ずんだもちスペキチの一口馬主ブログ

スペキチ:愛馬と競馬について綴ります。
ずんだもち:イラスト描きます。

赤松賞に臨んだファクトゥーラは10着でした。
  • 18/11/18 吉村厩舎
  • 18日の東京競馬ではゲートで行き脚がつかず後方からに。直線では懸命に脚を使おうとするも、なかなか差を詰められず10着。「パドックまでの雰囲気は悪くなかったとのことも、跨がってからピリッとしたのか徐々に気負って来ました。それによって結構発汗もしていて、ゲートの出は内の馬の動きに過剰に反応して外に逃げる格好をしてしまいました。正直、それでリズムが悪くなってしまったので腹を括ってジックリと運びましたが、道中は極端に力むことはなく走ってくれましたよ。そのまま終いに盛り返せれば良かったけど、トモを中心に緩さが残っていてフォームが崩れないようにケアしながら追う必要がありました。経験を重ねながらの成長も期待したいですね。今日は結果を出せず申し訳ありませんでした」(内田騎手)「普段はおとなしいくらいで手が掛からないタイプですし、競馬場に着いてからパドックまでの雰囲気は悪くなかったと思いますが、ジョッキーが跨がってから少しずつ気持ちが昂ってしまいました。それもあって苦しかったのかゲートをしっかりと出られませんでした。広い府中コースのマイルなら対応できるかと思っていたものの、序盤にバタバタしたことで緩さのあるトモが余計に入らず、直線でもそれに気を遣ったようです。牝馬同士のこの条件で良さを見せられたと思っていただけに申し訳ありませんが、今日は休み明けの分、ポイント、ポイントで気持ちが入りやすかった可能性はありますし、これで上手く抜けてくれればいいですね。今後はトレセンに帰って状態を確認してから考えたいです」(吉村師)気持ちの昂りからまわりの状況に過敏に反応してしまったのか、ゲートを真っ直ぐ出られず後方からの競馬を余儀なくされました。今日は位置取りの差も大きかったと思いますが、より上のレベルで走れるようにするためには馬体の成長も必要になるでしょうから、ひとつひとつの経験を大事にして今後に活かしていきたいです。この後はレース後の心身の状態を確認してから判断していきます。
今日は所用があり残念ながらレースをライブで見ることができませんでした。関西馬がせっかく府中に遠征に来たのに残念極まりないです。

所用が済んで、携帯の電源を入れても、なんの連絡も来てなかったので、負けたことはすぐにわかりました。とは言え、ここまでの惨敗は予想外。

レースはスタートでほぼ終了。スタートで大きく右に寄れてスピードに乗れませんでした。前に行きたいはずだった、隣のウィクトーリアの邪魔をしてしまいましたね・・・。ウィクトーリア陣営には申し訳ないことをしてしまいました。ごめんなさい。

スタートで大きく寄れスピードに乗れず、すぐに鞍上も控えることを選択。道中は最後方でレースを進めました。ただでさえファクトゥーラにとってマイルは忙しいはずなのに、このロスは致命的。さらに運悪く、ペースはスローに落ち着き、牝馬の中ではキレは劣る部類のファクトゥーラにとっては最悪の展開。直線で追われてからも首をあげてしまい、デビュー当初から言われているトモの緩さを露呈。

今日は全てがかみ合いませんでした。上手くいかないときはこんなもんなんでしょう。まだ、2歳ですし、今後のために課題はいくらでも出た方がいいと思います。それを一つずつ克服する過程を見守るのが一口の醍醐味の一つ。じっくりファクトゥーラの能力を信じて、成長を楽しみにしたいです。

[キャロットクラブより公式HP情報転載許可をいただいております]

