トップページ » 注目銘柄・注力銘柄
注目銘柄・注力銘柄

東京精密

 いやー、大変な台風でしたね。自分の家は少し雨漏りするくらいでどうにか持ち堪えてくれましたが、テレビの映像を見ていると、日本列島に残した傷跡はかなり大きそうです。

 昨日は、何かあった時に備えたりして落ち着かず、株の検証が思ったより出来なかったのですが、投資先の東京精密については、個別銘柄の投資戦略シートへの記入により、あらためて頭の整理を行いましたので書いてみたいと思います。

 さて、まず東京精密の投資視点としては、「シリコンサイクルの反転期待」となります。アドバンテストを筆頭とする半導体製造装置関連は、このシリコンサイコルの反転の1年とかかなり前に株価が先行する習性があり、そのアドバンテストの大幅高をきっかけに私は半導体関連銘柄への強ウォッチを開始した訳ですが、その中でもITバブルの時のとんでもない強さが頭の中にあり、以前にも何度か取り組んだ事もある東京精密に目をつけました。

 個別チャートで言うと、ここ1年あまり2600-3400程度の保ち合いにあります。ですので、本当はお盆の時に買ったポジションの持ち越し、または次のレンジ下限への急落まで待つというのが理想なのですが、,海械映になかったレンジ上限での高止まりと、△茲發笋離▲疋丱鵐謄好箸旅垢覆訃綯幼匹いあり、ここで打診買いを行ったものです。加えて、先週末にF韻戸佑淵船磧璽箸鯢舛い討いSUMCOの保ち合いブレーク出来高急増の大陽線、がありますので流れ的には、いずれ東京精密も保ち合いブレークに向かうのではないかと期待しているところです。

 今後の投資方針としては、保ち合いブレーク後に増強を基本に、もし下げた場合の対応など事前にシナリオを描きながら取引して行く予定です。

 リスクとしては、通常の指数下落時の影響の他、後のシリコンサイクルの回復が確定されたものではない事が挙げられます。業績自体も、現状はかなり落ち込んでおり、見た目では買えないというのが正直なところだと思います。ただ、その分、アドバンテストやSUMCOには比べるべくもありませんが、この東京精密も売り長となっています。

reit_fightreit_fight  at 09:54コメント(0) この記事をクリップ! 

1357_日経ダブルインバース

 本日は、1357_ダブルインバースという銘柄について考えて行きたいと思います。最近、ようやくこの扱い方が分かって来た様な気がするで、良い点のみならず、悪い点・難しいも含めて考えて行きます。

1.日経ダブルインバースとは?
 日経平均株価の騰落率のマイナス2倍となる値動きをするファンドとなります。同様のファンドとして、1360_日経ベア2もありますが1357の方が売買代金が大きくメジャーとなります。

2.私が取り組みだしたきっかけと現状認識
 私は、昨年DIのヘッジ用として、この1357に取り組み出しましたが、流動性や値動きの特性が異なる組み合わせで買いと売りをしてもヘッジ機能が働かない事は分かっていましたので方向転換し、今は単純にこのファンドのブル局面(指数のベア局面)で有効利用する事を考えながら取り組んでいます。

3.利点と注意点
 利点は、カラ売りと違って信用口座を開設せずとも現物投資と同じ感覚で投資が出来る事、更にいうとカラ売りが通常のチャートの逆で考えなければならないのに対して、現物投資と同じ感覚でチャートを見る事が出来るため扱いやすいという点かなと思います。また、カラ売りと異なり資金ベースも上がって行くため上がると利を伸ばして行く事が可能です。
 注意点としては、信託報酬がかかるため、これがバカにならず本当に長く持つものでもないという事です。3月の配当落ちの時も逆にその分減った様に思いますし、25日MAとの位置関係も指数と若干異なります。株は基本的に株価が全く同じであれば資産が減る事はありませんが(逆に配当分の資産上昇)、日経ダブルインバースは半年後1年後の指数が同値であれば、日経ダブルインバースは資産が確実に減少するという事です。

4.まとめ
 以上のことを踏まえた上で、比較的短期的にベア系の値幅取りを目指す場合、カラ売りが個別株の値動きに左右されるのと異なり、確実に指数と逆連動の値動きをしてくれ売買高もありますので、これを自分のものにしておくと、取引の幅が広がる様に思います。ただ、あくまでベア系の投資である事に変わりはありませんので、その意味での難しさはありますので、これを推奨するものでもありませんし、あくまで参考情報として本記事を見て頂けると幸いです。

 個人的には、次は戻りで25日MAにタッチしたあたりがエントリーポイントとしては面白そうに考えています。

reit_fightreit_fight  at 23:44コメント(0) この記事をクリップ! 

個別銘柄「オイシックス・ラ・大地」

 本日打診買いをした3182_オイシックス・ラ・大地について書いてみたいと思います。もともとこの銘柄は気になっていた銘柄ですが眺める程度でした。普段は飛付き買いはせず、強ウォッチ後に買うのですが、テレビ放送の内容を好感して1段ステップを飛ばしました。

 さて、そのテレビ放送ですが、昨日の「坂上&指原のつぶれない店」で大々的に取り上げられたものです。この番組は、ヒットしているお店・商品をそのポイントとともに紹介するもので、先日の成城石井の時も、かなり反響があり、我が家でもあれからかなり買い込んでいます(ポークウィンナーは特にお勧めです)。

 その中で、東大出身の高島社長が出演し、「野菜業界に革命!安くないのになぜ人気?」というキャッチコピーで紹介されました。単価的には、普通のお店の2倍とかする様なのですが、農家と連係し美味しい野菜を通販を中心に展開しており、農業革命の様に感じました。地方の埋もれたおいしい野菜を名づけなどにより人気を獲得していく事は農家さんとWin-Winの関係となります。

