タグ:運を引き寄せる

思考があなたの運命を支配しているcanstockphoto5193932

あなたの家族、あなたの友人、会社の上司や同僚達も、歳を重ねています。

 

歳を取ったことが分かるのは、やはり、肉体の衰えではないでしょうか?

 

日々の生活で一緒にいる家族の変化や頻繁に会う友人の変化はそれほど感じないときがありますが、急に、その人がとても綺麗に変身したり、その反対に数十年ぶりの同窓会で再会したときに、昔はクラスの中で美人だったのに、周りの同級生も「あの人だれ?」と、気づいて貰えない存在になっている人もいます。

 

良い人相に変わっていれば良いのですが、眉間に皺を寄せて、怖い顔になっていたり、笑顔が見られない人相になっている場合は、会わないでいた間に、その人の人相を変える出来事が訪れた可能性があります。

 

私事で申し訳ありませんが、ここ最近、数十年ぶりに再会した人が数人います。

 

体重も増加し、髪の毛も薄くなり、皺も増えましたが、「昔と変わらないね」と、言われることがあります。

 

私自身は思い切り変わったと思っていますが、周りの印象は「変わらない」との事で、それは思考がある程度、平穏でいられるからだと思います。

 

若い頃の方が、色々な意味でのストレスで息を吐くだけでも辛い時期もありました。

 

その頃と比べると、周りの人々にも恵まれて、さらに、太陽の恵み、植物、ハーブ、良質な塩等を身体に取り入れることが出来ているからだと思います。

canstockphoto25323727

睡眠療法で有名なエドガー・ケイシーもこのように言っています。

 

『美しさは内から湧き出るもので、外面の造作のことではない。見た目の美しさはやがて色あせる。しかし、命の美しさ、人間の美しさは、その人間性を通して光り輝き、決して色あせることのない美を与え続ける・・・。外見や顔かたちを整えようとする前に、人は自分の理想を整えなければならない。魂の奥底が輝き出すならば、外見の美しさは自然に現れるのだから・・・。』

 

誰もが、例外なく、魂がキラキラしている魅力的な顔に私たちは惹かれます。

 

それは当たりまえのことだと思っている方もいらっしゃるでしょう?

 

そんな魅力的な顔はどうやって作られるのでしょうか?

 

それは、「人相」です。

canstockphoto31573909.jpg

 

顔全体ではなく、「顔つき」が、年齢を重ねると変化して行きます。

 

顔というものは、努力をしてきた人の顔には品格が生まれます。

 

その人相、顔つきはどのように変化して行くのでしょうか?

 

その答えは、「思考」つまり、「脳」が、顔つきを変えているのです。

 

魅力的な顔つきになるには、どうすれば良いのでしょうか?

 

それは、「脳=思考」を明るくすることです。

 

簡単なことなのですが、心のクセは自分で自分の事を知り、そして、前向きに努力し続けることです。

 

「ローマは一日にしてならず」と、いう諺がありますが、思考も変えようと思っても、同じようなクセが戻って来ることがあります。

 

もしも、あなたがこれから婚活や自然な出会いによって幸せな結婚をしたいと願うのであれば、運を呼び込む顔を作るためにも、自分の顔をよく見て下さい。

 

男女、関係なくして、鏡を見て下さい。

 

例えば、誰かと初対面で会った時、私たちは第一印象や直感で相手を判断します。

 

この判断は、知らずして知識の中に、観相をしています。

 

出会いの中にあなたに縁のある人を見分けることで、あなたの「運」が変わります。

 

しかし、人の顔は観察出来ますが、自分の顔は見ていない人が多いのです。

 

女性であれば、すっぴんの顔は寝る前の歯磨きした時ぐらいという人もいらっしゃるでしょう。

 

ですから、鏡をみることは重要です。

 

自分大好きな人は、鏡を見る機会が他の人よりも多いでしょう。

 

歳を重ねた人の皺を「人生の年輪が刻まれた」などと言うことがありますが、若い人も同じように、その顔には、それまで生きた歴史が刻まれています。

 

観相師が見れば、その人の生まれた性格や、どんな風に育ち、どんな考え方をするのか、知性や感性、力量、それまでの失敗や成功、さらには、どんな恋愛をして来たのかまでも、顔というキャンバスに描かれています。

 

人の顔には、その人の情報が詰まっています。

 

