November 2005

November 14, 2005

どんどんどん

私は。

この人好き。とおもったらば、その人が幸せでないと 嫌だ。
女性の友人ならなお、だ。

昨日の夜、私は今年一番なくらいお話をしました。
言いたかったことを言いました。
だって、とても素敵な人だから。才能あふれている人だから。めちゃくちゃかっこいいから。
おせっかいになるなー。とか思っていた。
でもね、言いたかった。
だから 言った。

ああい。おせっかいだなんて。思うかこのやろー!!


森山未來かっこいいから。黒のジャケットがいい。


rei_pepe_1115 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 12, 2005

パンが食べたい。

下北のパン屋さん、アンゼリカのパンが食べたい。
宇都宮のパン屋さん、シェレンバウムのパンが食べたい。
やまはき玲ですよ。


最近思うのだけども、私はメンクイでメンクイではない。
好きな顔の役者さんは、森山未來。おぎやはぎのやはぎ(←役者じゃない)。関根勤(←これも違う)。緒方直人。勝村さん(下の名前わすれちゃった)。堤慎一。

バラバラ。バラバラ。ラバラバ。

でもなんとなく、みんな共通して
賛否両論な人達なかんじ。
つまりは、マニアックか!!!

いや、でも本当に最近森山未來みて、かっこいい。とか言うと「変わった趣味だね」みたいなことを言われる。
あのさ、彼はね、生き様がかっこいいんだよ。
誰かもそう言っていたよ。

がっしりしっかり中身がいい。


音楽家の方々は歌が良かったらみんなかっこいい。
ALFEE高見沢さんなんて死ぬほどかっこいい。松任谷さんなんてかなり渋い。大滝詠一なんて会ったら死ぬ。くるりなんか会ったら告白する。


rei_pepe_1115 at 23:09|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

深爪が痛い。

深爪、巻き爪。今日ぱっとゆび先を見たらちょっと悪くなっていました。
いやだなーほっときたいなー。でもほっといたら悪くなるだろーなー。爪きりどこいったっけなー。
どうも。やまはき玲ですよ。

牧原紀之(漢字あってますか?不安)のライブ中継を見ました。オーケストラとやっているやつ。
なんかね、すごかった。すごいって活字にするとあんまりすごい感じしないけど、すごかった。
「世界にひとつだけの花」の時、お客さんみんなが同じうごきするのね。手話みたいなふりの。
お客さんみんな、一緒に歌ってるのね。泣いていて、ハンカチで顔抑えながらそれでも一緒になって歌って動いてるのね。
すごいなって。有名な人だし、有名な曲だからみんな歌えるのかもしれないし動いたり出来るんだろうけど。
そうなるのはやっぱ、すごいからなんだよね。彼が。いろんな面で。
ANSWEARって曲がグググでした。

そんなこんなで気になった曲名とかをテレビ見ながら書き留めていたのだけれど、その内の一曲「君は僕の宝物」のことを、「君は僕の宝塚」って書いていた。

どんだけ好きなんだ。

rei_pepe_1115 at 00:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

November 11, 2005

迷う。

今日はみっちゃんが英語教室の為に(みっちゃんは小学生に英語を教えているのです。)宇都宮に帰りました。

ピアノとにらめっこをして、さあさあお夕飯だよ〜っと思って冷蔵庫を開けると・・・
スーパーに行くことになりました。

夕方六時の街は、もうまっくらです。あったかいあったかい日々が続いているけれど、ちゃんと冬はきているんだなー。と思いながらふと立ち止まって空を見たりしてました。
ぱっと前を見て・・
ここは。どこだ。

よーく考えたら、この街に引っ越してから一人で出歩くことが今日が初めてでスーパーにはよく行っていたけど、それも「みっちゃんについていく」状態だったので、道なんか覚えていなかったのです。
おそるべし、自宅療養。おそるべし、方向音痴。
ぐるぐるぐるぐる。
何回も同じお家の前を通りました。ひき肉かついで。変質者です。

これからは、もう少し一人でふらふらしよう。飲んでる薬も減ってきたし。
大体、大人なんだし。ってゆーか、大人なんだから。

自宅にやっとたどり着いてポストをあけたら、HPからCDを買ってくださった方から代金とお手紙が届いていました。
うわーい。迷ったってへっちゃらだーい。へへーんだざあまーみろー(誰にだ)
また、新たにやまはき玲を知ってもらえて嬉しいです。
頑張ります。精進精進、日々精進。

あ、森山未來ぱくっちった。

rei_pepe_1115 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 09, 2005

つけたしつけたし

書いたら書いたで不安だ〜!!


