気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    長友佑都

    インテル長友佑都の獲得にマルセイユが興味

    マルセイユがインテルに所属する日本代表のDF長友佑都の獲得に興味を示していると、フランス紙『Le 10 Sport』が報じている。

    マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督がサイドバックの獲得を要望しており、今冬の移籍市場において最優先補強ポイントとなっている。

    マルセイユはこれまで、ヴォルフスブルクのDFリカルド・ロドリゲスに興味を示していたとされるが、インテルへの移籍が噂されていることもあり、長友へシフトしたとみられる。

    22日に行われたパレルモ戦(1-0でインテルが勝利)では、先発したインテルの左サイドバック、DFクリスティアン・アンサルディが退場処分となったため、長友の途中出場が期待されたが、ステファノ・ピオリ監督はライバルのDFダヴィデ・サントンを起用した。このため、長友は放出候補の1人として名前が挙げられている。

    マルセイユへの移籍が実現すれば、右サイドバックでプレーするDF酒井宏樹とともに日本人コンビを組むことになる。

    なお長友には、マルセイユのほか、サンプドリア、バーンリーなどプレミアリーグの複数クラブが獲得に興味を示していると報じられており、移籍期間の期限となる今月末まで、動向は注目されるところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000007-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1485227400/

    長友佑都にサンプドリア、プレミアのクラブが興味も

    イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都に関して13日付のイタリア主要スポーツ紙は、メルカートの動向を報じた。

     ガゼッタ・デロ・スポルトは、セリエA・サンプドリアとイングランド・プレミア・リーグのバーンリーが興味を示していると報じた。またコリエレ・デロ・スポルトもバーンリーが獲得するつもりでいるとしている。

     しかし両紙とも、長友はインテルに残りたいという気持ちが強く、同じDFのサントンやミアンゲが移籍する可能性が高いとみている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000096-dal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484302623/

    インテル長友佑都の獲得へ、バーンリーが移籍金約8億円

    インテルに所属する日本代表DF長友佑都にプレミアリーグへの移籍話が浮上している。イタリアメディア『SportItalia』によるとインテルに対して、バーンリーから700万ユーロ(約8億円)の契約解除金でのオファーがあったという。

    すでにクラブ間で交渉の席が設けられることになっており、このまま契約がまとまる可能性もあると報じられている。

    現在、バーンリーはプレミアリーグ第20節終了時点で12位に付けており、即戦力として長友に関心を寄せている模様。

    30歳の長友は2011年1月にインテルに加入。インテルとは2019年6月までの契約を締結しているが、クラブはスタメンの座を約束しておらず、今シーズンはリーグ戦で7試合に出場したのみ。インテルへの愛情を事あるごとに示してきた長友だが、満足な出場機会を得られていない現状でどのような判断を下すのか、注目される。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000003-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484193643/

    サンダーランドがインテル長友獲得へ!本田と競演の可能性

    彼は“Japanese”にどのような思い入れがあるのだろうか。

    かつてマンチェスター・ユナイテッドで香川真司を指導した現サンダーランド指揮官ディビッド・モイーズが、新たなサムライに目をつけている。

    ドルトムントのチャンスメイカーがモイーズ政権下のユナイテッドで最高にポジティブな日々を過ごしたかは分からないが、このスコットランド人が日本人に特別な感情を抱いている可能性は否めないだろう。

    というのも、イタリアのミランで10番を背負う本田圭佑への関心を再三に渡り報じられてきた同監督率いるサンダーランドが、またしてもヨーロッパを舞台に奮闘するサムライへ熱視線を送っているのだ。

    伊『Corriere dello Sport』はプレミアリーグ18位に低迷する降格濃厚の“モイーズ軍”によるインテル長友佑都獲得の可能性を報じ、契約に動くことになると報じた。

    曰く「本人はインテル残留を望んでいる」とのことだが、長友も本田もクラブからの100%の信頼を確保するには至っていないのが現状だ。

    これまでには中国リーグからの誘いも幾度か報じられたミラノの2人。意外にもプレミアリーグ下位を彷徨うディビッド・モイーズの下でタッグを組むことになるのだろうか。今後の展開に注目が集まりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00010006-theworld-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483241669/

    長友佑都のプロポーズ動画に、インテルサポーター

    インテルミラノのホーム、ジュゼッペ・メアッツァで日本代表のDF長友佑都が女優の平愛梨にプロポーズをした様子を映した動画が、インテルミラノのサポーターらの間で広まり、SNSで反響を呼んでいる。

     インテルミラノサポーターにとって聖地と言えるジュゼッペ・メアッツァにおいて、長友が求婚したことを称える声が挙がっている。

     「サッカーの神殿でプロポーズをした長友を売却なんてできない」

     「長友もたまにはピッチで良い事するじゃん」

     しかし、中には皮肉を交えた意見も聞こえている。

     「サイドバックの長友がサンシーロで恋人にプロポーズなんて…インテルミラノサポーターは彼に退団を突き付けるんじゃないか」

     「今やスタジアムでは、サッカー以外に何でもやるんだね…」

     また、現在欧州トップリーグの選手の爆買いで話題となっている中国スーパーリーグへの移籍を勧める者も現れている。

     「中国でハネムーンはどうかな?イタリアには戻らないでもいいよ」(Goal.com)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20161227/ser16122712290001-n1.html

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1482822560/

    このページのトップヘ