2008.2.24-西武38102F甲種-E31送込回送(飯能進入2008.2.24-西武38102F甲種-E31送込回送(飯能停車中)2008.2.24-西武38102F甲種-E31送込回送(所沢側線進入)
2008.2.24-西武38102F甲種-E31送込回送(所沢進入)2008.2.24-西武38102F甲種-E31送込回送(所沢側線出発)2008.2.24-西武38102F甲種-38102FがEF210-116に引っ張られて到着
2008.2.24-西武38102F甲種-特殊貨物検査票2008.2.24-西武38102F甲種-EF210-116との切放準備2008.2.24-西武38102F甲種-EF210+38102FとE31の並び
2008.2.24-西武38102F甲種-入替中のE34+E312008.2.24-西武38102F甲種-38102Fの手前で一旦停止するE34+E312008.2.24-西武38102F甲種-関係者が見守る中慎重に連結
2008.2.24-西武38102F甲種-出発を待つE31+E34+38102F2008.2.24-西武38102F甲種-出発を待つE31+E34+38102F

日立製作所(笠戸事業所)で製作された30000系第二編成(38102F)の甲種輸送が西武鉄道に到着しました。

今回は30000系をJR区間で撮影しようと考えてたのですが、今後の去就が注目される西武線内の牽引機(E31)の送込重単回送の撮影をしたい気持ちが強かったので、まずは飯能に向かいました。飯能に行ったのはいいものの、到着時間をうっかり読み間違え1時間近くも外で待ちぼうけにする羽目になり、重単が到着した時には体がすっかり冷え込んで中途半端な結果になりました。次回撮る機会があればリベンジしたいものです。
その後所沢でも撮影した後は、新秋津に移動。武蔵野線が朝からの強風によりダイヤが乱れた影響で、甲種は定刻より30分遅れの到着となりました。今回は、前回撮影した場所の反対側と陸橋上で撮影をしてみました。前回はもの凄い数の人でしたが、今回は人が疎らだったので、前回見逃してた点も含めのんびり撮影をすることが出来たと思います。

最後に西武区間の撮影を所沢でしようと考えてたのですが、体が熱っぽく寒気を感じてたので、今回は体調を考えパスして帰宅の途へ。しかしE31+E34+38102Fを所沢駅で撮影した写真を掲載している他のブログ様の写真を見ると、あと少し粘れば良かったなと後悔しました。2週間にやって来る第三編成(38103F)の撮影も時間が合えば是非撮影したいものです。

★関連記事 2008/1/27 38101F甲種輸送を撮る

★TBを送信してます。 快急新所沢さん TOMOさん