043c8878588773ca094be46e8c956101_s


司会者「年末も押し迫ってきましたので年間ベスト企画に突入ですね」

レジー「はい。今年は国内もののベストをアルバム、楽曲とやるのと、昨年に続いて海外ものもアルバムベストをやります。で、今回はその海外もののアルバムベストをお送りします。30枚選びました」

司会者「今年は海外の作品も結構聴きましたね」

レジー「サブスクさまさまというのは昨年と同じなんだけど、今年は多少関連メディアの情報にも触れたので昨年よりは「シーンの文脈」みたいなものをわかったうえで聴けたのかなと」

司会者「去年のやつはそういうインプット完全ゼロだったからね」

レジー「とは言え今年も基本的には「今の流行りがどう」みたいなのは気にせず選んでいるつもりです。もちろん国内のものもそうなんだけど、そっち側は無意識のうちにバランスとっちゃったりする部分もあるからね。この辺は一部で話題になりがちな「邦楽と洋楽をわけてランキング作る意味があるのか」みたいな話に対する自分なりの正当化の理屈だったりします。なんだかんだで聴き方が違うのもまた事実だから、混ぜちゃうと自分としては訳が分かんなくなってしまう。まあその辺の能書きは置いておいて、早速行きましょう。メディア筋の評判から聴いたもの、ツイッターのTLに流れてきたもの、友人経由で知ったもの、Apple Musicの新譜コーナーにあったジャケットがピンと来て聴いたもの、Apple Musicにあるピッチフォークとかの海外メディアが作ってるプレイリストで知ったもの、など認知経路はいろいろです。あとほんの一部EPが入ってますがそこは大目に見てください」


>>>


30    『blackSUMMERS’night』Maxwell

29 『★』David Bowie

28 『Shoo』Lionlimb

27 『Lemonade』Beyonce

26 『At Swim』Lisa Hannigan

25 『Coloring Book』Chance the Rapper
artworks-000164666747-vw6nqr-t500x500

24 『A Mineral Love』Bibio

23 『Leave Me Alone』Hinds

22 『Care』How To Dress Well

21 『Man Made Object』GOGO PENGUIN

20 『Warm On a Cold Night』HONNE

19 『The Colour In Anything』JAMES BLAKE

18 『Mode』Brett

17 『Moth』Chairlift

16 『The Dreaming Room』Laura Mvula

15 『Still Waters』Breakbot

14 『Chapters』Yuna

13 『Farewell, Starlite!』Francis And The Lights

12 『Anagrams』stephen steinbrink

11 『OLOGY』Gallant

10 『YONCALLA』Yumi Zouma

9 『Not To Disappear』DAUGHTER

8 『Everything At Once』Travis

7 『We Are KING』KING

6 『A Seat At The Table』Solange

5 『TOGETHER』The Explorers Club

4 『Light Upon the Lake』Whitney

3 『Johannesburg』Mumford & Sons

2 『In My Room』Jacob Collier

1 『22, A Million』Bon Iver



>>>

司会者「ボンイヴェールが1位ということで」

レジー「語れるほどの何かを持っていないんだけど、ほんとに美しかった。前作も好きで聴いてたので期待してたらとんでもないものが出てきたなあという印象です。 いろんなジャンルがあるけど今回自分の中ではコーラスの重ね方がポイントだなと思っていて、もともとその手の音楽が好きなところにそういう音源といっぱい出会えた実感がある」

司会者「ジェイコブコリアーもルーツはテイク6ってだけあって複雑なコーラスワークが良いですね」

レジー「うん。あんまり年間ベストで出てきてない印象あるんだけど超気に入ってます。コーラスという話で言うとエクスプローラーズクラブも完全ビーチボーイズで最高なんだけど、ちょっとボンイヴェールやらジェイコブコリアーやらのコーラスとは位相が違いますね。もっとオールドスタイルというか。あと自分が聴いてたものの全般で言うと、ホイットニーみたいな派手ではないけど古き良きインディーって感じの音源をいろいろ聴けて楽しかったのと、 bmrのツイッターフォローしたおかげでR&Bをいろいろ追えたのが良かった。ガラントは前から気になってたけどフルアルバム素晴らしかったし、それと別ルートで気に入ったユナがジェネイアイコでつながっているというのを知って盛り上がったり。これ以上書くと知ったかぶりになりそうなのでこの辺でやめますが、「2016年は名盤が出まくった」的な空気を適度に感じつつ、そういうのとはそこまで関係なさそうな作品も自分なりに聴けたので、総じて満足です」

司会者「久しぶりに海外のシーンをまともにフォローした余勢をかってジェイムスブレイクの来日公演もチケット買っちゃいましたしね」

レジー「そう。楽しみです。今回については大した考察もないので、今年楽しかったなという雰囲気だけでも伝わればいいなと思ってます。ジャケット画像はチャンスザラッパー以外はアマゾンのリンクが埋まってます。あと基本はApple Musicで聴ける音源なので気になった作品があればぜひ。というわけで次回は国内もののアルバムについてやります」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」