気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    ヘルタ・ベルリン

    【動画】原口元気は先発出場 ヘルタ・ベルリン、終了間際

    18日、ブンデスリーガ第21節が行われ、原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはホームのオリンピアシュタディオンに王者バイエルンを迎えた。


    ミッドウィークにチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦ファーストレグを戦い、アーセナル相手にホームで5-1と大勝したバイエルン。その疲労を考慮してか、この試合ではロベルト・レヴァンドフスキ、シャビ・アロンソ、ハビ・マルティネスをベンチに置き、ダビド・アラバをセンターバックで、トーマス・ミュラーを1トップで起用するなど、普段から大幅にメンバーを代えてベルリンに乗り込んだ。

    一方、原口元気らお馴染みのメンバーを先発起用したヘルタは、バイエルン相手に直近の11試合で勝ちはおろか引き分けすらないという相性の悪いデータがある。さらに637分無得点と攻撃陣が停滞中だが、この日は立ち上がりから積極的に前からプレスをかけ、鋭いカウンターでバイエルン守備陣を慌てさせていた。

    すると21分、左サイドでヘルタがFKを獲得する。マルヴィン・プラッテンハルトがゴールに向かう低めのボールを蹴ると、ニアサイドでヴェダド・イビシェビッチが合わせ、GKマヌエル・ノイアーを破りヘルタが先制に成功する。

    先制を許したバイエルンは、1トップのミュラーが前線で起点になれず、ロッベン、ドグラス・コスタの両翼も窮屈なプレーを強いられる。さらにこの日のピッチ状態が悪いこともあり、パススピードが上がらず思うように決定的なチャンスを作ることができない。38分には、原口の突破から得た右CKのこぼれ球をイビシェビッチが押し込んでネットを揺らすが、オフサイドによりノーゴール。ヘルタが自分たちのペースで試合を進めながら1点リードで試合を折り返した。

    後半、メンバーを代えずに臨んだバイエルンだが、前半同様に攻撃の形を作れず、ロッベンとコスタの個人技でしかヘルタゴールを脅かすことができない。56分には、カウンターからサロモン・カルーがドリブルで持ち上がり、ラストパスをペナルティーエリア手前右の原口が捉える。しかし、渾身のシュートはゴール上へと大きく打ち上げてしまう。

    攻め手を欠くバイエルンは61分、ヨシュア・キミヒに代えてアロンソ、アルトゥーロ・ビダルに代えてレヴァンドフスキを投入。これにより、チアゴ・アルカンタラとアロンソで中盤を作り、レヴァンドフスキとミュラーが前線で動く、普段の形に近いメンバー構成となる。

    さらに77分、ベルナトに代えてキングスレイ・コマンを投入。これにより、右からフィリップ・ラーム、マッツ・フンメルス、アラバの3バックとなり、非常に攻撃的なシステムでヘルタに猛攻を仕掛ける。

    これに対し、ヘルタも無闇にラインを下げて構えるのではなく、しっかりと前線からのプレスを続け、何人かの選手は足がつりながらも全員守備の任務を遂行。この試合が決勝戦であるかのような非常に高い集中力を見せ、88分にアラバの際どいFKをGKルネ・ヤーステインがはじいた際には、まるでPKを止めたかのようにチームメイトが駆け寄った。

    終盤はバイエルンがフンメルスを上げてパワープレーを仕掛け、ヘルタもイビシェビッチ、カルー、そして原口と、攻撃的なポジションながら守備で奮闘を見せた3人を入れ替える。ノイアーもハーフェーラインまで上がってロングボールを供給する役に回るほど追い詰められたバイエルンだったが、集中を切らさないヘルタ守備陣もこれを跳ね返し続ける。

    そしてアディショナルタイムが提示されていた5分に差し掛かろうとした瞬間、左サイドで仕掛けたコマンが倒されFKを獲得する。すでに時間は5分を経過し、正真正銘、これがラストプレーであり、両チームにとって運命を決めるプレー。ヘルタは守りきれば勝ち点3、バイエルンは決めれば勝ち点1――。ヘルタのゴール前にほぼすべての選手が密集する中、キッカーのチアゴはマイナス気味のキックを選択。完全にフリーとなっていたロッベンのシュートはゴールライン上にいたDFに当たるが、こぼれ球をレヴァンドフスキが押し込み、7万人が詰め掛けたオリンピアシュタディオンは歓声と悲鳴が交じり合い、混沌の中で終了の笛が鳴り響いた。

    90分間、そしてアディショナルタイムの5分間も含め、自分たちのプラン通りに試合を進めていたヘルタだったが、最後の最後に許したセットプレーで勝利を逃し、バイエルンは勝ち点1を手にした。ヘルタのチームとしての任務遂行能力の高さと、ドイツ絶対王者の底力が凝縮された一戦だった。

    ■試合結果

    ヘルタ・ベルリン 1-1 バイエルン

    ■得点者

    ヘルタ:イビシェビッチ(21分)

    バイエルン:レヴァンドフスキ(90+7分)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000026-goal-socc

    【動画】原口元気、開始1分に今季初ゴール!

