2010年03月

1269371587_DSC00058
こんにちは!
いつもありがとうございます。
ありがとうございます。
朝、日差しが暑くなるのを感じるときが到来しています。
日中は暑く、夜は少し肌寒い気候ですが、自然界の中に身を寄せると、普段よりもずっと気分が良いですね。
鳥の囀り、木が揺れる音、そよ風が通り越す音、海辺を歩くと、潮風が暖かく、ぽかぽかした日差しが、気持ちを明るくしてくれます。
道行く人達のお顔にも笑みが浮かび、大いなる力とコンタクトを出来る喜びが内面から湧きあげてくれます。
歩くとき、胸がときめきます。
お花が咲き乱れ、キャンバスの上に立っている錯覚さえも感じます。
その感覚が大いなる力の流れや強さが、私達の中を通って行くのを感じます。
大自然の中をテクテクと歩くことで、宇宙との繋がりを感じることが出来ると、生きてて良かったと思います。
この感覚は山や川、海などの、野外での方が感じやすいと思います。
そのような場所は、騒音なども無く、自然の中に身を置くことで、神さまからのプレゼントを頂くことが出来ます。
人間が作り出した物は、感情が伴いますから、私達の意識を混乱させ、本当に美しい物を美しく感じることを乱してしまうこともあります。
自然界に出かけて、静かに呼吸を整えることで、突然、宇宙の存在と繋がることで、大きな喜びを感じることが出来るでしょう。
偉大な力は、ただそこにいます。時間を超越しながら、いつも身近な場所にいます。
その偉大な力に素晴らしいことをして貰うためにも、自分自身の意識を内なるエネルギーに調整して、心を開き、受け入れることで、自然界からパワーを貰い、癒され、新しい扉を開く勇気を貰うことが出来るでしょう。
パワースポットに近づくと、元気が貰えます。
魂が活性化され、深い過去世の記憶を思い出すことも出来る場所もあるほどです。
家の中に居ても、パワースポットを感じることは出来ません。
もしも、どうやって自分自身のパワースポットを探せるかとなると、今まで行って見たかったけど、行けなかった場所、何とな
く惹かれる場所、本能に従って歩いている間に、素敵な出会い、悩んでいたことが癒されて、歩き始める前よりもずっと良い気分になれるでしょう。
前回のブログの写真で大きなオリーブの木に手を触れていますが、自然界に出かけたときに、木を抱くとさらに、宇宙からのエネルギーを感じることが出来ることでしょう。
そして、大きく深呼吸をして、邪気を吐き出し、胸一杯に自然の喜びの空気を吸い込み、喜びを感じ、その気持ちを脳にインプットしておいて下さい。
普段の生活でちょっと、辛いことがあったり、寂しさを感じたり、弱音を吐きそうになったら、木を抱いたときの感触、そのときに見た光景を思い出して下さい。
私が好きな光景に、サントリニー島の白い教会、真っ青なエーゲ海、そして、ロバ、夕日を思い浮かべることで、爽やかな気持ちになります。
もしも、訪ねたい場所がある場合は、葉書などを眺め、訪ねた気分になることで、癒されたり、勇気が湧いて来りすることもあります。
素敵な気持ちで新しい春を迎えましょう。
ありがとうございます。

1269371587_DSC00124

こんにちは!
いつもありがとうございます。
ありがとうございます。
春の訪れとともに咲き乱れる花たちを見渡すと、心が躍ります。
名もない雑草の花たちが放つ甘い香りは高級な花たちよりも心を癒してくれるときもあります。
ここキプロスは桜はありませんが、桜の花に似たアーモンドの花、桃の花、菜の花は美しく咲き誇り、その美しさは心を穏やかにしてくれます。
さて、悩みが全くない人は稀でしょう。
欲にとらわれることなく、何事にも執着せず、生きている人は確実にこの世での使命を達成できることでしょう。
農耕民族の血を引く私達日本人は、土地を耕し、自然の恵みを受けながら生きて来ています。
農耕民族は生まれてから死ぬまで、同じ土地、同じ仲間、同じような単調な生活を繰り返し、子孫を残し、自然界からの贈り物が届く日まで待つ心を持っていた民族でしょう。
落ちた木の実を食べ、その種を蒔き、雑草を探し森に行き、季節ごとのたけのこや、つくしを収穫して食していたことでしょう。
そうすることで他人の物を奪うことなく、争いもほとんどなく、農耕民族の特有な穏やかな生活を送ることで、他者にも親切にしようと思うこころが芽生え、自然の中に自分の身を置くことで、自然の声に耳を澄ませ、自然と自分とを同化させることで、その中から、やるべきことが見えてくることでしょう。
今の時代は便利になり過ぎました。
便利になり過ぎると、仕事や人間関係において、何か上手く行かないときにも、早く解決をしようと躍起になり過ぎるために、事を悪化させることもあります。
人の心変わりも急速化しています。
農耕民族だった私達はどこかしら、この世の物事が変わらないものだと考えるところから、迷いや苦しみが深くなり、悩みを生んでいるときもあるでしょう。
自分自身が持っている持ち物、また、自分自身の環境でさえも、変化することなく、変わらないで欲しいと無意識に期待しているときもあると思います。
だからこそ、信じていた人、愛していた人に裏切られたときに、大きく動揺してしまい、すべてが停止してしまう様に思ってしまうことでしょう。
無意識の期待は同時に他力本願でもあるでしょう。
目に見えない霊界の人が私を常に守ってくれているという過剰意識を持った人のように、夫婦でも、家族でも、常に家の人に限ってそんなことはない、私の子に限ってそんなことはしないと思う期待感が大きい人ほど、変化を恐れていることでしょう。
本当に自分自身が幸せになりたいと思うのであれば、周りの人たちも幸せになってもらい、他者に尽くすことで、自分自身を理解し、自らの幸福を築き、自分だけの知識や考え方に固執せず、執着せず、人の為に何かが出来たら良いと願うことで、あなたのこころにも変化が訪れることでしょう。

春の桜の花のつぼみが咲き誇るように、あなたのこころも変わって行くことで、自分らしい生き方を見つけ出すことが出来ることでしょう。
人のために尽くす。
この考えを忘れなければ、心地良く生きれることでしょう。

ありがとうございます。

1267524597_sakura

↑このページのトップヘ