トップページ » エンターテインメント
エンターテインメント

ラスベガス旅行について

 本日は、1週間行って来たラスベガス旅行について書いてみたいと思います。株とは関係のない話ですので、興味のない方は読み飛ばして下さい。

 さて、皆さまはラスベガスと言うとカジノを連想すると思いますが、まさにその通りで、大規模な高級ホテルの各々において、客室に行くのにもレストランやショーに行くにも、カジノを通らなければ行けない作りになっています。宿泊は他国・他の都市比較でかなりリーズナブルに泊まれますが、予約の時とは別にリゾートフィーがかかるのと、部屋の設備は若干シンプル(部屋にいずにカジノで使ってもらうため)なところが特徴かなと思います。何しろフリーウォーターさえなしですから(笑)。その分カジノではドリンク無料です(チップは別)。

 各ホテルはテーマパークの様なイメージで、まずはエントランスの豪華さに圧倒されます。今回、ベラッジオとベネチアンに宿泊しましたが、ホテルの中を全部回れた訳でなく、またホテル毎に見どころも変わりそうな為、リピーター需要も多そうです。ベラッジオは、噴水が有名で植物園も人気です。

 カジノについては、スロットマシーンを中心に本当に広大なフロアーに、びっくりする位多くのエンターテインメント環境が詰まっています。一言で言うと、お金が儲けられる大人の豪華ゲームセンターでしょうか?。今回はスロットマーンのウォンカ(チョコレート)を題材にした機種にはまり、気がついたら朝6時位になっていた日もありました。注意点としては、ベットを上げて負けると、100ドルがいとも簡単になくなってしまう事です。今回は、カジノでは全く儲けるつもりはなく500ドル以上のマイナスで終わりましたが、最初に大負けしてからは安定して遊べる様になりました。株の資金管理をわきまえてさえいれば、楽しくカジノライフを楽しめるのではと思います。

 続いて、やはりラスベガスと言えばショーでしょう。私はシルクドゥソレイユの大ファンで日本に来た公演は殆ど見ていますが、ラスベガスではいつでもこれを見ることが出来ます。今回は、会場がベラッジオで一番人気のO(オー)と会場がMGMグランドのKA(カー)を見ましたが、どちらも最高でした。注意点としては、特にOは大人気のため、行く前に予約しておかないと良い席が確保できないことです。Oは良い席だと2.5万円くらいしますが。

 あと、ラスベガスのお勧めはバフェですね。今回、コスモポリタンのウィキッドスプーンというバフェに行きましたが、日本で言うと、ウェスティンのバイキングとか日本のバイキングの最高峰レベル以上の品揃えで5,000円程度で食事が出来ます。バフェは各ホテルにあり、バフェ回りも面白そうです。

 買い物としては、最初街中でブランド系を見ましたが、日本と値段が殆ど変わらず、どうしようかなと思っていましたが、ラスベガス・アウトレットノースというところに行ったら、アメリカ系のブランドが非常にお安く買えました。今回、念願のTUMIのビジネスバック&お財布、トリーバーチのポーチを買いましたが、日本で買う半値近くだったと思います。その他、coach、kate-spadeなどがお勧めです。アウトレットノースはタクシー(今回uberを使用)で10ドル程度、15分位のところで利便性も良いです。

 そして、ラスベガスには、今回の旅行の私の一番の目的であった、グランドキャニオンへの出発点という位置づけがあります。今回ベルトラで、1泊2日の欲張りバスツアーというもので予約して、
・アンテロープキャニオン
・ホースシューベント
・モニュメンーバレー(ビューホテル宿泊)
・モニュメントバレー・ジープツアー
・グランドキャニオン
 を2日間で見てきました。このベルトラのツアーはガイドさんが日本人で、どれも最高に素晴らしかったのですが、中でもモニュメントバレーの絶景は一生忘れることがないと思います。写真で見てもそのことが分かってもらえると思いますが、自分の目で見た時の感動・思いは、言葉では言い表せない程素晴らしいものでした。

モニュメントバレー
image1


モニュメントバレーの日の出(パノラマ)
IMG_4965


グランドキャニオン
aaaaa


グランドキャニオンの駐車場からの日の入り
image8


reit_fightreit_fight  at 10:12コメント(2) この記事をクリップ!