    ヘルタ、連敗ストップで2017年初勝利

    日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは4日、ブンデスリーガ第19節でインゴルシュタットをホームへ迎え入れた。ウィンターブレイクが明けて以降、2連敗中のヘルタ。トレーニング中に左足首を負傷し、一時は欠場も噂されていたが、今節は原口が4試合ぶりにスタメン復帰することとなった。

    試合は、開始1分に早くもスコアが動く。緩急をつけたドリブルでサロモン・カルーが左サイドを突破し、ペナルティエリア内へ侵入すると、中央へグラウンダーで折り返す。これを走り込んでいた原口が落ち着いてゴールへ流し込み、ヘルタがブンデスリーガ今季最速ゴールで先制に成功。原口にとっては、待望の今季初ゴールとなった。

    その後は、先制したヘルタがリスクを冒さず、ボールをしっかり回すことで落ち着いた試合展開。そのため、両チームなかなかチャンスを作れず、ただただ時間だけが過ぎていく。前半終了間際にインゴルシュタットがセットプレイやサイド攻撃からシュートまで持っていくが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。ヘルタが1点リードしてハーフタイムを迎えている。

    後半に入ると、両チーム一進一退の攻防を見せるが、なかなか決定機を活かせない。そして、なんとか同点に追いつきたいインゴルシュタットが猛攻を仕掛け、徐々にペースを握るが、ヘルタがなんとか耐えて試合終了。1-0でホームのヘルタがインゴルシュタットを撃破し、2017年初勝利を挙げた。なお、先制ゴールを挙げた原口はフル出場を果たしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00010000-theworld-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486226144/

    原口元気、スタメン奪取へアピール失敗か?ヘルタ・ベルリン

    ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表MF原口元気は指揮官へのアピールにやや失敗してしまったようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。

    ヘルタは11日に2部マジョルカと、12日に4部ポブレンセと練習試合で対戦。ブンデスリーガ前半戦の終盤からベンチを温めることが多くなった原口は主に控えメンバーで構成されるチームで臨んだポブレンセ戦に出場。1-0でヘルタが勝利したこの試合で、原口はゴールに絡むことができなかったが、何度か見せ場をつくっている。

    しかし、パル・ダルダイ監督は同選手の取り組み方に満足していないという。原口について以下のように語っている。

    「我々が契約の延長を望んでいることを知ってから、意気込みすぎている印象を受ける。それは一番良くないこと。モチベーションは良いが過剰なモチベーションは避けなければいけない。今シーズンの序盤に彼が見せた優れたクリアなプレーが見えなくなってしまったんだ」

    ヘルタは14日にマジョルカで実施していたトレーニングキャンプを終えてドイツに戻る。リーグ再開まで原口は以前の好調を取り戻せるのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000005-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484366232/

    今季リーグ戦無得点の原口元気、移籍の可能性を口にする

    2018年ロシアW杯アジア最終予選で4試合連続でゴールを決めた原口元気(25)。あの不世出のストライカー釜本邦茂も、キング三浦カズもなし得なかった「最終予選4連発男」は、ハリルホジッチ日本代表監督の救世主としての地位を確保したと言っていい。

     ドイツ3年目を迎えた今季は所属ヘルタ・ベルリンで開幕からリーグ9戦フル出場。ところが「10節くらいまではものすごく良い感触でプレーできていたが、日本代表のサウジアラビア戦(2016年11月15日)以降、パフォーマンスがあまり良くない」と自身も認める通り、出場時間が減少して12月11日のブレーメン戦(14節)は今季初の出番なしに終わり、16年最後のダルムシュタット戦(22日=16節)は後半46分からの交代出場だった。12月8日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)リヨンーセビリア戦を皮切りに日本代表欧州組の現地取材に出向いたサッカージャーナリストの元川悦子氏が、かねて取材を続けていた原口の「今」に迫った。

     ◇  ◇  ◇

     横浜MのMF中村俊輔やドルトムントMF香川真司を引き合いに出すまでもなく、欧州でプレーする日本代表選手は、長い距離を往復しながら所属クラブ、日本代表を掛け持ちすることで肉体的疲労に直面し、パフォーマンスの低下を招くことがある。