 みつトマトという商品名で極上トマトを販売している農家さん(まだ33歳のお若い方です)は、トマトの研究を大学時代から長年積み重ねた結果、糖度が高いおいしいトマト(普通は5度→みつトマト10度:一番高いものは14度)を開発した結果人気が爆発し、ビニールハウスが当初から70倍になったそうです。

 農家さんの野菜の最優秀賞を決めるイベントも毎年あり、その熱気が伝わって来ましたが、2018年度はあめトマトという商品が最優秀となった様です。あめトマトの農家さんも紹介されましたが、こちらもかなり設備などに工夫を重ねている様でした。

 また、売り方としては、通販のサイトの中で、必要な食材とレシピをセットにしたミールキットが面白そうでした。一度頼むと癖になりそうです。そんな訳で、テレビ放映の投資家への反応(本日の買い)よりも、テレビ放映による消費者への反応が大きいと考え、業績インパクトも考え打診買いをしたものです。

 さて、株価的には、本日の終値が52円高の1,746円となります。M&Aの過程で人気化し、数年前と比べて3倍程度の株価となっており、今は1,500〜2,000円の保ち合いにあります。本日25日MAを突破しましたので、目先的には25日MAの上で推移出来るかに注目し、中長期的にはいずれ2,000円そして高値の2,500円を超える動きになってくるかに注目して行きたいと思います。

reit_fightreit_fight  at 23:41コメント(0) この記事をクリップ! 

銘柄のスクリーニング

 3連休ですし、せっかくの好環境のためじっくりと検証を行っていますが、銘柄のスクリーニングの状況を記録しておきます。

[時価総額上位上値追い]
スクリーニング条件
・時価総額:2兆円以上
・高値からの下落率:5%以内
スクリーニング結果
・銘柄数:26銘柄
・主な銘柄:セブンアイ、富士フィルム、リクルート、ソニー
 三井物産、三菱商事、ソフトバンク等通信、ファーストリ

[順張り]
スクリーニング条件
・売買代金:3カ月前比1.3倍以上
・25日MA乖離:5%以上
スクリーニング結果
・銘柄数:578
・銘柄:沢山

[割安]
スクリーニング条件
・PER実績:10倍以下
・PER予想:10倍以下
スクリーニング結果
・銘柄数:129
・セクター:建設、不動産、化学、金属、自動車、銀行、
      商社、リース


 という事で、やっぱり短期はソフトバンクと商社を注視・注力して行こうかなと考えています。ただ、商社が直近強すぎるので、配当落ちで押してくれる事を期待しています。

reit_fightreit_fight  at 12:43コメント(0) この記事をクリップ! 

保有銘柄について

 本日は、保有銘柄について書いて行きたいと思います。

1.長期保有銘柄
・4310_DI、8923_トーセイ、8934_サンフロンティア
 の3銘柄(変更なし)
・ポジション量:DI維持,トーセイ一定量利食い,サンフロン維持・増強

2.短期保有銘柄
・2159_フルスピード、7177:GMOフィナンシャルHD
・ポジション量:打診買い(100万円以下)

3.各銘柄に対する考え方
(1)4310_DI
 木曜日に書いた通り、3月の月足に注目していましたが、見事に2月に続いて強い陽線となりました。4月25日にアイペット上場があり、上場後のDI保有分の時価総額が注目され、凄い事になりそうですので、当然調整はあれ強いトレンドはしばらく継続するものと考えています。ちなみに、ペット保険首位のアニコムも急上昇中で現在時価総額800億円となっており、先日の計算をあらためてすると、800×1/3×0.6=160億円となります。(あくまで数字遊びですが夢が膨らみますね)

 チャート的には、この近辺(三千数百円迄)が2014年末からのBOXの上限となっていますので、このBOXを今後明確に上抜いて来るかがポイント。業績(変化率)や今迄のチャートの底練りを考えると、行けるのではないかと考えていますが、今の段階ではその期待が高まって来たというステータスの様に思います。日足で見ると、以前の高騰局面の様に出来高が10倍,20倍とならなくても、落ち着いて上昇トレンドを描いており、引き続き売りは少なく(DIホルダーのgrip力のお陰と思います)、買い手が痺れを切らして上値を買い上がる展開が続いています。

 個人的には、4万株程度持っているため、百株単位でたまーに確定したりはしていますが、強いこと、強いこと。基本数量はしっかりとホールドしたまま、もともとの夢(DIで億単位で取る)を実現出来たらなと思います。

(2)トーセイ
 次のサンフロンティアもそうですが、年初来で不動産小型株がかなり調整しています。この要因と、個人的なCP増強の目的から結果的にはトーセイは年初から一定量利食う結果となっています。但し、株主総会にも出ましたが、トーセイの会社としての安定感は評価しており、ノルウェー政府とか外資も買っていますので、長期的投資のスタンスは全く変えていません。不動産セクターで言うと、三菱地所が長期チャートでコツンと底をうった様に感じており、これから全般的に注目度を上げて行きます。

(3)サンフロンティア
 Myポートフォリオ的には保有分の含み利益は相当減りましたが、実は今後の長期目線で言うとサンフロンティアには一押しで注目・期待しています。一昨日の押しでも少しだけ増強。配当利回りも良いですし、PERも7倍台で安く、個人的には増資効果もあり来期の四季報の数字は上方修正されて行くのではないかと考えているところも魅力。今からの新規投資としても、サンフロンティアの1100円台はかなり魅力的と考えています。但し、需給は悪いため、上がるとしてもそんなにすぐには上がらない事は覚悟する必要があると思います。

(4)フルスピード、GMOフィナンシャルHD
 四季報などによる最近のスクリーニングによりピックアップした銘柄ですが、両銘柄の共通点は親会社の株価が絶好調なのに対し、子会社である自社の株価が低迷中というところと思います。少し時間はかかりそうなため、小口で打診買いをして様子を見た上で、今後の対応を考えるつもりです。いずれもベストシナリオで1.5倍とか狙えそうに考えています。

reit_fightreit_fight  at 08:35コメント(0) この記事をクリップ! 