観相学は占いではありません。

daruma3

 

仏教僧で中国禅宗の開祖である、達磨大師が「人相のもとは脳にある」とする研究をして、中国、朝鮮の皇帝へと受け継がれて行きました。

 

「達磨さんが転んだ」というフレーズは知っている人は少なくないでしょう。

 

でも、達磨大師とはどんな人?と思う人もいらっしゃると思いますので、簡単に説明します。

 

達磨大師は、インドで若くして悟り、伝道師として中国に渡りました。

 

しかし、命がけでシルクロードを越えて、中国に行きましたが、当時の中国な戦の真っ只中で、誰も達磨大師の仏教の教えに耳を傾けてくれませんでした。

 

その後、長い間、9年間、壁に向かい瞑想をし続けました。

 

その時に、人の顔はみんな違うことに気づきました。

 

同じ顔の人はいないこと、そして、性格や職業によって共通点を見つけ、さらには、吉凶を表わす顔の分類までにも到達しました。

 

生まれた子供は親から引き継いだ顔形だけではなく、その人の育ちや学んだことが、顔を作り上げているということに至りました。

 

達磨大師は混沌とした中で、不安に怯える人達に「あなたの運勢をみて差し上げましょう」と、人の顔から運勢を見る事を始めました。

 

ちなみに、日本の禅宗を広めた人は、道元師です。

 

禅宗は座って悟というイメージを持たれるのは、達磨大師が長い瞑想の時間をきっかけに生まれたのが禅だからです。

 

座ること(座禅)により頭を空っぽにし、顔を治すという座禅の教祖でもありました。

 

その達磨大師は、1人ひとりの思考の中にある考え方によって顔は描かれていること、そして、それは変化すること、それは、まさしく「思考こそが、顔つきを変える」ことを意味しています。

 

中国の皇帝などが、庶民に教えなかったのは、先祖は七代まで遡ると考えていたからです。

 

近年の遺伝子行動学でも、遺伝子の影響は七代まで遡ることが研究にて証明されています。

 

1500年以上前に、顕微鏡や医学も発展していなかった時代の達磨大師がすでに発見されていたことには驚かされます。

 

その思考が出来るまでには、段階があります。

 

3歳、10歳、20歳という、3回の節目があります。

 

canstockphoto34109429.jpg

 

日本では表現される「三つ子の魂百まで」という諺があります。

 

意味としては、《幼い頃の性格は、年をとっても変わらないということ。》

 

3歳で自我が生まれ、10歳で大脳ができあがり、20歳で人間の成長期が完了し、成人になり、大人として生きて行きます。

 

顔の素材を見る前に、その人を見た時に、明るい印象を受けるか、暗い印象を受けるか、どちらかになります。

 

ですから、もしも、運を良くしたいと願うのであれば、この印象さえ変えてしまえば、明るい印象を齎すことが出来れば、あなたには運が良くなる兆候があるということです。

 

もう少し、はっきりと運気を上げたいと願うのであれば、目と眉を変えることです。

 

特に女性は、お化粧で印象を明るくすることが出来ます。

 

人によっては、眉をそり落としている人がいますが、眉は観相学の中で大事な部分ですので、剃り落としてしまうと、後々、運気が下降する時期が出て来ます。

 

描き足すぐらいの方が、運気を上げることが出来ます。

 

観相学では、メディアで騒ぐ美人であっても、逆に、運勢としては、苦労するという人相があります。

 

人の造作は数ミリほどしか変わりません。

 

微妙な違いだけで、人の顔の印象が変わります。

 

特に、婚活を頑張る人は、眉は顔の中で印象を大きく変えるパーツであり、眉を変えるだけで運命さえも変えられると言えるほど、重要視します。

 

人の顔には、良い運の顔だけの相とか、悪い運の顔だけの相といった偏った例はありません。

 

必ず、その人の人相には、良い面と悪い面の両方を備えています。

 

人生の運気は5つの運気が主流となります。

 

目と眉を見ただけでも、その人のそれぞれの形によって、性格、財運、愛情運、仕事運、健康運、人気運が分かります。

 

良い面は強調し、悪い面はカバーして行くことで、必ず運は好転して行きます。

 

中年以降は、あなたの持っている運が必ず、顔に現れます。

 

特に、人生の重要な曲がり角に差し掛かる時や、大きな運、不運が訪れようとしているときは、必ず、顔に変化があります。

 

