葛城襲津彦とその権勢
 

前回は、ヤマト政権の発祥の地である狭義のヤマトと、奈良盆地で対照的な位置関係にある葛城(かつらぎ)地方について、その地域が武内宿禰(たけしうちのすくね)によってヤマト政権の支配地に組み込まれていった経緯について推測してみた。

そこでは、当初、葛城地域は武内宿禰の弟のウマシウチの統治下にあったが、武内宿禰は弟を倒して葛城地域をも手中におさめたのではないかと推測し、4世紀前半の巨大建物が発見されている奈良県御所市の秋津(あきつ)遺跡をウマシウチに関係するものとみなして、葛城地域が武内宿禰の支配下にはいった実年代を4世紀の末ごろと考えた。その後、この地の支配権を継承したのが武内宿禰の子どもである葛城襲津彦(そつひこ)、いわゆる葛城氏の祖となる人物であったのであろう。

この襲津彦については、『日本書紀』神功62年条が引用する『百済記(くだらき)』にみえるサチヒコと同一人物とみる見解が『日本書紀』編者も含めて有力だが、私は襲津彦の活躍は応神朝以後であって、その娘も応神の子の仁徳の妃となっていることなどから、神功皇后のもとでの活躍は早すぎるので、サチヒコは襲津彦とは別人であろうという推理を、拙著『仁徳天皇』(ミネルヴァ書房、日本評伝選)で述べた。

ただし、『古事記』の孝元天皇の段に建内宿禰の七男二女の一人として名前がある怒能伊呂比売(ののひろひめ)が、同書に応神天皇の后の一人として記す葛城の野伊呂売に相当すると思われるので、拙著のなかで応神の妃に襲津彦の関係者がいないとしたのは失考であった。この点を私信でご教示された宝賀寿男氏には、この場所を借りて感謝の意を表したいと思う。ただ、襲津彦は仁徳朝にも対百済外交で活躍しているので、朝廷を裏切って新羅(しらぎ)に与し、天皇の后となっている妹を頼って帰国したものの、行き場に窮して自殺したというサチヒコが、襲津彦とは別人であろうという見解はまだ維持できると思っている。

それはともかく、葛城襲津彦の娘の磐之媛(いわのひめ)は第16代仁徳天皇の后(当時は大后(おおきさき)だったであろう)となって、履中、反正、允恭の三天皇の母となった。いわば、襲津彦に始まる葛城氏は大王の外戚として後世の蘇我氏や藤原氏と同様に王家の外戚(がいせき)ヤマト政権で大きな勢力を振るうこととなったのである。

 ところで、この襲津彦の本拠地と思われるのが、葛城の高宮(たかみや)の地である。このことは彼の娘)の磐之媛が、天皇の不倫行為に激怒して難波宮(なにわのみや)に帰らずに、山背(やましろ)の筒城宮(つつきのみや)に入ったときに、平城山を越えて実家を偲んで読んだとされる歌が、

つぎねふ 山背河を 宮泝(のぼ)り 我が泝れば 青丹(あおに)よし 

那羅(なら)を過ぎ 小楯 倭を過ぎ 我が見欲し国は 葛城 高宮 我家(わぎへ)のあたり

とあることからもうかがえる。

この歌は那羅(平城山)から狭義の倭(やまと)を経て葛城を望んだ歌と思われ、奈良盆地東部の上(かみ)つ道またはいわゆる山之辺(やまのべ)の道を通り、狭義のヤマト、三輪山麓あたりから盆地南部を西に横断して葛城に至るルートを示しているのも興味深いが、ここから高宮が磐之媛の実家、つまり葛城氏の根拠地と考えられていたことがうかがえるのであって、襲津彦の本拠のそこにあったとみてよかろう。

 そこで注目されるのが、『日本書紀』皇極元年条に、蘇我蝦夷(そがのえみし)が「己の祖廟」を葛城の高宮に立てたという記事である。蘇我氏の祖といえば武内宿禰の子どもの蘇我石川宿禰が思い当たるが、蘇我(曽我)は前回述べたように高市郡の地名で、そこが蘇我の発祥地とすれば葛城に祖廟を立てるのはおかしい。しかし、蝦夷の父の馬子(うまこ)も、推古32101日に「葛城県はもと臣が本居なり」と述べて、その地を「封県」としたい旨を推古天皇に訴えており、葛城が蘇我氏を深い関係にあったことはたしからしい。

 そこから、蘇我氏は葛城氏から出たという解釈もできるかもしれないが、やはりこれは蘇我氏が武内宿禰の後裔であるというのが、その根拠だとしか私には思えない。葛城を自分たちの発祥地とするならストレートに葛城氏からでたことを述べればいいからである。