保有銘柄について(2017-6-25)

[ドリームインキュベータ:2,167円]
 業績の実績や四季報の数値からはなかなか買えないと思いますが、このところ堅調なチャートを描いています。やはり見る人は見ているという事なのかも知れません。出来高が少し上がって来たのも朗報。個人的には、株主総会前後で銘柄の検証を十分に実施し今後楽しみという結論ですので、どっしりとHoldして行きます。

[デジタルガレージ:2,065円]
 決算発表後の急落後の保ち合いは一旦上抜けましたが、まだまだ短期的には難しい局面。一方、長期的に見ればこの押しは絶好の買い場だったという事になりそうに思っています。

[トーセイ:797円]
 トーセイの700円台はストロングBUYと見ていますが、この銘柄が本当に活躍するのは、900円を明確に超えて来たらと考えており、「見」でも良い様に思います。7月5日に第2四半期の決算発表を予定しており、その前後で動き出すかに注目しています。

[ひらまつ:665円]
 先日の木曜日に、優待保有の500株から増強しましたが、今後売上高500億円を目標に業態を広げようとしており、第1弾として増やしておいたものです。今後の展開次第では株価が化ける可能性があるのではと考えている銘柄です。皆様も調べて見ても面白いと思います。

reit_fightreit_fight  at 08:55コメント(0) この記事をクリップ! 

4819_デジタルガレージ

 昨日、本ブログで4819_デジタルガレージの決算発表があった事を記載しましたが、このデジタルガレージについて少し書いてみたいと思います。

(1)会社概要
 名前の如く、ネット(デジタル)関連事業を、倉庫の様に持ち、多角的に展開する、ネット関連企業というところだと思います。一番有名なのは、現在約20%の持ち分を持つカカクコムでしょう。また、多角的に展開する上で、ネット関連企業への投資も精力的に行っています。投資先上場企業としては、BEENOS、アイリッジ、クラウドワークスなど。

(2)2/10(金)の決算発表
・決算月変更(6月→3月)による変則決算(9ヶ月)の2Q。
・売上高:238.17億円、純利益:37.01億円、1株益:78.32円
・通期予想1株益112円(変更無)、進捗率2/3以上をクリア

(3)株価について
・2/10(金)終値、1,886円:現在、先日のカカクコムの決算
 発表(成長性の鈍化)を受けて大幅下落中。
・本銘柄の成長性については、決算説明資料を参照。
DG決算説明資料

 単純に、12か月決算で考えた場合の1株益は、112×4/3または78.32*2≒150円程となり、ネット関連の成長株としては非常に過小評価に見える。というのが、昨日書いたコメントの心です。但し、カカクコムの下げ止まり加減により、まだ下値を試す可能性がありますので、新規に買う場合には注意して頂ければと思います。

reit_fightreit_fight  at 20:54コメント(0) この記事をクリップ! 

不動産株

 週明けからも不動産小型株に注目していますが、.船磧璽醗銘屐↓▲丱螢絅─璽轡腑鵝楞益基調(この観点からは、大手不動産株よりも小型株の方が圧倒的に面白い)、材料性(月末の金融緩和期待)、と3拍子揃っており、久しぶりに私の得意とする銘柄群に(少なくとも短期の)流れが来そうで、期待しているところです。

 特に、△砲弔い討蓮現行の不動産流動化関連銘柄の激低バリューエーション(Fブラザーズ、レーサム、サムティはPER10倍以下)はご承知の通りですが、下記の通り金曜引け後にFブラザーズ、サムティが決算発表をしており、強い決算を印象づけましたので、火曜日は一斉高を演じる可能性もあるかも知れません。(その他、持ち株ではありませんが、いちごHDも上方修正を発表)

3454_Fブラザーズ
・1株益を182.22円から233.31円に上方修正
・この水準も第三四半期でクリアー。再上方の可能性も。
・今期PERは、6.73倍に低下。
・参考:四季報一株益数値:235.4円(通期)

3244_サムティ
・1株益を155.52円から204.34円に上方修正
・この水準も第三四半期でクリアー。再上方の可能性も。
・今期PERは、5.67倍に低下。
・参考:四季報一株益数値:175.5円(通期)

 なお、ケネディクスの決算発表は、11月10日の予定です。現在、ケネディクス23千株、Fブラ・サムティ・レーサムを各100万円程度分保有しています。

reit_fightreit_fight  at 08:15コメント(0) この記事をクリップ! 

不動産株について

 不動産株は、私のハンドルネームのreit_fightが示す通り、私の一番得意としているセクターでありますが、ケネディクスなど、最近また力を入れ出しています。その要因はいくつかありますが、(1)今年になり値動きの良い銘柄が目立って来た事、(2)一休で東京ホテルがかなり取りづらく(高く)なって来た事、(3)決算の数値が目を見張る銘柄がいくつもあった事、(4)GDPの速報値、今週の東洋経済(不動産特集)等これを裏づけるデータも見られて来た事、が挙げられ、複合的要因となります。

 色々考えた結果、個人的な視点としては、不動産株の中でもInbound(外国人による)不動産投資に恩恵が大きい銘柄、言い換えれば都心の地価上昇に恩恵が大きい銘柄にターゲットを絞っており、その意味でケネディクスを本線にしています。そして、レーサム。Fブラザーズを切らないでいる理由も、この延長にあります。

 個人的には、不動産株はチャート的な2年間の調整過程を経た事も考えると、三井不動産など大手も含めて今後面白いのでは? と感じており、今後このブログでも不動産関連株の記事を厚くして行きたいと思います。

reit_fightreit_fight  at 08:42コメント(0) この記事をクリップ! 