いつも、申し上げていますが、その顔を作る素である思考はプラス思考であり、環境、人間関係、食べる食材、身に着けるパワーストーンも大事です。

 

常日頃から、良い思考・想念を持ち、顔つきを明るく心がければ、そうすれば、運を呼び込む顔を出すことが出来るでしょう。

 

さらに、幸運体質を維持するためには、ご自身の運だけを考えるのではなく、人を思いやる心も大切です。

 

「運」は、謙虚に自分を見つめ、常に、感謝をする者に与えられるということを忘れないで下さい。

 

ありがとうございます。

canstockphoto23769729.jpg

sleep-dog.jpg

こんにちは!

カズコです。

いつもありがとうございます。

ありがとうございます。

30年ぶりに土星が12月20日、山羊座に移動しました。

もともと、土星は山羊座の支配星ですから、土星は山羊座に留まっているときに、もっとも典型的な働きをします。

典型的な働きとは、制限・束縛・困難・不運を司る惑星です。

土星は努力と忍耐を必要とする重たい責任や試練をもたらす惑星と印象が強いため、暗く重たい陰気な凶星として、敬遠されていますが、必ずしも、そうではありません。

現実を生き抜くためには、知恵や経験は土星からも贈り物です。

人は幸福よりも、苦労によって鍛えられることが多いです。

魂も肉体も、鍛えることで成長することが出来ます。

また、努力をして来た人にとっては、「安定」という意味では、「土」に関係する良い出来事が訪れることになります。

例えば、不動産を手に入れることが出来たり、田舎暮らしを始めることで、病気が改善されたりすることもあります。

長年、都会で生活して来た人が、故郷に帰ることで、安心感を得ることで、晩年から才能を発揮することで、故郷に貢献できることもあります。

しかし、今回、後ほど、お話する「願望を叶えるための心の習慣術」は、運がいい人は、強運です。

強運になる為にも、土星の力が必要不可欠になります。

「 舞い込んできた運気を安定させる 」「 幸運を永く続かせる 」ために、援護的なサポートをしてくれます。

さて、2018年の最初のお年玉キャンペーンとして、カリブ海の「愛と平和のパワーストーン・ペンダント」を販売予定しています。

幸運グッズSTORE【アフロディーテ・バザー】にて、告知致します。

http://aphroditi.ocnk.net/

insta.png

どうぞ、御見逃しなく!

今年もあと10日間となりました。

今年、ご縁が出来た方、また、もう、20年以上、ご愛顧下っている方々、本当にありがとうございます。

来年も今年出来なかった企画をご用意しております。

どうぞよろしくお願い致します。

是非、この記事をお読みになり、2018年が輝かしい年になりますように、心よりお祈り致します。

ありがとうございます。

icon30.jpg


【願望を叶えるための心の習慣術】


突然ですが、あなたは「運がいい」と言われたことがありますか?

世の中には、「運がいい」と言われる人達が存在しています。

その人自身、運がいいと実感したことがなくても、周りの人達からは、「あの人、運がいいよね?」と、思われている人がいます。

能力的には、それほど違いがないと思えますが、片方はなぜか「運」に恵まれ、人生を益々好転させて行っている人、もう一方は、八方塞がりのような状態で悲惨な人生を送っている人、その違いの原因は「心のクセ」「心の習慣」「人間関係」によるものかも知れないと知れば、あなたの人生がより豊かにイキイキと輝けることになるでしょう。

この混沌としたアセンションが加速している時期に、あなたの人生を変える1つの機会に繋がってくれることが出来れば本望です。

ギリシャ人の天才哲学者と呼ばれたピタゴラスの法則を今風にアレンジした人達の本で一躍、引き寄せ本が世に出回りました。

しかし、本を買って実践しても、「良い事が起こらないのはなぜ?」と、思ってしまった人もいたはずです。

この現象は、初詣に行き、神社の前で手を併せ、あなたは心の中でこのように呟くことでしょう。

「今年こそは、結婚出来ますように」

「どうか幸せになれますように」

「今年は良い事がありますように」

ほぼ多くの人が、そう拝んでいると思います。

また、お年始に目標を決意し、半紙に墨で、今年こそは実現出来ると意気込んで書いたが、目標に達成しなかったのは、書いたことで、すでに満足しているからです。

幸運は待っていても訪れることはありません。

強運と呼ばれている人たちは、積極的に動き回る特徴があります。

つまり、幸福とは天から降って来るものではなく、自分の手で作り出すものと、自覚しているため、自分の運命を支配しているのは、自分自身だと言う信念を持っているため、結果が良くても悪くても、自分のしたことは自分に責任があると考えています。

