今日はオイラがブログ初投稿だ!(^^)!
4年のセンパイたちはもうすぐ卒業。オバサンも一区切りの時期を迎えているからこれまで明かされなかったエピソードを初公開さ。画像はテキトーにチョイスしてるからエピソードと関係ないのもあるぜ。

004
オバサンと出会ったのは4年前の夏。
オバサンはムスコのサポート生活を終えて、のんびり過ごしてた。
ムスコは遠距離通学とかで3年間毎朝4時半起き。
朝食をしっかり摂り5時過ぎには弁当だの着替えだの、でっかい荷物を自転車の前後に載せて駅まで坂道を上る日々。帰宅は殆ど夜9時前で夕食、風呂、ストレッチと続くけど、たまにストレッチの途中で死体のように寝てしまってる姿を発見してギョッとしたこともあったらしい。
ひょんなことから強豪校に入ったものの、家まで一番遠い上にムスコは身体つきも華奢だった。オバサンは食生活をサポートすることにして3時半起床。周りの人から「漁にでも出るの⁉」と言われてたのさ。
今は亡きライオンみたいなあいつも、ムスコが帰宅すると弁当箱を玄関からキッチンまで運んでオバサンのサポートをしてたらしい。ただ、保冷剤で重くなると途中でほっぽらかすことがあったみたいだけどな(笑)

108
オバサンは頭のよろしいお子様をお持ちの友人から、「うちは麗澤高校を受験したのよ。行ってみたらカフェなんかあってさぁ。」と聞いたことがあった。そう、「麗澤高校」の知名度は高い。
しかし、同じ敷地に大学があることも、ましてやその大学に陸上競技部があることなんざ全く知らなかったのさ。だから、オバサンはムスコがお世話になることが決まってから一緒に住んでるオジサンと合宿所を見に行った。
大学の地図には載ってないし、そこらへんの学生数人に訊いても、「陸上部の寮なんてあったっけ?」「高校の寮ではなくてですか?」と。。。(゚ロ゚;)エェッ!?
合宿所を寮なんてシャレこんだ言い方したせいもあるけど、いやはや大学内でも知名度低かったのかい!こりゃ参った‼

012
「チャレンジミートゥinくまがや」

024
「東海大競技会」
まだブログを始めると決めたわけでもないのにムスコ以外のセンパイもバチバチ撮っている。誰が誰やらわからなくても撮ってしまうのはオバサンの習性だ。ムスコの小学校で広報委員をやった時も運動会だの、持久走大会だの、皆にスポットを当てないと気が済まず、いつもかなりの枚数を撮って広報誌に載せてたらしい。

039
「関東インカレ」
ブログを始めようとした時、一緒に住んでるオジサンは、「ムスコが走る時だけ撮影すればいいんじゃねぇの?」と言ってたらしいけどオバサンは、「はぁ~?そんなことしたらケガでもして走れない間ずっとブログの更新ができなくなるじゃねぇか!走ろうが走るまいが撮りに行くに決まってる。そうしないとこのブログの意味がなくなる。」と言い返したのさ。
オバサンはブログを見た知人から、「ムスコさんの追っかけ頑張って」とか言われると、「追っかけじゃねぇし!」とハリセンボンの春菜のように(心の中で)叫んでたらしい。
ムスコの追っかけブログなんかじゃなく、遠方から寮生活をしているセンパイたちの頑張る姿を遠く暮らす家族の人たちに見てもらいたい、それで安心してもらいたい。。。そんな強い思いで始まったのさ。

006
「平成国際大競技会」

011
「日本学生陸上競技個人選手権大会」
ブログを始めたものの、コメントの事まで考えていなかったオバサンは、青木センパイからお礼のコメントが届いた時には本当にびっくらこいたと言ってた。
返信しようとして自分の名前をどうするか。本名を出すわけにはイカンし、よくある「管理人」じゃ何だか堅苦しいし、慌てて「麗澤ファン」にしてしまったらしい。