 とすれば、蝦夷が高宮に立てたという「祖廟」とは、蘇我石川宿禰のものではなく、さらにさかのぼって葛城と縁の深い武内宿禰の廟であったと考えるべきである。そしてそれを高宮に造営したということは、高宮が武内宿禰に由緒の深い地だと考えられていたことを示すと私は思う。このことと、高宮が襲津彦の根拠地だとする先の見解とを合わせ考えると、高宮は武内宿禰から襲津彦に受け継がれたとみるのがよいだろう。

つまり、武内宿禰の勢力圏のうち平群(へぐり)や高市に属する、いわば周辺地域が年長の子どもたちに継承され、最後に宿禰自身の本拠地である高宮が、年少の襲津彦に受け継がれたのである。そして、その地域には、襲津彦によって連行されてきた新羅の俘虜をルーツとする「漢人」たちも居住していた。すでに指摘があるように、これら渡来人の進んだ技術も葛城襲津彦とその後継者たちの有するところだったのである。その権勢たるやあなどれないものがあったであろう。

 

葛城氏の繁栄と凋落


 さて、葛城襲津彦の娘の磐之媛は仁徳天皇の后となり、彼女が産んだ皇子が、履中、反正、允恭とあいついで大王位につくこととなる。しかし、皮肉にもそれは葛城氏の繁栄を約束するものとはならず、葛城氏の権勢はまもなく翳(かげ)りをみせることになる。その原因は、履中天皇が早くに亡くなったことである。履中天皇の后は葛城氏の葦田(あしだ)宿禰の娘の黒媛(くろひめ)で、二人の間には市辺押磐(いちのべのおしは)皇子がいた。履中天皇のあと、彼が即位すれば葛城氏の外戚としての地位は不動のものとなったとみてよい。

ところが履中天皇の死後、大王位は弟の反正天皇が継ぐこととなる。これをこの時代に兄弟継承が一般的だったとみる見解もあるが、私は単純に履中天皇の亡くなったときには、その子の市辺押磐皇子はまだ成人に達していなかったからだと思う。その後、反正天皇が早くに亡くなり、大王位はさらにその弟の允恭天皇が継ぐこととなった。ただその時は允恭のほかに仁徳天皇の子で、允恭天皇にとっては叔父にあたる大草香(おおくさか)皇子も候補者だったが、群臣の支持により允恭の即位にいたったという。このあたりは推古天皇没後の大王位をめぐる紛糾を彷彿とさせるが、要は大王位につくのには群臣の支持が必要であったということであろう。

允恭天皇の后は葛城氏の出ではなく、応神の皇子であるワカヌカフタマタ王の娘・忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)であった。以後、彼女の産んだ皇子が大王となってゆけば葛城氏にとしてはゆゆしき事態といわざるをえない。

そればかりか、允恭は葛城氏を抑圧しようとしはじめた。『日本書紀』允恭57月己丑条によれば、この日地震があり、葛城襲津彦の孫、玉田(たまだ)宿禰につかさどらせていた前大王、反正天皇の殯(もがり。天皇・皇族の遺体を埋葬するまでの間安置しておく建物)の状況を見にやらせたところ、玉田宿禰がその場におらず、葛城で男女を集めて宴会をしていたことが判明。玉田宿禰はそのことを知らせる天皇の使者を殺害して、武内宿禰の墓に逃げ込んだ。允恭天皇はそれを知って玉田宿禰を召喚したが、殺されることを疑ってよろいを着込んで参上したところ、それがばれて逆に天皇から殺されそうになり、自宅に逃れたが捕えられて殺されたという。

説話化された話で、真相ははっきりしないが、葛城氏にとって允恭天皇が油断のできない相手であり、玉田宿禰の行動もそのような意識による過剰防衛で、それがかえってわざわいを招いてしまったというのであろう。葛城氏にとっては困難な時代になってしまったというものである。

 

眉輪王の変と葛城氏の滅亡
 

先に、反正天皇の後継者として反正の弟の允恭と仁徳の皇子である大草香皇子が候補にあがり、群臣の支持を得て允恭が即位したと述べたが、このように大王の決定には群臣の同意が必要になってくると、豪族の利害がからんできて、後継者がすんなりと決まるとは思えない。はたせるかな、允恭天皇の後継者とみなされていた木梨軽(きなしのかる)皇子は、

群臣の支持をえられずに失脚し、弟の穴穂(あなほ)皇子が即位する。安康天皇である。そして天皇は大草香皇子を殺害している。記紀はこの出来事を、安康天皇の弟の大泊瀬幼武(おおはつせわかたけ)皇子(のちの雄略天皇)の后に大草香皇子の妹を迎えようとして、使者に立てた根臣の讒言からおこったこととしているが、大草香皇子が允恭即位時に有力な対抗馬だったことからみても、安康天皇がみずからの権力を安定させようとした謀略であった可能性はたかい。

