(いちさか・たろう)

1966年兵庫県生まれ。大正大学文学部史学科卒。東行記念館学芸員を勤めるが同館閉館により退職。現在、萩博物館特別学芸員、至誠館大学特任教授、防府天満宮歴史館顧問、春風文庫主宰。最近の著書に『フカサクを観よ』(青志社)、『明治維新とは何だったのか』(創元社)、『昭和史跡散歩  東京篇』(イースト新書)、『福岡 地名の謎と歴史を訪ねて』(ベスト新書)、『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(集英社新書)、『吉田松陰 』(朝日新書)、『高杉晋作』(文春新書)、『幕末歴史散歩  東京篇・京阪神篇』(いずれも中公新書)などがある。山口県ふるさとづくり功労賞受賞。講演やテレビ出演も多い。