2006年05月07日

お知らせ

いつも「猫とこたつと雑誌たち」をご覧頂きありがとうございます。
突然ですが、ブログのお引越しをする事にしました。
お時間がある時に、新しいブログを覗いていただけたら幸いです。
このブログは、そのまま残しておきますので、こちらにもコメントもOKです。

これからもよろしくお願い致します。

新ブログはこちら↓
http://regerege02.exblog.jp/


regerege at 00:51|この記事のURLComments(1)雑記 

2006年04月29日

波佐見陶器まつり

060429今日は義母と一緒に波佐見の陶器市に行ってきました。陶器市に行くとついつい必要のない器まで買ってしまうので、ここ数年、行く前に買いたい商品を一つだけ決め、それだけを探す事にひたすら集中!今年は“どんぶり”を探し歩きました。なかなか気に入るのがなく、一つ「これだ!」と思う器に出会ったのですが、ちょっと小ぶりで夫用にはNG。少々疲れが出てきた頃、写真のどんぶりと出会い、値段も安かったのでこれに決定。本当は中尾山の方にも足を運びたかったのですが、息子が愚図ってしまい断念しました。陶器市の後は、ハウステンボスに寄って、またまた薔薇のお庭を見て帰りました。

今日は義母が息子の相手をしてくれたので、かなり助かりました。義母は大変だったかもしれませんが(汗)、ありがとうございました。


regerege at 23:32|この記事のURLComments(4)お出かけ 

2006年04月28日

『もうひとつのMONSTER』 ヴェルナー・ヴェーバー/浦沢直樹

060428先日「オーラの泉」にフジコ・ヘミングが出演していたので…。
フジコ・ヘミングといえばピアニストとして有名ですが、以前アニメ「MONSTER」のエンディングテーマを歌っていてびっくりした事があります。とても印象的な歌声で、曲もお話の雰囲気に合っていて、特に最終回のラストでこの曲が流れた時は感動的でした。
浦沢直樹さんの人気コミック「MONSTER」は、ドイツの病院に勤める日本人医師が、頭に銃弾を受けた少年を助けた事で連続殺人事件に巻き込まれていくお話。途中、コミックを大人買いして最後まで読んでしまいたい衝動にかられましたけど、グッと我慢してアニメを見続けました(3年近くかかったような…)。かなりハマってしまって、チェコに興味を持ったのもこのアニメの影響。今度、ハリウッドで映画化されるそうですが…どうなんでしょう!?一番気になるのは、唯一の日本人Dr.テンマを誰が演じるかって事ですね。

写真の「もうひとつのMONSTER」は、漫画と思って買ったら小説でした(笑)。ヨハン事件を振り返りながら、まるで「MONSTER」が実話であるかのように描かれています。マンガやアニメを見てから読むと面白いです。


regerege at 23:16|この記事のURLComments(0)書籍 

2006年04月25日

spoon. october.2005/No.31

060425日本の有名スウィーツブランドを特集。このように改めて紹介されると、見なれたお菓子も見る目が変わります。
パッケージをリニューアルして大成功した東ハト。キャラメルコーンは、その可愛いデザインで乙女心をガッチリ掴んだようです。
チロルチョコは毎年新作が発売され、なかでも笑ったのが「オトメノイチゴプリン」。味も気になりますが、包み紙にある乙女ちゃんの言葉が笑えます。あと、包み紙を開くと端の方におみくじ付き!他の味には、じゃんけんマークがあったりして、小技が満載のようです。こういうのを見つけると、小さな一粒だけど大切に食べてあげないといけないなぁって思いますね。

regerege at 00:03|この記事のURLComments(4)雑誌 

2006年04月24日

CUT No.184(2005.8月号)

060424巷ではKAT-TUNの話題で持ちきりのようですが、私はデビュー当時からファンクラブに入る程V6のファンでした。お恥ずかしい(汗)。ちなみにその頃はイノッチのファンでした。もっとお恥ずかしい(汗)。次第に熱も冷め、すっかり熱狂的なファンではなくなってしまったけど、歌っている彼らの姿は今でも好きで、歌番組はつい見てしまいます。
薄っぺらいインタビューしか載っていないビジュアル重視の雑誌にはもう興味なし。でも、しっかりインタビューされた記事を見つけると、やっぱり立ち読みしてしまう…これってまだファンってことでしょうか!?


