2008.9.1-3重単のまま横瀬基地で留置するE31-武甲山を背に2008.9.1-3重単のまま横瀬基地で留置するE31-横瀬駅ホームより2008.9.1-3重単のまま横瀬基地で留置するE31-セメント工場を背に(公道から撮影)
2008.9.1-3重単のまま横瀬基地で留置するE31-事務所側公道から2008.9.1-3重単のまま横瀬基地で留置するE31-駅舎側公道から

8月30日に南入曽車両基地で開かれた電車夏まつりで、運転台見学用として展示されたE31。
残念な事に私は当日夕方にE31+E34+E32の3重単で行われた横瀬への返却回送を撮影することはできず、非常に悔しい気持ちでした。翌31日には組成がバラさられるのではないのかと思ったものの、もしかしたら月曜日朝まではこのままの状態で居るかもしれないと感じ、9月1日の朝横瀬に向かってみました。
9時11分に到着した横瀬駅のホーム飯能方から基地を眺めると、E31は3重単のままで留置。3重単の回送を撮ることは叶わなかったもののこれを見て一安心しました。
まずはホームからE31を撮影した後改札を出場し地下道をくぐり駅反対側に出て、飯能方・秩父方両面と側面から3重単を撮影した後、この3重単をしばらく眺めていました。これを眺め終わった後、再び駅舎側に出て公道から3重単を撮り改札を入場、防災の日に伴う減速運転の影響で遅れてやって来た上り各停に乗り込み、午後からの勤務に向けて職場へと向かいました。
★関連記事 2008/8/30 南入曽車両基地 電車夏まつり2008