が、ミランの本田圭佑に求める唯一にして最大の指令である。

    ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督率いる2016-17シーズンのミランにおいて、金髪の10番が出場したセリエAでの試合数はたったの5試合だ。この悲惨なデータが示す通り、本田は現在のロッソネーリでお世辞にも戦力として計算されているとは言いがたい状況下にあり、それは彼の母国においても十分に起こり得ることである。少なくとも、“日本のボス”ハリルホジッチが口にした最後通告にはそのようなメッセージが含まれていた。ジャカルタに本拠地を構えるスポーツメディア『Liga Olahraga』が日本代表監督のコメントを伝えている。

    「私は本田が継続的に試合へ出場する必要があると考えている。日本代表には彼が必要だ。本田は日本でトップの点取り屋であり、ベストパサーでもある。しかし彼が満足に試合に出られないならどうなるか。私はハッキリと彼に伝えた。もしも日本代表でプレイし続けたいのなら、クラブでより多くの試合に出なければならないと、私は本田に説明したよ。また、日本代表は全員のものであり、本田の個人的なチームではないとも伝えた。私としては本田がクラブで先発出場する姿を見たいが、それが不可能なら移籍を考えるべきだ」

    然るべきオブラートには包みながらも、ミランの10番に向けて明白なメッセージを送りつけたハリルホジッチ。そして、そんなボスからの警告を受けた本田は冬のマーケットでの去就が注目を集めており、これまでにもサンダーランドやトッテナム、そして中国クラブなどから関心を寄せられてきたとされるが、未だに具体的な進展は見られない。日本代表での立場を考慮すれば、本田は一刻も早く決断を下す必要があるのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00010008-theworld-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483333765/

    ハリルホジッチ監督「突破したらアウェーに行きたい。

    日本サッカー協会は22日、都内のJFAハウスで2017年の日本代表各カテゴリーの活動予定を発表した。

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は6大会連続となるW杯出場権を獲得した場合、ロシア大会への強化策として10、11月の国際Aマッチウィークに欧州遠征などを行って強豪国との対戦を熱望した。

    各年代の日本代表監督が一堂に会した年間予定発表会見。先陣を切ったハリル監督は、17年の重要性を力強く説いた。
    「来年は各カテゴリーに大事な大会がある。自分たちの目標を達成してほしい」。
    A代表では最終予選を勝ち抜きW杯切符の獲得が至上命題。指揮官の頭の中には、その先のロシア本大会を見据えた強化策があった。

    10、11月の国際Aマッチウィークを利用した海外遠征だ。「突破したらアウェーに行きたい。欧州も候補。

    レベルが高く(FIFA)ランク上位とやりたい」。対戦候補は現在ランク7位でハリル監督が国籍を持つフランスや、アグレッシブなプレーと高い身体能力で6月の欧州選手権で8強入りした同21位のアイスランドなど、指揮官が以前から対戦を熱望している国。
    日本協会が提携する同13位・イングランドなども交渉相手となりそうだ。

    遠征先で考えればロシアが候補になる。日本は昨年のアジア杯で優勝を逃したため、17年に同国で開催されるコンフェデレーションズ杯の出場権を逃した。
    W杯本番を前に開催国の環境を体感しておくことは重要で、ハリル監督もロシア遠征を希望している。

    同じくコンフェデ杯の出場権を逃した10年南アW杯の前年には、開催国の南ア遠征を実施。気候や治安対策など実りは多かった。

    ただ、すべては来年3月のUAE戦から再開する最終予選の突破が大前提。UAEには9月の初戦に1―2で敗れただけに気は抜けない。
    「前回は、ほっぺをたたかれた。やり返したい」。周囲が警戒する“中東の笛”に関しても
    「楽観的だ。すでに2か国(アルジェリアとコートジボワール)で最終予選を勝ち抜いた」と力を込めた。

    経験からくる自信を胸に、ハリル監督が勝負の17年に挑む。(斎藤 成俊)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000039-sph-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482445604/

    このページのトップヘ