2016年11月04日

ようこそ、wさん・・・

「先生、こんにちは。お久しぶりです。」数日前、Wさんが隣町美郷の故郷から横浜へ帰る途中寄ってくださいました。FBでは、何時も情報を交換し合っても、実際に会えるのは、久方ぶりなので、とても懐かしく思いました。私が、美郷の沢谷小に勤務の頃、小学生だった和田さん、テニス、声楽、水泳、山岳指導員、カメラマンとして、大活躍中です。
 「先生、此方へお邪魔する途中、写真を撮りつつきましたが、鹿の鳴き声を耳にしましたよ。」「えっ、」熊の出没は耳にしても、鹿の存在は、初めてでした。アルプスの山々で鹿の鳴き声を何時も耳にしているWさん、・・・ふと・・・
 百人一首で、猿丸太夫作の 
 奥山に紅葉踏み分け、鳴く鹿の 声聞くときぞ、秋は哀しき
 2人で、この歌を思い出しました。美郷には猿丸や、奥山の地名もあるので、若しや…と思ったりしました。どうなのでしょう・・・
 和田さんは、再会を約し、元気で、横浜に帰っていかれました。また、お元気でご活躍を・・・・

reisho at 21:08|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2016年06月19日

懐かしい川越小同窓会

11日は、川越小時代、同僚だった皆さんとの同窓会でした。Mさんは、現職時は、サウジアラビアに3年間勤務、暫くたって、次は、ローマの日本人学校で校長としてご活躍でした。退職後は、10数年も、松江市の公民館にお勤め、そのユニークな館長ぶりは、現職時と変わらず、私達を感動させてくれました。
 Kさんは、オランダに勤務、それから,暫くたって、フランスの日本人学校で校長として勤務、今年3月、帰国されました。現在は、鹿足郡の校長先生です。フランスでは、児童が200名、暴動もあり、通学時など、ご心労も並大抵ではなかったと思います。本当にお疲れ様でした。事件がある度に、私は、心を痛めておりました。川越時代 気配りもあり、子供を愛する先生のお姿に、学ぶことも沢山ありました。
 Mさんは、新卒時代、私と同僚になりました。台湾の日本人学校も経験され、現在は、奥出雲の校長先生です。高学年担当で、ご縁も深く、その熱意には、何時も感動させられていました。
 少子化で、学校統合も多く、そんな中で、管理職としての登用、流石と思います。女性は、みな近隣の仲間で、Sさんとは、勤務校も、たびたび同じ、、現在は、吟詠や詩舞の仲間でもあり、励まし合える無二の親友です。
 Tさんは、川越だけのご縁だったけど、現在は地元の教育委員さんです。音楽は、特に得意で、いろいろお世話になりました。妹と読書会や、歌の世界で、ご縁をいただいていたそうです。  
 川越小では、この日、偶然にも1年から、6年までの担任が全員揃ったと楽しい思い出話に花が咲きました。持つべきものは、いい仲間・・・今度は、「松江で会いましょう。」とのことでしたが、必ず実現しなければ…と楽しみにしています。別れる時、Mさんが、
 「新卒の時から、頑張ることの尊さを学び、それが宝物になって現在も続いています。」と言ってくれた言葉が忘れられません。私も生涯自己教育を忘れず、心身の健康に留意し、いろいろな仲間と共に前進したいです

reisho at 01:10|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2016年06月03日

意義ある日々

 






山田 澄子

13時間前 ・



..
 5月28日は大正琴とのコラボをさせていただきました。お琴の皆さんは、11名だったけど、いろいろ工夫を凝らし、よく奏でていらっしゃいました。元スチュワーデスのDさんが、ご主人様と共演、素晴らしかったです。会員のおばあさまのために…私たちも感動,ご挨拶も流石にお上手でした。井川先生の遺児敬子さんも、昨年より会員になられ、はるばる広島から来川しての共演、独奏、感動と共に、懐かしさも一入でした。私達吟友会も、それなりに協力して、頑張りました。いろいろな意味で、いい経験になりました。
 5月29日は、今井美術館へ、日本画の鑑賞に行きました。何時もの仲間4人…200号の大作がずらり・・画題も豊富・・芸術性も高く、田舎にいても、こんな素晴らしい絵画に出会えるなんて最高でした。
 5月31日は、吟詠の財団県総連の理事会でした。浜田市、益田市の仲間と松江市へ・・・出席は11名、いろいろ課題はあったけど、有意義な一日でした。夜は、地元4支部が集まっての合吟練習会、松江から帰宅したのは夕方6時40分・・・10分後、会員の車に便乗し、管理棟へ・・・7時半から、最後の練習会…皆よく頑張りました。私自身、朝の6時から休む暇なしの活動だったけど、楽しい一日でもありました。その日、高齢になれば毎日がスタートだと思いましょう・・と言ってくれた人の言葉は有難く、印象的でした


reisho at 11:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年05月23日

お世話様になりました

5月20日は、四国松山市で、清吟堂吟友会の、総会がありました。邑智からは、本部の副会長、邑智の会長以下3名の代議員が参加しました。恒例の行事以外に、役員改選があり、終了した時は、5時前でした。6時発のスーパージェットに間に合うか心配でしたが、2分前に松山港に到着、やっと乗船できました。
 船内で夕食・・・7時半に広島港到着、車の相乗りで、矢上着は、9時半頃でした、3人の男性と別れて、女性のKさんと車に乗ろうとしたら、バッテリーが上がっていて大変、日和や矢上の仲間にTEL,すぐに来てくれて30分充電、不明な面もあって、川本のUさんにTEL をしたら、う回路を通り、ご夫婦で迎えに来てくださいました。仲間が、それまでに充電してくれていて、無事に11時過ぎ帰宅することが出来ました。
 Uさんは、今朝早速来訪して、バッテリーを取り換えてくださいました。「7年間も、よく持てましたね。」とのお言葉・・・この度は本当にお世話様になりました。共に四国に出かけた役員の皆さんにも、お疲れのところ、ご迷惑をおかけし、申訳ない思いで、一ぱいです。本当に有難うございました。感謝の気持ち(お花)です。


