2011年10月19日

今年の地域の物語、テーマは「1960年代の世田谷」です。
経済成長率が毎年10%を超え、高度経済成長期を迎えていた1960年代は、東京オリンピックに向けてのインフラ整備が急ピッチで進められ、東京の風景ががらりと変わった時期です。東海道新幹線も開通し、ウルトラマンシリーズも始まりました。しかし、こうした明るい未来を感じさせる出来事と同時に、住宅・上下水道・環境汚染といった都市問題を数多く抱えていました。

今回設定された3コースでは、そんな1960年代の記憶やモノを手がかりに、現在から過去、過去から現在への時間の旅へと出かけます。そのときどきにまつわる人々の思いや出来事、取材をした相手、自分、みんなで考えたこと、感じたことにじっくり向き合いながら、作品をつくっていきます。
みなさん、お気に入りのコースを見つけて、一緒に私たちの「地域の物語」をつくりあげていきませんか?

各コースの詳しい内容やお申込みはそれぞれのページへどうぞ。
「1からコース」
http://setagaya-pt.jp/workshop/2011/11/20112012.html
「1964消えた○△□」
http://setagaya-pt.jp/workshop/2012/01/20112012b.html
「カラダの未来」
http://setagaya-pt.jp/workshop/2012/01/20112012c.html



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
このブログのこと

このブログは世田谷パブリックシアター地域の物語ワークショップ」のブログです。ワークショップの様子や参加者のことやお知らせなどをお伝えします。