未勝利戦に臨んだシャンデフレーズは2着でした。
18/10/14  中舘厩舎
14日の東京競馬ではまずまずのスタートを切りそのまま先頭に立つ。押し切りを図ったが直線半ばで勝ち馬に捕まり2着。「先生からどういう馬を聞いていましたが、結構ハミをくわえてきますね。ゲート裏や中は比較的大人しくしていましたが、スタートして少しすると段々と気が入ってきてだいぶ力んでしまいました。その影響があってか外に張り気味でもあったんです。直線へ向いても脚を使っていますが、やはり消耗が大きいのは痛いですね…。もう少しでもリラックスして走ってくれればいいのですが、この前向きさならやはり1200mにシフトしていかざるを得ないのかもしれません」(田辺騎手)「トレセンに入ってきた時が400キロを切る馬体重だったので、競馬で増やすことができて良かったです。もちろん数字だけの問題ではないのですが、如何せん小柄な馬なのでね…。競馬場での様子は悪くなく落ち着いていたのですが、人が跨ってからはちょっと気持ちが入ってきました。田辺には事前に話をしていたのですが、跨って“わかるでしょ?”と確認すると頷いていたし、変に喧嘩しなくていいから、よほどスタートが遅くなければ逃げていいよと話をしてあったんです。心配していたゲート内の駐立は比較的大人しくこなしてくれたようで、しつこく練習した甲斐がありました。心配したことにはならず楽に先頭へ立てたのですが、それでもふわっとしたのは最初だけで、進むとだんだんと気が入ってきてハミに向かってきましたね…。半ばガムシャラに走っていたので、その影響で余計に外へ張るような走り方になってしまったのかもしれません。それでも直線ではよく頑張っているのですが、やはりあの前向きすぎる走りだとちょっと辛くなってしまいます。おそらく次はもっと気持ちが乗ってきてしまうと思うので先々では1200mへシフトすることになると思いますが、理想を言えばもう少し心身ともに成長して欲しいのは確かです。本当はここで勝って成長期間を設けられれば言うことはなかっただけに悩ましい。2着に来て頑張っているのだからあまり悲観的な見方をしてはいけませんが、先々を見据えてどうしていくべきかよく考えていきます」(中舘師)前走は比較的穏やかに走れていたように見えましたが、競馬を一度経験した分か気持ちが入り、ジョッキーが跨るとスイッチが入って競馬では戦闘モードでした。前向きな気性は良いことですが、紙一重で長所が短所にもなり得ます。現状からすると後者になる可能性も考えられるので、理想は心身の成長を促したいです。あまり詰めて使うと良いとは思えないだけに2着に来たとは言え間を設ける可能性はありますが、最終的にどうしていくかは様子を見たうえで判断していきます。
「わかるでしょ?」
このやりとり個人的にツボです。跨るだけでピリッとしたとこはわかっちゃうんですね・・・。

今日は相手が悪かったです。勝ち馬は直線おそらくムチも使わずに楽に突き抜けました。シャンデフレーズも持ち味をしっかりと出しての結果なので仕方ありません。それよりも2走続けてスプリント適性が高そうな走りをしてくれたので、今後の指針になるのではないでしょうか。

その今後ですが、心身のことを考えると少し判断が難しそうです。もしかしたら少し間隔を空けるのかもしれません。

DSCF1014

DSCF1025

DSCF1052

DSCF1066
初めてシャンデフレーズに会えましたが、思っていたよりも凛とした顔立ちが印象的でした。

[キャロットクラブより公式HP情報転載許可をいただいております]

シャンデフレーズが府中で未勝利戦に臨みます。
18/10/11  中舘厩舎
10日は軽めの調整を行いました。11日は美浦坂路で追い切りました(53秒1-40秒1-27秒0-13秒6)。「先週に続いて今週もトレセンは変則日程になるので調整パターンをどうするか考えていたのですが、まずはレースをどれにするか決めることにしました。初戦と同じ新潟には牝馬限定戦がありますが土曜日なので、ここにするなら木曜日追いにするわけにはいきません。念のために前走乗ってくれた藤田騎手に確認をしたところすでに先約が入っていて乗れないことがわかっていました。今回400キロを切った体で入ってきたのもあって新潟まで輸送するのもな…という考えもあったので土曜日の選択を外して日曜日の東京へ向かうことにしたんです。秋華賞の裏なので乗り役を探すことにしたところ、その時点では池添がいるという話だったので彼に依頼をしていたのですが、週末の出来事により急遽京都に組み直すことになりました。それで再度鞍上を探すことになってしまったのですが、無事に田辺を押さえられたので、その後は安心して調整にあたっていました。調教に関しては週末にやってあったので今朝木曜日にサッと無理のない時計を出すことにしました。途中で少し力んだためにイメージより時計が速くなったものの、決して無理はしていません。馬なりで出した時計なので心配することはないのかなと思います。体は今週の計測で402キロ。カイバを食べることができていますし、入厩当初より増加傾向にあるのもいいことでしょう。あとは如何に落ち着いて本番に臨めるかですね。ゲートは駐立が課題なのでこの中間入念に練習してあります。若干ソワソワはしますが、その程度で我慢できているので、できるだけ良い体勢を保って出られれば無理なく流れに乗れるはず。スピードを活かして良い結果を出してほしいですね」(中舘師)14日の東京競馬(2歳未勝利・芝1400m)に田辺騎手で出走いたします。
相変わらず中舘先生のコメントは丁寧でレース選択の過程がよくわかります。ジョッキー手配に苦労したようですが、それでも田辺Jを確保していただきました。G1裏開催で田辺Jは頼もしい限り。

相手で気になるのはグレルグリーン。前走は勝ち馬のルガールカルムが強すぎましたが、レースセンスを感じさせる内容で2着。同レース3着になったサンディレクションは今日未勝利勝ち。手ごわい相手に感じます。

シャンデフレーズの枠は1枠1番。前走のレースぶりと枠順を考えると、今回も積極的な競馬になりそうです。前走の勝馬は重賞でも2着と力を見せてくれましたし、シャンデフレーズにもチャンスはあるはずです。

天気が微妙な予報ですが、華奢の馬なのでなんとか良馬場でレースを迎えてほしいです。雨が降らなければ、家族3人で競馬場へ行こうと思います。

[キャロットクラブより公式HP情報転載許可をいただいております] 

↑このページのトップヘ