August 14, 2005

ジャスパーからの帰還

 7月29日朝。彼氏との話し合い。この先旅を続けるかどうか。運転するたびにエンジンからはものすごい音がしている。カラカラカラって。とりあえず今まで聞いたことのない音。彼氏がジャスパーに来る前に入れたはずのエンジンオイルはすべて消えていてタンクは空。もうやばいからこのまま車を廃車にしてGreyhoundで帰ろうという私。一方の彼氏は行けるとこまで行きたい、と。まー1年ずっと楽しみにしていた旅行だし、Lake LouiseもBanffも行きたいってことでとりあえず行けるところまで行こう、ということになった。
 Greyhoundで旅することもできたけど、車に頼りすぎていた彼氏はあまりに大量の荷物を持ってきていて、それは無理、ということになった。二人で、120リットルのバックパックに小さいリュック、レスポの旅行かばん2つに私のでっかいスーツケース。ちょっと厳しいでしょ?              
ジャスパー そしていざ車をカラカラさせながら出発。そして..... ジャスパーから55kmほどくだったところで車は死にました。うーん、やっぱり無謀でした笑。とりあえず車から貴重品と最低限の荷物をとりだし、ジャスパーまでヒッチハイクすべく外に出る。ジャスパーに向けて歩くこと30分。いまだ車は止まってくれない。このまま夜がふけたらどうしよう、という不安と無謀なことを言い出した彼氏への怒りで大声で泣いてやった。そのまま30分くらい泣き続けた。思い切り汚い顔で。私の泣き顔は汚い。涙だけ流すシクシク、なんてかわいいもんじゃなく、ウエーン、という子供のような泣き声と思い切り崩れた顔。まー誰も止まってくれないのは当然ですね。気分はデパートで欲しいおもちゃを買ってもらえなくて駄々をこねるガキ。それでも誰も止まってくれない。
 すると、謎のチャリ軍団に抜かれた。その後に続くバイクのおっさんが止まって話しかけてきた。同情の表情で「チャリの前にいた車に頼んでみるよ」と。そのチャリ集団、バンクーバーからFundraisingのためにチャリでBCとアルバータを走っているクリスチャン達。やっぱりクリスチャンは優しい、と実感しました。そしてそのまま歩き続け待つこと15分、反対側の車道に車が止まり、私たちのほうにU-Turnしてきてくれた。あまりのうれしさにまた涙がじわっとはならず、いそいそと車に乗り込みました笑。
 そこでチャリ軍団が休憩しているStop Pointへわざわざ迎えにきてジャスパーに連れて行ってもらえるだけでなく、サンドイッチ、マフィンといった彼ら持参のお昼ご飯まで食べさせてくれた。本当に優しい人たちだ。
 そのままジャスパーに行き、車をTOWしてもらえるところまで送ってもらい、思い切り感謝を込めて手をふった。ありがとうございます。
 そこでどこらへんに車がおいてあるか、などの説明をし、Greyhoundのチケットを買いにいく。ジャスパーからバンクーバーまでのです。なんと出発は夜中の1時20分。そのとき多分2時くらい。どうやって時間つぶせばいいんだよ!とむかついたけど、映画みたり(Fantastic Fourという駄作)、ネットしたり(ネット料、かなり高いです。10分2ドルというぼったくり価格。でもジャスパーはどこもそんな感じ)、コリアンレストランでビビンバ食べたり、それでもまだまだ夜の9時。
 バスディーポに行ってみるがもちろんやることない。加えて大量の荷物。前日こじきに買っておいたヌードルを彼氏のアウトドアセットであっためて食う二人。寒いのでそこらへんにおいてあったカートの上に寝袋を敷いてくつろぎはじめる私。どうみても勝手に公園を住処にしてくつろいでいる物乞い。気にしない。そんな細かいこと気にしてたら生きていけません!そうこうするうちに1時。そこからバスにゆられること12時間、バンクーバーへたどり着きました。
 
 バンクーバーのバスディーポからフェリー乗り場までタクシーで移動し、Nanaimo行きのフェリーに乗って無事家に帰還。3ヶ月ぶりのNanaimo。3ヶ月ぶりの家。3ヶ月ぶりに会うルームメイト。14日間のロッキー横断の旅は4日間だけのジャスパーだけの旅に終わりましたが、まー今となってはいい思い出。でも絶対にBanffとLake Louise行くぞ!今年の冬には。
 
 あ、余談ですけど、NZのUniversity of OtagoからLetter of acceptanceもらいました。今の大学でとったぶんの単位も結構移せるっぽいです。ということで、来年の2月からのNZ行き、現実になりました!Otagoは私の勉強するPsychologyではかなりよいと有名なところで、まぁ多分受かるだろうとは思っていたけどやっぱりうれしい。彼氏と一緒だしねって、彼氏、9月1日に帰っちゃうから5ヶ月ほど遠距離、会えないことになって結構さみしいんだけど。まぁ、これから先ずっと一緒にいられることを考えれば大丈夫ですね。NZでの大学も一緒だし。というわけで、カナダ生活もあと4ヶ月とちょっと。その間にロッキー行っておきたいです。
  
Posted by reirei0804 at 11:38Comments(3)

August 06, 2005

ラブバトン 完全にただのジコマンです。

初恋はいつだったか?
ちょーちっちゃい頃。近所に住んでたまーくん。まーくんという名前しか覚えてない。もちろん顔なんて覚えてるわけない。
 
今まで付き合った人数。
わかりません。忘れました。ぶっちゃけ、昔の彼氏の名前とかど忘れすることもあるので。。元彼とか世界で一番どーでもいい人の部類に入る。。。友達に○○(元彼の名前)をこの前偶然見つけてさぁ、と言われえ?誰だっけ?となった私。その子に呆れられながら、Rayの元彼じゃん、とつっこまれたこと何回かあります笑。
 
好きな人と行きたい場所は?
今の彼氏なら家でまったり。付き合いはじめで緊張感がある関係ならモルディブとかのリゾートで毎日食って遊んでセックスしまくりたい。
 
好きな人と見たい映画は?
私の好きな映画なら何でも。ジャンルは特にこだわらないけど、私が好きな映画を好きって言ってくれたらうれしい。彼氏に見せて好評だったのは’New Cinema Paradise’。二人ともたまたま好きだったのは、’Staw Wars’と’Napoleon Dynamite’と’Lock, Stock and Two Smoking Barrels’と’Snatch’。
 
