reframe_logo_fixw_730_hq


司会者「3月20日、21日にNHKホールで行われた『This is NIPPON プレミアムシアター「Perfume × TECHNOLOGY」presents "Reframe"』の模様がBSプレミアムで放送されました」



レジー「2日とも一般発売後のプレイガイド復活時にチケット取れて行ったんですが、どういう展開になるかわかったうえでテレビ見たのに緊張感すごかった。で、これについてはちょこちょこツイートしたりしてるので一度まとめておきたいなと。まずは初日見た後にまとめて2日目終演後にツイートした内容について貼っておきます」


司会者「興奮してますね」

レジー「興奮しました。やっぱりまずはコンセプトですよね。まあなんか、いろいろ社会の膿が出てるタイミングだと思うんですよ。ハリルホジッチの件にこじつけるまでもなく。この先に向けて社会を再構築できるのか、ってのが国家的な課題だったりもするわけですよね。そういうときに「Reframe」って言葉を掲げて、ここ10年で大きく勝っているブランドの1つと言ってもいいPerfumeが自分たちのここまでの道筋を振り返ってその存在を「再構築」しようっていう心意気がまず素晴らしいなと」

司会者「テクノロジーとの絡みはここ数年グループとして力を入れてきたものです」

レジー「そういう積み重ねがあったからこそその側面を尖らせたステージができると。序盤にedgeの振り付けが使われてたりPerfumeの掟とかJPNスペシャルとか、これまでのライブでそっち側にフォーカスしてた演出を盛り込んでいたりと、何もかもが必然性に満ちている感じの構成やばい。あと当日はそんなにいい席じゃなかったので全容分からない部分もあったんですが、テレビで見て改めて感じたこともありましたのでそれもツイート貼っておきます」







司会者「結構ぴちっと踊ってましたね」

レジー「いつものライブ、特にこの曲はダイナミック成分多めなんだなというのを改めて感じた。今回はぴったりあるべきところに当てることを重視したパフォーマンスだったんだなと」


司会者「この辺のテクノロジーというものに対する距離感は本人たちもコメントしてますよね。パフォーマンス後ののっちのコメントとか」

「テクノロジーは人間が作る、温度や愛があるものだと思ってます。今回は皆さんに写真を投稿していただいて、その写真と一緒に私たちがパフォーマンスをしましたが、そんなふうに皆さんと同じステージに立って1つの作品を作り上げるのは、テクノロジーがないとできないことだなと思います」

レジー「この話は、音楽とか芸能とかそういう限られた範囲でのことではなく、この先の未来の社会がどうあるべきか、っていう大きなテーマとつながってくると思います。テクノロジーの便利さを享受する中で人間性をどう担保するか、みたいな話はこの先絶対に問題として浮上するはずだから。その手の課題に対するトップランナーですよね、チームPerfumeは」



司会者「三角形と四角形の話は序盤でステージが大きく入れ替わるところですね。三角形が組み合わさって四角形になっている絵が出てきます」

レジー「無限未来でも四角いフレームを持ってるけど、3から4ってのは重要なんだよねきっと。「願い」で3人がファンの“願い”を受け取っていくさまが明確に描かれていたけど、そうやって「Perfumeとあなた」「WE ARE Perfume」を文字通り実現するのが今、そしてこれからのPerfumeなんだと。そこから始まる「無限未来」で、最後今までいろいろなステージセットがあったり何かが映し出されたりしたバックが無地になっていく。いろんな思いを感じて、改めてここからスタートっていうね。素敵。メンバーの年齢とかも含めてグループとしてますます日本の芸能史にとっての未踏の世界に入っていこうとしているわけですが、引き続き応援しないわけにはいかないなという気持ちを強くしました」

司会者「ツイートでも少し言及ありましたが2020年のオリンピックの開会式で、みたいな話も当然出てきますね」

レジー「そうね。まあただ、Perfumeが仮に出たとしても、それだって彼女たちにとっては途中経過なんじゃないかなと思うんだよね。Perfumeが開会式出てほしい!って願望は別にいいとして、何となくAKBとかジャニーズとかLDHとかの「仮想敵」に対する当てつけとしてPerfumeの名前出してるだろって思っちゃうケースもわりとあってそういうのはなんだかなあって感じもする。なのであんまりオリンピックどうこうを言うつもりはなくて、この先もただただまだ誰もやっていないことをやって、社会の道標になるような表現を通じて我々をハッとさせてほしい、という気持ちが強いですね。ほんと今回のステージ最高でした。直前にPTAのリラックスしたライブがあったので、その対比も良かった。最初の方の話ともつながりますが、どっちもできるのがPerfumeの強みですね。またこっち側に全振りしたライブ見たいです。というわけで今回はこんな感じで」

司会者「わかりました。次回は」

レジー「一旦未定でお願いします」

司会者「できるだけ早めの更新を期待しています」