canstockphoto5193932 (1).jpg

2018年4月下旬より、あなたの価値観や金運までも大きく変え、幸運を招き寄せることになるでしょう。

あなたの人生そのものが劇的に変化を齎す可能性を秘めている惑星は天王星(Uranus)です。

天王星は、84年で太陽の周りを1周する天体です。

同じ星座には、7年間滞在します。

その天王星が2018年5月16日に7年ぶりに次の星座に移動します。

天王星が牡牛座に移動する前に、今年の幸運な星座である蠍座の満月が4月30日に訪れます。

その後、5月15日はおうし座の新月、その後、天王星がおうし座に入ります。

古典的な占星術では、天体は土星までしか認識されていませんでした。天王星以降の3つの天体が活用されるようになったのは、戦後になってからです。

天王星が発見されたのは、1781年です。

しかし、天王星を発見されたのがヨーロッパであったという意味ですが、すでに、古代文明のマヤなどは、遺跡から考えると、すでに、天王星などを考慮に入れられていた可能性もあります。

太陽から遠い位置に存在している3つの星の中で、天王星と一緒に一周期を迎えることが出来る人は、今年、84歳以降の方々です。

ここ最近では医学の進化に伴い、長生きする人も増えました。

人の一生が84歳くらいだとすると、惑星の公転周期の中で一番近いのが、天王星になります。

84歳を4つに割ると、幼少期から21歳まで、勉学に勤しみ、22歳頃から働き、その間に、結婚したり、離婚したり、再婚したりしながら、43歳頃に至ります。その後も、親子関係や社会と繋がり、64歳頃まで、人との交流を通じて霊的な学びを続けることでしょう。

そして、ある程度、現世での使命を全うしたら、さらに、人間らしい生き方を目指して生きて行くことが出来る事でしょう。

遠い惑星にある天王星が新たなサインに移動することで、今、地球にいる人達の価値観が変化して行きます。

特に、日本は急速に意識変化を感じている人が増えて行くことになります。

今までの常識では通用しないような出来事が増えて行きます。

7年前に天王星が牡羊座に移行する前日に、2011年3月11日に東日本大震災があった日です。

天王星が牡羊座に入った3月12日は、福島原発がメルトダウンした日になりました。

まだ、解決していない問題も多い中ですが、天王星は変化し続けています。

先にお伝えした、天王星が欧州で発見された1781年以降、イギリスの産業革命、アメリカ独立戦争、フランス革命が相次いで起こりました。これらの出来事が与えた衝撃により、天王星の「混乱を引き起こす天体」「既存の社会を変化させる力」「新しい時代の扉を開くエネルギー」という象徴が定着しました。

しかし、本来の天王星の象徴は、独立性、組織性、覚醒、冴え、革命的行動、オリジナル、科学性、電気、電磁波、魔術、西洋占星術、心理学、考古学、航空機、パソコン(IT)、ロボット、推理、未来、エキセントリック、反抗心、個人主義等です。

girlwithlavender.jpg

古き良きものに新たな風や波を起こし変革して行くことになります。

特に、美や芸術のような華やかな世界に注目が集まり、また、金融機関などの変化もあると同時に、新しい財産を生み出す新しい方法が登場する可能性があります。

ファッションやコスメ業界も今までの感覚とは異なるエキセントリックな発明があるかも知れません。

おうし座の象徴は、金星です。

金星のエネルギーは女神アフロディーテを司っています。

そのため、2018年5月16日から、7年間の間は、2025年まで、芸術や五感に関係する職業を専門としている方々には、チャンスが増えることになるでしょう。

ただ、物を売る時代から、体感、共感、感じるという未知との世界が待ち受けています。

しかし、直ぐに結果に繋がらないこともありますから、粘り強く、堅実にゆっくりでも良いので進んで行くことです。

時間が掛かることを承知で、勇気を持って、あなたの生まれ持った資質を信じて下さい。

ここで、時間が掛かるのであれば、手っ取り早く、無難な方へ進もうとすることも出来ますが、その妥協は後々、人生を詰まらなくしてしまうことになるかも知れません。

楽しみながら、好きなことを続けることです。

pengin.jpg

しかし、自分が何をしているときが楽しいのか分からないという人は、5月16日ぐらいまでに、一度、過去から、今に至るまでの記憶を思い出しながら、ノートとかに書き出すと良いでしょう。