     しかし、原口は「俺の場合はそこじゃない」と言い切る。彼が思う最大の要因は「メンタル的な疲れ」だという。

    「ブンデスリーガの開幕戦とか日本代表戦の大事な試合のように100%のモチベーションですべての試合をこなすのは不可能。もちろん、どんな試合も勝ちたくて『やるぞ!』って気持ちでいるけど、やっぱりどこか違う部分がある。自分みたいにハードに戦うタイプの選手は、もっとメンタル面を充実させないとやっていけない。そこがちょっとでも低下するとうまくいかなくなる」と難しい現状を吐露した。

    ■精神面でのブレがあってはダメ

     どんなトップアスリートでも、試合が続けば研ぎ澄まされた感性は薄れがちになる。だが、真の世界トップに到達したければ、精神的なブレがあってはダメ。原口もそれをよく理解している。

    「自分は上に行きたくて仕方ないし、結果を残したくて仕方ないが、どうしても『メンタル的な疲れ』はある。どう克服するか? たとえば(スペインの)レアル・マドリードやバルセロナ、(ドイツの)バイエルン・ミュンヘンとかのトップ選手は(精神的な)ムラがないと思う。技術、フィジカル的な部分はもちろん、どんな試合でもモチベーションが失われていない。あれだけ成功を勝ち取った選手たちが毎試合、もの凄い高いモチベーションを維持してプレーできるところに成功の秘訣があるのかな」と彼はしみじみと語った。

     原口自身、そんな高みに到達するチャンスを虎視眈々と狙っている。

     2014年5月にヘルタに移籍した後、筑波大学の谷川聡准教授について肉体改造に取り組み、走る、止まる――といった基本的な部分の改善にも努めた。地道な努力と意識の高さが、代表でのブレークにつながった。

     日本国内では「新世代のスター」扱いされ、評価も急上昇している。

     しかし、原口本人は「今は正直、日本代表のことはいい。別物だし、ここ(ヘルタ)で結果を出さない限り、俺の目指すところにはたどり着けないんで」と言い切る。

    「自分が一番大切にしてるのは、チームの監督と代表監督がどう評価してくれているか? それから自分自身の達成感。この3つが大切なんで、それ以外の周りからの評価は、ポジティブなものにもネガティブなものにも影響を受けないようにしている」と語り、クラブでの苦境打開を最優先課題と位置付けている。

     そのためにも「今季リーグ無得点」という壁を越えることが先決だ。

     ヘルタでは1年目が1点。2年目は2点。ゴール量産という思いはかなっていない。

    「欧州でコンスタントに10点取れる選手になりたい」という理想像を描く原口には、この数字は不満以外の何物でもないだろう。

    ■原口本人の口から移籍の可能性が

    「日本代表はボールを触る回数もシュートチャンスも多いので必然的にテンションが上がるんだけど、(相手ゴールから遠いところでプレーしている)ヘルタではどうしようもない部分。今の環境で10点は難しい。でも、ヘルタにはヘルタのサッカーがあるし、それは変えられないから。ヘルタで凄く成長させてもらったけど、まだまだ伸ばせる部分もあると思うし、ここでは伸ばせない部分があるのも確か。だからステップアップも選択肢の一つ。国内外問わず、考えてはいます」と彼は移籍の可能性を口にした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00000008-nkgendai-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483093400/

    清武弘嗣の獲得にヘルタ・ベルリンが動く?

    セビージャに所属する日本代表MFの清武弘嗣に対し、ヘルタ・ベルリンが興味を示しているとドイツ誌『キッカー』が報じている。

    清武はセビージャで満足な出場機会を得られていない。21日に行われたコパ・デル・レイでは相手が格下だったこともあってフル出場を果たしたが、リーガ・エスパニョーラではほとんどチャンスを得られていない。クラブが外国人枠を埋めている清武を放出して新たにストライカーを補強するという情報もあり、移籍のうわさが絶えない状況にある。

    原口元気が所属するヘルタ・ベルリンはここ数週間、清武の状況を注視しているようで、1月の移籍市場で獲得に乗り出す可能性があるという。すでに清武の周辺にいる関係者に興味を持っている趣旨を伝えているという話もある。

    なお、セビージャと清武は2020年まで契約を結んでいて、完全移籍で獲得する場合には移籍金が発生する。ヘルタの財政状況では支払いが困難であることから、レンタル移籍を目指して調整が行われていく見込みだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000006-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482374999/

    このページのトップヘ