027
「東海大競技会」

054
「箱根駅伝予選会」

031
「平成国際大競技会」
オバサンが一緒に住んでるオジサンと初めて合宿所を訪問した時、案内してくれたのが広本センパイだ。自分の部屋の中も見せてくれたんだけど、きちんと片付いた部屋の壁に武井咲のポスターが貼ってあった。一緒に住んでるオジサンは、すかさず「武井咲が好きなんだね。」と言ったのさ。
センパイは照れながら、「はい。皆はAKBとかが多いんですけど。」と。
オジサンは大して知りもしないくせに「そうなんだ。武井咲はいいよねぇ。」と語っていたらしい。
広本センパイは卒業してからもムスコが進路で迷った時、なんと岡山から日帰りで駆け付けて相談に乗ってくれたと言ってた。なんて優しいセンパイなんだ‼

034
「上尾シティマラソン」

232
「10000m記録挑戦競技会」
箱根駅伝予選会結果発表の時、村瀬センパイは学連選抜チームで走れることが確実だったけど、嬉しさを微塵も見せず目を真っ赤にして仲間たちと泣いていた。
オバサンはそれを見て、心底仲間たちと箱根を走りたいと思ってたんだなぁと胸が熱くなったと言ってた。
村瀬センパイは箱根駅伝を2回も走ったし、タイムも良かったけど他の部員たちの前でそれを語ったりしたことがなかったらしい。なんてカッコいい男なんだ‼
そう言えばオバサンがこれまで見てきた「エース」と呼ばれる人たちも誇らしげな事は一切言わず、しれっと出場して走り、しれっと仲間の輪の中に戻って、また黙々と自分を磨いてたのさ。
村瀬センパイ、きっと子供たちに慕われるカッコイイ先生になるに違いない。

030
「平成国際大競技会」
オバサンの最大の悩みは競技場の暗さだった。暗い中でピントを合わせる方法はないものかよくネットで調べてた。でも、「スポーツシーンの撮り方」は山ほどあっても暗い中でのスポーツシーンなんてない。そもそもこんなチンケな照明灯の明るさだけで撮影しようとする人なんざ少ないってことだな(笑)

015
「奥多摩渓谷駅伝競走大会」

026
「松戸市陸上競技記録会」

ここから2016年だ。
084
「日本学生ハーフマラソン選手権大会」

057
「富津合宿」
オバサンはずっと合宿を撮影したいと言ってたから念願叶ったわけだけど、始まってすぐにえっ中止?みたいな展開になって、その場の空気がピンピンに張り詰めちゃって張り詰めちゃって。。。Σ(゚д゚;)

016
「順天堂大競技会」

006
「練習風景」
オバサンは度々ブログを見てくれている人たちから「練習風景や普段の様子も見たい」とコメントをもらっていたけど、大学内はなかなかに敷居が高いと言ってた。
もし、オバサンが寮母でもやってたら、練習風景はもちろんのこと、本日の朝食とか夕食という題でメニューや食事風景をアップするだろう。昼食も自炊の様子をアップしそうだし。。そう、多分、アップばかりでセンパイたちがウンザリしちまうのさ。

067
「焼津みなとマラソン」
一緒に住んでるオジサンは、「せっかくだから1泊して焼津名物でもいただくか。」と行く気満々だった。でもオバサンに、「泊まるほどのことではない。新幹線で日帰りじゃ!」と言われてガックリ。結局、オバサンだけが行ったのさ。いろんな景色を見たけど、やっぱりこの桜並木は最高だな。

083
「チャレンジミートゥinくまがや」

143
「日体大競技会」
オバサンがムスコに、「部員紹介の記事を載せるから1人ずつ写真を撮って欲しい。」と頼んだのがこの頃だ。
ムスコは、「今、走りでチームに貢献できてないから皆に頼める立場にない。」とカッコイイ事を言って断ってきた。。。が、オバサンが手数料を払うと言った途端、即OKさ。オバサンはついでにアンケートの回収まで頼んでた。

089
「平成国際大競技会」

145
「順天堂大競技会」
オバサンがレースを撮り始めたのに中断せざるを得なくなりアップできなかったのはこの日の800m、木下センパイと渡邉センパイのレースだ。「まぼろし~!」ってやつさ。氷河期の始まりだったかも知れぬ。