3454_ファーストブラザーズについて

 4月に決算発表後急騰し、現在きつい調整を強いられている3454_ファーストブラザーズについて、IPO銘柄の特性も踏まえて、私の考えるところを書いてみたいと思います。個人的には、100万円程度儲け損なってしまってはいますが、まっいいか程度にしか考えておらず、あまり気にしていないのですが、ちょっと自分の頭の中を整理してみたくなり記事にしたものです。

1.IPO銘柄の値動きの分類
 IPO銘柄は、まず初値で見た場合、数倍レベルに大きく値が飛ぶ「初値高騰型」と、公開価格近辺で上場する「ひっそり上場型」に分けられると思います(あくまで名称は、私が思い付きで付けたものです)。個人的には、「初値高騰型」の銘柄は、自ずとPERが高くなり値動きもジェットコースターとなる事から、全く興味はなく(眼中になく)、「ひっそり上場型」でかつ気になったものについて、今迄少し取り組んで来ました。良い例が、銀だこの3196_ホットランドで、早々に振り落とされはしましたが、こずかい稼ぎにはなりました。

2.IPO銘柄の値動きの特長
 IPO銘柄は、言うまでもなく値動きが激しく、ほぼ(100%)需給関係で値動きが決まると言って良いでしょう。従って、"損切りは早く" を守る事が必須で、持ってしまう癖のある方は、IPOでとてつもない損失をこうむってしまう可能性があり注意が必要です。すなわち、IPOにはIPO専門の参加者が多く、来る時はどかんと来るが、非常に移り気なため、引くのも非常に早いからです。一旦、需給関係が崩れると出来高もピークから少し減るというレベルではなく、銘柄によっては1/100とか1/1000になる場合もあります。この様な理由から、IPOに取り組む場合には、事前にこのIPOの常識をしっかり噛み締めておく必要があります。

3.3454_ファーストブラザーズについて
 3454_ファーストブラザーズは、2/18に上場した不動産関係のIPOで、2,040円の公開価格に対して2,090円の初値で「ひっそり上場型」に分類されます。4月に上方修正するまでは、更に地下に潜りましたが、これは先期の業績が飛びぬけて良かった事から、一過性で今期の業績の評価が難しかったからと思います。そして、4月の上方修正から一時3,200円代迄行き、現在(2,390円)に至ります。
 私は結局(下で買っていた分は)HOLDのままですが、何故まだ持っているかというと、1点目はまだ損はしていないこと、そして2点目は、4月の決算発表において良い意味で裏切られた事から、潜在能力を相当高く評価しているからです。また、この銘柄には中谷宅雄氏という個人の大株主も出現しています。
 チャート的には、ここまで来ると2,237円迄の窓埋めは一瞬あるかなと思いますが、恐らく窓埋め後は急反発するものと推定しています。個人的には、窓埋めがらみでNISAで買えたらベストと考えているところです。
 なお、本記事は、Fブラザーズの潜在能力は認めるものの、売買については自己責任でお願いします。なぜなら、先に述べた通りIPO銘柄は、ほぼ(100%)需給関係で値動きが決まるからであり、目先はあまり面白くない値動きが継続する可能性が高いと考えているからです。
 一方で追い風としては、不動産小型株のここでの決算がかなり良い事です。13日のケネディクスしかり、そして15日引け後のレーサムしかりです。(追記)先日迄取り組んでいた、オープンハウスも15日引け後に上方修正+増配+分割とのこと。
 決算みたら、銀行株買っているより、不動産小型株を買いたくなる投資家心理が働きます。

[3454_Fブラザーズ]
・5/15終値 2,390円 +40円(+1.70%)
・一株益:1Q 150.6円、半期 191円(予)、通期182円(予)
・チャート
f


reit_fightreit_fight  at 19:49コメント(0) この記事をクリップ! 

ソフトバンク

 「孫正義世界を買う」という表題を見て、つい週間ダイヤモンドの今週号を買ってしまいました。

 あらためて、ソフトバンクの経営者である孫正義氏の凄さを思い知らされ、またソフトバンク株への興味がふつふつと湧いてきている次第です(笑)。ソフトバンクは、投資&企業買収により企業価値を高めて来ました。10年前と比較してソフトバンクのブランド価値は格段に高まって来たと思います。2000年のアリババへの投資が9兆円以上の含み利益を生み、今インドへの投資に注力しています。

 最近の自分の長期投資銘柄の選定基準として、経営者をかなり重視しています。ドリームインキュベータを、これだけきつい調整している局面でありながらも、平然と持っていられるのも、堀さんを信じているからに他なりません。ソフトバンクの孫社長は、間違いなく経営者としてはトップ中のトップと言えるでしょう。

 さて、そのソフトバンクですが、現在の株価は6,840円、時価総額は8.2兆円。お世辞にも時価総額が安いと言えず、その事が最近ウォッチもしていなかった理由でもありますが、現在、1年強のBOXの下限付近におり、ひとまずは勝負ポイント。これを明確に下抜いてしまうと、しばらくは見る価値もなし。一方で、ここで持ち堪えられれば、次のBOXの上抜けのチャンスをひとまず得る事が出来ます。

qq


reit_fightreit_fight  at 22:40コメント(0) この記事をクリップ! 

