5


こんにちは!

 

いつもありがとうございます。

 

ありがとうございます。

 

波乱に満ちた2020年も終わりに近づいて来ました。

 

新型コロナウィルスによって、大きく人生が変わった人もそうでない人も、これから始まる新しい時代をより高い波動とともに歩んで行きましょう。

 

さて、「歴史は繰り返す」という言葉がありますが、なぜ歴史は「繰り返す」のでしょうか?

 

どういう仕組みで歴史はリピートして行っているのでしょうか?

 

ファッショントレンドなどを見ると、過去に流行ったものが少し形を変えてリバイバルして行きます。

 

その原型となる要素は、星の運行を知る事により解き明かすことが出来ます。

 

こちらパフォスも本格的に、寒くなって来ていますが、日課の1つでもあるウォーキングを続けています。

 

ウォーキングに出かける前に、スマホの天気予報アプリを見ると、降水量は0%、曇りとだけあり、時間帯も明日まで雨が降らないと表示されていたりします。

 

しかし、海辺に行くと、どうみても、雨が降りそうな気配がするので、いちを傘を持ってウォーキングすることがあります。

 

昨夜も雨は降らないとアプリでは表示されていましたが、黒い雲で星が見えないので、雨が降る可能性もあるので、傘を持って歩いていると、凄い勢いで雨が降って来ました。

 

やはり人間の直感の方がその場での空を見て、天候が分かるという意味では正しいのではないでしょうか?

 

話は星に戻りますが、星の運行を知れば、時代の流れが理解出来ます。

 

四季のある国であれば、春から冬が来て、冬が終われば、また、春がやってくる春夏秋冬のように、宇宙にも同じようなサイクルがあります。

 

そのサイクルは時間が掛かるものが多いため、生きている間に体感することが出来る人は稀だったりします。

 

東洋の五行、西洋の四元素論では、この世には4つ、5つの大元と言えるものがあります。

 

東洋五行では、「木・火・土・金・水」にて、西洋の四元素論では、「火・土・風・水」であり、1つの時代を1つの要素が源になっており、それが終わると次の要素へと移行して行きます。

 

春夏秋冬の4つの季節が変化して行くように、地球・動植物、人間、すべてがこのサイクルを持っています。


canstockphoto17919399

 

カバラの占星術手法の1つのゲマトリアによると、5つのエレメントは「水・地・火・風・空」と表現されいます。

 

水ー受動性、情熱的、物質的、女性的、事業家的な性質

地ー能動的、理知的、精神的、男性的、芸術家的な性質

火ー中性、革新的、創造的、冒険家的な性質

風ー霊性、宗教的、神秘的、宗教家的な性質

空ー個性的、自立的、権威的、孤高の政治家的な性質

 

西洋占星術や十二支占いでは、12年というサイクルが1つのセットとして、10セットを掛け合わせて12X10=120年というのが人間の本来の寿命となり、その折り返し点を還暦(60歳)と言います。

 

近年、誰かに年齢を訊ねた後、「干支は子(ね)ですね。」と思う人は少なくなって来ていると思います。

 

私たちは生命の誕生と同時に、大気の影響を受けて生活を続けています。

 

ですから、どの占いでも、この自然界や天体には、一定のリズムがあることを理解しています。

 

私たちがどのような時に生まれ、どのような特質を持っているのか?

 

また、どうすれば自分の特質を生かすことが出来るのか?

 

古代東洋でも、木星が太陽の周りを12年掛けて一周することを知りました。

 

それから、地球の一年は12か月として、季節として、月日、時間にあてはめられて来ています。

 

本来は万物の成長する順に12段階に配れたようですが、古代中国では、この十二区を分かり易く、覚えやすくするために、動物の名称を付けたのが、十二支の始まりです。

 

多くのスピリチュアリストたちが、「風の時代」と言っているのは、西洋占星術の方であり、200~240年に一度、四元素論であり、変化していることを現わしています。

 

20201222日から、その「風の時代」になります。


canstockphoto5066586

 

その前に、簡単にそれぞれの歴史を辿ってみましょう。

 

土の時代は1802年~2020年には、王政体制や幕府体制などが終わりました。その後は、資産家、土地や不動産などを沢山持つ人達が世界の中心であり、牛耳っており、今に至ります。

 

日本では、火の時代の象徴である、徳川幕府が1600年頃から、土の時代に突入するまで続きました。

 

アメリカやオーストラリア、カナダへ、英国人やアイルランド人が新しい移住地を求めて移動しました。

 

