気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    レスター・シティ

    【動画】岡崎慎司が決勝アシスト WBA0-1レスター・シティ

     現地時間4月29日、ザ・ホーソンズでプレミアリーグ35節のWBA対レスターが開催された。

     
     3日前のアーセナル戦を試合終了間際の失点で落とし、プレミアリーグ3戦未勝利のレスターは、普段通りの4-4-2の布陣で臨んだ。メンバーも離脱中のモーガンを欠いた以外はマハレズ、ヴァーディーらベストメンバーが顔を揃え、注目の岡崎は3試合ぶりに先発出場を果たし、2トップの一角に入った。
     
     試合は開始直後から両チームが激しくぶつかり、ボールを奪い合う肉弾戦の様相を呈すなかで進行する。
     
     そのなかで主導権を握ったのはWBA。ボールを奪ってからサイドに展開し、最前線に合わせるというシンプルな戦術が見事にハマり、18分にはブラントが相手守護神のシュマイケルの好守に阻まれたものの、決定機なシュートを見舞うなどチャンスを創出した。
     
     押し込まれたレスターは、相手の激しいプレーの数々に流れを掴めずに後手に回る。岡崎もポストプレーでタメを作ろうと奮闘するが、相手MFのジャコブの素早いチェックに苦闘。ゴールに近づくどころか、前を向いてプレーすることすらできない時間が続いた。
     
     30分以降、相手のチャージに慣れ始めたレスターだったが、巨躯のDFが並ぶ敵ゴール前で思ったようにボールを繋げることができなかった。しかし、前半終了間際に岡崎が作り出した好機をエースがものにする。
     
     43分、相手FWロンドンのバックパスを敵陣でさらった岡崎が、眼前を走るヴァーディーに倒れ込みながらスルーパスを供給。これを受けたイングランド代表FWは相手GKとの1対1を難なく制してゴールネットを揺らした。
     
     1点をアウェーチームがリードして折り返した試合は、後半は開始早々からオープンな展開となる。
     
     レスターは47分にヴァーディーのクロスボールに岡崎が飛び込むもわずかに合わず。一方のWBAは48分にロンドンが強烈なボレーを放ったが決めきることができなかった。
     
     55分にドーソンが、59分にマハレズと、両チームは交互に枠内へと飛ばす惜しいシュートを放ち、試合は前半と打って変わって目立ったシーンが増えていった。
     
     前半以上にタイトなプレーを続けたレスターは、66分、岡崎に代えて長身FWのウジョアを投入。この交代でチームは守備に重きを置きながら、攻撃ではシンプルにサイドアタックを展開する戦術へと変更した。
     
     相手がやや守勢に回ったのを見て、攻勢を強めたWBAはサイドを起点に敵陣へと果敢に仕掛けて76分にマクリーンがチャンスを創出したが、ゴール前に堅固な守備網を敷いたレスターの牙城を崩すことはできなかった。
     
     試合は結局、1-0でレスターがWBAとのプレミアリーグらしい肉弾戦を制し、プレミアリーグ3試合ぶりの白星を飾った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170430-00025112-sdigestw-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493481138/

    【動画】岡崎慎司は途中交代 レスター・シティ1-1

     チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが18日に行われ、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターとアトレティコ・マドリードが対戦した。岡崎は先発出場している。

     クラブ史上初出場のCLでベスト8まで駒を進めたレスター。第1戦では敵地で敗れたものの、最小失点にとどめて、ホームでの逆転突破に望みをつないだ。一方、昨年ファイナリストのアトレティコは、レスターがここ3試合勝利から遠ざかっているのに対し、10試合無敗をキープ。好調の勢いをそのままに2年連続のベスト4入りを狙う。

     レスターはロベルト・フートが出場停止だが、主将のウェズ・モーガンが先発に復帰。岡崎、ジェイミー・ヴァーディ、リヤド・マフレズ、ウィルフレッド・ディディらがスタメンに入った。一方のアトレティコはエースのアントワーヌ・グリーズマンを始め、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、サウール・ニゲスらが先発メンバーに名を連ねた。

     ホームのレスターは21分、ヴァーディがディディのスルーパスでペナルティエリア内左に抜け出してマイナスの折り返し。岡崎ニアサイドに飛び込んで合わせるが、シュートは枠を捉えられなかった。レスターが立ち上がりから攻勢に出ていたが、先制したのはアトレティコだった。26分、左サイドのフィリペ・ルイスからのクロスを、中央のサウールが頭でゴール左隅に叩き込み、先制点を奪った。

     追い付きたいレスターは34分、こぼれ球に反応したマフレズがエリア内左から右足ダイレクトボレーを放つが、シュートは相手GKヤン・オブラクにキャッチされた。前半はアトレティコの1点リードで折り返す。