今後の銘柄選定について

 先日来書いている通り、ここで会社四季報プロ500銘柄という雑誌を読み、今後注力する銘柄について色々検討していますが、現状考えているところをざっくばらんに書いて見たいと思います。

 なお、記載のPER、利回りは、四季報プロ400銘柄記載のデータによります(11/26現在)

(1)長期(万年)低PERの大型有名株のつきあいについて
 上がらない理由は色々ありますが、商社株,銀行株などPERや配当利回りで見ると、本当に割安に見えますよねー。そして、これに騙されて損切りした事のある方も多いのでは?と思います。恐らく日経平均が後々25,000円とかになるとしたら、こういった銘柄の出番も必ず来ると思いますが、全体相場の先の見通しが晴れないと、上がる時はぼちぼちで、下げの時は他と同様に気持ちよく下落して損切りと、いつものパターンになり兼ねません。従って、現状ウォッチはしっかりしておいて、先日の様な総投げの際に拾うか、上のBOXの節目を明確にブレークしたら買いが資金効率・精神衛生上も良いのでは?と考えています。

・8002_丸紅、PER5.9、PBR0.84、利回り3.47%
・8031_三井物産 PER7.9、PBR0.74、利回り3.81%
・8306_三菱UFJ、PER9.6、PBR0.72、利回り2.65%
・8316_三井住友FG、PER8.5、PBR0.77、利回り2.9%
・8411_みずほFG、PER8.7、PBR0.73、利回り3.43%
・8591_オリックス、PER9.6、PBR0.99、利回り1.94%

(2)輸出企業で気になったもの

・3407_旭化成 PER14.3、利回り1.76%、海外比率32%
・4005_住友化学 PER15.8、利回り2.07%、海外比率58%
・5108_ブリヂストン PER10.1、利回り2.0%、海外比率81%
・6471_日本精工 PER14.2、利回り1.6%、海外比率62%
・6702_富士通 PER10.9、利回り1.17%、海外比率38%

(3)その他

・7453_良品計画 PER23.2、無印大好き、店舗繁盛の為
・8008_4℃HD PER14.2、最近デパートで良く目にする為

なお、とりあえず気になったものを並べただけで、今後上げるか下げるかは全く自信はありません。

reit_fightreit_fight  at 21:07コメント(2) この記事をクリップ! 

9301_三菱倉庫買い

 本日は、9301_三菱倉庫を久しぶりに買い。

 1年チャートで見ると、1月〜2月、6月の下限がこの水準だったため、1,250円以下を張っていましたが、本日うまい具合に下落したため、参入したものです。全体相場としては、今は持ち合いと考えておりますので、持ち合いの下限で買うのは悪くないかなと。

 三菱倉庫は、もともと業績というよりも倉庫という性格上、土地を多くもつため、含み資産銘柄の雄として買われてきた銘柄です。大手不動産株や、他の含み資産銘柄の株価と比較して、ここで売られ過ぎと見ています。持ち株の三菱地所も、全体軟調な割に底堅くなっており、9/7のオリンピック開催地決定(東京ならば不動産株・含み資産株に追い風)に向けてまずは底堅く推移してくれることを期待しています。

 この三菱倉庫も、何度も取引を行い比較的相性の良い銘柄なので期待しています。なお、本日、ジェイアイエヌは残りも利食い短期利益としてはまずまずでした。

jj


reit_fightreit_fight  at 22:13コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

備忘録・ドリームインキュベータ

 このところの相場状況は、アベノミクスの終了を語られても文句が言えないと思いますが、6月相場に関しては選挙を控えていますので、ある程度チャンスはあるのかなと考えています。下げいっぱい(理想的には12000円程度)は買いかも知れません。(ただ仮にアメリカの暴落でもあれば、このシナリオは崩れますが・・)

 さて、ドリームインキュベータの株主総会案内のP.2〜P.3に、会長である掘紘一氏からのメッセージがあり、なかなか共感できる良い内容だったので備忘録として残しておきます。直近の売買に直接影響はしませんが、あらためて本当に長い目で見て持ってみても良いかなと考えているところです。あくまで下記は抜粋ですので、株主の方がいましたら原文を見てみて下さい。

・過去大変高い授業料をかけて学ばせて頂き株主にも迷惑をかけた
・しかし、やっと会社として目指すものが見えてきた

・創業から13年で一つだけ日本一になったかなと思うのは、日本で最も優秀な学生がこぞってDIに入社を希望すること。入社難易度はどう悪く見ても日本のトップ3に入ると自負
・同業他社が数年後に8割が離職するのに対しDIは8割が残る
・若くして大企業の役員・部長とビジネスを対等に議論できるまで育つ
・これを見てもはやDIを単なるコンサルティング会社として終わらせたくない

・過去行ってきた投資から今期は1〜3社の上場を期待している。
・しかしこれは株式市場に依存するため、見通しをお話できない。

・優秀な人材が集まり超高速で育つ為、入社後数年はコンサンティング業務を今迄通りやってもらい、次にシニアなコンサルティング、海外子会社の幹部、ベンチャー育成、新規事業への取り組みという4つのキャリアパスを用意する
・とにかく人材を育てる、アジアの人材を育てる

・これまで世界史の間違いは人よりお金と世界より西洋の2点
・DIではお金より人間を上位概念におく。
・成長著しいアジアと日本の産業のかけ橋となるべくDIはアジアを中心に格闘したい

reit_fightreit_fight  at 08:51コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

注力銘柄(2013-4-19現在)

 私の場合、持ち株の売り買いは少しづつ行っていますが、若干以前と持ち株の変動があったので掲載したいと思います。現状の重みづけは以下の通りです。

<主力>
・1413_桧家ホールディングス
・4310_ドリームインキュベーター
・8411_みずほHD
・8848_レオパレス21
・8518_日本アジア投資
・8929_青山財産
・9449_GMO
*)GMOは小口保有でしたが、株価の上昇と短期資金の追加により主力銘柄となりました。

<準主力>
・3046_ジェイアイエヌ(元本回収済:残500株)
・3225_東京建物不動産販売(元本回収済:残7000株)
・9981_ソフトバンク
・2751_テンポスバスターズ(株価上昇により格上げ)

