ずんだもちスペキチの一口馬主ブログ

スペキチ:愛馬と競馬について綴ります。
ずんだもち:イラスト描きます。

出資方針と目標を備忘のために再確認。

と、さらにその前に。
イスラボンさんにこのブログの記事を取り上げていただきました。パフューマーの栄光の時代、能登巌門賞の記事についてです。イスラボンさん御出資のスターズインヘヴンも能登巌門賞に出走とのこと。パフューマーの時とは違い、強力なライバルがいますが、頑張ってほしいです。陰ながら応援させていただきます。そして、取り上げていただきありがとうございます。こんなふざけたブログ、読んでいただいているとは思ってもいませんでした。誠に光栄です。

さて、出資方針とは当たり前ですが、『一口馬主という趣味をどう楽しみたいか』を考えるに尽きると考えてます。なぜこのタイミングでそれを確認するかと言うと、私の一口馬主を始める動機の大部分が達成されてしまったからです。

私が一口馬主を始めたのはスペシャルウィーク産駒に出資したいという願望から。そのためにキャロットクラブとノルマンディーOCに入会し、スペシャルウィーク産駒に4頭も出資することができました。残念な結果に終わってしまった愛馬もいましたが、4頭に出資することができ、中央で勝ち上がることもできました。この結果に思いっきり心が満たされてしまったんですよね・・・。もうやめてもいいかなと思うことすらあります。

ただ、この趣味を実際にやってみて、楽しかったこと辛かったこといろいろ経験するわけです。そうすると新たな楽しみや願望、避けたいことが生まれます。つまり、出資方針が当初と変わってきたわけです。そして、今の私はこんな感じでこの趣味を楽しみたい。優先度順に並べてみました。

① 愛馬の成長を感じたい
② 怪我はしてほしくない
③ 収支はとんとんで行こう
④ 負けるレースは極力見たくない
⑤ たまには最高峰の勝負で極上の緊張感を味わいたい

これらを達成する目標を一言にまとめると
『丈夫で成長力がありコスパがいい強い馬をピンポイントで引き当てる』
自分で書いてても凄いわがままなくそ野郎だと思います。が、今後もキャロットでうまく立ち回れば選ぶことは可能だと思います。

プラスされた願望は④、⑤です。④については、元来負けず嫌いな性格が災いしています。想定外の敗戦に対して、想像以上にフラストレーションを感じる自分がいることに一口を始めてから気づかされました。⑤についてはルージュバックがこの楽しさを教えてくれました。最高の舞台で愛馬の最高のパフォーマンスを期待する瞬間の感覚は言葉にできません。そのレースの結果がどうであれ、それまでの過程はめちゃくちゃ楽しい。

しばらくはこの目標をもって、ドラフトに臨みたい。100%で達成するのは不可能な目標ですが、経験と共に確率は上げていけるようになりたい。そうやって少しずつ、自分がより一層楽しめる馬選びをできるようになりたい。そういう選択、努力をしなさいよ!!と自分に言い聞かせるためにこのタイミングで書きました。

私にとって一口馬主は趣味なので、自分のその時々の尺度で楽しめれば十分です。他者目線の一口馬主の成功とかはクソどうでもいいです。自分の尺度の変化を感じたら、その変化を分析する。そして、楽しめるように行動する。そうできるようにしたいです。最後にこれは完全に余談なのですが、本当は馬選びだけでなくて、クラブ選択、ドラフト制度対策も含めて、楽しめるように自ら選択すべきかな、そしてその選択に責任を持つべきかなと思いました。これは自分への戒めの話です。他意は・・・
ありますwww

とにかく、今年もキャロットのドラフトを存分に楽しみたいと思います。

7着。休み明けでしたので半信半疑でしたが、新馬の時のように軽やかに先頭でゴールを駆け抜ける姿もイメージしていました。なので、ここまで負けるとは思いませんでした・・・。わかっていたが、競馬は甘くない。

でも、辛い(´;ω;`)
8/13  石坂厩舎
13日の小倉競馬ではまずまずのスタートから道中は好位を追走するが、勝負どころで早めに鞍上の手が動き始めると直線もそのまま伸びは見られず7着。「逃げて勝った新馬戦とは違って今日は無理せず控える形で進めたのですが、変に気負ったりするようなことはなく、道中はいい感じで追走することができていたと思います。ただ、久々ということもあってか早々に手応えが怪しくなってしまいました。今日のところは仕方がありませんが、これでまた変わってきてくれると思います」(浜中騎手)「久々の競馬でしたので今日のところは仕方ありませんね。馬体重の発表はプラス2キロでしたが、その数字以上にまだ余裕があるように見えましたので、一度使ったことで中身が良くなってくるでしょう。暑い時期なのでまずはレース後の体調と、そして脚元をよくチェックしてから今後のプランを考えていきたいと思います」(石坂師)今日は久々が影響したようで最後は息切れしてしまいました。一度使ったことでまた上向いてくれるでしょうし、次走で改めて期待したいと思います。この後は脚元を中心に馬体をよくチェックしてから検討していきます。
パドックは新馬の時に比べて緩く見えました。想定していた以上に、仕上がっていない印象。もう一段階、二段階引き締められる余裕を感じました。