運が悪い人は、自分の運命は他人が握っていて、自分は振り回されていると感じているため、「こんな家に生まれたから、私は不幸だ。」「この人と結婚さえしなければ、私は不幸にならなかったのに」「あの人のせいで、私は職を失った」「妻が反対するから」等と、他人に責任を押し付けて、被害者意識を強くしています。

弱気の人にはツキが巡って来ることは少なくなります。

pop-angels.jpg

ここで、小学生ぐらいに多分、やったことがあると思いますが、椅子取りゲームを想像して下さい。

椅子の数が多いときは、座れる確率が高いので、音楽が止まった途端、近場の椅子に腰を掛けることが出来ますが、最後のイスとなると、気が強く、音楽に合わせてテンポよく、動き廻る人が椅子を勝ち取ることがあります。

強運と言われる人は、ほぼ、気が強いです。

普段は、朗らかなタイプの人であっても、何か起こると、胸を張って、前に進むような気質を持っています。

経営者になる人のほとんどが、強気な性格です。

フランスの皇帝ナポレオン一世もこのように名言しています。

「状況。何が状況だ。私が状況を作る」と、言っています。

実力、才能、さらに、強気でないと、幸運を待っていても、何も始まりません。

では、どのように心の習慣を変えれば、運が良くなるのか、と言えば、それほど、難しくありません。

強運の人は自分の長所を知っています。

運が弱い人は、不満が多く、嫌なことがあると、いつまでも引きずってしまったり、人の意見に左右されてしまいやすいため、折角、運が良くなる機会がすぐ側まで訪れても、理由を見つけて、環境や状況が変わることを恐れたり、面倒だったりするので、そのままの状態を維持してしまいます。

以前にも、お話していますが、例えば、お金持ちになれる要素があるかは、幼少時代の両親のお金の考え方や使い方に影響されています。

人生の先輩である親から、お金の扱い方、考え方を教えられ、そのお金の設計図は、コンピューターのプログラムのように、インプットされています。

ですから、無意識のうちに、この指示に従って、お金を使っています。

資産が増えない人は少なからず、3つの問題を抱えています。

1・幼少時代に影響のある大人(大概は母親)が、お金に対するどんな言葉を聞いて育ったか。

2・幼少時代にどんな人のどんな行動に興味を持ったのか。

3・幼少時代にどんな経験をして育ったのか。

1番の母親が専業主婦だったりすると、やりくり上手でない場合、お金に余裕がなく、お金の事で父親と喧嘩をしたり、「うちは貧乏だから・・・。」と言うような言葉を聞いて育った場合は、貧乏であることが、当たり前で良いと、思うこともあります。

お金もそうですが、不満が多い、母親に影響されて、育った場合は、同じぐらいの年齢に差し掛かると、自分も同じような思考になっていることがあるかも知れません。

shaman-slavic-8.jpg

その埋め込められた思考を変えない限り、強運になれません。

思考、想念は、悪い事には反応し易いのですが、ポジティブな思考になるまで、時間が掛かります。

パソコンと同じで、一度、リセット出来れば、良いのですが、それは難しいので、「上書き」をし続けることで、プログラムを更新して行くことが出来るでしょう。

自分のここが好きな事や、自慢になるような事を想い、「私はツイている」と思うことです。

それはどんなことでも、構いません。

自分だけがそう信じ込むだけで良いのです。

例えば、「私は気さくだ」「体は頑丈だ」「笑顔が可愛い」等、何でも良いのです。

3か月ぐらい掛けると、思考の変化を実感出来るでしょう。

愚痴を言わなくなるだけでも、あなたの人生が変わって来ます。

そして、巨額の富を持つ人にも、あなたにも与えられた平等な物があります。

それは、「時間とチャンス」です。

あなたは時間を有効に使っていますか?

もしも、来年から、そうしようと思っている方、今から、始めて下さい。

お屠蘇気分で余暇が出来れば、そうしようと思っていると、春が来て、花見モードになり、その後は、暑いから、涼しくなってから・・・。と、放置してしまった願い事はどうなってしまったのか?