好きな人に言われて一番うれしかった言葉は?
私はくさいせりふを言われると鳥肌がたっちゃうので、面白いことを言ってほしい。彼氏はいつもかわいいねと言ってくれるんだけど、その一言で終わらない。〜みたいでかわいいね、と言うんだけど、それがいつも面白い。最近言われて笑えたのは「れーちゃんってちょーかわいいよね。フィリピンのたちんぼみたいで」。まー二人にだけしか分からない愛情表現ですね。
 
好きな人はいますか?その好きなところは?
います付き合って1年8ヶ月目です。好きなところはかわいいところ。あと私はメンクイなんで、顔も重要なポイントです(笑)。変わってて面白いところも。で、頭のよいところもいいね。人生の半分以上をハワイとNZですごしてきたせいか、ちょっといい加減なところはむかつくけど。あと、かなりモテルところもちょっといや。それで女友達2人失くしたし(私のいないところで友達だと思っていた女が彼氏にちょっかいだしていたのです)。
 
こんな人は絶対無理っていうのはありますか?
そりゃーいっぱいあります。見た目てきには、まず不細工。わきが。口が臭い人。はげ。デブ。毛深い人は、白人ならいいけどアジア人の毛深いのはカンベン。歯茎が怖いくらいに見える人、歯並びが馬みたいな人。歯って、私的にはかなり重要なところなんです。口元は清潔感を決めると思うから。なんか、普通に歯並びが悪いぶんには気にならないんだけど、異常に歯が黄色い人とかうんこみたいな茶色いのがついてる人とかマジで無理。
中身的には空気の読めないやつ。一緒にいてつまらない人。時間にゆるゆるな人(毎回遅刻とかする人)。たいしたことないのに自分をたいしたやつだと思ってるイタイ人。気持ち悪い人。陰険な人(なんか女みたいに色々手回ししたりするタイプ)。鏡をひっきりなしにチェックするナルシスト系も嫌い。
あとは存在自体がうそくさい人。笑顔がちょーフェイクな人。とにかくつくった感じの人が嫌い。あとバーチャルの世界にのめりこみすぎな人も。現実に戻ってこいよ!て思う。
結果的には男は自然児が一番!というわけでございます。
昔は上のリストに貧乏という言葉が入っていましたが、最近はそういうことは気にしなくなりました。私も大人になったもんだ。
 
 
浮気は許せますか?許せるならどこまで?
人によると思う。なんか自分よりも数段すごい人と付き合ってて、浮気されたら私が悪かった、って思うかもしれないけど、人間偏差値が私よりもだいぶ下の男と付き合ってて浮気されたらなんでこんな男に....とかなりむかつくと思う。
今の彼氏に浮気されたら、とりあえず相手の女に心理的な相当なダメージくらわせて、彼氏にもとりあえずびんたして土下座させる。ちなみに私のいう浮気は彼氏のことを好きな女の子と二人で遊んだ時点でもうアウト。彼氏に気持ちがなくても無理。もし他の女とセックスしたりキスしたら?うーん、自分が怖いよ。とりあえず彼氏の家族を味方につけてそして彼氏を虐待する。笑
 
同棲ってしてみたいですか?
てか、今の彼氏とはずっとしてる。お互いの色々なことが分かってもっと仲良くなれたけど、仲良くなりすぎてロマンチックな関係ではなくなった。ほら、よく知らないとかちょっとミステリアスな人のほうが燃えちゃうタイプだから、私。だからいいところもあれば悪いところもあるね。同棲は。あ、でも今の彼氏、ずっと一緒でもあきないからすごいなって思う。
 
愛と恋の違いは何だと思いますか?
愛はでかいね。恋はまだちっさいね。恋したいよ。ドキドキな乙女心を味わいたいです。ちなみに今の彼氏に対しては愛です。
 
一番長く続いた恋愛は?
今現在記録更新中。基本的にあきっぽくてダメ。長続きしない。なんてあたかも自分が色々な男をふってきたような書き方で書いてしまったけど、全部私がふられてます笑。私みたいにふられまくってる女っていないんじゃないの?ってくらいに今までの彼氏ほとんど例外なくふられてます。若い頃、「おまえさぁ、中身ほんとに最悪だよね。マジ性格悪い。」と捨て台詞をはかれてふられたこともあります笑。
 
お付き合いしてみた芸能人、有名人は?
いい男でいい体してる人ならなんでも。とりあえずやってみたい。でもそういう人が私のところにくる可能性は限りなくゼロに近いので、今の彼氏で我慢してます。うそ。今の彼氏が大好きだからもし浮気したとしても心の浮気はしません。笑
 
究極の選択です。一生人から愛されなくなるのと一生人を愛せなくなるのとどっちを選ぶ?
てか、気持ち悪い質問だなぁ。まーずるいけどどっちもなしです。でも一生人から愛されないで死んでいくさみしい人って結構そこらへんにウジャウジャいると思うのは私だけ?
 
 
  
Posted by reirei0804 at 05:34Comments(2)

August 01, 2005

ジャスパーはいいところだね。

 もう大変でした。25日の夜の1時に彼氏とジャスパーでおちあい、次の日はとりあえずホステルへその日は街をぶらついたり滝を見にいったりしたくらい。街でしたことといえば、バットマンビギンズを観たくらい。ジャスパーまで行って何やってんだよって感じだけど。笑 とってもつまらない映画でした。てか、私的にかなりの駄作。もともと期待もしてなかったけどね。
 
 27日は温泉へ温泉といっても水着着用です。というかあれは温泉なのか!?塩素のにおいがプンプンしてました。しかも情緒も何もない、プールの形。四角形のプールがどどんと二つ。あんまりおすすめはしませーん。やっぱり温泉は日本のがいいにゃー。ヒノキだとか石だったらまだしも、見た目プールと一緒なんだもん、それに塩素のにおい。なんだか???な感じですよ。その後グローサリーショッピングをしに街へ出ると、アクシデントが。車が突然動かなくなった。スタートさせようとしてもバッテリーランプがつくのみ。何度もトライしてやっとガレージへ持っていくと、エンジンがいかれてる、とのこと。えーーーー!?98年のフォードだよ。前々からエンジンオイルが2週間でなくなったり色々とトラブルはあったけど、エンジンまで!?3500ドルで買って一年も乗ってないのに.......とりあえずそこでもエンジンオイルがなくなっていると言われ、それだけやってもらってなんとかホステルへ帰ることに。
 
 28日。車は放っておいてサイクリングへGOマウンテンバイク初心者の私はくだり坂で絶叫。自分のコントロールを全く信用していない私はスピード出したくないんです。だからずっとブレーキかけながらちんたら坂を下りました。絶叫系は大好きなんだけど。バンジージャンプもスカイダイビングもやったことあるくらい。でも自分の反射神経の鈍さをよく分かってるので自分で動かす系は大嫌い。それでもきれいな湖見たり、初日にみた滝を見にいったりして和みました。でも私だけかなり遅くて他のメンバーにだいぶ迷惑かけたけど。あんなに激しいなんて知らなかったんだもん。しかも下り坂も怖いけど、上り坂はしんどいし。体力は幼稚園生なみなので。中学の頃1kmマラソンも完走できなかったし笑。
 そして帰りは3kmの上り坂。しんどすぎてずっと降りてチャリひきずってました。もうおしりが痛くて限界だったし。
 その日はぐっすりと眠ることができました。次の日ひどいめにあうことも知らずに.......
  
