気になったスポーツニュース

サッカーニュース・移籍情報・フル動画・ネタ等

    EURO2016

    【EURO2016】ドイツ代表ミュラー、CFとしての自覚が足りな

    ドイツ代表FWトーマス・ミュラーは、ユーロ2016ではゴールを記録できなかった。昨シーズンのバイエルン・ミュンヘンで全公式戦を通じて32ゴールを決めたアタッカーは、ユーロでは「動き回り過ぎた」と反省している。

    ミュラーは、2010年、2014年ワールドカップではそれぞれ5ゴールを決めている。しかし今年のユーロは2012年大会と同様に0ゴールに終わり、期待に応えることができなかった。

    14日にミュンヘン近郊で開催されたイベントで、ドイツがフランスに敗れた準決勝でのプレーを振り返っている。

    「CFとして最前線に置かれたが、もっとストライカーとしての役割を受け入れるべきだった。20分間ボールに触ることがなくても中央で構えなければいけなかったんだ。だがそれをしっかりとこなせなかった」

    サイドに流れてしまったことについては次のように説明した。

    「プレーに参加しないことを耐えられなかったね。自分を役立たずだと思ってしまい、どこかでチームを助けたいという気持ちに負けてしまった。でもそうすると、例えばサイドでの状況の解決を助けたとしても、中央に誰もいないことになる」

    「だから特にフランス戦では、もっと規律を守らなければいけなかった。CFとして起用されている以上、相手ペナルティーエリアに立って、待ち構えるべきだっただろう。動き回り過ぎたよ」

    FWマリオ・ゴメスが負傷したことで、ミュラーは準決勝ではその代役を託されてCFでプレーすることになった。自身のプレーへの反省点を述べた同選手は、ヨアヒム・レーブ監督による起用法への不満や疑問を抱いている様子は見せていない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000029-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468625222/

    【EURO2016】レヴァンドフスキにポグバまで!?ワーストイレブン

    期待外れに終わった選手が多い結果に

    フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、ウェールズ代表FWガレス・ベイルなどのタレントが今夏フランスの地で躍動した一方で、期待通りの働きができなかった選手も多かった。そこでスペイン『MARCA』はEURO2016で期待外れに終わった選手で組んだワーストイレブンを紹介。
    攻撃的な選手が多い結果となったが、それだけ攻撃部分に不満の残る大会だった証拠とも言えるだろう。

    GK
    ジョー・ハート(イングランド代表)

    DF
    ファンフラン(スペイン代表)
    セルヒオ・ラモス(スペイン代表)
    ダビド・アラバ(オーストリア代表)

    MF
    アルダ・トゥラン(トルコ代表)
    ポール・ポグバ(フランス代表)
    ラヒーム・スターリング(イングランド代表)
    トーマス・ミュラー(ドイツ代表)

    FW
    ハリー・ケイン(イングランド代表)
    ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド代表)
    ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン代表)


    驚くべきことにファイナルまで進出したフランス代表からポグバが選出されている。ポグバはそこまで悪くなかったが、期待通りだったかと問われれば疑問が残る。普段より位置が低いボランチで起用されたこともベストパフォーマンスを発揮できなかった原因かもしれないが、ポグバほどの選手であればもう少し違いを作ってもらいたかったところか。

    また、今大会のワーストイレブンはベストイレブンよりも豪華な面子が揃っているように見えイブラヒモビッチ、ケイン、ミュラーなども大きな期待がかかっていた選手だが、彼らも自国サポーターを喜ばせることはできなかった。

    今大会はアイスランド代表やウェールズ代表などダークホースが奮闘する一方で、スター選手と呼ばれる者たちが結果を残せない大会となってしまった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00010005-theworld-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468456564/

    【EURO2016】フィリップ・ラーム、ポルトガル代表を祝福

    ラーム独占コラム

    【文】フィリップ・ラーム

    サッカーファンの皆さんへ。

    ユーロ2016が終了して数日が経った。個人的には、2002年以来で初めて“ファン“として主要大会を観戦することができた。代表チームでプレーする重圧を感じることなく、リラックスして母国ドイツを応援することを楽しめたよ。

    一人のファンとして感じたのは、フットボールの根本的な真実、「フットボールはゲーム」ということだ。かつてゼップ・ハーバーガー(1954年にワールドカップ優勝を果たした西ドイツの監督)は、「人々がフットボールを観戦するのは、結果がわからないからだ」と語っている。

    予測不能だからこそ、フットボールは常に新鮮でどんな試合でも楽しむことができるんだ。加えて、ユーロやワールドカップは巨大な社会性を伴うイベントとなった。友人と共に、家で、パブやビアガーデンで飲食をしながら試合を観戦するような。

    ユニフォームを着る、旗を振る、歌をうたう、試合を対象に賭けをする。様々な方法で人々はチームと関係性を築く。チームに投資し、自分の色を出し、チームの一員となる。気持ちも高まるから勝利の喜びは大きく、敗北の落胆も深い。両方とも重要な経験で、観衆の中にも勝者と敗者がいる。

    長年その中心にいたからこそ、こういった方法でチームと自分の関係性を見出すのは、とても嬉しいことだった。ユースでプレーしていた頃を思い出したよ。当時はクラブハウスのテレビにかじりつき、プロのプレーを見ながら自分の試合を振り返っていた。