準備が無いままでは、何かが起きてからパニックにならないためにも、早めに準備をして置くことです。

また、ここ数年間は、次元上昇の影響も受けやすくなる人も増えることでしょう。

このような症状があるときは、次元上昇に伴う影響の可能性もあるので、まずは、気分を楽にすることです。

・イライラする

・不安

・孤独感

・感情の起伏が激しい

・欝のような症状

・眠気

・めまい

・耳鳴り

・動悸

・しびれ

・視力低下

・冷え・ほてり

・腰痛

・頭痛

・腹痛

・眉間の痛み

・湿疹

・抜け毛、薄毛

・悪寒、熱

・咳

・吐き気

・食生活の変化

・忘れっぽい

・容姿の変化

・欲が薄れる

・人間関係の違和感

まだまだ、ありますが、病院に行っても、異常が見当たらない際は、次元上昇に伴う変化に体が付いて行っていないことがあります。

天王星の影響、そして、次元上昇の影響がスムーズに行けば良いのですが、8月8日に逆行を始めます。そして、天王星が一度、牡羊座に戻る11月6日頃から2019年1月6日まで要注意です。

2019年3月7日から、本格的なおうし座天王星時代へとなります。

特に、おうし座生まれ(※)の人にとっては、この2019年~2025年までには、革命的な事が起こることになるでしょう。

※生まれた時間がおうし座の方も含まれます。

astrology123.jpg

他の星座にも天王星は影響があります。

☆おひつじ座(3月22日~4月20日)・・・経済活動、発明

☆おうし座(4月21日~5月21日)・・・感覚的なセンス、斬新的な感覚人生観、生き方、芸術方面

☆ふたご座(5月22日~6月21日)・・・知的な関心や活動、兄弟関係

☆かに座(6月22日~7月23日)・・・家、家族、仲間、夢、自由

☆しし座(7月24日~8月23日)・・・遊びや楽しみ方の変化、社会的地位、新生児、ライフワークを見出す

☆おとめ座(8月24日~9月23日)・・・奉仕活動、旅行、専門分野、外国、先祖に纏わること

☆てんびん座(9月24日~10月23日)・・・希望、協力者、配偶者、パートナーの経済状況(ビジネス投資)

☆さそり座(10月24日~11月22日)・・・遺産、新しい自我、結婚、人間関係、パートナーシップに関すること

☆いて座(11月23日~12月22日)・・・学術、集団、哲学、旅行、健康、社会的な役割、ライフスタイル

☆やぎ座(12月23日~1月20日)・・・新しい業績、勉学、古風な考え方、趣味、子育て、古典文学

☆みずがめ座(1月21日~2月19日)・・・自由、進化、ニューエイジ、家族、宇宙、AI関係

☆うお座(2月20日~3月21日)・・・心理、魂、コミュニケーション、スピリチュアル、変化、家族に関すること

どの星座にも共通することは、新しい時代への価値観を持つことです。

2000年以降に生まれた人達にとっては、この7年間は新しい物が発明されることでワクワクする気持ちが増えることでしょうが、人と話すことに恐怖を持つ人もいるため、新しい形での職業に就くことになるでしょう。