Posted by reirei0804 at 12:13Comments(0)TrackBack(0)

July 23, 2005

Star Warsいい、と書きましたが。

 余談だけど、Star Warsは本当にいいけど、Anakin役のHayden Christensenの演技は最低です。久しぶりに映画観てて、こいつ演技下手だなぁ、と本気で思いました。彼が泣いているときは怒ってるかのように見えるし、せりふもぼう読みです。見た目はかっこいいし好きなんだけど。
  
Posted by reirei0804 at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

最近観た映画たち

 3週間ちょっとという短かったモントリオールでの生活もあと3日。来週の月曜にはエドモントンまで飛んで、ジャスパーで彼氏と待ち合わせそっから2週間くらいかけてカナディアンロッキーを旅行します
 
 こう見えて私はかなりの映画オタク。というか映画が私の人生の全てといってもおかしくないほど。週に5本はDVDも含め観ているし(どれだけ暇なんだよ!?)映画、本、漫画はかなり好き本当は、日本でいうミニシアター系とか、ヨーロッパの映画が大好きなんだけど、こっちではそういうのが観れないのがちょっと不満。。。。でも、こっちのおばかなコメディも大好き。
 というわけで、この3週間で私が観た映画を紹介していきます。
 
The InterpreterまずはThe Interpreter。ご存知、Nicole KidmanとSean Pennの映画。NYにある国連本部が舞台になっております。そこそこ楽しめます。Sean PennはMadonnaの元夫。さすがマドンナ、よく分かってらっしゃる。彼は、足が短くてもステキです。味があるというか、とにかく私は大好き。映画の中でも彼のおでこに入った線と憂いを含んだ瞳にやられまくりでした。
 
 
        世界戦争 
次はWar of the Worlds。はっきり言って、ひどい。ストーリーがずさん過ぎる。もう映画館で10ドルも払って観てしまい、金返せよ!状態。観てないけど、エイリアンVSプレデターってこんな感じなんだろうなぁ、って感じ。Independence Dayの面白くない盤?みたいな。とにかくくだらな過ぎて、つまらなかった。
 
 
 
     マダガスカル    
そしてMadagascar。カートゥーンです。まぁまぁです。画像キレイだし。でも、声がBen Stiller、Chris Rock、David Schwimmer(FriendsのRoss)と豪華な割りにはあまり面白くなかったかなぁ?子供向けのカートゥーンですね。  
 
 
 
 
          
     Kicking    
お次はKicking & Screaming。私はWill Ferrelが大好きなので。Old Schoolというコメディは本当にお勧め!ちょー面白いよ。Anchormanも。Zoolanderも。彼と、Ben Stiller、Owen &Luke Wilson兄弟、あと、Vince Vaughn(Dodgeballの人ね。そして今、Jennifer Anistonと付き合っているといううわさ!Brad PittとMr and Mrs Smithの中で共演していたんだけど、気まずくないのか!?)はしょっちゅう友情出演とかやってるんだけど、あまりはずれはない。映画の中でも相性がいいんだよね。みんなキャラが違うんだけど、バラバラじゃない、みたいな。で、この映画はとうと、なかなか面白いんじゃないの?って感じかな。  
 
 
Smithそして、Mr and Mrs Smith。これもまーまーです。でもAngelina Jolieが好きなので、OKです。本当に、この人に誘惑されて落ちない男はこの世の中にいるのか!?と思うほど、Sexy。内容自体はいたって普通のコメディです。私的にはやっぱり馬鹿さとエロさが足りないと思います。メジャーな二人なんでね。大衆受けのコメディですよ。まーなんてったって私の好きなコメディは上に書いたのと、Dude, where's my carとかRoad Tripとかの本気で馬鹿なやつだからね。 
 
アメリカそして、二度目のTeam America。これはDVDで。クリスチャンであるルームメイトは途中で観るのをやめてしまいました。でも私は大好きです。本当に毒のある映画ですね、さすがSouth Parkのスタッフ達が作ってる映画だけあって。でも、真面目なかたにはOffensive極まりない、受け入れられない映画です。久しぶりにこんなに笑っちゃいました。Jackassとかの下品なものが好きな方には受け入れられると思います。
 
Charlie最後に、Charlie and the Chovolate Factory。いまさらだけど、Johnny DeppとTim Burtonはとても相性がいいと思う。彼らはEdward Scissorhandsを共につくったのだ。Tim Burtonの映画は映像がきれいだから好き。彼のカートゥーンのThe Nightmare Before Christmasは彼氏も私も大好きで、次のCorps Brideの公開も楽しみです。で、この映画。かわいいーーー。もう映像がキレイーーー。内容自体はそんなにちょーいいってわけではないけど、ちょっと心があったまる映画。子供ができたら絶対に見せたい。ちなみにJohnny Deppのお父さん役の人がStar Warsのある人だったのがウケタ。 
 
そしてStar Wars Episode 掘これは前の日記で書いたので、もういいや。笑 
ちなみに、これらの映画館で観た映画、全部一人で観ました笑。いいの、一人で映画が好きなの!                                     
  
Posted by reirei0804 at 22:38Comments(1)TrackBack(1)

July 22, 2005

イメージバトン

Itokinからまわってきたイメージバトン
 
★バトンを回してきた人のキーワードを書く。
★その人が回してくれたキーワードから連想するものを1つ挙げる。
★最後にバトンを回してきた人に一言
 
というわけでItokinからのキーワードはデート
今の彼氏と行ってたのはもっぱら漫画喫茶ですけど、さみしすぎるから、無難にディズニーランドディズニーランドは絶対に一回は行くよねぇ。行ったら、意味もなくはしゃいでしまい、後でどっと疲れてしまいますが、それでもやっぱり大好きな場所。中に入ってるのがおっさんかもしれないけど、プーさんとかに抱きつかれるとうれしいもの。
 
Itokinへの一言は
いつもありがとうモントリオールに来て色々お世話になりました。本当に、モントリオールでイトキンがいなかったら、かなり寂しい思いをしてたでしょう。来る前から色々情報くれて、ここでのお家もItokinに教えてもらったウェブサイトから見つけたんですねー。面白くて、冷めてて、背高くてスタイルよくてすっぴんでもかわいいItokin。日本に帰っても絶対一緒に遊ぶでしょうこれからもよろしくね。
 
というわけで、このバトン、誰にまわそうかなぁ??Itokinと同じくモントリオールに来てお世話になったmrkさんにまわそうっとでもこれ読んでるのかなぁ?
  
