2017年05月



この地球にあるほぼすべての環境はかなりの範囲で汚染されていると言っても、過言ではないでしょう。

汚染問題にて、もっとも深刻な問題は水質汚染と大気汚染でしょう。

私たちの体内に直接入る食物は汚染された水と大気によって、毒素を吸収し、また、化学肥料や農薬によって、毒素が凝縮されています。

長寿を誇る日本ですが、戦前に生まれた人達は体内に毒素を蓄積していなかった方たちは、長生きされていることでしょうが、高度成長時代を親に持った人達は、着色剤、保存剤付けで加工された食べ物も平行して食べていることでしょう。

それらは、自然の食物からかけ離れた物を口にしていることになります。

中でも、遺伝子組み換えされたホルモン剤が混ぜられたような食品はいくらその物自体には毒性のないものであったとしても、それを食べ続けたり、飲み続けて行く内に、毒素が体内に溜まり、毒素を排出される機能が低下して行くことで、病気を患ってしまうことになるかも知れません。

体内に溜まっている毒素をデトックスさせるためには、沢山の綺麗な水を飲むか、ハーブを取り入れた生活をすると良いでしょう。

一度は耳にしたことはあると思う単語ですが、デトックスとは何でしょうか?



『デトックス(detox)とは、体内に溜まった毒物を排出させることである。この呼び名は "detoxification"、解毒の短縮形である。つまり、(体内から毒素や老廃物を)取り除くことである。』と、辞書での説明があります。

デトックス効果のあるハーブは、オレガノ、カモミール、ジュニパーベリー、タンポポ、ハイビスカス、フェンネルなどがあります。

日頃から、デトックスを意識しながら、オーガニックの食品を摂取することをお薦め致します。

また、オリーブオイルは万能オイルでデトックスも出来ます。

特に、腸内デトックスをすると、体の怠さや肌荒れなども改善出来ます。

さらに、ダイエット効果もあります。

病気にならないためにも、食材は出来るだけシンプルな味付けで、古代ギリシャ人が食事していた食材を摂取することで、健康を保つことが出来るでしょう。

健康なのが一番ですが、生きているとあなたや身近な人が、病気になることもあるでしょう。

深刻な病気になったとき、そのとき、人は考えます。

「生きるとは?」「生命とは?何なのでしょうか?」「生きる意味」「生まれた意味」等と、思ったことはあるでしょう。

あなたの存在はあなたがこの世に存在する限り、「あなた」なのです。

「あなた」の反対語は「私」です。

ギリシャ語では「私」は「エゴ」と表現します。

つまり、私はアンディティであり、「私とは誰なのか?」を追求し続けることで、「悟」ことが出来ます。

よく私たちは自分の価値を他人の評価として「自分とはXXXである」と定めている人もいます。

また、ここ最近ではSNSが進化する中で、生活をしていると、友達の数でその人は人気者であるというタグ付けされている様子です。

学校や職場でさえも、キャラクター化し続け、「優等生」「普通」「冴えない」と言うような、イメージを作ってしまっていることで、カースト的な江戸時代の士農工商を生み出しているように見えます。

他人と比べて、自分は劣っていると思うことで、自分は「負け」ているという心理が根付くことで、本来、その人が持って生まれて来た才能を発揮する事が出来ず、委縮してしまいます。