1776年には、アメリカは英国より独立し、1つの国家として認められた後には、欧州から多くの人々が新しい新興国を目指して移住しています。

 

火の時代の末期を象徴しています。

 

歴史上の風の時代から、これからの風の時代をひも解いて行きます。

 

水・土・風・水の4つのエレメントが一周するのに掛かる年数は800年~900年になります。

 

200年~240年周期ですから、紀元前460年~紀元前220年頃の風の時代は、ギリシャや中国が栄えた時代です。

 

2000年後経った今でも、この時代の思想家や哲学者、数学者などの影響を受けています。

 

特に、この時代のギリシャには、アレクサンドロス大王が活躍していたときは、メソポタミア、エジプト、インドの一部に勢力圏を広げて行きました。

 

中国でも、秦の皇帝が中国を統一しました。

 

その次の風の時代は、390年頃~630年頃は、ゲルマン民族の移動が200年以上続きました。

 

この時代は紛争、移動、国と国との統合が多くありました。

 

特に、中央、西ヨーロッパを中心に多くの民族が滅したりすることもありました。

 

移動したりする原因は、人口が爆発、疫病、高齢人口の増加、気候変動などによるものでした。

 

どこか私たちが直面している問題と似ていると思うのは気のせいでしょうか?

 

日本では538年(日本書記では552年)に仏教が到来しました。

 

欧州では、キリスト教が拡散しました。

 

また、西アジアのメッカでは、ムハンマドが生まれ、のちに天啓を受けてイスラム教を開きました。

 

前回の風の時代は1180年~1350年頃になります。

 

日本の歴史を学ぶときの語呂合わせで、「良い国作ろう、鎌倉幕府」と言って覚えた人も多いでしょう。

 

1192年、鎌倉幕府が成立したことになります。

 

しかし、近年では、1185年として教えているらしいです。

 

ですから、今では、「良い箱(1185)作ろう、鎌倉幕府」と変わっているようです。

 

そうなると、風の時代の影響による、鎌倉幕府はあなたにどのように映りますか?

 

世界では、オスマントルコの建国、モンゴル帝国が目立つ時代でした。

 

騎馬民族が領土の拡大があったという意味では、紀元前のギリシャ、中国(秦)が領土を拡大していた時代と重なります。

 

文化的・宗教的・思想的な領域においても、多くの著名人を生んだ時代でもあり、宗教の創始者達、文学や芸術の教祖たちがこの世に多く誕生した時代でした。

 

では、これからの風の時代はどうなるでしょうか?

 

今回の風の時代は水瓶座の時代と重なり、20201222日~240年続くことになります。

 

私も含めて、この世にはいないでしょうが、2260年までの間、風の時代が続くことになります。

 

土の時代と魚座の時代とは異なる為、土地の拡大という意味での紛争は永遠に続かないでしょうが、もちろん、今現在、世界で繰り広げられている領土問題などで権力を握ろうとしている前回の風の時代で一世風靡した国は直ぐには諦めないでしょう。

 

日本の鎌倉時代は新仏教の開祖が多く登場しました。念仏を唱えることを説く浄土宗、座禅により悟りを開くことを説く宗派、題目を唱えることを説く宗派の影響は私たちは今でも受けています。


canstockphoto8209509

 

1960年代頃から始まった「LOVE&PEACE」ですが、今後は形を変えて、宗教、スピリチュアル、目に見えない精神世界に興味を持つ人がさらに増えることは確実でしょう。

 

しかし、土の時代のような仏閣や教会に行くだけでは幸せになれないということを気づいている人達は、日頃から、瞑想をしたり、波動の高い言霊を唱えたり、悟りを開くことで、森羅万象を理解することが出来ることを前提として行くことになるでしょう。自分のこころの中に宇宙を秘めた生き方を目指して進化して行くことになるでしょう。

 

見えない波動の高い音を聴いたり、天体や星を見たり、宇宙の英知と共に生き方は心はアナログで、生活はデジタル的な生き方になるでしょう。

 

しかし、デジタル化が進めば進むだけ、ついていけない状態になる人も増えることでしょうが、最終的には、科学と宗教が一体化することになるでしょう。

 

キリスト教だ、イスラム教だ、仏教だと言っているものを越える時代が来ることでしょう。

 

地球も進化し続けている最中です。

 

地球に住むすべての人がこれからの時代、「WHO I AM?」「エゴ=I(ギリシャ語で私)」もう、華やかなで贅沢を他人に強調するのではなく、少なく持っていても、こころは幸せである人の方が、これからの風の世界では、生まれる前に自分自身に約束した使命を果たすことが出来ることでしょう。


element-woman

 