Posted by reirei0804 at 05:04Comments(5)TrackBack(0)

July 17, 2005

またまたおいちいアイスクリーム

 今日は一人で買い物&映画。土曜日だってのに一人ぼっち。イトキン&mrkがトロントに行ってていないから寂しい週末。
 
 私は地図が読めない。そして方向音痴。一度行った場所もすぐ忘れてしまう。そんなわけで、今日も駅から向かう方向を見事に反対側に向かって歩き出し、20分以上経ってから、あれ、おかしい、という異変に気づき、目的地のべーグル屋さんに着いたのは、1時間後。おいしいと評判のべーグルにスモークサーモンとクリームチーズをはさんでもらって、道のりが長かった分だけ余計おいしく感じたそっからお買い物。ディーゼルのスカートがセールで半額だったので、65ドルでお買い上げ。さらに、AVEDAのパウダーファンデをパクトとセットで60ドル弱なり。今日はNo taxの日だったらしく、ラッキー
 
 そして、スターウォーズ掘実は日本でも先々行オールナイトで見た。こう見えて、私は小さいころからのスターウォーズファン。ライトセーバーだって、昔持ってたし。相変わらず面白かったし、よかった。というか、私はあまりにもスターウォーズが好きなため、一番初めの音楽と画面上に向かって徐々に小さくなっていくそれまでの経緯の文を読むだけで涙が出てきてしまうのだ。エピソード気鮓たときは、特にそれがひどく、何も始まっていないのに号泣した。小さいころからの夢がつまってるんだい。Goonies、Star Wars、Back To The Future、Indiana Jonesは、もう私にとっては本当にスペシャルな映画。 They will always stay my favorites, they always have.
 
 その後は暑かったので、またまた例のアイスクリーム屋さんへ。今日はパッションフルーツを選んでみた。暑いときは、濃厚なアイスクリームよりも、さっぱりのシャーベットが好き。外で食べていたんだけど、ふと隣の女の子二人組みを見ると、一人、片パイ見えていた。ちらっとじゃなくて、がばっとピンク色の乳首までモロ見え。というか、あまり胸のない子だったので、全て見えていた。白いホルターネックから見える片パイ。てか、友達も、言ってやれよ。乳が出ちゃうなんて、モントリオールではどうでもいいことなのかすごく気になった。まーそういうところがヨーロッパ的なのかな、モントリオールは。
 
 そんなわけで今日の締めは、片パイ出したままアイスを食べしゃべりまくる女の子で。
  
Posted by reirei0804 at 09:57Comments(3)TrackBack(0)

July 13, 2005

モントリオール生活も半分すぎ

 当初の目的はフランス語のサマーセッションを受けるため。が、かなりただの観光滞在になってしまってます。学校には行っているけど、とりあえずかなり大変。真ん中のクラスに入れられたが、周りは先生の言うことも全て分かってるように思え、来週のプレゼン(もちろんフランス語で)もかなりいっぱいいっぱい大丈夫なのかしら、私は?
 でも、こっちに来て、Itokinmrk、ブログでしか知らなかった子達にリアルで会え、すごく楽しい思いをさせていただいてました。もし誰も知らずにここにいたらかなり孤独だったよー。ありがとう。そして、先週末はトロントから来たペコちゃんと、そのお友達Hちゃんとモントリオール観光、のはずが、あいにく土曜日はずーっと雨。それでもめげずにノートルダム教会に行ったら、結婚式で中に入れない。ぶーぶー言いながらチャイナタウンでボバを飲みました。
 でも、夜は無事に雨もやみ、Shin君もまざってみんなで花火を見に行きました。その日はスウェーデン。スウェーデン製なのかなんだかよく分からないけど、とりあえずスウェーデンらしい、適当でごめんなさい。でもとってもキレイだったよ、30分しかないけど。
  
 次の日は、2年前にカンクンで出会ったフランス人の友達、Yannに会い、その友達のフランス人ダミアン、ナンシー、セドリックとジャズフェスティバルへわがままな私はそんな中でも英語でとおしました。だって、早口でフランス語とかしゃべられたら本気で分からないし。そんな彼ら、ケベコワとフランス語でしゃべるのはとても大変だとぐちってました。文法も発音も間違ってるんだよ!と、暴言をはいておりました。
 
 その日は最終日ということもあって、ものっすごい人、人、人モントリオール中の人が全員集まってるんじゃないかと思うくらいの人の数。目当てはもちろん、The Pat Metheny Group。なーんて、実は彼らがworld famousなことすら知らなかったんだけどねでも、マジ、すごかった。あのときにモントリオールにいて本当によかったって心から思った。今まで有名な人のLiveには何回か行った事もあるけれど、やっぱりあのLiveには負けるんじゃないかな。人の熱気がすごい。本来ならば1時間半で終わる予定が、一度アンコールで出て、退場し、その後5分くらいやまなかった拍手と掛け声に負けたのか、再々登場し、会場をさらに盛り上げてくれました。はー、本当に、ジャズフェスティバルの時期にモントリオールに来てよかったぁ。
 
 そして、昨日はイトキンとDinnerをつくり、モントリオールでおいしいと有名のアイス屋さんへ。夜の10時だというのに、50人くらいの人が並んでたぁちょーーーーおいしかったぁ。暑い夜にはやっぱりアイスだねっと。その後便意をもよおした私は、うんこしたいーと大声で叫びながら帰りました。まーここはモントリオールですから
 
  
Posted by reirei0804 at 11:03Comments(6)TrackBack(2)