しかし、その人が、生まれて来た意味を理解すれば、その人は自分の意思でこの世に生まれていることを知ることでしょう。

誰かに頼まれてこの世に生まれて来たのではなく、自分の意思でこの世に生まれて来ているのです。

それも、この「水瓶座の時代」に、生きています。

この水瓶座の時代は、すべての人々が平等で助け合う魂に近づけるように、霊性が上がるチャンスの時代に共存しているのです。

忘れてしまった「生まれて来る前」の記憶を思い出すために、あなたも私にも起こる出来事は偶然ではなく、必然的な出来事なのです。

その必然的な出来事を通して、「自分」を見つけることが出来ます。

本当のあなたが輝く瞬間こそが、あなたの本来持つ輝きを放す瞬間なのです。

ニューエイジの波に乗るためにも、「自分自身が変わる」ことを意識することです。

目には見えない所で、世界が変化し続けています。

東京オリンピックが終了した次の年ぐらいまでは、日本での変化は表面化しないまま、今の状態が続いているように見える事でしょう。

その後、大きな節目に差し掛かる事で、バベルの塔のような崩壊があるかも知れません。

しかし、そのプロセスも必然的なのです。

新しい時代を築くためには、一度、ゼロ地点に戻す必要があります。

このような事を告げると恐れる人もいるかも知れませんが、恐れることはありません。

恐れのエネルギーは人間が発する低いエネルギーです。

マイナスのエネルギーです。

ですから、「ありのまま」を受け入れることです。

低いエネルギーを意識していると、同じようなエネルギー同士と繋がります。

「思考は現実化する」ことが、多いのです。

特に、ネガティブな思考は現実化しやすいので、気を付けて下さい。

もしも、あなたがもっと幸せになりたいのであれば、高い波動を放して下さい。

もっと、多くの人々が高い波動を発することで、この地球は水瓶座の時代には、地上の楽園として変化して行くことになることでしょう。

その楽園を見る事は、21世紀では不可能でしょうが、それでも、今よりも霊性が高い人達が増えることになることでしょう。(※本来は、21世紀は地上の楽園になる予定でしたが、阻止している魂が妨げています。)

波動の高い人になるためにも、まずは、体内のデトックスを開始し、心身共に、綺麗な魂を保つことが出来れば、問題が起きても、より良い未来へ繋がる道を示してくれることが出来るでしょう。

高い波動を保つことで、より良い経験をして下さい。

あなたの意識の感性によって、経験する出来事が変化することを忘れないで下さい。

まずは、デトックス、そして、瞑想、祈りなど、あなたが出来ることから始めて下さい。

それが出来るのは、「あなた自身」なのです。

ありがとうございます。



【嗜好品で分かる、あなたの過去世!?】

過去世を覚えている人も存在します。

輪廻転生を繰り返しながら、魂の覚醒を望んで生まれ変わっています。

輪廻転生をしてもなかなか変化しないのは、「性格」です。

ですから、性格をより良く変化させるためにも、他の国に生まれ変わることで、過去世からの潜在意識を揺さぶることで、魂の向上を目指す人も少なくありません。

今回は気軽に誰でも、楽しめるスタイルで「スピリッツ診断」を作ってみました。

ただし、お酒関連なので、成人以上の方が限定になります。

英語でspiritsとは、蒸留酒の意味です。

代表的な蒸留酒には、ウォッカ・ジン・テキーラ・ラム・ウイスキー・ブランデー・焼酎などがあり、これらをスピリッツと言います。

Spiritの意味は、肉体・物質に対して人間の霊的な)心、(人体と離れた)霊魂、幽霊、亡霊、(神の)霊、神霊、神、聖霊、つまり、魂を意味が強いのでしょう。

日本の神道でも、お清めのお塩とお酒をお祀りする行事には使います。

神前結婚の際には、三三九度が行われます。

ご新郎ご新婦様は杯にお神酒を注いでもらいますが、お酒を注ぐときもお銚子を3度傾け、3度目で杯に注ぎます。

飲むときにも、1口目、2口目は口をつけるだけで、3口目に飲むのが一般的な作法です。

あなたは普段、リラックスしているときには、何を好んで飲んだり、食べたりしていますか?

