虹ブログ

-乗り物が好きな管理人の気ままなブログです-
弊ブログ記事へのコメントにつきましては、右記のツイッターアカウントをご利用下さい。

新型特急車両 001系甲種輸送を見る

2018.10.28-西武特急甲種,多摩川橋梁2018.10.28-西武特急甲種,多摩川橋梁*後撃ち2018.10.28-西武特急甲種,新秋津到着2018.10.28-西武特急甲種,263Fと連結
2018.10.28-西武特急甲種,飯能方先頭車2018.10.28-西武特急甲種,埼玉西武のレオくんがご乗車2018.10.28-西武特急甲種,所沢陸橋*後撃ち2018.10.28-西武特急甲種,RACが出迎え
2018.10.28-西武特急甲種,所沢停車中2018.10.28-西武特急甲種,所沢出発連結部2018.10.28-西武特急甲種,所沢踏切詰所2018.10.28-西武特急甲種,小手指基地到着
10月28日の話です。
この日は、日立製作所笠戸事業所で製作された新型特急車両001系の甲種輸送を撮影しました。

001系は、西武鉄道のこれからの未来を担うフラッグシップトレインとして「今までに見たことのない新しい車両」を概念にした、西武鉄道としては25年ぶりの新形式特急車両です。三次元曲面ガラスを採用した球面形状の先頭部、眺望性の良さと周囲の風景を柔らかく映り込む銀単色塗装を施した所が特徴です。

JR区間の輸送は、下松〜横浜羽沢間をEF210-106が、横浜羽沢〜新秋津間をEF65-2101がそれぞれ牽引。西武区間の輸送は263Fが担当しました。新秋津に到着する28日は、多摩川橋梁と新秋津、西武区間内でそれぞれ撮影。輸送時点では、車両形式名・愛称、車両設備等が報道発表前だった為、先頭車乗務員室周囲・車番等をビニールでマスキングした状態でした。カメラで撮影する方々に加え沿道通行人の方々も車両を見る姿も見受けられた新秋津→所沢間では、レッドアロークラシックに出迎えられ、新旧特急同士の並びが早速実現しました。

翌10月29日、西武鉄道は、東京都内で新型特急車両に関する記者会見を実施し、車両形式を「001系」、車両愛称を「Laview」にすることを発表しました。この記者会見では、001系の基本デザインを監修した建築家の妹島和世さんと、西武鉄道のCMに起用されている女優の土屋太鳳さんが出席しました。
001系Laviewは、これまでの西武鉄道の車両とは一線を画す車両だけに、SAITAMAプラチナルートの秩父へ誘う主力としてこれからの活躍が期待されます。

TASC試運転列車を見る

2018.10.11-朝霞TASC試運転,50090系2018.10.18-朝霞TASC試運転,上福岡引上線2018.10.23-朝霞TASC試運転,上板橋引上線2018.10.23-朝霞TASC試運転,上板橋到着2018.10.24-朝霞TASC試運転,上板橋到着
2018.10.24-朝霞TASC試運転,上福岡引上線2018.10.18-朝霞TASC試運転,D2107Tレ追越2018.10.18-朝霞TASC試運転,上福岡引上線2018.10.18-朝霞TASC試運転,朝霞台停止位置精度確認2018.10.24-朝霞TASC試運転,9000系が駆け抜ける
2018年10月2日から25日にかけての平日ダイヤ運行日の週2〜3日、朝霞・朝霞台の両駅のTASC(駅定位置停止装置)の停止精度確認を目的とした試運転列車の運行を上板橋〜上福岡間で実施しました。
この試運転列車は、日中に下板橋留置線発1編成と森林公園発1編成の2編成を充当しました。上板橋での下り方への折返しは、3番線到着→下り方引上線→1番線で実施。

東武鉄道の2018年度事業計画によると、朝霞駅は2018年度に上り3・4番線ホームにホームドア設置を予定しています。TASCは、ホームドア設置に伴いホームドアと車両ドアの位置が確実に合うよう高い精度で列車を停止させる必要から、運転士の駅停車制動を支援するために整備したものです。
TASC制御開始点地上子と距離補正用地上子は、2018年度にホームドアを設置する朝霞駅の他、整備コストを抑える目的からか今後ホームドア設置計画がある朝霞台・志木の両駅にも先行設置されています。今回設置した3駅は、東上線でこれまでホームドアを設置した池袋・和光市(1・4番線)・川越と異なり、10両編成と8両編成の営業列車が混在して走ることから、先頭車の停止位置が異なる朝霞・志木の両駅上りは、地上子が10両用と8両用を別々に設置。