July 07, 2005

rendez-vous avec ITOKIN

 今日はブロガー仲間のイトキンと会ってきた。イトキンは、葉月里緒菜似のクール系美人で、写真で見るよりもずっとかわいかった。MetroのVilla Mariaの改札で待ち合わせてエスカレーターに乗ると、前にいたのは偶然にもmrkさん。こちらもハーフ顔のかなりのキレイな方。モントリオール在住の人はレベルが高いなぁ、なんて思いつつ、mrkさんとも少ししゃべって、イトキンにケーキのおいしいお店に連れて行ってもらった。(でもお店の名前は忘れた。)
 フルーツタルトを頼んだのだけれど、土台の部分がかたくてプラスチックのフォークでは食べれなかったので、直接かぶりついてみた。おいちいよぉ。モントリオールに友達がいないため、最近まともなものを食べてなかったので、うれしい。そして、From-Montrealというサイトで紹介されていたベジタリアンレストランに行ってみると、そこには何もなく、結局ダウンタウンのイトキンお勧めのコリアンレストランへビビンバをオーダーし、そこでも腹いっぱい食いまくってきた。私はお腹いっぱい、もう食べれない、と言いながら結局全部食べちゃってるし。おいしかったぁ、ありがとう、イトキン。久々においしいものが食べられました、てか、もうあの中華には行かないよ。笑
 初対面だけど、違和感なく普通に色々な話をさせていただきました。彼氏の話とかぁ。イトキンの彼氏は写真で見る限りちょー男前で、しかも背も高くてうらやまちぃ。お互い、早く彼氏に会いたいよねぇ、なんて話もしつつ、気づけば9時。てか、モントリオール、日が落ちるのが遅いからびっくりさせられました。9時なのに全然明るい。
 モントリオールに来て初めて楽しい時間が過ごせてハッピーですありがとう、イトキン。そして、モントリオール在住の方、私と遊んでくださいーー。
  
Posted by reirei0804 at 11:06Comments(4)TrackBack(1)

July 06, 2005

ミュージックバトン

 この前の大好きな5曲の他に、どうしてももう2曲追加したかったので。
Quincy JonesがプロデュースしたTomorowという曲。今は立派な男前に成長したTevin Campbellが小さいころメインで歌っている。女の子のような繊細な歌声とメロディー、リリックも共にすばらしい大好きな一曲。
 
 もう一曲は、Bob JamesのJamesという曲。NYで生のBobに会い、この曲を聴いたときは胸がいっぱいというか、鳥肌がたつというか、とにかく言葉にできない気持ちになり、泣きそうだった。
 
以上。
  
Posted by reirei0804 at 10:51Comments(0)TrackBack(0)

LAをふりかえる

 LAにいた期間はたったの4日間だけど、結構楽しかったなぁ。
 
6月27日
 成田からANAでサンフランシスコを経由してLAへ。ラッキーなことに、航空券の日にちの変更ができたので、結局SFからLAへのチケット代だけですんだ。しかも、旅行会社の人からは、変更で150ドルかかるから、空港で払ってねーと言われていたのに、手違いなのか何なのか、何もかからなかった。お得な気分。
 が、ひとつ大変なことが起こった。席が通路側じゃない。私は体も小さいが膀胱も人一倍小さく、おしっこが近い。1時間に1回は行く。以前、パリから東京に帰るとき、やっぱり窓際の席で、隣のおじさんがグースカ寝入ってずっと我慢していたら、膀胱炎になってしまった、っていうくらいひどいのだ。でも、あいにく満席で、真ん中の席。これならまだマシ。トイレへの行き道が二通りあるからね。
 まーそんなこんなで2時間おきに左右の人を起こし、トイレへいき、映画を見て、持参の宮本輝の小説『蛍川』も読み終え、無事SFに到着。そして4時間待ってLAへ。まず思ったこと。寒い。LAというと、暖かいイメージだったが、夜は普通に寒い。昼間も暑いといっても、カラっとしていて、東京とは全然違う。で、空港に迎えに来てくれたデニスと2年ぶりの再会を果たし、デニスのアパートのある場所、グレンデールへ飛行機の中であまり眠れなかったので、その日はグッスリあ、忘れてた。グッスリ寝る前にハリウッドに行ったんだ。そんでもって映画のプレミア試写会なんかもやっていて、トムクルーズとコリンファレルを偶然見た。といっても、かなり遠くからで、二人とも豆粒くらいの大きさだった。
 
6月28日
 デニスとデニスの友達、Carriger(名字で呼ばれているの)と一緒にSanta MonicaへGOBeachのほうは・・・・あえて何も言いません。ちなみにデニスはハワイ出身なので、こんな汚いところ絶対に入らない、と宣言してました。私も、ちょっと寒いし、海には入らないで、デニスの部屋で見つけた金原ひとみの『蛇にピアス』の英語版をひたすら読むのみ。ちなみに英語版でも普通に読みやすかった、単語もそんなに難しくないし。何より内容がいい。なぜ今まで読まなかったんだろう。
 
 そして、午後はひたすらSanta Monicaをぶらつく。写真をアップロードできないのが残念だけど、すっごい町並みがかわいくてちょー気に入った。そして3人でおそろのボブマーリーの絵をゲット(ちなみにデニスの家に忘れてきてしまった)。
 
 太ももがいたい、と思いふと見ると、真っ赤にはれあがっている。てか、今もなんですけど(なんか、日焼けというより、やけどして黒ずんでる感じ。しかも、かゆい)。日焼け止めを塗り忘れた馬鹿な私。デニスも背中がいたい、とひたすら言い続けていた。あー、日サロに週2で通っていた15歳から18歳にかけては、バリ島に行ってもビンタン島に行っても日焼け止めなんか塗らないでガンガン焼いて、全然大丈夫だったのに。いつのまに私の肌はこんなにヤワになってしまったのだろう。ま、後々怖いので、もう二度と日サロなんか行かないけどさ。。。。
 
 夜は韓国料理屋でたらふく食べて、大満足。それにしても太ももがいたい。
 
6月29日
 デニスはバイトで一日中いないので、近くのモールに行って、アバクロでジーンズとTシャツを買った。他にすることもないので、家に帰ってひたすらデニスの持っていたDVDを見た。そして、見つけてしまった。『CKY』。『Jackass』を見たことがあるなら知ってるかな?私はあれ系のくだらないことが大好きなんです。てか、JazkassはDVDも2年前くらいから持ってるし笑。マジで汚いし、イタそうだけど、ああいうこと、やりたい。でも、たいがいの女の子はあれを見るとひいてしまうらしく、「Rayって本当に変わってるよね。あんなのが好きなんて女の子いないよ」とよく言われてました。
 CKYは、Jackassにも出てるBumとRyanが登場している。彼らがみんな18、19くらいの若いころに作ったもの。で、どれだけひどい内容かというと、私が一番笑ってしまったのは、うんこを拭いたティッシュを寝ている友人の顔につける、というもの。口の周りなどについているうんこを見て軽くはきそうになったけど。
 やられたほうはマジ切れして、仕返しに、その子が寝ている間に直接顔におしっこしていた。まーうんこのほうがよっぽどひどいけど。
 そんな感じでダラダラしていたら、デニスも帰ってきて、どこかディナーに行ったけど、あれ、忘れちゃった。最近、物忘れがはげしくて困る。
 
