新潟県阿賀町公営塾 黎明学舎のブログ

新潟県阿賀町公営塾「黎明学舎」のブログです。 黎明学舎は、阿賀黎明高校で学ぶ生徒のために阿賀町が支援し、黎明高校内で運営する学習塾です。 都市部と比べて進学塾や家庭教師などが少ない環境でも、生徒一人ひとりが「なりたい自分」を見つけ、その進路が実現できるよう支援しています。 ブログでは黎明学舎の活動報告はもちろん、高校生の皆さんがこれから激動の時代にたくましく立ち向かうために役立つ情報や阿賀町の風景や名産などの魅力も発信していきます。

こんばんは。
ついに、学舎前の道の雪が溶けた阿賀町です。
(横には雪かきで避けた雪がこんもりです。。。)

さて、2017年に入っても頭ひねりながら
いろんなことにチャレンジしている黎明学舎ですが、
新しいホームページを作成しまして、試験的に運用していこうと思います。

新しいHPこちらです↓
(今後、いろいろ充実させていく予定です)

https://reimei-gakusya.localinfo.jp 


41



以前のHPもそのまま残しますが、役割的には

以前のHP:チラシ
新しいHP:パンフレット

のような使い方が出来ればと考えています。


黎明学舎としての活動の情報発信力をもっと高めていくことで、
阿賀町&阿賀黎明高校の独自の教育を多くの方に知っていただき、
その価値を町内、町外、県内、そして県外の方々に感じていただけるようになった時が、
我々の仕事の本当のスタートかもしれません。


「教育」というカテゴリーから地域の活性化を目指す=私たちの一番の目的、
そのキッカケがこの新しいHPから始められるよう、これからもチャレンジし続けます。


若者にあれこれ言う前に、まずは大人が手本になるような仕事をしないと!




黎明学舎はこれまで多くの方々にご協力、応援いただいてきました。
あらためて、心から感謝申し上げます。

そして、今後とも黎明学舎を何卒宜しくお願い致します!!


challenge reimei


こんにちは。
「考える力」を育むためのキャリア教育を進めている黎明学舎です。

先日「みらいずworks」さんにご協力いただき、
黎明学舎にて「阿賀町&高校魅力化PJ」というキャリア教育を行いました。

今回は、その活動報告を。

みらいずworksさんのHP
http://miraisworks.com

こちらはFB
https://www.facebook.com/miraisworks/



当日は、2本柱で進めました。

ひとつめは、株式会社プリマペンギーノの藤岡代表から
「教育関係の仕事とは?」についてお話いただきました。

WIN_20170112_193147



教育の仕事=先生、だけではないこと。
今、教育業界で行っていることなど、普段では知るキッカケのないことを
体験談も含めて、わかりやすくお話いただきました。


生徒のみんなは、教育という仕事から地域活性へつなげられるという
新しい仕事の繋がりを知ることもできて、ひとつ頭の引き出しが増えました。


そして、この話を踏まえて「みらいずworks」さんのご協力をいただき、
テーマは「阿賀町を盛り上げるためには?」=「阿賀町の魅力化」


ステップ1:自分の体験を振り返る

ステップ2:自分の考えにまとめる 

ステップ3: 自分の考えを言語化する

ステップ4: 各自の考えをまとめる

ステップ5:結論をまとめる

ステップ6:考え&結論を表現する(プレゼン)


今までは話を聞くという体験が多かったのですが、
今回はみらいずworksさんのリードのおかげで、自分の脳みそで
「考え、整理し、まとめて、発表する」という経験ができました。

WIN_20170112_200152

WIN_20170112_201859

WIN_20170112_201906

WIN_20170112_203007



考えてても、それを表現しないと相手には伝わりません。


これから社会に出るみんなは、いろんな人と関わり仕事していくことになります。
そんな時に、このサイクルの経験は必ず活きてくると思います。


今後のキャリア教育でも、実社会で役立つ体験みんなに提供できるよう、
我々もいろんなこと考えてチャレンジしていきます!!


今回ご協力いただきました、藤岡代表、
そして「みらいずworks」の皆さん、本当にありがとうございました!