また、母国語よりも、外国語を習得する人もこの2000年以降に生まれた人達が増えることになるでしょう。

そのため、この7年間は若い人達の海外留学などが増えると同時に、そのまま、移住する人達も増える可能性もあります。

また、独身者で結婚を切実に望んでいる人には、あなたの価値観が変わることで、出会いのチャンスを掴むことが出来るでしょう。

精神的な変化とともに、肉体的にも健康的に変わることで、理想の異性と引き合うことになるでしょう。

2019年の3月以降から、今までの常識や植え付けられた価値観がガラガラと音を立てて、崩れて行きます。

失敗を恐れず、いつからでも、リセット出来るように、考え方をニュートラルにして置くことです。

飛躍を望む人にとっては、宇宙からの後押しが訪れることでしょう。

もちろん、期待通りの変化に直ぐにならないこともあるでしょうが、長い目で見れば、必ず良い方向へと導かれて行かれていることを後で気づくことが出来るでしょう。

この7年間は次元上昇と天王星の転換期となりますから、あなたの人生のストーリーも変化して行くことになるでしょう。

「難事良きこと」と思い、あなたの魂が覚醒できることで、幸せになれることでしょう。

金星のエネルギーを体内へ取り入れたいときは、精油であれば、ローズ、ゲラニュウム、ペパーミント、コリアンダー等。

水晶であれば、緑色のペリドット、モルダバイト、翡翠、エメラルド、ピンク色のローズクォーツ、ロードクロサイト(インカローズ)、金色、シトリン、ルチアクォーツ、ゴールド等。

また、次元上昇で体に症状がある人は、たくさん、お水を飲んで下さい。

最後に、余談ですが、2019年には、今上天皇がご退位され新天皇が即位されると同時に、元号が変わるというのも、天王星の影響からでしょうか?

ありがとうございます。

halloumi_cheese.jpg

medieval-kabbalah.jpg

空前の脳科学ブームと運動ブームがこの21世紀に到来してから続いています。

周りには、世界各国の至るところのマラソン大会に参加するアスリートがいます。

日課のウォーキングをしているときにも、走る人を大勢見かけます。

冬の寒いときには、見かけませんでしたが、春先になると凄い数の人達が走っています。

運動している人は、根本的に動くのが好きな人が多い様子です。

じっとしていられない体質で、動くことでストレス解消をしていることになります。

普段、パソコンに向かうお仕事をされている方々であれば、週末も忙しいし、疲れている身体を休めるために、マッサージに行ったり、ダラダラと過ごす方が性に合っていると思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、週明けに職場に戻っても、肩が凝る、腰が痛い、疲れが抜けない。

集中力が持続しない、元気がない、いつも不安を感じている・・・。と、感じている方もいらっしゃると思います。

忙しい合間に病院で検査をして貰っても、「どこも、異常なし」と、お医者さんに言われても、自分ではすっきりした気分でないことで、歳だからしょうがないと諦めている方もいらっしゃることでしょう。

呼吸法を変えるだけで、調子が良くなるのであれば、遣らないよりは遣った方が良いと思いませんか?