今日は書きつかれたのでここまで。
  
Posted by reirei0804 at 10:04Comments(0)TrackBack(0)

モントリオールでのルームメイト

 イトキンに教えてもらったウェブサイトからを探し、E-mailのやり取りのみで住むところを決めちゃった私。まー3週間だけだし。とりあえず写真を送ってもらって、キレイそうなところを選んだ。後は、Universite de Montrealから近いってのと(MetroのVilla Maria)、値段の安さ(全部込みで1ヶ月290ドル)。
 で、私の選択は正しかった。部屋も結構よいし、ルームメイトも二人とも優しいし面白いまー難点といえば、二人ともフランス語はまったくだめなので、家の中ではもちろん英語。なのでフランス語の上達は家では望めないってことくらい。彼らは二人とも男の子で、チャイニーズ系のカナダ人とオーストラリア人。で、しょっちゅう彼らの友達が遊びにくるので自然とみんなと仲良くなり、よく聞くと、みなさんエリート。お友達のうち2人は女医。しかもルームメイトのジャスパーは、エリクソンのエンジニアで、ジョーはMcGillで建築のマスターをとり、今は建築事務所で働いてるとのこと
 そして、彼ら、友人たちも含め全員プロテスタントで、食事の前もお祈りをかかさない。この前のディナーのときもすかさず料理が来たとたんすかさず手をのばそうとしたら、お祈りが始まりびびった。てか、久しぶりの感覚。うちの祖父母はカトリック教徒(でもうちの親は無宗教)、そして私は中学高校とカトリック系の私立の女子高だったため、毎日お祈りしていた(させられていた!?)のだ。まー高校にあがって1年でやめちゃったんだけどね。笑(決してやめさせられたわけではない
 
 てか、そんな出来事も、もう8年以上前なんだ、という事実にふと気づき、愕然とした昨日の夜でした。
 
  
Posted by reirei0804 at 09:38Comments(0)TrackBack(0)

June 24, 2005

ミュージックバトン

 率直に言って、このブログを見ている人は片手にも余る程度だと思う。コメントくれるのだって、Tommyちゃんとイトキンくらいだし笑。ポイントなんて11ポイントとかなってるし笑。
 で、そのTommyちゃんとイトキンのブログを読んでいると、巷ではミュージックバトンなるものが流行っているらしく、ちょっと面白そうなのでバトンまわってきてないけど、書いてみた。そして悲しいことにバトンを渡せる人もいないことに今気づいたのだが、まー気にしない。自分に始まって自分に終わる。簡潔でいいじゃないか。
 
1.音楽ファイルの容量。
ゼロ。実家のパソコンには何も入ってない。昔、弟のパソコンに勝手にKAZAAを入れていて、パソコンの調子が悪くなったと批難されたので、今はやっていない。しかも私のパソコンじゃないしね。
 
2.今聴いている曲。
 

ジーズ・タイムス

Mike Sternの“These Times”というアルバム。ジャンルでいうとフュージョン?かな。たまたま現在3曲目の“I know you”という曲だった。結構お気に入りの一曲。基本的に、最近はジャズ、フュージョン、ハウスばかり聴いている。

 

3.最後に勝ったCD
Leo Tardinの。いつも家で流して聴くにはいい感じ

 
Grand Pianoramax

 

4.よく聴く 思い入れのある曲5曲

 


Sexual Healing (Bonus Track)

私の神様、Marvin Gayeの大好きな一曲。ソウルとかジャズの大好きな父のおかげで小さい頃からそういう曲に慣れ親しんで育った私。4歳のときにMarvinが死んで泣きました。でもこれ、後になって分かったんだけど、歌詞がエロ過ぎ。

 

 
Remixes

 中学の頃、死ぬほど聴いてた。Remixじゃないほうも持ってたけど、こっちのほうがよく聴いてた。特に、“Right here”と“Anything”。当時パーティー(なつかしい響き!)でかかりまくってたな。本当に大好きな曲。

 


Tourist

St.Germainのアルバムの中の、“So Flute”という曲。マジでやばいくらいにかっこいい。この曲がきっかけで本格的にハウスのCDばかり買うようになった。

 


2Pac - Greatest Hits

多分これに入ってたと思うけど、“Life goes on”。中学と高校の最初の頃はHip HopかR&Bしか聴いてなくて、マジで大好きだった。この人が死んだときは、悲しくてしばらく放心した。あと、この中の“Changes”も大好きだった。

 

 


Raw Deluxe

この中の“Brain”という曲。基本的に、この曲だけ1曲リピートで、ひたすら聴いてる時期がありました笑。てか、アルバム買っても、好きな曲はいつも1つか2つなので、それだけしつこく聴くのがRayスタイル。

 

以上、まわってきてもないバトンを勝手に受け取った上に、次に渡さずに終わりました。

  
Posted by reirei0804 at 22:58Comments(6)TrackBack(0)

June 23, 2005

日記さぼってました

a125202a.JPG
 ずっとMixiの日記を毎日書いていたので、こっちのほうはかなりおざなりな状態に.....何でかって言うと、文字の色変えたり、絵文字入れたりする方法が分からなかったから。でも今日分かったので、これからはこっちもさぼらずに書きます
 4日後にLAへ飛び立ちます。が、2週間を予定して、アメリカ西海岸を周遊する予定だったのが、たかだか3泊4日のLA滞在に変わったので、不満いっぱいまー、2年ぶりに大親友のDennisに会えるからいっかな。
 バイトもしてない、お金もない、働いてる友達と会えるのは週末のみってことで、今Rayはアクセサリー作りにはまってます。彼氏に電話でそれを言ったら、「うわー、デブもここまでくると救いようないよー。そんなインドアな内職系やるようになったらもうダメだねー。てか、痩せる気なんてないでしょ?」と言われ、図星です。体重はいっこうに落ちません。妊婦よりもひどいんじゃないかと思われる二の腕とお腹。それらを鏡で見るたびに、くらーい気持ちになります。
 なんか、絵文字とか入れてみたら、日記を書く口調まで変わってきた気が....昔から、携帯のメールとかで絵文字入れるのがめんどうだから、という理由で用件だけ書いて終わり、というメールを入れ続け「なんかあーいうメールもらうと悲しくなる」だとか「冷たいよね」だとか散々言われてきたけど、今回はちゃんと続けようっと写真はインドアのデブなRayが作ったアクセサリーの一部です。結構かわいくできてるでしょ!?
アクセ3  
Posted by reirei0804 at 11:21Comments(6)TrackBack(0)