    選手の視点でプレーを見ながら、自分だったらどうするか脳内で再生する。実際にどう選手たちが対応するか見ていると、90分間夢中で見続けていられるんだ。

    今大会では、ウェールズ、北アイルランドやアイスランドには興奮したよ。素晴らしいフットボールを魅せたからではなく、謙虚さと団結力を持って格上のチームと戦い、自分たちのフットボールを貫き通した。対峙した多くの相手は世界的なスーパースターや、自分たちより恵まれた環境のチームたちだ。

    とても楽しかったよ。フットボールはこういった熱気が必要なんだ。小さくても気持ちが強いチームがより格上とされているチームに勝つことができるのだから。

    勿論、運もある。イングランド戦におけるアイスランドは勝利に値するけれど、運も味方した。フランス対ドイツも同じような話だ。フットボールは予測できないゲームなんだ。運は要素の一つであって、それはいいことだ。誰も確信を持って大会の結果を予想できないのだから。

    今大会では、幸運を引き寄せ優勝したチームはポルトガルだった。ポルトガルはこれまで偉大な選手たちを数多く輩出してきた。これまでは、不幸にもそういった選手たちが主要大会で輝くことは少なかったが、レナト・サンチェスのような才能があり、規律と豊富な運動量を持ち合わせる選手に夢を重ねることができた。

    勿論、最高の選手でも運命の前には非力だ。最も努力したチームが勝利するのではなく、最も運が良かったチームが勝つんだ。僕はそれが良いと思う。

    だからこそ、成功はより特別に感じるし、勝利の瞬間は書き表すことのできない感情で一杯だ。信じて欲しい。僕は2014年のワールドカップでそれを経験した。それまでに経験してきた長くて辛い旅を思い返すのではなく、特別なその瞬間を味わい、幸運を噛み締めていたんだ。

    だからこそ、僕はユーロ2016の勝者であるポルトガルに最大限の祝福を贈りたい。

    フィリップより

    GOAL 7月14日(木)14時16分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00010000-goal-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468478831/

    【EURO2016】C・ロナウドが決勝前にポルトガル連盟と協議

    ■主将としてチームメイトの奮闘に応える大仕事

    ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、欧州選手権決勝のフランス戦で接触プレーにより左ひざを負傷。前半25分に号泣しながら交代となったが、その後は同僚への激励やテクニカルエリアに飛び出してのコーチングで、影の監督として1-0勝利に貢献した。同国をメジャートーナメント初優勝に導いたが、試合前には交渉人として大仕事を果たしていたようだ。

     ポルトガル地元紙「ア・ボーラ」によると、ポルトガル代表のキャプテンでもあるロナウドは、ポルトガルサッカー連盟と優勝ボーナスについて協議を持ったという。選手23人全員が税引き後で30万ユーロ(約3300万円)の優勝ボーナスを手にすることになったという。

     深刻な経済状況のポルトガルの連盟にとって、優勝賞金800万ユーロ(約9億円)は貴重な各年代強化の財源となるが、それでもロナウドは仲間の奮闘を讃えるために優勝ボーナスを引き出すことに成功したという。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160711-00010013-soccermzw-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468281045/

    フランス代表パイェがEURO決勝でC・ロナウドを負傷させた

    試合後に悪意のないプレーだったことを強調 「意図的ではなかった」

     ウェストハムのフランス代表MFディミトリ・パイェは、欧州選手権(EURO)の決勝ポルトガル戦(0-1)で前半に相手FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)に強烈なタックルを仕掛け、負傷交代させたシーンについて振り返り、「僕は悪者じゃない」と故意のプレーではなかったと弁明している。英誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。

     パリで行われた決勝戦、パイェの激しいチャージを受けたロナウドは左膝を負傷。前半16分にロナウドは、涙を流してピッチに座り込んでしまう。左足にテーピングを巻いて一度はピッチへと戻ったものの、痛みをこらえ切れずカウンターの局面でも足を引きずって走れない状態になった。同25分に自らベンチに交代を要求。悔し涙を流しながら、MFリカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)との交代でピッチを後にすることとなった。

     試合に大きく影響を及ぼしたこのシーンについて、パイェは悪意を持ってロナウドを負傷させたわけでは決してないと主張している。

    「あれはチャレンジだ。それが全て。それだけだ。僕はボールを奪い返したんだ。彼は負傷したが、意図的ではなかった。僕はピッチ上で悪者じゃない。これは疑いようのない事実だ」

    飛躍を遂げた大会も後味の悪い結末に…

     開幕から2試合連続ゴールを奪うなど、パイェは今大会7試合で3得点2アシストを記録。UEFA公式サイトで実施していた出場選手の評価ランキング「プレイヤー・バロメーター」で総合1位となった。しかし、決勝の舞台ではロナウドへのハードタックル以外に印象的なプレーは少なく、後半13分にMFキングスレー・コマン(バイエルン・ミュンヘン)と途中交代していた。

     試合も延長後半4分に生まれたポルトガル代表FWエデル(リール)のゴールが決勝点となり、ポルトガルが1-0で勝利。同国史上初のメジャートーナメント優勝を成し遂げた。パイェらフランス代表の面々は16年ぶりのEURO制覇を果たせず、母国のスタジアムで銀メダルを手に、ポルトガルの歓喜の瞬間を見届けるという屈辱を味わった。

     昨夏に加入したウェストハムでブレークし、一躍フランスの救世主となったパイェにとっても後味の悪い結末となった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160711-00010017-soccermzw-socc

    引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468281843/

    このページのトップヘ