私たちは、一日最低、2万回~3万回の呼吸をしていると言われています。

その呼吸の質が悪いと、あらゆる不調の原因になります。

element-woman.jpg

疲れ・冷え・ネガティブ思考・痛み・不眠・ストレス・血流不足・自律神経の乱れ・老化・むくみ・更年期障害・生活習慣病・・・。

「お腹の底まで息を吸う」だけの呼吸法を習慣化するだけで、細胞レベルで体が元気を取り戻すことが出来ます。

その呼吸法は、私が好きな白隠和尚の秘伝ですが、今では、ほぼ、皆さん、ご存知な「丹田呼吸方法」です。

ただ、丹田呼吸方法も段階があるのですが、今回はシンプルな遣り方を実践して下さい。

==================================

①座った状態で肩の力を抜いてリラックスをし、背筋を伸ばす。

②呼吸は基本的に鼻で行う。

③鼻呼吸のとき、「息を吸っている時にお腹を膨らませ、息を吐く時にお腹がへこませる」ことを意識して行う。

④両手を合わせて丹田(下腹部あたり)に添える。

⑤息を吐く時、丹田がしっかりへこんでいることを意識する。

==================================

毎朝、10回ほど行うと、気分がすっきりします。

深い呼吸は、健康を持続させてくれることになります。

忙しい人こそ、この呼吸を日々の生活に取り入れるだけで、体調が整うことで、やる気が出て来ます。

痛みを和らげることが出来ます。

さらに、瞑想のときにも活用することで、「自分を知る」ことが出来ます。

息をしていないと生きていけません。

自分の心身すべてに繋がる呼吸は、「あなた自身」です。

呼吸が浅いと体の力みが抜けきらない体質になって行っています。

知らない内に少しずつ体が、緊張が解除できなくなり、イライラしたり、怒りぽっくなったり、悲観的になったり、不調の一歩手前になっていることを気づくことが出来ません。

呼吸を整えることで、不調や体調不良からの脱却、体調管理や、傷めない身体づくりのために、絶対に必要なことです。

体調が悪くなると、どうしても、悩みが増えるような出来事に遭遇します。

不安だらけ、未来が見えない、人間関係等にも影響して行きます。

息を吸い続けてしまい、息を吐けないまま、体が膨張している状態が続きます。

吸い込んでしまった息は邪気となって、体内に蓄積されてしまいます。

息を吐き出すことが出来ない、浅い呼吸を続けていると、精神的にも余裕がなくなり、感情的な言動を取ってしまうことになりかねません。

悩みがあっても、その環境から遠ざかることや、旅行に行くことで、ネガティブな事を考えない場所に行くことで、綺麗な空気を吸うことが出来れば越したことはありませんが、現実的には難しいこともあるでしょう。

だからこそ、呼吸を整えることを習慣化することで、プラス思考へと変わることが出来ます。

呼吸の変化とともに、質の良い食事、質の良い環境、質の良い人間関係、そして、サイキック能力さえも開花することが出来るようになれるため、多くの成功者は呼吸法から学び、さらに、瞑想を日課に取り入れることで、宇宙と繋がることで、人生が良くなることを実感できるようになれることでしょう。

どんなに健康知識を学ぶよりも、多くの健康法を実践するよりも、その感覚を知る事が出来、直ぐに使える方法が「呼吸」なのです。

肉体的なメリットだけでなく、意識的にも改善でき、幸運を呼び寄せて、ツキを高めて幸運体質を持続させて下さい。

ありがとうございます。

canstockphoto15058598.jpg

思考があなたの運命を支配しているcanstockphoto5193932

あなたの家族、あなたの友人、会社の上司や同僚達も、歳を重ねています。

 

歳を取ったことが分かるのは、やはり、肉体の衰えではないでしょうか?

 

日々の生活で一緒にいる家族の変化や頻繁に会う友人の変化はそれほど感じないときがありますが、急に、その人がとても綺麗に変身したり、その反対に数十年ぶりの同窓会で再会したときに、昔はクラスの中で美人だったのに、周りの同級生も「あの人だれ?」と、気づいて貰えない存在になっている人もいます。

 

良い人相に変わっていれば良いのですが、眉間に皺を寄せて、怖い顔になっていたり、笑顔が見られない人相になっている場合は、会わないでいた間に、その人の人相を変える出来事が訪れた可能性があります。

 

私事で申し訳ありませんが、ここ最近、数十年ぶりに再会した人が数人います。

 

体重も増加し、髪の毛も薄くなり、皺も増えましたが、「昔と変わらないね」と、言われることがあります。

 

私自身は思い切り変わったと思っていますが、周りの印象は「変わらない」との事で、それは思考がある程度、平穏でいられるからだと思います。

 

若い頃の方が、色々な意味でのストレスで息を吐くだけでも辛い時期もありました。

 

その頃と比べると、周りの人々にも恵まれて、さらに、太陽の恵み、植物、ハーブ、良質な塩等を身体に取り入れることが出来ているからだと思います。

canstockphoto25323727

睡眠療法で有名なエドガー・ケイシーもこのように言っています。

 

