2020.1.3-東武川越初詣輸送,喜多院表示2020.1.3-東武川越初詣輸送,5074号車氷川神社前2020.1.3-東武川越初詣輸送,2960号車氷川神社東武表示特送2020.1.3-東武川越初詣輸送,2960号車氷川神社前
東武バスウエストは、川越駅・本川越駅を発着する路線で2019年12月31日から2020年1月3日までの年末年始期間中、小江戸名所めぐりバスの全便運休と平常時休日ダイヤより本数を減じた正月特別ダイヤで運行しました。
正月ダイヤでは、川越喜多院及び川越氷川神社の初詣に訪れる客向けの臨時バスを運行しました。
内訳は(1)川越駅東口〜下松江町間(2020年元日のみ運行:途中停車無)、(2)川越駅東口〜川越喜多院間(2020年1月3日のみ運行:途中停車無)、(3)川越駅東口〜川越氷川神社間(2019年12月31日・2020年元日・1月2日・3日運行)の3系統。
(2)は喜多院の初詣・初大師(だるま市)に対応するため、5050号車・5051号車・5075号車・5098号車・5115号車・5116号車・5120号車の7台体制で運行しました。 また1月3日の氷川神社輸送は2960号車も[東武]表示で運用に就きました。
各臨時バス・正月特別ダイヤは例年通りの内容でしたが、今回より2019年11月11日に実施した川越管内ダイヤ改正で車両行先表示を変更したことを受け、(2)は達磨が描かれた表示になりました。