気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    大迫勇也

    【動画】大迫勇也、途中交代 ケルン1-0ヴォルフスブルク

    大迫先発も2戦連発はならず…ケルンはヴォルフスブルクを破り2連勝

    ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するケルンとヴォルフスブルクが対戦した。
    大迫は18試合連続でスタメン出場している。

    ケルンは前節のダルムシュタット戦を6-1の大勝で飾り、7試合ぶりの勝利を収めた。
    上位陣から離されないためにも、ホームで連勝を飾りたいところだ。
    一方、ヴォルフスブルクは14位と低迷。敵地で2試合ぶりに勝利を収めたい。

    試合は序盤からケルンが押し気味に進める。
    25分には大迫がロングシュートを狙ったが、相手DFに当ってしまい、GKディエゴ・ベナーリオがキャッチした。
    その後もケルンがチャンスを迎えたが得点を挙げられず、このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

    後半開始早々にチャンスを作ったのはケルン。右CKを獲得すると、キッカーのコンスタンティン・ラウシュが左足でクロスを上げる。
    鋭く曲がったボールがクロスバーを直撃したが、ここも得点にはつながらなかった。

    スコアレスドローの可能性も見えてきた81分、ケルンはアントニー・モデストがエリア内でベナーリオに倒されてPKを獲得。
    これを自らゴール左下に決め、ケルンが先制に成功する。
    モデストにとっては今シーズン15点目となった。

    ケルンは86分に大迫を下げてドミニク・マローを投入。
    このまま1-0でケルンが逃げ切り、ホームでリーグ戦2連勝を飾った。
    なお、大迫は86分まで出場している。

    次節、ケルンは敵地でフライブルクと、ヴォルフスブルクはホームでホッフェンハイムと対戦する。

    【スコア】
    ケルン 1-0 ヴォルフスブルク

    【得点者】
    1-0 81分 アントニー・モデスト(PK)(ケルン)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00549309-soccerk-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486226459/

    ケルン大迫勇也への採点、ドイツ主要メディアで最高の評価!

    28日に行われたブンデスリーガ第18節のダルムシュタット戦を、アウェーのケルンが6-1で圧勝。この試合で2ゴール1アシストを記録したFW大迫勇也をドイツ誌『キッカー』が第18節のMVPに選出した。

    ブンデスリーガ公式ウェブサイトではこの一戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた大迫だが、ドイツ紙『ビルト』や地元紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』『エクスプレス』はそのパフォーマンスをそれぞれ最高点「1」と絶賛。だが、日本代表FWに対する評価はそこでとどまらなかった。

    『キッカー』は大迫のプレーを「1」としたうえで、マン・オブ・ザ・マッチ、第18節ベストイレブン、さらに同節で行われた全試合のMVPにも選出。 “3冠”に輝くという快挙を果たすことになった同誌ではダルムシュタット戦の大迫について以下のようなコメントが記されている。

    「状況を読み、それから逃れ、新しい状況をつくる。そして相手を混乱させ、守備ラインの裏に侵入。大迫はケルンがアグレッシブなダルムシュタット相手にまさに必要としていた、判断が素早く、ボールを上手く扱えるうえでタイミングの感覚も完璧におさえるプレイヤータイプだ」

    13試合ぶりにゴールを決め、ついに今シーズンのリーグ戦得点数を4に伸ばした大迫。『キッカー』ではこれ以上ない評価を得ることになった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000036-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485753212/

    2ゴールのケルン大迫勇也「ゴールが自信につながった」

    ブンデスリーガ第18節ダルムシュタット対ケルンは、ケルンが敵地ながら6-1で大勝した。この試合で2ゴールを決めた日本代表FW大迫勇也がドイツメディア『Kicker』の取材で次のように答えている。

    「今日は2ゴールを決めることができてうれしいよ。このままゴールを続けていきたい」

    今冬の移籍市場ではクリスチャン・クレメンスやネヴェン・スボティッチが新たに加わり、ケガで離脱していた複数の選手も戦列に戻ってきた。それについて「チームがようやくいつも通りになってきた。みんなが良い形で試合に臨めているから、もっと勝てるように頑張りたい」と語っている。

    大迫は「今日は内容も良かったし、自信につながった。大事なことは次の試合でも結果を残すこと」と続け、2月4日に控えているヴォルフスブルク戦での必勝を誓った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000019-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485693721/

    【動画】大迫が2ゴール1アシストの大活躍!

     ブンデスリーガ第18節が28日に行われ、ダルムシュタットと日本代表FW大迫勇也所属のケルンが対戦した。


     前節、FW武藤嘉紀所属のマインツとスコアレスドローに終わった7位ケルン。上位陣に食らいついていくためにも、今節は最下位に沈むダルムシュタットから勝ち点3をゲットしたいところ。大迫はリーグ17試合連続となる先発出場を果たしている。

     最初にチャンスを迎えたのはケルン。13分、左サイドからのクロスボールをエリア内のアントニー・モデストがコントロールすると、最後はクリスティアン・クレメンスが右足でミドルシュート。しかしこれはGKミヒャエル・エッサーが好セーブを見せ、得点を与えない。

     それでも32分、ケルンはFKのこぼれ球を拾ったパヴェウ・オルコフスキが右サイドからクロス。これをニアサイドの大迫が左足のつま先で合わせると、ボールはアイタク・スルにあたってそのままネットを揺らした。オウンゴールでケルンが先制する。

     続く37分、ケルンは左サイドからレオナルド・ビッテンコートがクロスを供給。これをエリア内でフリーとなった大迫がヘディングで叩き付け、ゴール右隅に流し込んだ。大迫にとってこの得点が、今シーズンのリーグ3ゴール目。公式戦では通算5得点目となった。

     さらに42分には、再び左サイドから上がったクロスに今度はモデストが反応。左足のインステップでボールをミートし、ゴール右下へ突き刺した。ケルンが3点をリードして前半を終える。

     後半に入って66分、ダルムシュタットはシドニー・サムがPKを決め、1点を返す。

     72分、ケルンのロングフィードをDFスルが自陣でクリアミス。アルチョムス・ルドニェフスにあたってこぼれたところを、大迫が拾ってドリブルで持ち運ぶ。最後はエリア外で右足を振りぬき、GKミヒャエル・エッサーとの1対1を制した。

     85分にミロシュ・ヨイッチが得点を決めてリードを広げたケルン。89分にはピッチ中央でパスを受けた大迫が反転からスルーパス。これを受けたアルチョムス・ルドニェフスが冷静にゴールへ流し込み、チーム6点目となった。

     試合はこのままタイムアップ。フル出場の大迫は2ゴール1アシストを記録。合計4得点に絡む活躍を見せ、チームを勝利に導いた。ケルンにとってはリーグ第11節以来7試合ぶりの白星となった。

     次節、ダルムシュタットは日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ケルンはヴォルフスブルクと対戦する。

    【スコア】
    ダルムシュタット 1-6 ケルン

    【得点者】
    0-1 32分 オウンゴール(アイタク・スル)(ケルン)
    0-2 37分 大迫勇也(ケルン)
    0-3 42分 アントニー・モデスト(ケルン)
    1-3 66分 シドニー・サム(PK)(ダルムシュタット)
    1-4 72分 大迫勇也(ケルン)
    1-5 85分 ミロシュ・ヨイッチ(ケルン)
    1-6 89分 アルチョムス・ルドニェフス(ケルン)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00547133-soccerk-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485620434/

    マインツvsケルン

    マインツのホーム、 コファス・アレーナで開催される、ブンデスリーガ第17節 マインツvsケルンの先発メンバーが発表された。

    このページのトップヘ