冬まぢか

image

キリリと冷えた快晴の月曜日。
祐理杏さんを寮まで送って行った帰り道に
雪の冠ったタラルア・レンジが美しく、
脇道に入って1枚。

image

夕方の沈もうとするお日様の光を受けて輝く
色づいた白樺の葉っぱたち。
この季節の、好きな景色です。

image

きれいな色に撮れたのに、
後ろの物干しがざんねん(笑)

5月のオリーブ

image

ブドウの収穫に追われているうちに、オリーブも少しずつ色づき始めていました。

image

種類によって熟す時期が違うので、もう黒くなってきた木もあればまだまだ青い木もありますが。

image

夏の雨の影響がオリーブにも出ていて、かなりの木で実にカビがついています。かなしい。

image

昨日はカビの少ない木だけ網かけをしました。
黒く熟しても口にすると渋くてとても食べられたものではありませんが、鳥は食べにやってくるのです。
去年の収量も多かったので、カビの多い木は摘まないことにしようかと話しています。

image

ここ数年と比べると進み具合がゆっくり、収穫は6月の10日を過ぎてからだろうと思っています。
あと一息。

ブーメランバッグ

image

いま、マーティンボロではブーメランバッグ・プロジェクト( Boomerang Bag Martinborough )というものが進行中です。

不要になった布を集めてボランティアの人たちの手で作ったバッグを町の図書館やお店などに置いて、荷物入れや買い物バッグとして自由に使ってもらい、使い終わったらまた返してもらう。文字通りブーメランのように町の中を行き来するリサイクル&リユーザブルバッグ。もともとはオーストラリアで始まったものだそうです。

先月のある日、町の情報誌に紹介されている記事を読んで私も初めて存在を知り、マーティンボロのような小さな町にふさわしい、なんていいアイデアなんだろうと思ったのですが、仕掛人はピノの隣にあるCOLOMBOの奥さんのCarolyn、そして一緒にやっているのは以前Martinborough Wine CentreのマネジメントをしていたAmandaだと知りさらに驚きました。町のビジネスからも、ものづくりから運営面のいろんな段階でサポートが集まっていて、町ぐるみの活動になっているようす。子育てしながらこんなことをやってしまう、若くて明るいこの女性達のセンスとパワーに脱帽です。

image

そんなプロジェクトのバッグ作りの集まりが昨晩、我らが(笑)Thunderpantsのオフィスであると知り、普段はほとんどコミュニティー活動などすることのない私ですが、ミシン持って、みぎわちゃんを連れて参加してきました。
image

雨の降る中20人近くの人たちが集まって、生地を裁断したり、アイロンかけたり、ミシンがけしたり・・・途中ワインやお茶におつまみもいただきながら、和気あいあいと(といっても相変わらず会話はなかなかうまく弾まないのですが)作業をし、あっという間に時間が過ぎていきました。

image
(記念すべき玲子さん作第一号のブーメランバッグを持ってCarolynと記念撮影)

ボランティアだからエコだからといって偽善者ぶったり力んだりしたところがなく、それぞれができることを手分けして、とにかく楽しんでやってるところがとても好感が持て、また手伝いに行こう!と思ってしまいました。

そういえば昨日は、私たちより先にSchubert WineのMarionも来ていてニコニコとミシンかけててビックリ!まだまだワイナリー仕事も続いているだろうに、この人もすごいパワーです。

image

今日は確かめたくて、町のP&Kにキャベツ買いに行ってブーメランバッグに入れて持ち帰ってみました。みなさんも次回マーティンボロへいらした際はぜひご利用くださいね。
こっそり盗まれて、海外に持って行かれて話題になる、というのも楽しいと思ったり・・・

マーティンボロの情報サイトMartinborough Villageでブーメランバッグのことを紹介したブログはこちら

うちのアイオリソース

image

昨夜、ブロッコリーを茹でて
自家製アイオリソースを添えて出したら
「ふだんマヨネーズなんてあんまり食べないんですけど」という永澤さんが
何度も手をのばしてくれて
ガッツポーズな気分。

自家製とはいっても
市販のマヨネーズにニンニクとレモンの皮の塩漬けを細かく刻んで混ぜただけ。
でも、レモンの皮がとてもいい仕事をするんです。

黄色い部分だけを削ぎ落としてみじん切りにして
きつめの塩で混ぜて3日ほどして馴染んだら、冷凍庫に入れておいて
サラダに混ぜたり、洋風の煮込みに加えたり・・・
味が引き締まり、いいアクセントになります。
ぜひお試しあれ。

写真は庭のレモン。
いずれはこの皮も塩漬けに^^

誕生日

image

先月の24日、おかげさまで元気にまた一つ年を重ねました。

うまいこと?収穫の合間になり、なによりうれしい「台所に立たないでいい一日」をいただきました。
毎年顔ぶれが変わりつつ、賑やかに祝っていただけるのはありがたいことです。

image

朝のお味噌汁は浩之さんが作ってくれるし、ランチと晩ご飯はみぎわちゃんが作ってくれるし、祐理杏さんはお菓子を焼いてくれて(ほんとはランチは健ちゃんの担当だったのですが、体調不良で果たせず・涙)。

image

ご飯作ってくれているみぎわちゃんは窓からの光を受けて「澪つくし料理帖」の澪ちゃんのような神々しさ・・・・ありがとうございました。 

18119256_10211229082115615_7965842646214039482_n

そしてさらには愛あふれる「ごはん係券」と「肩たたき券」のプレゼント。
しっかり活用させていただきますよ!(笑) 

この日は朝から天気が良くて、いつもの散歩に出かけたら、Regent Streetに曲がったところでクレジットカードの入ったカードケースが落ちていました。「ええ〜!?どうしたらいいんだろう」と、内心困惑しながらとりあえずポケットに入れてそのまま歩いているうちに、ウェリントン空港の駐車券も入っていたし「クレアモントのお客さんかもしれない」と思い至り、帰り道に寄ってみたところ「そうだよ。昨日から探しまわってたよ」と大当たりで一件落着。私も一気に肩の荷が下りて、誕生日の朝イチでいいことができていい気分でした。

そして夜、食事が終わってからは、このところ北島でもオーロラが見えているらしい夜空を見に外に出たところ「南の空が明るいんじゃないか!?」ということになり、11時半頃からみんな(もうベッドに入ってしまった健ちゃんを除いて・苦笑)でNgawihiの手前の南の海が見渡せる場所まで行ってみました。肉眼ではうっすらと明るく見える気がするものの携帯のカメラで写しても真っ暗。ところが浩之さんのカメラで高感度撮影してみたのは空の端が赤く染まって写っていました!あれはきっとオーロラ。
誕生日の終わりに素敵なものを見てしまいました。
きっと今年もいい一年^^
ありがとうございます。

IMG_4687




プロフィール
楠田 玲子
ニュージーランド・マーティンボロでワイン造りをしている夫とけんすけ・ゆりあの二人の子どもとの生活を紹介したいと思います。
最新コメント
アーカイブ
  • ライブドアブログ