<小口・優待狙い>
ひらまつ、沖縄セルラー、ANA、ゼンショーなど、15銘柄程度

reit_fightreit_fight  at 23:58コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

注力銘柄(2013-3-9現在)

本日は、今現在の自分の持ち株に関して書いてみたいと思います。

保有銘柄を主力、準主力、小口・優待狙いに分けて書くと概ね下記の通り。概ねと書いたのは、その境界の銘柄をどちらに位置づけるか迷う部分もある為です。ポートフォリオマネジメントとしては、行けそうな銘柄は短期でも乗せますが、今現在は8848、8518、5713に短期資金(信用中心)を乗せています。

<主力>
・1413_桧家ホールディングス
・8848_レオパレス21
・8518_日本アジア投資
・4310_ドリームインキュベーター
・9981_ソフトバンク
・3046_ジェイアイエヌ

<準主力>
・5713_住友金属鉱山
・8002_丸紅
・8411_みずほ

<小口・優待狙い>
ひらまつ、フォンツ、テンポスバスターズなど、15銘柄程度


こうやって書いて見ると、あらためて自分自身の振り返りになりますが、ジェイアイエヌやソフトバンクなど昨年来から取り組んでいた銘柄に主にベンチャーキャピタルと不動産小型株が加わった感じとなります。(ソフトバンクはダウ高値更新を見据え、値動きが悪いながら継続していました) ベンチャーキャピタル銘柄はかつてのNIFベンチャーズなど、ブル相場では自分が最も得意にしている銘柄群です。また、丸紅やみずほはキャピタルゲインというよりも配当利回りの視点も重視して買った経緯もあります。

相場がここまで育つとは考えてもみなかった為、たらればはあります。その最大はバイオ関連を組み入れなかったことです。以前相当長い期間7774_JTEを保有していたのですが、今は私が取引していた頃の4倍程度になっています。これを機に今後戦略訂正もしながら、引き続きこの相場を戦っていこうと思います。

reit_fightreit_fight  at 20:01コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

サマンサタバサジャパンリミテッド

 ここで少しずつ四季報ピックアップ銘柄として、7829_サマンサタバサを買っています。

 視点は、割安&配当利回りとともに、年単位の長期チャートが自分の好きな形であるからです。本日は、上げきれませんでしたが、出来高も上がり短期的に見てもなかなか良い感じのチャートになってきています。明日以降も少し楽しめそうな感じ。

reit_fightreit_fight  at 23:44コメント(0) この記事をクリップ! 

テンポスバスターズ

【2751】(株)テンポスバスターズが好調です。

この銘柄は、9月の四季報を見た際の小型成長株の一押し銘柄としてピックアップし、20株弱保有していますが、非常に良いチャートになっています。

金曜日にまた急騰したので目先は何とも言えませんが、今後も期待しています。

reit_fightreit_fight  at 07:57コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

物色の流れ

 金曜日の日中足の値動きを見れば分かりますが、一部の銘柄に強い動きが集中した感があります。具体的には、ディー・エヌ・エー,日本M&Aセンター,サイバーエージェント,ジー・モード,任天堂などですが、かなり下で寄ったものが多く、日中の値幅としてはかなりのものになっています。

 今後もネット株などの小型株が勢いを保てるかに注目して行きたいと思います。また、日経銘柄としては、こういう局面だからこそ他とチャートが異なる任天堂に注意したいと思います。

 なお、電力不足による休日シフトにより夏季休暇となっている個人投資家の割合も多いと思われ、金曜日の様な日中足となる一端を担っているのかも知れません。

reit_fightreit_fight  at 00:05コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

銘柄(2011-7-24)

 週明けの相場は、個人的にはまた強気でおりますが、皆さまは如何お考えでしょうか?

 その理由は、金融銘柄がまたしっかりとして来たことです。個人的には、メガバンクや証券が売られている相場は、全く強気になれませんが、これがしっかりとしてくると、安心感を持って相場への取り組みが出来ます。今後、相場のエネルギーがまた序々に復活し、日本株が上昇してくれることを願っています。

 さて、本日は、現在の私の注力銘柄・注目銘柄について、私の考えを述べたいと思います。

(1) 東京電力
 200円前半にSTOP安した日から注目を再開し、買いで取り組んで来ましたが、先週の大陰線でとりあえず一旦終了と思います。木曜日の大幅高が先のSTOP安の日と反対の意味で違和感がありましたが、案の定の金曜日の急落。最安値から4倍にもなりましたので、まあ良くここまで頑張ったというのが正直なところ。ただ、銀行や多くの個人長期投資家が保有している銘柄ですので、とりあえずここまで上昇してくれたことは、日本株にとっても大きいと思います。

(2) 今週の注目銘柄
 相場がもし今週堅調であるなら、素直に流れに乗ることが良いのではと思います。従って、8411_みずほなど金融銘柄が第一の注目。これに連動して、大手不動産も値動きの軽さから面白い。そして、チャート的には非鉄や商社など商品関連が強く、商社銘柄を狙っています。新興市場では、持ち株のサイバーエージェントが木曜日引け後に決算発表を控えており、再度高値アタックを期待しています。

(3) 長期注目銘柄
 私の得意とする長期投資において、数倍から5倍,10倍を狙うためには、〇価総額が小さいこと、長期チャート上の位置が低いこと、6叛咾梁腓な回復が見込めること、い泙聖埔譴涼輒榲戮低い銘柄であること、があると思います。まあ、大きなゲインを求めるためには全勝はありえず、1つ当たれば儲けものという感覚が必要と思いますが、現状ピックアップしている銘柄は以下の通り。今後も、銘柄のピックアップとフォローを進めたいと思います。

・9449_GMOインターネット
・8848_レオパレス
・3073_ダイヤモンドダイニング

reit_fightreit_fight  at 21:02コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