『美しさは内から湧き出るもので、外面の造作のことではない。見た目の美しさはやがて色あせる。しかし、命の美しさ、人間の美しさは、その人間性を通して光り輝き、決して色あせることのない美を与え続ける・・・。外見や顔かたちを整えようとする前に、人は自分の理想を整えなければならない。魂の奥底が輝き出すならば、外見の美しさは自然に現れるのだから・・・。』

 

誰もが、例外なく、魂がキラキラしている魅力的な顔に私たちは惹かれます。

 

それは当たりまえのことだと思っている方もいらっしゃるでしょう?

 

そんな魅力的な顔はどうやって作られるのでしょうか?

 

それは、「人相」です。

canstockphoto31573909.jpg

 

顔全体ではなく、「顔つき」が、年齢を重ねると変化して行きます。

 

顔というものは、努力をしてきた人の顔には品格が生まれます。

 

その人相、顔つきはどのように変化して行くのでしょうか?

 

その答えは、「思考」つまり、「脳」が、顔つきを変えているのです。

 

魅力的な顔つきになるには、どうすれば良いのでしょうか?

 

それは、「脳=思考」を明るくすることです。

 

簡単なことなのですが、心のクセは自分で自分の事を知り、そして、前向きに努力し続けることです。

 

「ローマは一日にしてならず」と、いう諺がありますが、思考も変えようと思っても、同じようなクセが戻って来ることがあります。

 

もしも、あなたがこれから婚活や自然な出会いによって幸せな結婚をしたいと願うのであれば、運を呼び込む顔を作るためにも、自分の顔をよく見て下さい。

 

男女、関係なくして、鏡を見て下さい。

 

例えば、誰かと初対面で会った時、私たちは第一印象や直感で相手を判断します。

 

この判断は、知らずして知識の中に、観相をしています。

 

出会いの中にあなたに縁のある人を見分けることで、あなたの「運」が変わります。

 

しかし、人の顔は観察出来ますが、自分の顔は見ていない人が多いのです。

 

女性であれば、すっぴんの顔は寝る前の歯磨きした時ぐらいという人もいらっしゃるでしょう。

 

ですから、鏡をみることは重要です。

 

自分大好きな人は、鏡を見る機会が他の人よりも多いでしょう。

 

歳を重ねた人の皺を「人生の年輪が刻まれた」などと言うことがありますが、若い人も同じように、その顔には、それまで生きた歴史が刻まれています。

 

観相師が見れば、その人の生まれた性格や、どんな風に育ち、どんな考え方をするのか、知性や感性、力量、それまでの失敗や成功、さらには、どんな恋愛をして来たのかまでも、顔というキャンバスに描かれています。

 

人の顔には、その人の情報が詰まっています。

 

観相学は占いではありません。

daruma3

 

仏教僧で中国禅宗の開祖である、達磨大師が「人相のもとは脳にある」とする研究をして、中国、朝鮮の皇帝へと受け継がれて行きました。

 

「達磨さんが転んだ」というフレーズは知っている人は少なくないでしょう。

 

でも、達磨大師とはどんな人?と思う人もいらっしゃると思いますので、簡単に説明します。

 

達磨大師は、インドで若くして悟り、伝道師として中国に渡りました。

 

しかし、命がけでシルクロードを越えて、中国に行きましたが、当時の中国な戦の真っ只中で、誰も達磨大師の仏教の教えに耳を傾けてくれませんでした。

 

その後、長い間、9年間、壁に向かい瞑想をし続けました。

 

その時に、人の顔はみんな違うことに気づきました。

 

同じ顔の人はいないこと、そして、性格や職業によって共通点を見つけ、さらには、吉凶を表わす顔の分類までにも到達しました。

 

生まれた子供は親から引き継いだ顔形だけではなく、その人の育ちや学んだことが、顔を作り上げているということに至りました。

 