その願い事が叶えば、あなたが幸せになれるかも知れないのに、もう、何年も諦めては、年始を迎えると、「今年こそは、XXXが叶いますように」と、願っても、願いが叶わなかったのは、その意気込みはあるが、「いつかやればいいや」と、ズルズルと先延ばしにしている、心のクセがあるからです。

大人になってからは、誰かに指導して貰うことも少なくなります。

newaphrodite3.jpg

ある調査によると、「締め切りのある目標の方が、期限のない目標よりもはるかに大きな成果がある」と、言われています。

本来、人間は怠け者ですから、余程のことがないと、重い腰を上げることが出来ません。

不平不満を言っている人の側にいると、エネルギーを吸い取られていることもあります。

だからこそ、「運」を連れて来てくれる「良い人脈」を引き寄せることも大切です。

「類は友を呼ぶ」という諺があるように、あなたの周りにはどんな人がいますか?

もしも、愚痴ばかり言う人が多いママ友の集まりに参加する度に、疲れてしまうのであれば、その時間を有効に使い、習い事やパートに行く方が、運が下がることはないでしょう。

運がいいと言われる人は、人に好かれ、信頼されている人間関係を築いています。

だから、何か悪い事が起きたとしても、援護してくれたり、能力を認めて引き上げてくれたり、助言をしてくれたり、運がいい人を引き合わせてくれたりしてくれます。

また、あなたにとっての幸せも知る必要があります。

どんなことを想い浮かべると、気持ちがワクワクしますか?

そして、あなたの目標、願望を叶えるためにも、自分が他者に喜ばれる事を行っているかどうかも、将来の幸せのバロメーターになります。

他人に喜びを与えているうちに、あなたに幸運が舞い込んで来ます。

幸福になれる人は、人に喜びを与えられる人です。

そんな人になるためにも、失敗をおそれずに、「自分は必ず大丈夫!」「成功する」「運がいい!」「良い経験をした」という自己暗示をかけて、幸運を自らに招き寄せて下さい。

運のいい人とは、多くの厳しい体験を通して、粘り強く努力を続けることで自分の夢に近づく人ではないでしょうか。

その源となる、志、野心、強い信念が必要でしょうが、自分に限界を設けない人でもあるでしょう。

もしも、あなたが、今、不満を持っていて、夢の実現を果たしたいと願っているのであれば、まずは、何を得たいのか、それを明確にして下さい。

その強い信念があれば、時間が掛かっても、「運」を呼ぶことが出来るでしょう。

夢が大きければ、大きいだけ、時間が掛かります。

人生はマラソンと同じで、練習もしないのに、フルマラソンに参加出来ないでしょう。

それと同じで、運動不足な人は、まずは、ウォーキング、そして、ジョギング、さらに、ハーフマラソンで体の感覚を覚え、フルマラソンに挑戦して下さい。

強運も日々も生活で、経験を重ね、ここぞというときに、チャンスを掴むことが出来るのも、小さな前兆が積み重なり合い、チャンスとなります。

強運の人は感(カン)が強い人が少なくないです。

この感も、日々の修錬から、高めることが出来ます。つまり、それは、アンテナみないものです。チャンスを掴むためには、情報や人との会話でピーンと来ることがあります。

日々の生活の中で、このような習慣を身につければ、あなたも今日から、「チャンスを掴む人」になれることでしょう。


fether.jpg

チャンスを掴む人になるための習慣術

・不平不満はほどほどに

・他者が喜ぶことを行う

・時間を有効に使う

・カンを鍛える

・幼少時代の押し付けられた価値観の上書きをする

・運がいい人から学ぶ

・多くの様々な体験をする

・奉仕活動(上級者向け)

・自己暗示

・変化を楽しむ

・新しい趣味に挑戦する

・旅行に出かける(上級者向け)

・いつもと異なる髪型や服装に変えて出かける

・パワーフードを食べる

・いつも聞かない音楽を聴いてみる

・若い人と話をする

・若い人が話題にしている音楽や本などを体感する

そして、最後は、諦めないで、素直で、明るく前向きで、大らかな人になれば、いつからでも、女神があなたに幸運を齎してくれることでしょう。

私もなかなか難しいから遣らないで放置していたギリシャ語を学ぶことにします。

ありがとうございます。

little-girl.jpg



↑このページのトップヘ