reisho at 23:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

 お世話様になりました

お祝い18279284455_bd7015b9d1_

reisho at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月04日

 明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。旧年中は一方ならぬお世話様になりまして、有難うございました。本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。昨年は、諸行事に追われ、ブログを顧みるゆとりもなき日々でしたが、今年は、もう少し、挑戦したく思っております。お暇な時には、訪問してくださいね。
  最近、出版界は、不況と言われていますが、昨年は新しい動きがみられました。皆さんご存知のように、芸能界で活躍する又吉直樹さんの作品「火花」が芥川賞を受賞し、単行本になると、240万部売れ、芥川賞受賞作品では、トップになったそうです。又吉さんは、書き手としても優れていらっしゃるし、その上、無類の読書家でもあるそうです。その為、第2作も期待されていらっしゃるとか、これは出版界にとっても読者にとっても明るいニュース・・・、早く読ませていただきたいです。
 「週刊読書人」で「風来」を受け持っていらっしゃった植田社長様の記事もスペースの関係でなくなりました。学ばせていただくことも多かっただけに、寂しさも一入です。植田先生、長い間本当に有難うございました。 


reisho at 00:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年08月10日

青木新門先生の講演

毎日、厳しい暑さが続いています。8日は,邑南町品川始さんの「私のシベリア抑留記、凍った大地に」の復刊記念講演会が邑南町田所公民館で行われました。
 品川さんのお礼の挨拶の後、アカデミー賞受賞の映画「おくり人」の原案、「納棺夫日記」の著者、青木新門先生の記念講演会がありました。
 品川さんのシベリアにおける、抑留生活、憎しみも、悲しみも、すべて大地に捨てて、帰られたという著書は、以前読ませていただき、感動しましたが、ご自身の挿絵も、お優しい人柄がにじみ出ていました。
 8歳まで満州で生活し、同じような経験をお持ちの、青木先生のご講演も納棺夫
としての職業意識、そして、生と死の接点、そこで敬虔な思いで、向き合うことの尊さ等、体験を通してのお話は、私たちの心をしっかり揺さぶりました。2時間の講演会、地元の皆さんも約300名参加、戦後、70周年を迎えるにあたってのご講演故、一層意義があったように思います。.
..
もっと見る

reisho at 15:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年05月30日

大正琴「智沙の会」に参加して

 今日は、大正琴「智沙の会」のおさらい会でした。私達も、要請により、今年も町内の詩吟の指導者と共に「白雲の城」に吟詠を加え、7名で出吟させていただきました。師匠のIさんは、他界され、翌年ご主人もご逝去、でも、志を継いで、頑張られるお弟子さん達、いい音色でした。遺児K子さんは今年も、広島から、鑑賞にお出ででした。偶然私と隣り合わせ、お互いに在りし日を偲んで涙々でした。私達が吟ずるときもK子さんは泣いていました。彼女のお母さんとは、2か所の学校で共に勤務、音楽祭に出る時も、コンビで合唱を教えていました。退職後は、大正琴を習ったり、詩吟を教えたり、そんな私達・・・・マルチホールで大正琴に合わせて歌いながら、走馬灯のように、思い出が蘇ってきました。今は昔、Iさんご夫婦のご冥福をお祈りし、「智沙の会」の益々のご発展をお祈り致します。K子さん、いつまでもお元気で・・また来年もお会いしましょうね。皆様、お疲れさまでした。


reisho at 17:48|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2015年01月28日

新春親睦吟詠大会

25日は、私達の新春親睦吟詠大会でした。朝、8時30分にマルチホールに集合し、会場準備をしました。10時より開会、午前中は合吟、連吟、独吟、詩舞、午後は、余興とカラオケと続きました。
 わが支部も、それぞれの分野で活躍、此方も、出番が続き、その準備で、会員の応援も十分出来ませんでした。浪曲をしたわが支部女性の評判もよく、その苦労が報われて、嬉しく思いました。太極拳も、中国服に身を包み,詩舞の仲間5人で出演、異色で好評でした。余興最後の出し物、ダンスも、みんなの心が一つになり、楽しく踊れました。他の支部の出し物にも、工夫されたものがあり、一日が、和やかに過ぎて行きました。練習するときは、苦しかったけど、それだけに終わった後の喜びは、一入でした。
 地教委の担当の方、お世話様になりました。その他にも、いろいろとご指導をいただき、感謝しています。会員の皆さんお疲れ様、教室の皆さんは、今年も早くから接待その他、役員として、いろいろと貢献、本当にご苦労様でした。お疲れでしょう。また、来年度も、お互いに元気を出して頑張りましょう。


reisho at 22:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2015年01月07日

今年も元気で・・・・

昨日は、私の出初式、午後から、太極拳でした。入門と、初級段階を吟友会に入っている人(6人)で、新春親睦会と、因原の公民館祭り(2月15日)にすることになりました。今月の25日の親睦会までに、合吟、詩舞、ダンス、太極拳の練習・・・その他、独吟や、カラオケ、浪曲に挑戦する人もいます。また、お互いに年齢を忘れて頑張ります。健康で生きることの大切さをしみじみ思う今日こ頃です。

reisho at 23:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)