ずんだもちスペキチの一口馬主ブログ

スペキチ:愛馬と競馬について綴ります。
ずんだもち:イラスト描きます。

5/24  藤沢和厩舎
24日は美浦南Wコースで追い切りました(52秒5-38秒8-12秒6)。「先週はジョッキーの杉原が跨る形で併せ馬を行いましたが、先導していた僕のほうが少し遅めだったこともあってよりコントロールに気を遣うところがあった感じでした。それでも何とか我慢が利いていましたから良い調教になったのではないかという話をしていたんです。今日は僕が跨らせていただいたのですが、自分のリズムでしっかりと走れていましたし、変にムキになりすぎずにいましたね。力強い走りができていましたから、良かったのではないかなと思いますよ。あとはレースへ行ってですね。前回は馬場を気にしながらも最後まで一生懸命に走ってくれていました。レース内容としては悪くなかったと思いますし、東京に戻る今回はまたさらに頑張ってくれるはずです。引き続きルメールが乗ってくれることになっていますから、良い競馬を期待しています」(千島助手)27日の東京競馬(葉山特別・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。
前走は重馬場を気にしてしまい、直線では首を上げて走りづらそうにしていました。東京は金曜日に雨予報なので、馬場の具合が心配です。とは言え、ルメールJが引き続き乗ってくれるのはとても心強い。

出走頭数は12頭と少なめで、スタートに心配があるムーンクエイクにとっては好材料。スローが予想されるメンバーですし、500万勝ちした時のように思い切って逃げてもいいかもしれません。そのメンバーですが、一番の強敵は店員Oさんの出資馬、レーヌドブリエではないでしょうか。彼女のレースは毎回見ているのでよく知っています。切れ味勝負だと分が悪そう・・・。

その他にはエルビッシュやオブリゲーションあたりもいい決め手を持っていそう・・・。そして、忘れていけないのはムーンクエイクの天敵・窪田オーナー。彼の所有馬とまたぶつかります(´;ω;`)相手は以前負かされたアムネスティ。近走は不調ですが個人的にはかなり不気味な存在です。ムーンクエイクにはなんとか彼らの末脚を凌ぐようなレースをしてほしい。

[キャロットクラブより公式HP情報転載許可をいただいております] 

連闘で臨んだブラックジェイドはハナ差の2着でした。
★5/20(土)東京・3歳500万下(ダ2100m・混)横山典弘騎手 結果2着
「本当にいい馬。まだ物見したり、他馬を蹴りに行くような幼い面があると聞いていたが、今日はそういった面を潜めていた。連闘だったり輸送競馬だったりと必ずしもいい条件ではなかったと思うが、それでいてこれだけの競馬ができるんだから能力が高い。道中びっしりとマークされていたし、並んで口向きの悪さを出していたけど勝ち馬も強かったね」(横山典弘騎手)
横断幕、府中で初お披露目!!
よく警備員さんが手伝ってくれると聞いてましたが、ちょっと違いました。実際は幕を広げると我々の仕事と言わんばかり勝手に2~3人集まって、手際よく張ってくれました。むしろ我々が警備員さんを手伝うスタンス。帰り際に、
「いつでも任せてくれよ、なれっこだから!!」
と爽やかに声をかけてくれました。普通に惚れるし・・・

おかげさまでキレイにはれました。
ブラックジェイド横断幕
BJと幕の共演。
いや~、耳の感じとかよくBJの特徴を捉えていますね(´∀`*)
ブラックジェイド
初めて会いましたが、思っていた以上に腹まわりがしっかりしていました・・・。
まだまだ絞れる余地を残していました。連闘+遠征でこれかよΣ(´д`;)
我々の想像以上にタフな馬なのかもしれません・・・。
DSCF4767
ブラックジェイド
凛々しい。
ブラックジェイド
相変わらずスタートセンスは抜群。
DSCF4928 (2)
連闘+遠征だったので、是が非でも勝ちがほしかったのですがわずかに敵わず。直線、勝ち馬に並ばれた時はズルズルいくのかと思いましたが、そこからもう一伸びして最後はハナ差。ゴール直後の勢いは勝ち馬に優っていました。自分の形に持ち込めば、最後の最後まで走り切る。スタミナと負けん気は大したものです。ちょっとスピードが足りないがために勝ちきれませんが(´・ω・`)

最後まで粘り切る走りは見ていてとても清々しい気持ちにさせてくれます。この4戦、本当によく頑張ったと思います。馬体を見ると続戦も可能なような気もしますが、この後は古馬との戦いになりますし、しばらくは放牧で疲れをとって夏か秋の競馬に備えてほしいです。

初対面の印象としては、これだけの連戦であの腹回りをして東上してきたブラックジェイドに謎の大物感を感じましたw

[ノルマンディーOCより公式HP情報転載許可をいただいております]

こんばんは、ずんだもちかとうです。

芦毛…それは正義。芦毛…それは希望。
今、猛烈に芦毛に出資したい欲望に駆られています。

事の発端は、先週の京王杯スプリングCでレッドファルクス号の猛烈な走りを見たことです。
白い馬体を泥だらけにしながら根性むき出しで走るファルクスがかっこよくてかっこよくて…。完全に力も群を抜いていましたね。
レッドファルクス×ミルコデムーロ騎手×尾関先生
ファルブーン
青のシャドーロールがとってもお洒落。芦毛は寒色も暖色も似合って可愛いです(●´ω`●)

さらに、昨日東京10R是政特別をモンドアルジェンテ号が制しました。
最後の直線の白熱した追い比べはモン舌…元い、悶絶級のかっこよさでした。並んで競り勝つような根性のある馬って、人を惹きつけますよね。
モンドアルジェンテ
モンドアルジェンテ
モンドアルジェンテ
モンドアルジェンテ
モンドアルジェンテ
(スペキチが汗水垂らして撮ってきた写真をさも自分が撮ったかのようにアップ(`・ω・´))

ただでさえ芦毛は存在自体が可愛いのに、その上強いなんて…はー大変(´・ω・`)
芦毛のオルフェーヴル産駒がキャロットで募集されないかなあ。


そういえば、府中のUMAJOスポットに芦毛の看板娘がいました。お目々うるっうるでUMAJO達をお出迎え。
君の名は。
はじめ女装したゴールドシップだと思ったのですが、よく見ると流星が違います。
きみは誰?(°_°)

↑このページのトップヘ