為替

 最近は、株式投資は大きく負けた後の休養中ということで、リハビリがてら為替に少し取り組んでいます。

 視点としては、大震災後の70円台の突っ込みにより、今迄の長期的なエネルギーが出し尽くされたと見た事と、日本の経済的な不透明感により、さすがに円は買いずらくなったこと、によるドル買いです。

 本日も円安の流れは継続しており、ついに節目である84円を突破し、中長期的なトレンド転換の可能性が出て来ました。下記にドル−円の1ヶ月チャート、10年チャートを示しますが、現在位置はこんな感じです。

ドル−円3ヶ月チャート

ドル−円10年チャート

 ここで、急激に円安に振れているため、むやみな飛びつき買いはお勧め出来ませんが、今後は、トレンドが転換したことを前提に(8割方大丈夫そうに思います)、ロスカットに少し余裕を持たせた押し目買いが第一感です。目標としては、タイミング次第で87円、90円あたりまで数ヶ月で戻るかも知れません。

 ただ、円安になると、現在の大きな買い主体である、海外投資家のドルベースでの株価がマイナス方向に働くため、日本株にとってどれだけプラスかは何とも言えませんが・・・。

reit_fightreit_fight  at 00:06コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

バイオ関連銘柄

バイオ関連銘柄が最近調子良いですね。

主要銘柄をピックアップしたものを下記します。

バイオ関連銘柄

日々注目銘柄の方にも追加しておきました。

reit_fightreit_fight  at 07:39コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

名証2部_1413桧家住宅

 桧家(ひのきや)住宅は、東京西部でエコハウスを中心に木造注文住宅の請負・施工を行う名証2部の銘柄ですが、このところ出来高も増え好調です。

 この銘柄を最初に本ブログに取り上げたのは、9月の四季報割安銘柄としてですが、個人的には打診買いを経て20株保有し、現在に至っています。最近まで出来高も殆どなく、今でも誰も知らない銘柄だと思いますが、良くここまで手が回って来たなーというのが正直なところ。

 本日は、名証2部の値上がり率2位となりました。
・1413 (株)桧家住宅 80,000 +5,000 +6.67% 237株

 まあ、ただ、この銘柄を取り上げたのは、ここからお薦めする訳ではなく、こういった銘柄まで手が回って来た市場に好印象を持ったためであります。

 明日も儲けましょう!

reit_fightreit_fight  at 21:11コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

四季報の検証(2010-9-20)

 やっと四季報の検証が終わりました。とりあえず、注目銘柄を纏め終わったところで、今後どう取引に結びつけるかは未定ですが、目先日本市場の混乱が収まったまま推移するという前提付で、面白い銘柄がリストアップ出来たと思います。

 詳細は、表を見て頂くと判りますが、視点は長期投資用として割安なものをピックアップしたものです。テーマとしては特に割安なものが集中している下記をピックアップしました。
(1)不動産小型株
(2)自動車部品
(3)商社
(4)ウェディング関連
(5)来期業績回復

 また、その他の注目銘柄を、日経連動、小型株で分けてピックアップしました。

注1)PER、PBRは8月26日現在の数値です。
注2)あくまで四季報の数値自体も予想であることを注意すべきと思います。(特に世界経済が2番底に向かえば、大きく下ぶれする可能性あり)
注3)画像をつけて保存すると、もっと詳細が見られます。
注4)出来高の殆どない銘柄もあるため取引には注意下さい。
注5)業種的にもともと低PERである事も事実なのでその分割引下さい。

銘柄

reit_fightreit_fight  at 23:23コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

投資アイテム、注目銘柄(2010-8-2)

 今後の中長期投資を考えた場合のテーマ及び銘柄について色々考えています。まだ考え始めたばかりで纏まりはありませんが、現在私の考えていることを書いてみたいと思います。

 まず、大前提として、全体相場が黙っていてもトレンドを持って上がる展開は、少なくとも暫くは来ないであろうと見ています。各国の長期チャートを見ても、もし将来的に上昇するにせよ、シナリオ1:2番底、もしくは、シナリオ2:持ち合いによるしっかりとした揉み合い を経ないと不十分です。

 ただ、日本株は先行して調整しており、日経平均で 約2,000円下げた現値からさらに9,000円を割ってくるのは相当力がいると思います。従って、個人的には9,000円を守りつつ方向感のない値動きをしばらく続けるのが第一感です。リスクは、為替でドル−円が80円に向けて、ユーロが100円に向けて突っ込むこと。

 一方で、この前提が崩れて上昇するとしたら、どこかでバブルが起こる必要があります。但し、現状バブルを抑制する方向で各国政府が動いており、またこの候補であった「環境バブル」については、各国政府が及び腰で、若干遠のいた感があります。

 さて、この様な状況の中で日本株を見た時、成長をイメージ出来る銘柄の一本釣りしかないかなと思います。そんな中で、携帯を含めたネット関連銘柄にあらためて注目しようと考えているところです。直感的に、情報・消費は益々ネットにシフトして行くと思われるため、ネットの勝ち組はまだまだ業績を伸ばすチャンスはこれからあると考えてのものです。業績的にもかなりの好決算を各社出して来ています。

 銘柄としては、2193_クックパッド、3092_スタートトゥデイ、2371_カカクコム、2432_ディー・エヌ・エー あたりを中心に、楽天、ミクシィなど。ただ、買われている中での参入となるため、買い時は少し難しいと思いますが。

 その他、短期的には、8411_みずほ、8604_野村を中心とする、売り叩かれてきた金融銘柄の反騰でしょうか?

reit_fightreit_fight  at 00:03コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

