気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    武藤嘉紀

    【動画】武藤嘉紀が今季4ゴール目 マインツ1-2ボルシアMG

     ブンデスリーガ第31節が29日に行われ、FW武藤嘉紀の所属するマインツとボルシアMGが対戦した。武藤は4試合連続の先発出場で1トップに入った。

     前節、首位バイエルンから貴重な勝ち点1を獲得した13位マインツ。今節は、11位のボルシアMGをホームに迎え、残留に向けて勝ち点3獲得を狙う。

     試合が動いたのは31分。2連敗中のボルシアMGがカウンターから先制に成功する。左サイドを抜け出したニコ・シュルツが、ペナルティエリア内に進入して折り返し。中央へ走り込んだラース・シュティンドルが右足で流し込み、先制点を奪った。

     1点ビハインドで折り返したマインツだが、後半開始直後にも追加点を許す。ボルシアMGは46分、ヨナス・ホフマンがエリア内中央でボールを収め、走り上がったシュルツがエリア内左で左足を振り抜き、シュートをゴール右隅に決めた。

     反撃したいマインツは63分、ロビン・クアイソンを下げて、前節負傷欠場のジョン・コルドバを投入。73分にはカリム・オニシウォに代えて、パブロ・デ・ブラシスを送り出す。すると直後、デ・ブラシスがエリア内右へ突破し鋭いクロスを入れる。ゴール前でコルドバが右足ヒールで合わせるが、シュートは枠の左に逸れた。

     マインツは87分、武藤がエリア手前左で倒されてFKを獲得。デ・ブラシスが右足を振り抜くと、シュートは枠を捉えるが、相手GKの好セーブに阻まれる。それでも89分、デ・ブラシスがエリア内右から放ったシュートを、ゴール前の武藤が左足で押し込み、1点差に迫る。

     しかし試合はこのままタイムアップを迎え、マインツは1-2で3試合ぶりの敗戦。ボルシアMGは3試合ぶりの勝利となった。なお、武藤はフル出場し、今シーズン4点目を記録した。

     マインツは次節、7日にアウェイで日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦。ボルシアMGは6日に、同代表FW宇佐美貴史が所属するアウクスブルクをホームに迎える。

    【スコア】
    マインツ 1-2 ボルシアMG

    【得点者】
    0-1 31分 ラース・シュティンドル(ボルシアMG)
    0-2 46分 ニコ・シュルツ(ボルシアMG)
    1-2 89分 武藤嘉紀(マインツ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00581792-soccerk-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493479919/

    【動画】武藤嘉紀、宇佐美貴史は途中出場

    ブンデスリーガ第20節が10日に行われ、マインツとアウクスブルクが対戦した。武藤嘉紀、宇佐美貴史はともにベンチスタートとなった。

    今冬、ストーク・シティから加入したボージャン・クルキッチが先発したマインツは見事なカウンターで先制点を手にする。31分、相手のコーナーキックをハイロ・サンペリオがカットし、ジャン・フィリップ・グバミンが右サイドから逆サイドへ大きなクロス。これをジョン・コルドバが頭で落とすと、走り込んできたレビン・エズトゥナリがヘディングで押し込んだ。

    後半に入り、マインツ1点リードで迎えた62分、コルドバが抜け出してキーパーと一対一のシーンを迎える。コルドバが先に触った後、GKマルヴィン・ヒッツが倒してしまい、PK。これをサンペリオがゴール真ん中に流し込み、追加点を奪った。

    その後、70分にマインツFW武藤、90分にアウクスブルクFW宇佐美が投入されるも、大きな見せ場を作り出すことはできず、マインツが2-0で勝利した。

    ホームで勝ち点3を手にしたマインツは2017年初勝利。一方のアウクスブルクは連勝を2で止められている。


    http://www.goal.com/jp/match/1/2255079?ICID=LS


    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1486764160/

    マインツvsドルトムント

    マインツのホーム、 コファス・アレーナで開催される、ブンデスリーガ第18節 マインツvsドルトムントの先発メンバーが発表された。

    マインツvsケルン

    マインツのホーム、 コファス・アレーナで開催される、ブンデスリーガ第17節 マインツvsケルンの先発メンバーが発表された。

    マインツ武藤嘉紀、4カ月ぶり復帰 監督が先発起用確約

     マインツFW武藤嘉紀(24)が22日のケルン戦で約4カ月ぶりに戦列復帰しそうだ。

     19日付の独紙ビルトによるとシュミット監督が「ヨシ(武藤)はどんなことがあってもピッチにいてほしい」と今年初の公式戦での先発を確約。2試合出場停止のFWコルドバに代わる起用を示唆した。武藤は昨年9月30日欧州リーグのガバラ戦で右ひざを負傷し、離脱していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-01767656-nksports-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484912609/

    このページのトップヘ