今までのような大勢で自分を自慢するような場所に集まることはこれからの時代は少なくなります。

 

集まらなくても、波動は国を越えて、あなたと同じ感性を持つ人と繋がることになるでしょう。

 

このゴールデンタイムに約束した、世界に散らばる同士(ソウルメイト)と繋がり、お互いに尊敬し、助け合うことを設定している魂達とともに、自分(エゴ=私=I)を表現して行く場所を見つけることで、愛と調和を感じながら、ニューエイジを満喫して行くことが出来るでしょう。

 

他人に支配されていた時代から開放されることになることは素晴らしいことです。  

 

デジタルとリアルな両方と繋がりながら、居心地の良い場所を求めて生活して行けることでしょう。

 

時代の流れをせき止めることは不可能なのであれば、どこにいても楽しめる思考を持つことで、悩みも減ることでしょう。

 

最後に、これから先は人付き合いがガラリと変化しています。

 

お義理で付き合っていた人達とは波動が合わないと思えば、どんどん、人間関係の断捨離をして行くと心がスッキリして行く事でしょう。

 

無理して付き合わなくても良い時代になって行きます。

 

その無駄な時間を活かして、知識・知恵・情報を得る勉強をして行きましょう。

 

脳を活性化させることで、閃きやアイデアが浮かんで来ることでしょう。

 

もしも、あなたが今、苦しいと思うことがあるのであれば、人間関係をリセットしてみてはいかがですか?

 

きっと、気持ちが晴れやかになれることでしょう。

 

土の時代の最後の記事になります。

 

風の時代の扉が開きましたら、スキップしながら、通過して行きましょう。

 

ありがとうございます。

 

女神アフロディーテが生まれた国より愛を込めて

 

国際占い師カズコ


 

 

 

こんにちは!

いつもありがとうございます。

ありがとうございます。

kaz-2021-mail-33


【運勢に沿った生き方で開運出来る】

2020年は強制的に新型ウィルスが世界中に拡散したことで、第一のアセンションが始まりました。

様々な形で最低7回は魂を揺さぶられ続けられることになりそうです。

どんな人にもこの意識変化は訪れます。

今後も加速してアセンションが継続して行きます。

運気が悪い時期に無理して移動したり、何か新しいことを始めると、この時代は足を掬われてしまうことになるかも知れません。

天の変化、地球の変化とともに、あなたもこの地球で生き続けて行く一員として、運勢、宿命通りに生きるのがベストではあるものの、自分の思い通りには生きれないというジレンマが生まれて来ます。

特に、コロナ禍で苦悩の種が増えた人もいれば、アセンションで魂が次元上昇した人は、不安も最小限に抑えれることでしょう。

しかし、どのような運勢を知らない場合は、天気予報を知らないまま、遠出している間に、天候が変わり、立ち往生してしまうことになることもあります。

人生で言えば、無理矢理、ジグソーパズルの一部をどこに持って行けば分からないため、押し込んでしまったことによるストレスで、何かしらのマイナスの影響が運勢が悪い時期に重なることがあります。

もしも、あなたがより豊かな人生、より理想的な人生を歩むためにも、一度に何もかも行うとするのではなく、自分のペースを保ちながら、こころと魂の階段を一歩ずつ、上がって行くことが肝心です。

