マンションは吊るすに限りますね
3/14発売の『リライフプラスvol.20』の撮影もだいぶ進み、
これからはひたすらデスクワーク三昧の日々に…

雑誌の編集者=外を飛び回っている的イメージを
お持ちの方がけっこういたりしますが、トータルで見ると
デスクでじーっと作業する時間の方が全然長いです。。

今回もたくさんのお宅撮影がありましたが、以前にも増して
グリーンをうまく取り入れているお宅が増えたな〜、と感じています。
やはりこちら↑のお宅のように「吊るす」系は、タテのスペースを
活用できるので、マンションととても相性が良いですよね。

それと、フェイクなんだけどリアル過ぎてびっくりするものも増えた気がします。
こちら↓フェイクです。しかもマンション内のお友達から急遽
撮影のために借りてきてくれたそうです。ありがとうございました!! 
いいですね。マンション友達。
フェイクに見えない

多肉系↓は、もはやスタンダードとなりつつありますよね。
黒板とか、シャビ〜な感じの雑貨との相性が良いし、
ちっちゃくて可愛いし、値段も手頃なので取り入れやすいのがいいですよね。
いちいちおしゃれです

同じ多肉でもこんな↓ワイルドなのも。かっこいいですよね。
西海岸ぽいかも


ドライフラワーも、マンションリノベに合いますよね。
このミックスぶり、デキるって感じです!
さりげなくデキるって感じ

 こちらのお宅↓は奥様が以前お花屋さんに勤めていらしたとのことで
かなり本格的で、もちろんすべて手づくり。「実」関係も充実していて
「公園とか山でいろいろ拾って来るんですよ」と楽しそうに話してくれました。
ドライです

こちらはフェイク↓なんですが、花瓶もすてきだし、
窓の雰囲気と合ってますよね。
ドラマチックですね

こちら↓は玄関の床の一部を切り欠いて、エアプランツなどを
埋め込んで?おられます。今まで見たことないかも!
間接照明が仕込んであるので夜もキレイなんだそうです。
これは斬新ですね

こちらも吊るしてます。フェイクなんですが、とてもリアルで
よーく見ないと分からないくらいです。「いなざうるす屋」さん
という人気のフェイクグリーンのお店があるんですよ、と奥様に教えてもらいました。
本物にしか見えない

クロスなどで植物モチーフのものを取り入れるのも楽しいですよね。
ちなみにこちらの瓢箪モチーフは京からかみで、ふすまに張っておられました。
この色の組み合わせを選ぶところがデキるって感じです!
唐紙です
壁紙です

こちらは事務所ですが…デスクに樹木、憧れます。
事務所ですけどね

こちら↓は連載「東京オアシス」の撮影でお邪魔したお花屋さん。
正面の大きな木は「もみの木ですか?」と聞いたら「ジュラシックツリー」
というジュラ紀からある木、だそうです。か、かっこいい〜
こちらのお花屋さん、間口は狭いのですが中は広々としていて、
お花以外のものもいろいろあって、超楽しいお店でした。
毎回楽しみなお花屋さん取材

ドライでもフェイクでもクロスでも、吊るしても置いても、、
いろいろなグリーンを様々な方法で取り入れるヒントを
誌面から読み取ってもらえたらいいな〜思っています。