また 「三三九度」には、 ご新郎ご新婦様が杯を交わすことに「契りを結ぶ」という意味があります。

お神酒を一つの器で共に飲むことにより、一生苦労を共にするという誓いを意味しています。

古代のエジプト、ギリシャ、中国などでも、お酒は宗教儀礼と結びついています。

古代ギリシャの神の中にも、豊穣とブドウ酒の神とされていたのが,バッカスでしょう。

エジプトのオリシス、日本では大国主命(おおくにぬし)など、いずれもお酒の神様で、農耕の神様と密接に結びついています。

古代の日本の豊作を願う神祭では、酒造りそのものが神事であり、造った酒を神様にお供えし、神の祀りを行った後は直会(なおらい)として、その酒を全員ですべて飲み干すまで祭りは続きます。

直会においては、すべての参加者全員がぐでんぐでんに酔っ払うことで、神様と人間が一体になり、さらに、人と人も一体化するとされてきました。

そのため、今でも、日本人の集団で集まり、祀りがあると、お酒をぐでんぐでんになるまで飲み続ける飲酒する傾向は、まさに、日本人のDNAの賜物なのでしょう。

※ぐでんぐでんとは、酒に酔って正体がなくなっているさま

最先端の科学技術が進化し続けていますが、それでも、多くの人々は、更地から家を建てるときなど、地鎮祭を行い、お酒で清めるという儀式が行われます。

カソリック教徒は、キリストの血と肉を象徴する、ぶどう酒とパンを通して、キリストの恩寵に祝福されるとされています。

他の宗教でも、お酒そのものが神聖なものとされ、お酒を飲むことで聖なるものとの結びつきが出来るとされています。

祖先崇拝の伝統を近年まで続けていた中国でも、祖先の霊を祀るときは、必ず、お酒を捧げたことも、古い記録書に残されています。

代表的なお酒9つの中で、どのお酒が好きですか?

1・ワイン

2・ウィスキー

3・日本酒

4・ビール

5・中国のお酒

6・焼酎・マッコリ

7・テキーラ・ジン

8・ウォッカ

9・ウーゾ

私は断然、ワイン派です。

葡萄が大好きで、子供の頃から、ブドウジュースが大好きです。

あと、梅酒が好きです。

ワインの歴史は古く、キプロスでは、4千年の歴史があるそうです。

最近は、美味しいキプロスワインを飲んでいます。

好きなワインの国はどこですか?

ヨーロッパでは、水替わりに昔は飲んでいたと言われるほど、ワインと言えば、フランスでしょう。

そのほか、ドイツ、スペイン、イタリアのワインも美味しいですね。

歴史はそれほど古くありませんが、オーストラリアワイン、チリワインは安くて美味しいですね。

南アフリカワインもシーフードと共に飲むと、ほっとしますね。

カリフォルニアワインもオーストラリアと同じぐらい歴史はありませんが、美味しいワインも少なくないですね。

さて、あなたの好きな国のワインはどこですか?