注目記事:岡田准一 いまだ語られなかった半生を語る 衝撃の20,000字インタビュー

この雑誌、別の特集目当てで買ったのですが、もちろん岡田君の記事もしっかり読ませて頂きました。別れた父親の記憶、ピアノの練習だけは厳しかった母親の話、心に余裕がなくなって感情が持てなくなり、あせって映画3本、本1冊のノルマを毎日こなしていた日々の事等、岡田君の過去が岡田君の言葉で語られています。写真もかっこよくて、岡田君ファンにはたまらない1冊だと思いますよ。
私の中で岡田君といえば「木更津キャッツアイ」のぶっさん!キャッツの完結編が楽しみです。ニャー!!


regerege at 23:57|この記事のURLComments(2)雑誌 

2006年04月18日

雅姫さんのお庭

060418-1060418-2

 

 

 

 

 

 

060418-3060418-4

 

 

 

 

 

 

天気が良かったので、息子と二人でハウステンボスへ行ってきました。チューリップ祭が終わり、キンデルダイクの花畑も植替えが進んでいました。でも、まだまだチューリップが咲いている場所はたくさんあって美しかったです。今日の一番の目的は「7人の美しき薔薇の庭」を見る事。これは各界で活躍する7人の女性がそれぞれ薔薇のお庭をプロデュースするという企画。アレキサンダー広場に7つのお庭が出現していました。なかでも一番好きだなぁと思ったのは、やはり雅姫さんのお庭。他の方のお庭と比べると一見地味なんだけど、よくよく見ると細かい部分に雅姫さんワールドが広がっていて素敵でした。そのまま実家に移築したいくらい(笑)。こんなお庭で優雅にお茶したいです。


2006年04月17日

「SUNTORY SATURDAY WAITING BAR AVANTI」

060317大好きなFMの番組なのですが、これが流れている時間(長崎では土曜18時からOA)、うちでは夕飯の準備中もしくは食べている最中なので、なかなか聞けずにいました。それが、先週久しぶりに聞く事ができてやっぱり「楽しい!」と思った次第です。ゲストの会話がBARで飲みながら…って事になっていますけど、実際はどのように収録しているのでしょう!?毎回すごぉく気になります。「カラン」と鳴る氷の音、やざわついたBARの雰囲気、バックに流れる曲。聞いていて心地いいんですよね〜。飲めないくせに、飲みに行きたくなる番組です。


2006年04月16日

天然酵母パンの続き

060416先日、「天然酵母でパンを作りたい」と書いていたら、「DASH村」でりんごとぶどうの天然酵母を使ったパン作りをしていました。やはり、天然酵母パンは本で読む以上に大変そう(汗)。私には向いていないようです(笑)。それでも頑張って、いつかチャレンジしてみますか!

←4年ぐらい前にはりきって買った『旬の酵母でつくるパンBook』。ちっとも活用しないので、新品同様。


regerege at 23:19|この記事のURLComments(3)雑記 

2006年04月14日

NHK:「ゆるやかナビゲーション」

060314略して「ゆるナビ」。4月から始まった新しい番組です。「ちょっと和める、元気が出る、ささやかだけど大事な事を詰め込んだオトナの為の情報番組」(HPより)。暮らし系雑誌のTV版といったところでしょうか。30分の番組の中にいくつかコーナーがあって、満里奈さんがぞうきん縫ったり、数にまつわる面白い話が紹介されたり、体操したり…おやすみ前のひととき、リラックスして見るにはちょうどいい感じの番組です。中でもお気に入りが「しばわんこ」。すぐにでもうちの子にしたいです。


2006年04月06日

ナナムイびと Vol.4 2006 SPRING

060406天然酵母パンが特集されていました。いつか自家製天然酵母でパンを作りたいと思っています。でも…1度チャレンジしたら、もう2度と作らないような気がします(汗)。それで、近場で天然酵母のパンを売っているお店はないものかとショップリストを眺めていたら…なんと佐世保にもあるではないですか!主に予約注文で焼いていますとの事。そこの近所に住むお友達に聞いてみると、自宅で焼いていらっしゃるそうで店舗はないようです。お店の名前は「Mercy Kitchen(マーシーキッチン)」。食べてみたいですね。

 

注目記事:開業5年目の胸のうち 自分にも、人にも。ごまかしのないパンづくりを
チクテベーカリーが紹介されていました。このような小さなパン屋さんはのんびりマイペースでやっていらしゃるのだろうと思っていたのですが、人気があるが故に予約や来店者が増え続け、以前スタッフの一人が限界ですと辞めてしまった事があったそうです。その事をきっかけに、今は7人のスタッフ全員が気持ちよく働けているかを常に念頭に置いてパン作りをしているそうです。
通販のパンなんてどうなの!?って正直疑問だったのですが、人気のマフィンは2ヶ月待ち!アルネでも紹介されていたし…文句無く美味しいのでしょう。食べてみたいなぁ。


regerege at 23:53|この記事のURLComments(6)雑誌