2019.12.16-71791F甲種,秩鉄羽生駅2019.12.16-71791F甲種,羽生到着2019.12.16-71791F甲種,羽生構内入替2019.12.16-71791F甲種,特殊貨物検査票
2019.12.16-71791F甲種,デキ504による押込2019.12.16-71791F甲種,羽生入替完了2019.12.16-71791F甲種,車体側面の装飾2019.12.16-71791F甲種,200系が駆け抜ける
12月16日の話です。
近畿車輛で制作された東武スカイツリーライン〜東京メトロ日比谷線直通運転向け70090系(71791F)の甲種輸送が到着しました。
今回輸送した70090系は、2017年に運行開始した東武70000系をベースにしたデュアルシート車で、2020年度に日比谷線直通列車で導入する有料着席サービス用に制作した70000系の新区分です。
羽生駅構内で、到着後の構内入替から終電後に行われる自力回送に向けた整備シーンを撮影しました。

JR区間の輸送は、徳庵〜吹田貨物間:DE10-1561、吹田貨物〜横浜羽沢間:EF65-2096、横浜羽沢〜熊谷貨物間:EH500-35がそれぞれ牽引しました。
秩鉄区間の輸送は、武川方からデキ504+71791F+デキ501の組成で実施し、熊谷貨物〜武川間:デキ504、武川〜羽生間:デキ501がそれぞれ牽引。秩鉄区間で後方になる機関車はパンタグラフを下げ、前方の機関車の動力のみで牽引しました。またデキ504は羽生駅構内での推進運転による引上線への押し込みにも充当しました。