2015年04月30日

世界中の人々を魅了する日本の伝統や文化。
多くの外国の方が日本へ旅行などに来られるのも、その理由の一つではないでしょうか。

また、我々日本人も外国のみならず、日本国内の伝統や文化に注目を集めています。
着物などの「衣」、和食を始めとする「食」、畳や瓦など日本家屋などの「住」。
素晴らしい文化が日本には溢れています。

その中でも、「和紙」がユネスコの無形文化財に登録されたのは最近。「和紙」の美しく、やわらかな色、質感など心を落ち着かせてくれますよね。
そんな「和紙」が、我々の身の回りの中で一番よく使われてきたのは襖(ふすま)ではないでしょうか。いわゆる障子です。

襖(ふすま)の和紙を破ってしまい、怒られてという記憶が自分にございます。
和紙は、思わぬ拍子に破れてしまったり、時とともに変色したりと必ず張り替えのタイミングが来るのもです。 

和紙を破れることなく、 襖(ふすま)のみならず希望する箇所に使用したいという要望が高まっています。
レージェンシーが取り扱う「和紙ラミネートガラス」はそのような要望にお応えできる製品ではないかと思います。

「和紙ラミネートガラス」は、本物の和紙を、自然な風合いを残しながらUVカットガラスに特殊な接着方法で挟み込んだ「装飾デザインガラス」です。

和紙のやわらかい質感とガラスの透明感が融合がしたことにより、和紙が破れる心配もありませんし、年月による和紙の変色もありません。
また、従来和紙に汚れが生じてしまった際、水拭きなど行えなかった点も解決します。ガラスに汚れが生じてしまった際は、通常通り水拭きなどを行い掃除がすることが可能です。 

「和紙ラミネートガラス」には、 和紙を特殊な接着方法で挟み込んが2層タイプと、ガラス背面に和紙を施す1層タイプの2種類があり、今回は1層タイプの施工例をご紹介したいと思います。
1層タイプは、2層タイプよりもガラスの厚みを抑えることができ、壁面や片側のみから「和紙ラミネートガラス」を楽しみたい場合に最適です。

飲食店において 「和紙ラミネートガラス」を厨房のパーテーションとして使用しています。
曇りガラスのような演出を行うため、和紙モデル「30- Maru」と無地の和紙を組みわせたモデルとなっています。
Glass laminated Washi_2
















Glass laminated Washi_1
















Glass laminated Washi_5

































Glass laminated Washi_6













Glass laminated Washi_4




















和紙の趣は残しながらガラスの透明感が追加され、空間演出の幅や和紙デザイン選択幅を広げることが可能な「和紙ラミネートガラス」

「和紙ラミネートガラス」に関する詳しい情報は、お気軽にお問い合わせください。



株式会社レージェンシー
047-470-4131
URL: http://www.regency-j.com
E-mail: desk4@regency-j.com   
Twitter: @Regencycom  
Pinterest: 
pinterest.com/regencyco/
   


regency_jregency_j at 09:23│コメント(0)トラックバック(0)和紙ラミネートガラス | 装飾ガラスこのエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字