その国があなたの過去世と繋がることでしょう。

ウィスキーが好きな人は、スコットランド人、英国人だった可能性があります。

日本酒が大好きな人は、過去世でも日本人だったことでしょう。

ビールは多くの国で製造されていますが、やはり、代表的な国は、ドイツになるでしょう。

中国のお酒が気になる人は、過去世では、中国で生まれ変わっていたことでしょう。

焼酎、マッコリを好んで飲んでいる人は、朝鮮半島に生きていた時代からの名残でしょう。

テキーラと言えば、メキシコですが、もしかすると、メキシコに移住したスペイン人だった可能性があります。

ウォッカと言えば、ロシアのイメージがありますが、ポーランドや北欧でも製造されています。

ウォッカが好きな人は、ポーランド、スウェーデン、ノルウェーで生活していた可能性もあります。

ウーゾが好きな人も日本人でもいらっしゃる様子です。

東ローマ帝国ですでに製造されていたそうです。

14世紀にアトス山でツィプロを蒸留していた修道士がアニスの香りをつけたツィプロを作り出し、これがウーゾとなったそうです。

私はこのウーゾは苦手です。

それよりも、マスティハのお酒の方が好きです。

マスティハは紀元前600年頃から、ヒーリング効果を持つ自然食品として知られています。地中海東部の火山島「ヒオス島」にだけで見つかっているそうです。

とても、不思議です。日本でも栽培したいという人が、ギリシャのその島に行き、マスティハの苗を日本で植えたという話を聞きましたが、育たない様子です。

古代ギリシャ人、古代ローマ人、ビザンチン、ジェノバ、オスマンらが世界中に広め、正真正銘、地球規模の地中海産製品になったそうです。

ヒオス島のごく一部にだけ生息する木からマスティハは、長い伝統に則り、熟練した採取者の手により慎重に収穫され続けています。

ここまでは、お酒が飲める方の説明になりました。

全く、お酒が飲めない人は、中近東周辺に生まれ変わっている可能性があります。

また、葡萄ジュースが好きな人は、イスラエル人だった可能性があります。

お酒が嫌いで、コーヒーが好きな人は、南米に渡る前のスペイン人、または、ポルトガル人だったかも知れません。

お茶や紅茶が好きであれば、英国やインド、緑茶が好きであれば、日本人だったかも知れません。

甘い紅茶が好きであれば、エジプトで輪廻転生をしていた可能性があります。

お酒と共に召し上がる嗜好品から、あなたに影響を与えているその国の思考が魂の系譜として残っていることでしょう。

例えば、ビールとポテトが好き、そして、音楽もエンヤが好きだったり、ビールも黒ビールが好きであれば、もう、あなたはアイルランド人だった可能性があるでしょう。

また、スペインに行ったことがないのに、スペインのサングリアが好きだったり、モザイクが好きだったりする人は、スペイン人だったことでしょう。

きっと、性格的な部分も重なることでしょう。

ただし、過去世は過去世です。

現世では、日本人であったり、他の人種として生まれ変わっているのにも意味があります。

ここからは、スピリチュアルな話になります。

あなたが過去世で最後、死ぬ前に、過去世でやり残したことを無念に思い、時代を経て、今に至ることが少なくないです。

過去世でいつもあなたが思っていたことが、今のあなたの思考と繋がっています。

特に、死ぬ前に思った感情が、今のあなたの思考を左右しています。

過去世で果たせなかった事を想いながら、あの世に旅立っています。

愛する人に思いを伝えられず、病気や生き別れになってしまったことで、現世では、その人と必ず結婚して家族になれるようにと、願いを込めて生まれ変わっていることもあります。

また、奴隷のように扱われ、鎖で繋がれていたり、扱使われていたりして、自由がない過去世であった場合は、現世では、芸術家のような自由を好む自由人になり、世界を旅することが生きがいとして、生まれ変わっているかも知れません。

個々で死ぬ寸前のその人の想念は異なりますが、人の想念は過去、現在、未来にも繋がります。

大事なことは、いつ死を迎えても、良いように「生きていて良かった!」「辛い思いも経験もしたが、それも、学びであり、今がある。」という想いで、感謝の気持ちを持って生活していると、「素晴らしい来世」「素晴らしい天体」に生まれ変わることが出来るかも知れません。

好きなお酒や物を食べながら、一休みを取りながら、現世の使命を果たして行きましょう。

ありがとうございます。



Photo:(C)uranaikazuko



カズコ先生

こんにちは、先日鑑定していただいたTです。

御礼の連絡を差し上げるのが大変遅くなりまして申し訳ありません。

まず、亡き主人との対話についてですが、まるで本人から話し掛けられているかのような言葉使いで、本人しか知り得ないような内容が書いてあり、本当に驚きました。

間違いなく主人からのメッセージだと確信できるものがあり、余りの衝撃に自分を落ち着かせるのに時間がかかってしまいました。(一部、主人とコンタクトが取れている?長女と話す内容が一致していました)

コンサルテーションについては、納得できる部分と、意外に思う部分と、両方ありました。

お教えいただいた事により、自分の人生を送る上での道しるべが出来、また軌道修正も出来そうで、安心感を得る事が出来ました。

まだ肉体的・精神的に落ち着かず、アファメーションには取り掛かれておりませんが、なるべく早めに始めたいと思います。

カズコ先生に御縁があり、御世話になれた事を、本当に感謝しております。

先生の御力をもって、私に光を与えて下さってありがとうございました。

また今後何かありましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。

本当にありがとうございました。

ご感想のご承諾を頂いた後のメッセージ:

私のつたない感想で宜しかったら、是非シェアされて下さい。

私の文才では、カズコ先生の素晴らしい御鑑定から得られた事を全て言い表せているとは到底思えず、もどかしさは残りますが、宜しかったらお使いになって下さい。

T・R様



カズコさま

二つの鑑定とかわいいブレスレットを心よりありがとうございます。

お礼が大変遅くなりましたこと、深くお詫びいたします。

カズコさまに鑑定をお願いさせていただいて、本当によかったです。魂が喜んでおります。

何度読み返しても、不思議な事に新たな気づきがあり、愛を感じる深い鑑定に感謝の気持ちがわいてきます。

長い間、自分を否定してきたので、大変な力づけをいただきました。本当にありがとうございます。

また、自分の性格において、漠然と苦しく思っていた事の数々が、何でなのか、どうしたらよいのかがはっきりと記されていて、大変驚いたと同時に深く納得し、救われた思いがします。

離婚を控え、今はつらい状況ですが、鑑定でアドバイスいただいた事を胸に、幸せになるために、勇気を持って、前向きに明るく生きていこうと思います。

愛に溢れる鑑定を、心よりありがとうございました。

ご縁に感謝いたします。

I・S様



あなたは感受性が強いと思いますか?

感受性とは、ある辞書を引くと、外界からの刺激を深く感じ取り、心に受けとめる能力。と、表示されています。

英語では、〈affectivity〉と表現されています。

感受性でも、異なる意味があります。

1つは、認知的感受性です。

こちらの意味は、感性知覚にもとづいたもので,色彩、形、音の特性、匂いや香りについての感覚を豊かにしてくれます。

感覚性とも呼ばれています。

もう1つは、情動的感受性と呼ばれているもので、総合的なもので、快楽や苦痛の感情を受けいれる能力あるいは状態のことを言います。

その場合、感情性とも呼ばれています。

そして、この両方の感受性を含んだ心的事実を総体として意味するのは、「感性」となります。

感受性が豊かであれば、道端に咲いている草の花を見たりしても、綺麗、可愛いという気持ちになることで、幸せな気持ちになれるでしょう。

しかし、感受性が強すぎると、時として、生き難いときもあります。

人には感じないことや、見えない物が視えたりすることもあります。

霊能者やアーティスト、芸能人などは、ほぼ、感受性が強いため、他人に自分が見えることや、感じることを言っても理解して貰えないため、幼少期は辛い時期を送っている人もいることでしょう。

それは、感受性をコントロールすることを知らなかったため、大げさな表現をして、周りの人々には理解出来なかったから、変わり者扱いされてしまうこともあります。

もともと、感受性が強い人は、もう、すでに、あなたは幸運体質なのです。



同じ経験をしても、辛いと思うか、幸運だと思うかはもう、それは、あなた自身の感性次第なのです。

ここ最近、パフォスに帰ってから、高齢者のイギリス人男性と会いました。

もう、40年前の話を永遠にされて、疲れました。

その点、若い人達は、過去は学生だったりするでしょうから、未来を夢見て、感性豊かにチャレンジ出来ることは大変素晴らしいことです。

さて、あなたの定義する幸せの形は何でしょうか?