ソエと捻挫があり、しがらきで坂路で軽めのキャンターを開始したのが6月初旬。それからたった2ヵ月でのレースではさすがに心肺機能も筋肉も仕上がり途上。ここを使って、しっかりしてくれれば今日のレースの収穫としては十分です。

無事ならば、小倉でもう一戦してほしい。
何とか乗り越えてくれ、シェアザモーメント!!
シェアザモーメント
手前味噌ではありますが、ずんだもちが描いたこのイラストはかなりのお気に入りです。次、小倉で勝ってくれたらクオカードでも作ろうかな~(・∀・)

[キャロットクラブより公式HP情報転載許可をいただいております]

こんばんは、ずんだもちかとうです。

先日、友人の結婚式に着ていく訪問着を探しているとちらっと書いたのですが、結局レンタルにしました。ネットで色々お店を物色したのですが、どこも着物や帯、長襦袢から扇子などの小物まで一式レンタル出来て凄く便利でした。レンタル料金もピンキリで1万円以下のものもあったり。
盛夏用の絽の訪問着にし、式当日は比較的気温が低かったのですが…
やっぱり暑かったです(;´Д`)美容院から式場までの移動で汗ダクダク。これで30℃超えてたら耐えられなかったかもしれません。
そして帯が苦しくて料理を食べきれないという大失態。こんな屈辱は初めてです:(;゙゚'ω゚'):
でも、まわりからは好評だったので(主にご年配の方から)、また訪問着着てもいいかな〜♪と新婦から送られてきた写真を見て息が止まりそうになりました。
「ヒッ!」
新婦の横でニタァッと笑う着物の女…何これ心霊写真?!
…よく見たら自分でした。地味顔が着物に負けてしまってまるでのっぺら幽霊。着物の時はメイクは濃い目が映えるみたいです…。
もし訪問着デビューされる方がいたら、メイクはガッツリした方がいいですよ!あと補正用のタオルは詰めすぎないように。すぐお腹一杯になってしまいますので。


どうでもいい話が長くなりました。
ゲート試験を合格したモンヴァントゥですが、すぐに放牧に出ると思いきや暫く厩舎で調教を行いました。 
8/2 大和田厩舎
2日は軽めの調整を行いました。
「先週の金曜日にゲート試験を合格できました。その後の反動は心配していた程ではなく、まずまずの状況のように思えます。ただし、スクミがちなことを考えるとこのまま競馬まで行くのはどうかなと思いますね。そのスクミですけれども、気持ちが先走っていて前へ行こう行こうとするのに体、そして体力が追い付かないことから苦しくなりスクミを発症しているような状況に思えます。
モノは良さそうなので、現状では走り方を教えてあげられれば心身のバランスが整ってきて、苦しさが出にくくなるのではないかなと思うんです。
そのため今すぐに放牧へ出すのではなく少しベースをつくるように動かしてみたいと考えています」(大和田師)

あれ?(つд⊂)ゴシゴシ
なんだかデジャブ。チャームクォークの時も似たような近況を見たような…(´・ω・`)

8/9 大和田厩舎
9日は軽めの調整を行いました。
「この中間もそうですが、今朝も北馬場などを使いながらハミの受け方、トモを含めた体の使い方を教えるようにじっくりと乗り込んできました。少しずつ吸収してきて、それによって心身のバランスがだいぶ取れるようになってきたかなと感じられます。スクミの症状も見せていません。
速いところは行っていませんけれど下地を作ることはできつつあると思います。根本的に体力強化が必要な状態と思うので、ベースを作ったこの後は天栄での乗り込みを行ってもらおうと考えています。
早くて週末か来週あたりに一度天栄へ放牧に出すつもりですが、速いところ、強いところを求められるようになるとまた苦しさが出てくるかもしれませんので、何とかうまく乗り越えていってほしいです」(大和田師)
8/11 NF天栄
11日にNF天栄へ放牧に出ました。

2週間の調教で劇的な変化はないかもしれませんが、慎重なコメントが多い大和田先生から「下地を作ることができつつある」とは、モンヴァントゥは飲み込みが良いのかもしれません。
何より、すぐに牧場に戻さず手元に残した大和田先生から熱意を感じました。
ゲート試験後はこのまま進めるか動き次第で判断するという更新だったので、番組表を見て「8/13新潟6Rであわやビッグスモーキー号とガチバトル?!」と一人モンモンと妄想していましたが、杞憂に終わりました。


一方、放牧中のチャームクォークも更新。
8/11 大和田厩舎
11日に美浦トレセンへ帰厩しました。
あっ!!まさかの入れ違いΣ(゚д゚;)


先月の今頃は北海道で鼻をブルブル震わせていた(であろう)モンヴァントゥ。移動早々に大和田流の体使いを学びました。今後はじっくり体力向上、一夏越えて逞しく成長してくれますように。

頑張れモンちゃん\( ˆoˆ )/チャーちゃんお帰り\( ˆoˆ )/

大和田厩舎


[キャロットクラブより公式HP情報転載許可をいただいております] 

↑このページのトップヘ