June 06, 2005

はぁ、ショック。

 アメリカ西海岸への旅行ができないかもしれない。この間も書いた通り、student permitの再申請をおこたっていたため、アメリカに行くまでには確実に届かない。この前カナダ大使館まで行ったけど(6月3日)、そこの人には今日から数えて3〜4週間後に届くと言われ.....食い下がったが無駄。まー私が悪いので。ちなみにサンフランシスコ行きのフライトは6月16日。絶対間に合わない。
 なぜこんなに深刻に考えてるかというと、現在アメリカは入国がとっても厳しいため、入国拒否される可能性があるから。ちなみに今のこの状況、visaなし、帰りの航空券もなしという私はカナダ入国も厳しいかもしれない。
 この前彼氏のお母さんとお姉さんがアメリカ経由でカナダに行ったとき、彼ママの日本のパスポートはNZで更新したもので、自動読み込みができないものらしく、成田空港でアメリカには入国できない、と言われたらしい。しかし、そこは多重国籍の彼ママ、NZのパスポートをさらりと見せ、なんなく入国できたよう。
 私はといえば、パスポートだってもちろん一つだし....マジ、どうしよう。

今ある選択肢としては

1.強行突破
 昔のパスポートとそれについているstudent permitを見せ、カナダに帰ってから申請する、と言う。そして、日本に届いたstudent permitを取れますよ、という紙をカナダに送ってもらい、カナダからもう一度アメリカに行き、カナダに最入国するときにその紙を見せ、student permit無事ゲット。でもリスクは大きい。アメリカに入るときも、カナダに入るときも、全てうまくいかない限り成功しない。
2.アメリカ西海岸旅行をあきらめる
 今もってる東京→San Franciscoへの航空券はキャンセルきかないから諦めて、新たに6月後半出発のLA行きのチケットを買う。(多分その頃にはstudent permitの紙も届いてるはず)。6月30日LA発のMontreal行きのチケットも買ってあるので、4日間くらいLAで遊んでそっからMontrealへ飛び立つ。
 でも、これだと無駄なお金がかなりかかる。おまけに予定していたSan FranciscoにもSan Diegoにも行けなくなるという、ひどい旅行に。

Plan1は、high risk, high return。もし全てがうまくいけばアメリカ西海岸2週間の旅行も行けるし、自分の予定していた通りに動ける。その代わり、入国拒否されたら全てがメチャメチャになるというもの。で、2のほうはlow risk, low return。予定していたアメリカ西海岸旅行は3日間くらいのLA観光になってしまうが、確実にアメリカにもカナダにも入れる。でも、LA行きの飛行機のチケットも買わなくちゃいけないし、結構ムダにお金を使わなくちゃいけない。
  
 悪いのは自分だからしょうがない。みなさんだったらこの場合どうしますか?アメリカ入国に詳しい方、誰でもいいのでコメントください。  
Posted by reirei0804 at 18:17Comments(5)

June 05, 2005

Which do you like better being the dumper or the dumpee?

恋愛において、大概の別れには振るほうと振られるほうがいる。理由は、他に好きな人ができたり、もうその人を好きじゃなくなったり、浮気がバレてあいそがつきたり、お金のトラブルだったり、もーここでは書ききれないほどでしょう。私の今までのフラレた経験や、男も女も含んだ友人の失恋体験談などで、ひとつどうしても納得のできない理由がある。
 付き合う前告白して振られる時の“好きだけど、今までの友情が大切で、一度付き合うといつか別れなくちゃいけないから付き合えない。今までの関係を大事にしたい”と、付き合って振られる時の“好きだけど好き過ぎて付き合えない”、だ。これほど相手に曖昧な期待感を持たせ続けてしまう振り方ってないと思う。相手のことを大事に思ってるならはっきりと“そういう対象じゃない”とか“もう好きじゃないから”とか言ってあげるのが一番いいと思ってる私は、こういう曖昧な言い方で逃げる人を見ると“所詮、自分が一番大事なんだな、この人は”と思ってしまう。“今までの関係が大切”とか“好き過ぎて”とか言ってしまうところに、『考え抜いて、でもやっぱりダメで、それでも相手によく見られたい自分』というのが見え隠れしてしまう。そこに狡猾さ、を見つけてしまうんですね。ちなみにその場合、私がひねくれているからそのように受け取ってしまうのか、相手が本当に狡猾だからか、は不明。
 でも、友達だったけどそれでもその人が好きで“好き”と告白して、相手に“自分もあなたが好きだけど無理”みたいな言い方をされたら、こっちはお互い好きなのに何で付き合えないんだよ!?となるのではないか(ちなみに私は経験ないけど。ただそう振られた友達に相談されて、心の中であーあー、いいようにされてるな、コイツと思っただけ)。てか、人間、本気で好きな人ができたらその人とハグしたい、とかセックスしたい、とかもっとよく知りたいって気持ちは出てくるわけで。そこでブレーキをかけてしまう、というか『ブレーキをかけれる』程度の気持ちならきっとむこうは本気で好きではないのでしょう。
 付き合ってる場合も同様で、本気で周りが見えなくなるくらいに好きだったら『その人との別れ』なんてミジンも考えないわけで、『別れ』を考え時点でもう心は現実を見て、違うところに向いているハズ。
 
 で、こうやって振られた方は“二人は複雑すぎて付き合えないんだ”とか、いいように相手を美化して現実逃避しがちなので、そういう相談を受けると私はこいつ、分かってないなぁ、と思ってしまうのだ。昔、遠距離恋愛をしてた彼氏に言われた台詞。“I like you but not as much as I need to....to keep this relationship”(君の事まーまー好きだけど、遠距離続けるほどじゃないんだよねぇ)つまり、遠距離を続けるためにはいっぱい好きじゃないといけないけど、それほど好きなわけじゃないってこと。そう言われたときは“おめーから遠距離でもいいから付き合ってって言ったくせに!死ね、この毛唐!!!”(差別用語も含まれているのでもちろん声には出して言ってない)とかなり腹が立ったが、今考えるとそのようにハッキリ言ってくれてありがたかったなぁ、と思う。
  