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


challenge reimei

こんにちは。
今日は早めに更新の黎明学舎ブログです。

ちょいと新しい取り組みの情報発信をさせてください。

こちらです↓

 これ


今週、土曜日にこれまた無謀にも近いw

Study-cafe in 黎明学舎

という企画を行います。


イメージは、

土曜の昼下がりに行くカフェ

のようになればいいな〜なんて思ってます。 


コーヒーとチョコレート片手に、気軽に、
本読んだり、ネット見たり、動画見たり、友達と話したり、先輩と話したり、、、


とにかく「何か新しいことを学ぶこと」だけが、この環境を使うための条件です。


贅沢いうとスタバのような、サードプレイスにこの学舎がなれれば。
学校でも家でもない、第3の自分の居場所的な感じです。


これを無謀にもやってみよう!と思ったキッカケは、
この黎明学舎の存在価値を上げたいと考えたからです。


今、この黎明学舎は勉強する場所という大きな役割を担っています。

ただ、中長期的に考えた際、もっとこの学舎を起点に色々貢献できれば
もっと仕事の幅が広がって、面白いことができるんじゃないかと思ったんです。


この学舎に「勉強の場」以外の価値を創り出したい、そういう意図から
1人来るかどうかもわからないことを、3人でチャレンジしてみます!!


またご報告します。
1人は来て欲しいなあ。。。 


challenge reimei 

こんばんは。
今日はいい天気で、雪もそんな降らなかった阿賀町です。

寒い地域だからか、食欲が止まりません。。。
間食もし過ぎてる感があるので、栄養あるものに変えました。


写真 2017-01-25 21 18 44


その分、脳みそ使ってるということで納得しておきますw


さて、今日はそんな脳みそのお話を。


最近、同じ生徒さんに前回間違えた部分をしつこく復習してもらってます。

私がホワイトボードを持ち始めたら、戦闘開始の合図ですw

 

一緒に確認して、次の日の復習では間違えました。

その次の日に復習しても全問正解まではあとひといき。

 

そして、三日目で完璧正解になりました。

 

そして、四日目の確認時には「待ってました」的な感じでw

もちろん全問正解でした。



記憶には「短期」や「長期」など、種類があります。
受験や勉強で狙うは「長期記憶」ですね。



そんな「長期記憶」を身につけるためにはどうしたらいいか?


それは、、、


「毎日勉強すること」 → 日々の習慣&継続
「強烈なインパクトで覚える」 → 力技やゴロ合わせなど



だと考えます。


これは実感したお話ですが、今私は英語を担当しています。

そして、生徒のみんなと英語を勉強している中で、
どんどん昔のカンが戻っている感覚を最近とても感じます。 


おそらくそれは昔受験のために、それはもう吐くほど英語勉強したからかと。


私の脳の中で(レベルは別で)英語は「長期記憶」としてとどまっていた。 
今まで蓋されていた記憶が、復習をキッカケに蓋が開いて溢れてきた感覚です。


そういう記憶の仕組み的にも、この黎明学舎で大切にしている

学習の習慣化

というものは、効果的だと感じます。


すぐには結果は出ませんが、きっと受験時、そして社会人になったときに
今のがんばりから「長期記憶」として定着した知識は役に立つと思います。


さあ、明日も習慣を続けよう(*・ω・)ノ


challenge reimei 

こんばんは。
今日も30センチは積もった黎明学舎です。

毎朝、鼻先が冷たくなって起きてしまいますが、
今日は北海道のどこかでマイナス30度超えということで、
それに比べるとまだまだここも暖かいものです。


写真 2017-01-23 12 05 07



さて、昨日の黎明学舎は同じ取り組みをされている
他エリアの方の視察がありました。 

まだ開始前なので、黎明学舎の取り組みを参考に
いろいろそのエリア流にアレンジされていかれます。


我々の取り組みをお話していく中で、感じたことがあります。

やっぱり、同じ志を持った仲間がいるっていいな

ってことです。


◎話をする中で、自分の仕事を振り返れられる
◎他にも頑張っている仲間がいることで励まされる
◎これからも参考にしてもらえるぐらいの活動を、と刺激になる 



などなど、具体的なものから感覚的なものまで、
同じ仲間がいることで得られるものはたくさんあるなと感じました。 


これって、勉強している高校生たちにも言えることかもしれません。


「自分ひとりで勉強していたら、こんなに続かなかった」
「同じ志を持った仲間(ライバル)がいるから頑張れる」
「勉強を頑張っている仲間がいると、良いプレッシャーを感じる」



実際に、黎明学舎に通っている生徒さんからこういう言葉が出ています。


切磋琢磨できる仲間、ライバルがいることで成長スピードも早くなるのかも。
もしライバルがいなかったら、作ってみてもいいのかもしれませんね。 


さあ、明日もみんなで頑張ろう!!



写真 2017-01-24 19 14 38




challenge reimei 

↑このページのトップヘ