そして、アフターアセンションになったときも、まだ間に合います。


fantasy1


それは、「徳」を磨くことです。

徳を磨くと聞くと特別なことをしなくてはいけないと思うことでしょうが、それほど難しくありません。

1つは、あなたが生まれた家系による道徳を理解することです。

2つは、社会的から学ぶことです。

3つは、赦すことと、感謝することです。

そして、忍耐もまた徳積みのひとつです。

特に、「忍耐」という言葉を聞いて、拒否反応を示した人ほど、これから先は、この忍耐が幸運の鍵となることでしょう。

そして、あなたが幸運体質を継続できることを心から求めているのであれば、自尊心と見栄の違いを理解し、人格を上げることです。

そうすることで、運気が悪いときも、良い時も、明るく、幸せを感じるとることが出来ることでしょう。

2021年は干支では、丑年になります。

干支は動物が大きいほど運勢が良いと言われています。

2020年は干支の中でも、一番、小さい動物のネズミでした。

12年前の2008年9月は、リーマンショックが起きました。

その前のネズミ年は、1996年でバブル崩壊でした。

「機を知るは、それ神なり」という言葉あります。

世の中の人が不安に思うことで、世の中が貧しくなると、攻撃本能が強くなる人が増えます。

良いエネルギーを受け取ることが出来れば、積極的でやる気が湧いて来る人も増えます。

その反対に、闘争、諍い、戦争などが始まることもあります。

このような時期こそ、勉強することです。

こころの時代だからこそ、こころを豊かにしてくれることを学ぶと運気が上がります。

こころの錬れていない人の成功は、それは束の間の成功でしかなく、足元を掬われて、やがては消えていく運命にあります。

他人を傷つけたり、迷惑を掛けたりするという行為は、攻撃的な感情からですから、こころが落ち着きません。

ものごとの善し悪しを考えずに、すぐさま行動に移すこともその動機が人との関係に影響が及びます。

だからこそ、心の次元を忘れずに、あなたにとっても、周りの人にとっても、また、これから繋がる可能性の未知の人にとっても、良い影響を与え続けて下さい。

2021年がより深くあなた自身を知る機会に恵まれますようにお祈り致します。

多謝

ありがとうございます。

カズコ

canstockphoto17092455

【国際占い師カズコの2021年の運勢メールキャンペーン】

11月6日より、受け付け開始予定でおります。

パソコン用フォームURL


スマホ用フォームURL


詳細ページサイト


※フォーム等で何か不備がありましたら、ご連絡下さい。




canstockphoto33397306.jpg

2020年の干支のねずみ年は多くの人々の人生観を変えた年と言えます。

多くのスピリチュアル系の方々が声を揃えて、「二極化」「アセンション」と言うワードをここ最近は目にすることが多くなりました。

私の場合は、1990年代から、同じ事を言い続けています。

霊的な二極化が進み、アセンションゲートが完全に閉まるのは2021年12月21日と言われています。

閉まってしまう前にはどうすれば良いのかと、パニックになっている方も少なくないでしょう。

アセンションゲートが閉まる前に、「どうすれば、そのアセンションを乗り越えることが出来るのか?」と、いう質問が多くあったので、克服方法をお伝えしたいと思います。

その前に、なぜ、この二極化という言葉がここ最近、多くのスピリチュアル系の人の間で使われるようになったのか、その経緯が分かれば、将来に起こる可能性がある現象に対して、心の準備、さらには、生き方を変えることが出来れば、なぜ、あなたがこの世に生まれ変わったことを理解出来る事でしょう。

もう20年以上前から、私はこの二極化という言葉ではなく、常々、「光の子」と「獣」という言葉を使っていました。

「光の子」は霊的進化を遂げている魂であり、「獣」というのは、物質的なモノを他人から奪い取ったり、自己中心的な振る舞いをしている魂です。

自己中心的な魂を持っている人は、次元上昇のときに、天界から光が差し伸べられたときに、魂がこの世的な生き方なために、波動が低いために、昇ることが出来ません。

また、このアセンションゲートを通過するには、人間には目に見えない印(パスポート)のようなモノを事前に受け取っておく必要があります。

すでに、刻まれている魂の人もいれば、まだの人もいます。

地球という天体は破滅することはありませんが、今後は、「最後の審判」が訪れることは確実になるかも知れません。

悪い意味と捉えるか、いい意味と捉えるかは、あなたの心の状態次第です。

アフターコロナによって、「命はお金では買えない」「家族との絆」「ライフワーク」「ボランティア精神」を意識する人も増えたと思います。

これからの時代に、あなたが出来ることは何なのか?

加速している情報社会の中で、嘘や誇張した情報に惑わされないで、真意を見極めるにはどうすれば良いのか?