ここで注目されるのが、この大草香皇子殺害事件で、穴穂皇子は履中の皇子である市辺押磐皇子と協力していたと考えられることである。つまり、のちに雄略天皇に市辺押磐皇子が殺害されたとき、彼の遺児を日下部連使主(くさかべのむらじおみ)が連れて逃亡したという(『日本書紀』顕宗即位前紀)。日下部連は日下部という部民(べみん)を統率する豪族だが、日下部とは日下(くさか)という名称からみても、大草香皇子の部民であったと思われる。それが市辺押磐皇子に仕えているということは、大草香皇子滅亡のあと、その私有民が市辺押磐皇子の所有となっていたわけで、大草香皇子滅亡に彼が加担していたことを疑わせるのである。

『日本書紀』には、安康天皇が自分の後継者として、市辺押磐皇子を考えていたと記すが、これはそのときの協力への見返りではなかろうか。とすれば、そのうちに葛城氏はふたたび大王の外戚に返り咲けることとなる。

ところが事態は思わぬ方向に展開する。安康天皇が大草香皇子の遺児、眉輪(まよわ)王に暗殺されたのである。事件の真相はよくわからない。眉輪王は葛城円大臣(つぶらのおおきみ)のもとに逃げ込んだので、背後には葛城氏がいた可能性は高いが、安康が自分の後継者を市辺押磐皇子だとしていたら、大王位が葛城系に回ってくるのは時間の問題だったわけで、安康を殺害する利点はうかがえない。

おそらくは父を殺害された眉輪王の私怨から出たものではなかったろうか。そうなると、彼が葛城の円大臣を頼った理由が問題となるが、単純に考えれば自分の身を守ろうとしたとみるのが平凡だが可能性がたかい。安康が亡くなったあと大王位につくのは、順当ならば安康が後継者としていた市辺押磐皇子であろう。そうなれば、ふたたび葛城氏は大王の外戚となって、その権勢は絶対的なものとなる。その時、葛城氏の庇護下にあれば自分の身も安全だと、眉輪王は判断したのかも知れない。真相ははっきりしないが、安康の仇を討つという大義名分を掲げた大泊瀬稚武皇子、のちの雄略天皇にとって、円大臣は眉輪王もろとも『日本書紀』によれば焼き殺されてしまうのである。

この円大臣の滅亡事件との関係で、注目すべきが極楽寺ヒビキ遺跡である。奈良県御所市には葛城氏に関係があると思われる南郷遺跡群という大規模な遺跡郡があって、極楽寺ヒビキ遺跡はそのなかのひとつだが、2005年にそこから5世紀の大型建物が出土し、しかも火災にあっていたこと痕跡が認められたのである。これは『日本書紀』の記述を裏付けるもので、円大臣の滅亡の遺跡である可能性がたかいと思われる。

その結果、雄略天皇は円大臣の持っていた所領と娘の黒媛を獲得した。『古事記』は円大臣の生前から雄略天皇は黒媛に求婚していたとするが、『日本書紀』がいうように、所領ともども雄略のものとされたとみるべきだと思う。

 いずれにしても、葛城氏は大王の外戚氏族となる道を断たれてしまったのであって、雄略は外戚を気にすることなく政治をすすめることが可能となったのであって、その時に雄略天皇の側近として台頭してきたのが大伴(おおとも)氏と物部(もののべ)氏なのである。彼らはその後。大連(おおむらじ)という地位について、ヤマト政権の執政官の一翼を担うこととなる。

ただし、葛城氏が没落したあとも、武内宿禰の後継者が大王を補佐するという体制には変更がなかった。葛城氏のあとには平群氏が台頭し、大臣となった平群真鳥(まとり)は「専ら国政をほしいままにして、日本に王たらん」としたと『日本書紀』武烈紀は記すし、平群真鳥が滅ぼされたあとは巨勢(こせ)氏がかわって大臣の地位につき、それはやがて蘇我氏に受け継がれることとなる。これが大臣制で大化改新まで続くのであるが、これらはみな武内宿禰の後裔氏族である。後世になって大臣を経験した氏族を武内宿禰の後裔としてまとめたという見解は、前回でも疑問を呈しておいたが、たとえば、蘇我氏全盛の時代になにを好んで、すでに没落した豪族と同族関係を結ぶ利点があったのだろうか。しかもその没落が天皇によって誅殺されるというあまり自慢できるものではない点を考えるにおいておやというわけである。ここはこのような造作を想定するよりも、いかに神功・応神の体制を支えた武内宿禰の存在が大きかったかかうかがえる現象だと理解する方が正しい見方ではないかと私は思うのである。

洋泉社歴史総合サイト

歴史REALWEBはこちらから!

yosensha_banner_20130607