私がいきているのはたくさんの人達が居てくれたからです。
たった一人で立ち向かったわけではありません。
みなさまがいたから 私はここにいるのです。

私はみなさまに助けられました。

今度は私がみなさまを助ける番です。


rei_pepe_1115 at 13:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

つけたし

あと。
これはすこし個人的なことになってしまいますが。

もうすこしだけ、一緒に居てくださいますか。もっともっと頑張ります。
泣き言はいいません。
Be.さま。Rな様。仲間さま。よねづさま。家族様。みんな様。

rei_pepe_1115 at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

決心。

この三日間くらい、心の中がぐるぐるしていました。
どうしようかと思いました。
いまの私には、この心のぐるぐるを隠して平常心を保つことは自分への嘘つきになる気がしました。自分自身の問題であって、こんなところに書くべき事ではないとも思いました。
けれど、書かずには居れないのです。いまから書くことによって、嫌な気持ちになる方もいらっしゃるかとも思います。なんだこの女。とも思われるかもしれません。けれど、いま言わないでいたら私は私をずっと恥じて生きていくような気がします。
こんなときに。と思われるかもしれません。嫌いになってもかまいません。
こんなときだからこそ、決心したのです。
聞いていただけるでしょうか。聞いてもらいたいです。



私は2000年五月(16歳のとき)、急性骨髄性白血病を発症しました。
それから一年間、化学療法の治療を受け、18歳で高校に戻りました。
高校はダブりました。
歌うことに対して本格的になったのはこのころです。昔から歌うことが好きでした。が、極度の恥ずかしがりや、人前に立つことが嫌いだったために誰にも言えずこそこそ一人で歌っていました。
病気になって、苦しすぎた。こんなに苦しんだのだから、残りの人生はしたいことをたくさんしてやろうと思いました。
つらい治療を乗り越えたのだ。これ以上つらいことはもうないはずだ。そうだそうだ。高校一年生の時、大学進学希望で入学した私は専門学校への入学を決めて卒業しました。
専門一年目、打ちのめされまくりました。
自信なんてものはすぐにどこかにいってしまいました。あるのは周りへの嫉妬心ばかり。
でも。私にはこれしかなかった。こうして生きていく以外の道はない。
二年目。だんだん自分を見つけ出した頃、あるひとつの出会いがありました。
はじめて私を理解してくれた!!と思いました。たくさん頑張ろう。この出会いをなくさない様に、もっともっと向上しよう。これからが、私のスタートなんだ。


2004年10月、白血病再発が確認されました。
神様が見放した。
そう思いました。もうだめだ。
これからって時に。やっと立ち始めたスタートラインだったのに。
ランナー、走ることなく退場。

即入院。と言われたけれどどうしても嫌で、嫌で嫌で逃げまくりました。いろんな理由をつけて逃げました。
転院も希望しました。16歳の時は栃木の病院でした。でももう戻らないと決めていたし、どうしても東京に居て隙間隙間に活動をしたかった。
東京都内の病院に11月末に受診しました。
方法は、移植しかないと言われました。
家族とは適合しませんでした。
ドナーさんがきちんと見つかったのは2005年三月頃でした。
一月にライブをして活動休止となりました。
戻ってくるから。待っていてください。そんなことばかり言っていました。けどホントは、「見捨てないで。忘れないで。」って言いたかった。
またあの苦しみを味わうなんて。二度も白血病で苦しめられるなんて。

それからいろいろありました。
五月に、骨髄移植をしました。七月に退院をしました。これから、拒絶反応とかと闘わなければならないのだそうです。完治まで少なくとも5年はかかるそうです。(ここら辺のことは前の日記(現、「想うこと」のカテゴリ)に書いてあります。)

本田美奈子さんの悲報を聞きました。
彼女のことはニュースで聞く程度でしたが、同じ戦友のような気持ちでいました。彼女が臍帯血移植をした時も、うれしかった。
頑張ってください。わたしも頑張ります。そうつぶやいていました。
なのに。
大切な人を、またなくしてしまった。
私には分かりません。なにがなんだか分かりません。どうすることも出来ない自分はちっぽけでどうしようもないでくのぼう。

違う。
そう。歌わなくてはいけないんだ。歌うんだ。そしてみんなが生きていた証を、今も生きている証をつくるんだ。
小娘だけど。偉そうに代表きどってるみたいかもだけど。
どう思われたっていい。私は病気を克服した人に希望をもらってきた。
だから、私が今度は希望になる。
私にはやっぱり、歌を作ることしかないのだから。

長々と書いてしまいました。ごめんなさい。
自己満足なのかもしれません。それでもいいです。これが私なのです。
今日でふさぎ込むのも終わり。
わたしが  出来ることは  これしかない。


rei_pepe_1115 at 10:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 06, 2005

ここっ

え〜。
なんか、HPをずっとみていて下さった方々から「最近日記の更新すくないですね。あと、内容が切ないのが多いですね。大丈夫ですか?」みたいなお手紙をいただきます。

ここっ!!日記書いてますよ〜!!暗いばっかりじゃないですよ〜!!ネクラばっかりじゃないですよ〜!!