388
「日体大競技会」

156
「関東インカレ」

363
「日体大競技会」

015
「日本学生陸上競技個人選手権大会」

054
「箱根駅伝予選会」

267
「日体大競技会」

456
「10000m記録挑戦競技会」

080
「奥多摩渓谷駅伝競走大会」

310
「松戸市陸上競技記録会」
オバサンはこの頃、ブログをやめようかなぁと言っていた。
ムスコの調子が上がらないのはブログがプレッシャーになっているのではないか、もうやめた方がいいのではないかと誰かに言われ、珍しく悩んでいた。
オバサンはムスコが陸上を始めてからというもの、金はかけてもプレッシャーだけはかけないように気をつけてきたのさ。特に高校生の時なんざ、日々精一杯の姿を見ているから、レースの朝もプレッシャーになりそうな言葉は言えなかったと言ってた。ケガをして走れなくても、いいタイムが出ても、オバサンはとにかく一喜一憂しないようにしていたらしい。大学に入ってからもそのスタンスは変わらず、競技場で会っても声をかけることはなかった。オバサンはブログがプレッシャーになるような弱っちょろい気持ちでどうするという思いもあったけど、絶不調の長いトンネルに入ってしまったムスコを見ると、これはもしかして。。。と考えていた。
でも、ここで一緒に住んでるお姉ちゃん降臨だ。
「ブログを楽しみにしてる人たちがいるのにあいつの調子が悪いからブログをやめるとか、それは違う。むしろ、記事の中であいつ、またやらかしたってカエルがいじるくらいじゃなきゃだめだ。」と言ったのさ。
イカンイカン、オバサンはいつの間にか母になってしまっていたではないか。
この翌月、ムスコはハタチになったんだけど、お姉ちゃんはバースデーカードにこんな事を書いていた。
「何が正解なんてない。大らかに大学生活を楽しむのだ。」と。
きっとトンネルの先に光が見えたに違いない。

ここから2017年だ。
2017-01-28 12.59.35
「柏駅伝大会」
この数ヶ月後、新監督に就任することを予感させる素晴らしい走り‼
監督がマジで走る姿なんて、そうそう撮影できるものではない。

532
「練習風景」

005
「入学式」

2017-04-08 16.59.48-2
「順天堂大競技会」

036
「平成国際大競技会」

063
「チャレンジミートゥinくまがや」

235
「平成国際大競技会」

171
「関東インカレ」

083
「日体大競技会」

240
「平成国際大競技会」

391
「練習風景」
前回練習風景を撮ってから3ヶ月しか経ってないけど、センパイたちの顔つきが全然違う。かつて見たこともないくらい競争心むき出しだ。

040
「世田谷陸上競技会」

023
「箱根駅伝予選会」

744
「順天堂大競技会」

581
「日体大競技会」

585
「10000m記録挑戦競技会」

178
「奥多摩渓谷駅伝競走大会」

ここから2018年だ。
139
「日本学生ハーフマラソン」

024
「日体大競技会」

288
「関東インカレ」

306
「日体大競技会」

352
「練習風景」

346
「妙高合宿」
この時、一緒に住んでるオジサンは退院したばかり。オバサンは自分の仕事のシフトもあるし、全然行くつもりじゃなかったんだけど、オジサンがどうしても行きたいと言うので急遽行くことにしたのさ。
でも、実はオジサンは合宿よりホテルのバイキングをメチャメチャ楽しみにしてた。
原塚コーチから、こっちのご飯が美味しいと聞いて、いつもの2倍、いや3倍食べてオバサンを呆れさせてた。
今、オジサンは自宅療養中だけど料理以外の家事全般をこなす家政婦になってるぜ(笑)

020
「箱根駅伝予選会」

189
ワケあって途中で退部したセンパイたちが応援に来てくれていた。
それにしても飯田センパイ、本木雅弘に似てるなぁ。

643
「平成国際大競技会」

390
「世田谷ハーフマラソン」


いやぁ、こうしてみるとこの約3年半はあっという間だった。センパイたちがオバサンの目の前を走り過ぎるかのような早さだ。センパイたちもボヤボヤしてるとあっと言う間にオジサンになっちまうぜ~WW
でも、センパイたちがオジサンになっても、走るのが大好きだったことや辛い練習を乗り越えて全力で頑張ってたことはオバサンの画像の中で色褪せずに残るのさ。

オバサンはムスコが退寮したことで本当にタダの麗澤ファンのオバサンになった。これからもオバサンはゆるゆると。。。たまにオジサン家政婦も連れて競技場に出没するはずだ。オイラもまだまだ退部しないぜ~‼