達磨大師は混沌とした中で、不安に怯える人達に「あなたの運勢をみて差し上げましょう」と、人の顔から運勢を見る事を始めました。

 

ちなみに、日本の禅宗を広めた人は、道元師です。

 

禅宗は座って悟というイメージを持たれるのは、達磨大師が長い瞑想の時間をきっかけに生まれたのが禅だからです。

 

座ること(座禅)により頭を空っぽにし、顔を治すという座禅の教祖でもありました。

 

その達磨大師は、1人ひとりの思考の中にある考え方によって顔は描かれていること、そして、それは変化すること、それは、まさしく「思考こそが、顔つきを変える」ことを意味しています。

 

中国の皇帝などが、庶民に教えなかったのは、先祖は七代まで遡ると考えていたからです。

 

近年の遺伝子行動学でも、遺伝子の影響は七代まで遡ることが研究にて証明されています。

 

1500年以上前に、顕微鏡や医学も発展していなかった時代の達磨大師がすでに発見されていたことには驚かされます。

 

その思考が出来るまでには、段階があります。

 

3歳、10歳、20歳という、3回の節目があります。

 

canstockphoto34109429.jpg

 

日本では表現される「三つ子の魂百まで」という諺があります。

 

意味としては、《幼い頃の性格は、年をとっても変わらないということ。》

 

3歳で自我が生まれ、10歳で大脳ができあがり、20歳で人間の成長期が完了し、成人になり、大人として生きて行きます。

 

顔の素材を見る前に、その人を見た時に、明るい印象を受けるか、暗い印象を受けるか、どちらかになります。

 

ですから、もしも、運を良くしたいと願うのであれば、この印象さえ変えてしまえば、明るい印象を齎すことが出来れば、あなたには運が良くなる兆候があるということです。

 

もう少し、はっきりと運気を上げたいと願うのであれば、目と眉を変えることです。

 

特に女性は、お化粧で印象を明るくすることが出来ます。

 

人によっては、眉をそり落としている人がいますが、眉は観相学の中で大事な部分ですので、剃り落としてしまうと、後々、運気が下降する時期が出て来ます。

 

描き足すぐらいの方が、運気を上げることが出来ます。

 

観相学では、メディアで騒ぐ美人であっても、逆に、運勢としては、苦労するという人相があります。

 

人の造作は数ミリほどしか変わりません。

 

微妙な違いだけで、人の顔の印象が変わります。

 

特に、婚活を頑張る人は、眉は顔の中で印象を大きく変えるパーツであり、眉を変えるだけで運命さえも変えられると言えるほど、重要視します。

 

人の顔には、良い運の顔だけの相とか、悪い運の顔だけの相といった偏った例はありません。

 

必ず、その人の人相には、良い面と悪い面の両方を備えています。

 

人生の運気は5つの運気が主流となります。

 

目と眉を見ただけでも、その人のそれぞれの形によって、性格、財運、愛情運、仕事運、健康運、人気運が分かります。

 

良い面は強調し、悪い面はカバーして行くことで、必ず運は好転して行きます。

 

中年以降は、あなたの持っている運が必ず、顔に現れます。

 

特に、人生の重要な曲がり角に差し掛かる時や、大きな運、不運が訪れようとしているときは、必ず、顔に変化があります。

 

いつも、申し上げていますが、その顔を作る素である思考はプラス思考であり、環境、人間関係、食べる食材、身に着けるパワーストーンも大事です。

 

常日頃から、良い思考・想念を持ち、顔つきを明るく心がければ、そうすれば、運を呼び込む顔を出すことが出来るでしょう。

 

さらに、幸運体質を維持するためには、ご自身の運だけを考えるのではなく、人を思いやる心も大切です。

 

「運」は、謙虚に自分を見つめ、常に、感謝をする者に与えられるということを忘れないで下さい。

 

ありがとうございます。

canstockphoto23769729.jpg

↑このページのトップヘ