ブログってことばは、PCやっていたってなかなか触れない言葉のようです。
ひとつ勉強、ひとつ利口になりました。ごめんなさい。

情熱大陸をみました。倖田くみ。
喋りが綾戸智恵のようだ。
同世代として、かなり心動かされました。
頑張る。頑張ってください。頑張ろう。


泣いていたってさ、なにも動かす事出来ない。
あたしの証を
あたしが居るという証明を。
歌にこめたんねんベイベーィ


rei_pepe_1115 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 05, 2005

レンガでできた病院

今日は病院の日でした。
つっかれたー人多いよ。みんな並ぶ順番あんまり守らないよ〜。

一リットルの涙のポスターがやたら貼ってあった。
…あ、撮影場所か!!

今日も入院当時、主治医だった先生に会いました。
私はなんにもしていないのに、お会いしてすぐ「ごめんなさい…」と言ってしまいました。なぜ?
なんでかその先生をみると謝るといった癖がついているみたいです。
なんでだろう。入院初期に変なあだ名つけてたのを今更お詫びしたいのかな…?



そう!!そうそうそうそう!!!!!
ペダルがお家のピアノにつきましたーぁーぁー♪♪
両親からの誕生日プレゼントです!やったー。
やっぱり違うなーよく今までペダルなしで我慢できていたなぁ〜
ポーンて。伸びるよ、音が。
昨日までは、ポンっだったからな。いやぁー実にペダルつきのピアノに触れたの半年ぶりくらいです。
ひゃひゃひゃひゃと言いながら弾いています。
あと、母が好きだという方の譜面もくれました。頑張って弾けるようになるからね。一緒に歌いましょう。
ありがとう。


しかしうちの家族はみな、「プレゼントは当日まであげない。」ということが出来ません。
買ったら買った日にあげたくなる。
まだ私の誕生日は先なのに、家族全員からプレゼントをもらいました。
我慢できないファミリーです。
そういえばパーティーも先週してもらったなぁ。当日は何にもないのかなぁと気になり、みっちゃんに聞くと。
「あ、その日は私用事あるから夜出かけるのよ〜。」
…いいけどね。いっいいけどね!!



当日、「ピンポーン」「あら、誰かしら」「ガチャ」「きゃーどうしたの?」「誕生日おめでとう」「(泣く)」みたいなのを期待してみようかと思います。みっちゃん以外で。

あ、でもこれ実際やられたらどうなんだろう…
そもそも泣けるのか…?
マンガみたいなのを一度体験してみたい。


rei_pepe_1115 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 03, 2005

最近ドラマの原作本ばかりを読んでいる気がします。

「一リットルの涙」

たしか姉が読んでいたような…と思って本棚をごそごそ。

ありました。やっぱり。うちの本棚はなんでもある図書館のようです。


多分、昔の私なら読むことが出来なかったでしょう。


悲しいのと、「あたしも辛いもん」とかいって意味もなく思って張り合ったり。



あとがきの母の文章でおお泣きです。



どうしてこの世の中に病気なんてものがあるのか、まったく分かりません。

苦しめるだけのものを、なぜ。

神様は、なぜそんなものまでお創りになったのか。



読み終った後、自分の入院していた頃につけていた日記を引っ張りだして読みました。

だめだ。私の日記は本にならない。

書いてあることがひどい。
入院したてのときの日記は、主にお医者様の悪口…今はとても感謝している方なのに。ひどいことをいっぱい書いてる。
あと、内容が無い日。
3/20 ヒューン。バーンバーン!
…なにがあったか全然分かんないし!!
ヒューンって?バーンバーンって???





「一リットルの涙」を出版した意味はきっと、本にすることによって彼女が生きていた証を残していきたかったのかな。と思います。
足跡を残していきたかったのかな。推測だけど。違ったらごめんなさい。偉そうだったらごめんなさい。





私は。
生きている証として、歌っていきたいんだ。

私は生きている。
彼女も生きている。


みんな 生きている。



あ。
でもやっぱりこういった本は、ドラマ化反対。
だってドラマは結局、恋愛を軸にしたがるから。

事実を時々あやふやにするから。


やたら綺麗なものにしたがるから。





rei_pepe_1115 at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)