 まーでも『自分を美化させるようなキレイな振り方』をする人も彼らなりの言い分がきっとあるのでしょう。もしかしたら本当に狡猾な奴で、告白してきた人に対して『付き合いたくはないけど側に置いておきたい』と思っているのかもしれないし。もしかすると私のような底辺に生きていてシンプルにできている人間には想像もつかないくらいの複雑な脳の構造をしていらっしゃって、高尚なお考えを持っていられるのかもしれないし。私は、というと“好きなものは好き、嫌いなものは嫌い”と恐ろしいくらい単純明快なつくりなので、そういう人間をみると、自分が好きでもない人から好かれたい、八方美人のいい人ぶってるようにしか見えず、『怖い人だなぁ。心の底で何考えてんだろ....』と疑ってしまう。

 恋愛は、二人の気持ちだけを考えれば本来とてもシンプルなものだと思う。そこに周りの人だとか、色々なしがらみだとかが入り込んでくるといっきに複雑になるのだ。“好き過ぎて付き合えない”というのは理解に苦しむ。“好き”というシンプルの極みであるお互いの気持ちでさえも、“好き過ぎて”というようにワザワザ複雑にしてしまう人間を私は信用できない。例えは悪いが、私はうちの愛犬、テリーが大好き。でもテリーのことが好き過ぎて一緒に住めない、とは決してならない。一緒に住めないのは私がカナダにいるから、であって、テリーへの気持ちが大きすぎるから、ではない。こんな例えで一体何人の人が私の言わんとしていることを理解できるのだろうか、とふと思った。が、気にしない。要は、真剣に告白してきた人を振る時に期待を持たせるような振り方もそう振る人も嫌いだ、と言いたいだけ。だいぶ回り道したなぁ...  
Posted by reirei0804 at 17:41Comments(0)

June 04, 2005

ありがとう、日本代表

 勝ってくれてありがとう。って信じてたけど。小笠原ーーーーーーやるじゃん!大好き!このまま北朝鮮戦もつっきってほしい、北朝鮮にだけは負けないでほしい、てか日本が負けるわけないけど。国家主席の一家がギャグな上、サポーターの態度もサル並。あんな、国家単位で人間拉致っちゃうような国に負けてはいけません!!!!!
 それにしても、日本代表はかっこいい人多いなぁ。私は宮本、小笠原、柳沢が好き。でも一番好きなのは、前回イタリア代表フランチェスコ・ココと、フランス代表のシセ。今回も出るかなぁ、いや、出ますように。  
Posted by reirei0804 at 08:48Comments(3)

June 02, 2005

やっばいなぁ

 アメリカ旅行を目前にひかえ、すっかりstudy permitの申請をおこたっていたことに気づいた。実は、私のパスポートが今年の9月13日に切れるので、同時にstudy permitも自動的に切れることになり、まず、パスポートの更新をしてから、study permitももう一度申請し直さなきゃいけなかったのだ。
 毎日ダラダラしていて、気づいた時は5月24日くらい。やべぇ、と思いつつ3週間あるから早く届きますように!と願いながら次の日に出した。そして...戻ってきちゃった。去年も同じ書類送っておきながら、すっかり、学歴、職歴と、カナダでの勉強が将来の自分にどう関わってくるかについてのessayを忘れてたのだ。正確に言うと、覚えてたんだけど、カナダ大使館のページで、study permit申請に必要なもの、というページの上のほうだけ見て、『あれ、今年からあのふたつは必要ないんだぁ』と思い込んでいたのだ。で、昨日書類が届いて、もう一度web pageをチェックすると、下のほうにちゃんと書いてある....
 くそー、大丈夫かな。study permitがないからって入国拒否されたらどうしよう?といっても、私は、カナダの大学に在学するのは今年いっぱいで、来年からはNZにtransferするので、fulltime studentでもstudy permitは必要ないハズなんだけど(学内でバイトしたい人は必要らしいけど私は別にしないから必要ない、と、思う)。それでも心配。アメリカに入国するとき、帰りの航空券見せて、とか言われたらどうしよう。カナダ行くんだけど、と言って、ビザないの?とかつっこまれないかなぁ。そういえば、普通に6ヶ月滞在するだけならカナダってビザいらないんだよね?きゃー、こんなに適当でいいのかな?私.....どなたか教えてください。
 というわけで、心配なので明日カナダ大使館に行ってみます。行ったところですぐstudy permitを発行してもらえるか否かは不明ですけど。w  
Posted by reirei0804 at 18:34Comments(0)

May 30, 2005

間違いですか?狙いですか?

 うちの弟がi robotのDVDを借りてきて、何気なく一緒に予告編を見ていたら、マット・デイモンとグレッグ・キニアがコメディをやるらしい。タイトルは“二人にクギづけ”。それはどうでもいいのだが、マット・デイモンを紹介している時、テロップにはアカデミー賞俳優と出ていたのに、ナレーターは“アッケデミー賞俳優”と言っていた。しかもとってもシリアスに。気になって三回も巻き戻してしまったが、何回聞いてもアッケデミー賞と言っている。この作品に携わる人で過去アカデミー賞候補だとか、受賞とかした人は4人いるらしく、それも全て“アッケデミー賞”と言っていた。ただの言い間違いなのだろうか、だとしたらtrailerにしてもあまりにもずさんなつくりだ。とても気になって眠れない。  
Posted by reirei0804 at 01:26Comments(0)

TOEFLの結果

Listening 24
Structure/Writing 25
Reading 25
  Essay Rating 5.0
で、total 247

予想通りだね、点数。てか、カナダ行く前と変わってねーじゃん!私のカナダでの8ヶ月はなんだったんだろう.....ま、下がってるわけじゃないからいっか。

 それにしてもTOEFLを受けるときにちゃちなカメラでとられるこの写真がむかつく。どう考えても横が2割増。すっげぇブス。スコアの紙に印刷されている、その犯罪者のような写真を見るたびに、軽く落ち込む。写真写りだけはいつもいいのに、この写真だけはダメだ。でも、弟に『え、そのままだよ。お姉ちゃん、自分で自分のこともっといいと思ってた?これ以上でもこれ以下でもないよ。』と言われ、現実に直面してしまった。今日はくやしくて眠れない。  
Posted by reirei0804 at 01:14Comments(2)