波動が高い人は、すでに、目を覚ましているため、自分の言動に責任を持っていることでしょう。

また、加速して、個人の時代に突入しています。

情報はシェア出来ますが、意識や感性は自分自身の魂が求めている方向へと向かって行くことになります。

古い意識を持つ地球の周波数から新しいエネルギーへと移行して行っています。

redgirl.jpg

今は、破壊と再生の時期です。

5次元の周波数へと移行して行くことが出来れば、あなたの魂は地上に生きながら進化していることになります。

本来のあなた自身が求めていた、この世での生き方が分かることでしょう。

2025年の冬至までには、これからも地球で多くの天変地異やあり得ないと思えるような出来事が起こることになります。

新約聖書の最後に収められた「ヨハネの黙示録」という説があります。

啓示を受け取ったヨハネはパトモス島に住んでいました。

預言者ヨハネが紀元90年~95年頃に、ヨハネが見た、七つの角と七つの目を持つ子羊が現われて、将来に起こるとされる様々な出来事をヨハネに見せました。

子羊はまず、ヨハネに巻物を渡し、次々にその封印を解いていました。

巻物をほどくたびに飢饉や死、殉教者の血の復讐、天変地異などが解き放たれて行くことになります。

そして、第七の封印が解き放たれると、ついに、七人の天使が順にラッパを吹き鳴らし、最後の審判のときがきたことを宣言することになります。

それは、人類に降りかかる災厄の始まりの合図でもある。と、預言されています。



・第一のラッパでは、血の混じった雹と火が地上に降り注ぎ、地上と木々の三分の一が焼ける。

・第二のラッパでは、燃える山が海に投げ込まれ、海の三分の一が血に変わり、海の生物の三分の一が死ぬ。

・第三のラッパでは、燃える星が落ちて、川の三分の一が苦くなり、多くの人が死ぬ。

・第四のラッパでは、太陽、月、星の三分の一が失われ、地上は暗くなる。

・第五のラッパでは、底なしの暗い淵から現れたイナゴが、五カ月の間、額に神の刻印がない人を襲う。

・第六のラッパでは、人間の三分の一を殺す四人の天使が解放される。

そして、さらに多くの人が死ぬ。

・第七のラッパが鳴り響くと、天の神殿が開かれ、契約の箱が見える。と、同時に稲妻、騒音、雷、地震が起こり、大粒の雹が降って来る。

そんなときに現れるのが、「666」の数字を持つ獣です。

悍ましく世界を汚して回りますが、神の怒りは頂点に達します。

七人の天使は、神から授かった、怒りに満ちた七つの鉢を、地上にぶちまけ、そして、地上のありとあらゆるものを殺戮し、悪とともに地上の生きとし生けるものを消しつくします。

その後、神の国に入れる人、入れない人と選択されて行きます。(この預言の意味がアセンションゲートでしょう)

それが、この時期であり、新しい天が生まれ、新しい地上が生まれて行きます。

2000年近く前に預言者ヨハネによってのお告げですが、「地の時代」での時代は、キリスト教たちに対する迫害も過酷だったため、信者らはキリストの〈神〉を信仰することによって得られる、強烈な救いを求めていたことは確かでしょう。

しかし、ヨハネの預言も含め、旧約聖書の「ノアの方舟」も似たような預言をしています。

このような出来事がある意味、今年はあらゆる場所に起きていることは確かでしょう。

しかし、息が途絶えるまで、命を全うすることがあなたも私もこの世での学びの1つです。

Nebula.jpg

「心の時代」は、この地球に生きる者にとって、それは豊かな物質的な生活による満足ではなく、霊的に進化することです。

このアセンションを乗り越えるには、霊的進化が絶対に必要です。

そして、もっとも大事な学びは、「カルマの解消」です。

生まれ変わりは多くの人が信じるようになっていると思います。

マイナスのカルマを理解し、そのカルマの解消をこのスピリチュアル黄金時代に解消出来れば、あなたの魂は大きく進化することになるでしょう。

瞑想やヨガを通じて、沈黙が保てるときに「自分とは何者なのか?」「Who am I?」「エゴ イメ(ギリシャ語で私)」が内面から分かれば、この時代を喜びとともに生き抜くことが出来る事でしょう。

j4.jpg

個人のカルマが分かれば、次に国のカルマ、そして、地球のカルマを解いていくことになります。

個人のカルマを解かないと次に進むことが出来ません。

太陽の国である日本人は地球のカルマも背負っています。

だからこそ、この時期、最初に覚醒させるために、日本、日本人を揺さぶり続けて来ています。

この地球で起こることには偶然はひとつもありません。

すべて、必然的な出来事です。

進化を目指すのであれば、カルマの解消なくして、悟ることは出来ません。

重い鉄のような気持ちから開放されることで、波動を上げて行きましょう。

生まれたことに感謝し、日々の生活を修行だと思い、天命を果たして下さい。

出来るだけ、この世的な執着を早く脱ぎ去ることです。

明るい光があなたの側に訪れるまで、苦しくて胸が張り裂けるようなことがあるかも知れませんが、生まれ変わった意味を思い出し、凛とした気持ちで生きて下さい。

必ず、真の喜びを得ることが出来るでしょう。

ありがとうございます。

女神アフロディーテの生まれた国より愛を込めて

国際占い師カズコ

kazuranai33.png

↑このページのトップヘ