銘柄の検証

 長期チャートを色々眺めましたが、やはり買いたい銘柄は殆どないのが正直なところです。ある程度持つことを前提とすると、チャートがしっかりとしていることが前提となりますが、殆どの銘柄のチャートは崩れ、しっかりしているのは今や優待銘柄など一部となっています。電力・ガス株も相対的にはしっかりとしていますが、上昇チャートではありませんし。

<優待銘柄の一部>
オリエンタルランド
ゲオ
ひらまつ

<24日上場、パピレス>
パピレス

 逆に、中長期での売りという観点で眺めると、比較的ピックアップが簡単です。視点としては、次の2つが挙げられると思います。

(1)日経連動銘柄で高値に取り残されている銘柄群
(2)直近でやや長めのもちあいを下離れした(又はしそうな)銘柄群
 (もちあいが1年程度あれば理想)

 チャートを見ていると、(1)は9984_ソフトバンクなどごく少数ですが、(2)はメガバンクなど案外多いことに気づきます。メガバンクと連動性の高い大手不動産株もこれに続きそうな感じで、8830_住友不動産あたりが売り候補。但し、あくまで短期はニュートラルだと思いますので、高指値で少しづつ売るイメージ。

 個人的には、金ETF買いに対して一定量の割合で売りを入れるポジションを考えているため、自分のポジションと相談しながら売り玉も増減させるつもりです。

reit_fightreit_fight  at 19:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

今週の注目銘柄(2010-4-11)

 本日は、私の今週の注目銘柄について述べたいと思います。

 まず、全体相場の現状認識ですが、9日現在の日経225の騰落レシオ(25日移動平均)は157.67%、TOPIXは152.06%ですので、過熱感は否めないのは確かだと思います。従って、前提条件としては新規にキャッシュをしっかりと使うというよりも、次の押し目に向けた打診買い or 他銘柄の利食いによるポートフォリオの組み換えが基本となると思います。

 また、前記とは半ば相反しますが、伸びている銘柄はプラス乖離関係なく伸びているという事実があります。特に新興市場の勢いは凄く、中でも3858_ユビキタスは圧巻です。

高乖離ランキング(25日移動平均)
高乖離ランキング(75日移動平均)

 そんな訳で、新興市場関連銘柄の中から、今週の注目銘柄は下記としたいと思います。

1.本命
・8518_日本アジア投資
 先週動意づいた2週目として注目。4/5の大商いの高値69円を越えて来れば面白いと思います。

2.大穴
・4848_フルキャスト:人材関係が動意づいたものがあり、もしかしたら動くかも?1株5000円台で買えるのも魅力。
・7456_松田産業:国内金価格が高値を更新して来ており、一発高もあるかも?

reit_fightreit_fight  at 12:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

最近の注目銘柄・注力銘柄

 最近、注力している銘柄は下記の通りです。

(1) 金関連非鉄銘柄
・5713_住友金属鉱山
・5711_三菱マテリアル

<総評>
 既にかなり上がって来ましたので深追いは何とも言えませんが、日経連動、資源高、円安、と好条件が重なりかなり安心して見ていられる値動きとなっています。

(2) ベンチャーキャピタル
・8595_ジャフコ
・8518_アジア投資

<総評>
 新興市場の好調とIPO(第一生命)の復活気配から、このところ好調。特に8518_アジア投資は、ここ数日で出来高も増加してじり高しており来週以降も期待できそうです。

(3) 金ETF
・1326_金ETF
・1328_金ETF

<総評>
 金価格自体はやや上向きの横ばいといった感じですが、円安の追い風も受けてまずまず好調。

(4) その他
・4314_ダヴィンチは現在連続STOP安中。過去にかなり恩恵を受けた銘柄であり遊び程度に保有していますが、上場廃止も視野に入ってきた感じ。一発逆転の芽も若干あり、一縷の期待はしていますが・・。

・第一生命は、金曜日は上髭陰線となりましたが、まずは滑り出し好調と言えると思います。現在、打診買い中。

reit_fightreit_fight  at 08:18コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

保有銘柄(2009-10-4)

現在の私の保有銘柄です。

<中・長期保有:保有資産3百万円以上>
・1326_金ETF
・1328_金ETF
・2416_ローソンエンターメディア
注)最近、金ETFは1326にも分散

<長期保有:小口、数十万円程度>
・2762_三光マーケティングフーズ
 (月の雫など、飲み会用優待狙い)
・2764_ひらまつ
 (アルジェントASOなどの株主割引狙い)
・9436_沖縄セルラー
 (お世話になった銘柄の応援:過去5000万程度の利益)
注)精工技研は確定

<中期売り:建て値3百万円以上>
・1330_上場225
・6146_ディスコ(きれいな上昇トレンドが先週終了)

<監視テーマ>
・最近迄のブル銘柄の戻り売り
・電力株などディフェンシブ銘柄
・ドル−円の突っ込み


reit_fightreit_fight  at 21:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! 

保有銘柄・注力銘柄

 現在の私の保有銘柄、注力銘柄です。

<長期保有:保有資産3百万円以上>
・1328_金ETF
・2416_ローソンチケット(引き続き好調です)
注)住友金属鉱山は1400円〜1500円台で1000株を残し確定

<長期保有:小口、数十万円程度>
・2762_三光マーケティングフーズ
 (月の雫など、飲み会用優待狙い)
・2764_ひらまつ
 (アルジェントASOなどの株主割引狙い)
・6834_精工技研
 (超深押し株の復活狙い)
・9436_沖縄セルラー
 (お世話になった銘柄の応援:過去5000万程度の利益)
注)4314_ダヴィンチは、平均2万円台で全て確定

<中長期視点・売り>
・1330_上場225
・8628_松井証券

<重点監視銘柄:買い>
 電力会社株

<重点監視銘柄:売り>
・不動産株全般

reit_fightreit_fight  at 07:33コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!