良く、心理テストなので、「コップの中にどれぐらいの水がありますか?」という質問をしたりすることがあります。

半分ぐらいという人もいれば、水が溢れ出ているという人もいます。

コップの中に、水が無いという人もいます。

その人がどれぐらい満足しているかの、計りみたいなものです。

水が無いという人は、現状に満足していない人でしょう。

その水は人によっては、名誉、権力、財産、愛情だったりします。

しかし、他人から見える物を沢山保持しているからと言って、「幸せ」なのかどうかは、その人の心だけでしか、分かりません。

あらゆる成功させるセミナーや勉強を他人から教えて貰い学んでも、最終的に「幸せ」を感じることが出来るのは、あなたの感性次第なのです。

幸せと自分らしさの調整が出来れば、あなたは今よりももっと幸せになれます。

受け取り方を調整するためにも、日々の生活に瞑想を取り入れたりすると良いでしょう。

感受性が豊かになることで、あなたの奥底で眠っている才能が開花するかも知れません。

才能を眠らしたまま、生きていると心が固くなります。

それは、他人の評価を気にし過ぎたり、無理して、その人間関係の輪に居る事で、心が敏感に反応しなくなります。

無垢な子供のような感覚を忘れてしまうと、笑いたいときに、笑えなくなり、泣きたいときに、涙が出て来ず、自分らしさから遠ざかって行きます。

子供の頃に夢みたいことさえも思い出せなくなってしまうと、感受性も減退してしまいます。

もしも、あなたが幸せになりたいと願うのであれば、潜在意識を変化させる必要があります。

しかし、直ぐに、潜在意識は変化させることは出来ません。

最低、3週間ぐらいは掛かります。

一番、効果的なのは、繰り返しアファメーションを唱えることです。

それも、1日に最低7回X3回同じアファメーションを唱えることです。

21日ぐらいが過ぎる頃から、今までとは異なる受け取り方が出来ることに気づくことでしょう。

私が好きな相田みつをさんの詩は「うつくしいものを美しいと思える あなたの心がうつくしい」は、感性豊かで素晴らしい表現力です。

幸せになりたい人は是非に、自分が求めていることを紙に書いて、最低21日間、唱えることです。



最後に、感受性の強い人は調整できるようになるためにも、感受性が強い人のデメリットとメリットをお伝え致します。

・人の気持ちが分かる(メリットだが、同調することもあるため、コントロールが必要)

・日々の生活で多くの感動を受ける(夕日を見たりすると涙が出たり、バラの香りに心が躍ったり、学校帰りの子供を見かけると微笑ましく感じることが出来、日々の生活に色付け出来ます。)

・芸術センスに長けている(最大なメリットです。感受性が弱いと、世界にアピール出来ません。独特の感性で、五感を活かせることこそが、感受性の強さが持つ者の才能です。)

・深い愛情の持ち主(弱い者、動物などに対して、自分の事のように親身になって接することが出来ます。ただ、感情的な面を調整出来ない場合は、他人に騙されることもあるので、注意が必要です。)

・周囲の環境に感化されやすい(デメリットです。周囲の環境に影響されることがあるため、ストレスを抱えてしまいます。また、他人と自分を比較することもあり、何事にも敏感に反応することもあるので、その相手が言った些細な言葉などが気になります。雰囲気にのまれやすいので、人が集まる場所は苦痛です。)

・自分の意思を貫くことができない(デメリットです。要求されるとノーと言えないため、自分の事よりも相手の事を先に優先してしまい、相手に振り回されてしまい、過度な疲労感が残ることもあるでしょう。また、自分の意見を伝えることが難しいため、相手の言いなりになってしまうこともあるでしょう。)

・感情の起伏が激しく、ストレスを溜め込んでしまう(デメリットです。心に感じる喜怒哀楽が激しくなることもあり、その感情をありのままに表現出来ないために、ストレスになることも、また、相手が強く主張しているときは、周りの顔色を意識し過ぎて、自分の感情を押し殺してしまうこともあるでしょう。)

・繊細で傷つきやすい(最大のデメリットです。感受性が強い人は、他人よりも喜びや悲しみを大きく感じることもあるため、繊細で傷つきやすい心の持ち主です。他人が何とも思わないことでも、その事が気になって眠れず、必要以上に固執してしまい、自分でも異常だと思えるほど、調整が出来ないこともあるかも知れません。)

感受性が強い人は、心が優しく、思いやりに溢れて魅力的な人です。

メリットを生かし、デメリットを調整できるようになれば、本当の意味であなたは幸せを感じ、そして、その幸せを共感できる人と繋がり、五感を生かした生き方が出来るようになれることでしょう。

ありがとうございます。

↑このページのトップヘ