     3点が必要なレスターは岡崎とヨアン・ベナルアンを下げ、レオナルド・ウジョアとベン・チルウェルを投入して後半を迎えた。すると61分、チルウェルがエリア内左からシュートを放つと、ガビのブロックに阻まれるが、こぼれ球をエリア内右のヴァーディが右足シュートで押し込み、同点ゴールを奪った。

     勢い付くレスターは68分、エリア内中央のヴァーディが右サイドからの折り返しを、右足ダイレクトで叩くが、相手DFにブロックされる。押され気味のアトレティコは69分、カラスコを下げてフェルナンド・トーレスをピッチに送り出した。

     レスターは76分、エリア手前からのFKでマフレズが直接狙うが、シュートはクロスバー上に外れた。84分、復帰したばかりのモーガンが負傷交代を強いられ、ダニエル・アマーティが投入された。

     最後までゴールを狙い続けたレスターだが、アトレティコの堅守に阻まれて追撃は実らず、このまま1-1でタイムアップ。2試合合計1-2で初のCLはベスト8敗退で終わったが、ホームの観客はスタンディングオベーションで選手の健闘を称えた。岡崎は体を張ったプレーで奮闘したが、ハーフタイムに途中交代となった。勝ち抜けたアトレティコは、2年連続でベスト4に駒を進めた。


    【スコア】
    レスター 1-1(2戦合計:1-2) アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    0-1 26分 サウール・ニゲス(アトレティコ)
    1-1 61分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

    https://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20170419/578053.html

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492548126/

    レスター・シティvsアトレティコ・マドリー

    レスター・シティのホーム、レスター・シティー・スタジアムで開催される、CLラウンド8 2ndレグ レスター・シティvsアトレティコ・マドリーの先発メンバーが発表された。

    【動画】岡崎慎司は途中交代 アトレティコ・マドリー1-0レスター

    12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、アトレティコ・マドリー対レスター・シティの一戦は、ホームのアトレティコが1-0で勝利した。レスターFW岡崎慎司は先発して45分間プレーしている。

    来季からのスタジアム移行が決まっているアトレティコにとって、現本拠地ビセンテ・カルデロンでCL戦を行うのは、この試合を含め最大で2試合だ。シメオネ監督就任以降、決勝トーナメントでレアル・マドリー、バルセロナ、チェルシー、バイエルン・ミュンヘン、PSV、レヴァークーゼンと数多の強豪がこの地を訪れながらも勝利を得られずに帰路に着いている、まさに「要塞」と表現するにふさわしい場所である。

    そのカルデロンで、アトレティコは序盤からレスターを自陣に押し込み主導権を握る。それでも2分、最初のシュートチャンスを得たのはレスター。岡崎のロングボールからバーディーが抜け出し、左足で狙った。

    アトレティコはボールを保持しながらも中々決定機を生み出せない。12分にグリエズマン、16分にサウールがそれぞれミドルレンジからシュートを打ったが、いずれもボールはバーの上に超えて行った。

    焦りを募らせ始めるアトレティコに、レスターが襲いかかる。24分、左からのオルブライトンのクロスに岡崎が飛び込んだ。これは日本代表FWにわずかに合わずも、鋭い攻撃で相手ゴールに迫る。

    だがアトレティコは、攻撃に重心を傾けたレスターに生まれた隙を見逃さなかった。26分、間延びした中盤のスペースを利用してグリエズマンが左サイドをぶち抜く。50メートルほどを独走した後、アトレティコのエースはペナルティエリアに差し掛かったところでオルブライトンに倒され、PKを獲得。これをグリエズマン自身がきっちり決め、アトレティコが先制に成功した。

    レスターのシェイクスピア監督は、後半開始から岡崎に代えてキングを投入する。そのレスターは59分、マフレズが個人技でペナルティエリアに入り込み、ガビのファールを誘うように倒れる。が、ここでは主審の笛は鳴らず、PK獲得とはならない。

    0-1というスコアは、両者に微妙なさじ加減を要求する。アトレティコは追加点を狙って逆襲を受け、同点にされることを嫌いリスクを最小限にとどめつつ攻撃を仕掛ける。一方のレスターはセカンドレグを見据えると十分逆転可能な点差であることから、追いつくよりも2失点目を避ける意識が働いた。

    残り時間が少なくなるにつれて守備を強固にするレスターに対して、アトレティコはこれを崩せなかった。ファーストレグは1-0でホームチームが勝利。セカンドレグは18日に行われる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000041-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492030420/

    アトレティコ・マドリーvsレスター・シティ

    アトレティコ・マドリーのホーム、エスタディオ・ビセンテ・カルデロンで開催される、CLラウンド8 1stレグ アトレティコ・マドリーvsレスター・シティの先発メンバーが発表された。

    このページのトップヘ