2018.10.23-朝霞TASC試運転,D2369Sレは外線運転2018.10.24-朝霞TASC試運転,地下直外線運転2018.10.11-朝霞TASC試運転,地下直外線運転2018.10.24-地下直外線運転車内LCD
また試運転列車の運行に伴い、793レ(成増15:15着普通)・805レ(成増16:15着普通)の成増到着番線を2番線に、地下鉄直通列車のD2369Sレ(和光市15:26発普通)・D2263Sレ(和光市16:26発普通)は、複々線区間を外側線運転にそれぞれ変更しました。地下鉄直通列車の外側線運転は、彩夏祭花火大会時の上りで見れるものの、下りは目撃例が少なく貴重なものです。

川越線・八高線向けE231系3000番台配給輸送を見る

2018.10.23-カワ向けE231系配給,新都心駅名標と2018.10.23-カワ向けE231系配給,釜との連結部2018.10.23-カワ向けE231系配給,大宮駅停車中2018.10.23-カワ向けE231系配給,釜との連結部大宮2018.10.23-カワ向けE231系配給,大宮駅看板と絡めて
10月23日の話です。この日は川越線・八高線用のE231系3000番台の配給輸送を撮影しました。
今回は予定の都合上、さいたま新都心駅と大宮駅のみ撮影に。

中央・総武緩行線のE231系の川越線・八高線への転用1本目の編成が登場してから早1年。実車の車号と編成番号札を見るとカワ(ハエ)46番編成となった今回の配給輸送で転用車は4本目になりました。
種車(元ミツB17番編成の一部)は2018年6月から9月上旬にかけて青森改造センターで、制御装置更新と転用に伴う半自動機能設置工事を施工。その後10月中旬にかけて秋田総合車両センターで、帯色・所属表記の変更と試運転を実施しました。

東武 川越まつり号を見る

2018.10.21-川越まつり号,池袋入線2018.10.21-川越まつり号,発車前2018.10.21-川越まつり号,復路川越市発車前2018.10.21-川越まつり号,発車案内機2018.10.21-川越まつり号,川越駅発車案内
東武鉄道は、2018年10月20日・10月21日の両日、川越市内中心部で開催した川越まつりに合わせて、臨時列車「東武川越まつり号」を運転しました。

臨時列車は両日とも、東上線の乗務員がデザインし上り方・下り方それぞれで意匠の異なるデザインのヘッドマークを9月25日から装着した51093Fを充当。
下り列車では、志木・川越・森林公園の各乗務管区係員が、特製乗車記念カードとポケットティッシュを、和装姿のコンシェルジュが川越まつりのパンフレットをそれぞれ配布しました。
デュアルシートはクロスシートモードに設定。TJライナー以外で座席をクロスシートに設定した下り列車は、2018年4月14日に運行した臨時快速急行以来です。(輸送混乱時は除く)

【下り】池袋11:15発→川越11:45着→川越市駅11:47着(池袋〜川越間ノンストップ運転)
【上り】川越市17:45発→川越17:47発→志木17:58着→和光市18:05着→池袋18:19着(快速急行の停車駅で運転)

東武鉄道を取り上げる複数のツイッターの情報と私の見たままを総合すると、臨時列車の行先表示は上下列車 駅・車両とも[臨 時]。
下り臨時列車の列車番号は5351レ。臨時列車は休日ダイヤの3312レ充当後に下板橋留置線で7レ充当まで留置する間合いを活用しました。川越市に到着した5351レはその後臨時回送列車(8253レ)として森検に回送。下り臨時は川越で半数以上の客が下車した印象でした。
上り臨時列車の列車番号は5356レ。森林公園〜川越市間の送込回送(8254レ)が川越市駅に17:44に到着後、臨時列車充当〜池袋到着後の折返は7レになる運用で実施しました。また臨時列車運行の関係で、池袋11:10発急行の発車ホームが通常の2番線から1番線へ、517レの中板橋〜成増間の運転時刻をそれぞれ変更しました。

185系 川越線を走る

2018.10.21-185系川越線走行,おさんぽ川越号送り込み回送2018.10.21-185系川越線走行,おさんぽ川越号2018.10.21-185系川越線走行,川越まつり号出発前2018.10.21-増発列車発車を見送ったキャラクター退場
2018年10月20日・21日の両日、「おさんぽ川越号」「ぶらり川越号」「川越まつり号」の川越線直通多客臨時列車が運行されました。
川越線直通の多客臨時列車は、2018年1月下旬以来久しぶりの運転になりました。その様子を21日の時間の合間を縫って撮影したものを公開します。

おさんぽ川越号は、これまでのE257系5両編成を充当し茂原発着で運転していたものを、今回は185系4両編成で新習志野発着に変更。おさんぽ川越号は、西船橋・武蔵野線・西浦和短絡線・大宮を経由し川越に至るルートで運行しました。
各種団体列車や波動輸送で活躍するも今後の去就が注目されている185系、おさんぽ川越号に充当した4両編成の普段は増結用だけに4両編成の単独運行は珍しいものです。
また多客臨時列車の川越駅出発時は、観光関係者と市マスコットキャラクターのお見送りもありました。