NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

2010年07月

古道具市にならんでいる昔の瓶のなかに
謎の瓶を見つけました。

不思議なマークとともに刻まれている文字は
「退臭散」。
???
何が臭いの???
まさか加齢臭!?
どこ?
薬?
恵古箱さんとレリッシュとで、いろいろ推理しましたが
謎に包まれたままです。

昔のものを前に、いろいろと思いを廻らしておしゃべりをするのは
楽しいですね。
今日も小学生の子がお母さんに「これは何するもの?」と
しきりに質問していて、ほほえましかったです。
昭和育ちにとって懐かしいものが
平成育ちの子どもたちには新鮮に映るようです。

明日は土曜日です。古道具市も最終日です。
ぜひご家族でのぞきにお越しください。(S)

30-1

EEIE(ええ家)のwebサイトに農家のenseさんが
登場しています。ぜひぜひご覧ください。

grafが近畿2府4県を旅して考えるきれいなくらし
コーナーで、レリッシュも取材していただきました。
取材の日は、いつもは女子率の高いレリッシュがgraf男子でいっぱいになり
不思議な感じでした。

昨年のイベント「Home ground」ではバンドのメンバーとして演奏していただいたり、
イベントの進行の力となっていただいたり、
森かおるの料理教室を開いていただいたり
実はgrafの皆さんにはとってもお世話になっています。

enseさんもgrafの皆さんも、それぞれの分野の仕事のプロフェッショナルでありながら、
どこか力の抜けた感じがとても素敵です。
こんな格好いい大人が増えたらいいな、とひそかに思っています。(S)





29-1
恵古箱(えこばこ)・上山さんがたくさんたくさん、懐かしいものを
運んでくださいました。
いつもと違うお店の雰囲気が楽しくて、頭の中に♪マークが飛び回っています。

かき氷やあんみつが似合いそうなガラスの器が充実しています。
ひきだしや木の箱もいいかんじです。
謎の昔の道具もチラホラ。
何に使おうか考えるのも楽しいですね。
どうぞごゆっくりお選びください。

7月31日(土)までです。
29-2

今日は「パンの日」。
今日も2時にいい香りといっしょに、ひまわり園から焼きたての
食パンを届けていただきました。

こう暑いとさすがに食欲も落ちますが、
焼きたてのパンを見ていると食欲が復活しそう……。
写真のパンドミは、トーストすることが多いのですが、
暑い時期はそのままトマトやきゅうりをサンドしていただいています。
(もう1種類の四角い食パン「無添加食パン」は、レリッシュのために
オリジナルの配合で焼いていただいています。)

高校生の頃、チョコミントアイスをバタートーストにのせて食べるのに
凝っていた時期がありました。
気持ち悪いと家族に不気味がられていたなぁ。
バターの塩味にアイスの甘さがたまらなかったんだけど……(当時は)
猛暑とパンの香りに、忘れていた記憶がよみがえりました。(S)

※パンの日:火&金 2時入荷 (8/13 8/17はお休み)
27
23





教室スペースを少し模様替えしました。
昔の本棚を食器棚に。
料理教室でふだん使う器がちょうど納まりました。
下に引き出しもあるので、カトラリー類もすっきり
収納できました。

恵古箱さんに探していただきました。
おばあちゃんの家にあったような棚です。
かっちり四角ではなくて、左右が丸みのあるデザインだったり、
波波のガラスも人の手を感じてほのぼのします。
ガムテープを貼ったら、ゲゲゲの女房風かしら。


※「恵古箱の古道具市」は7月29日(木)~7月31日(土)です。
私たちもとても楽しみにしています。(S)

22

NHK「すてきなハンドメイド」(旧おしゃれ工房)に
ワイヤー教室の 奥田由味子さんが出演されます。

「エッフェル塔のアクセサリースタンド」
放送日:7月22日(木)午前11時半~・午後9時半~

9月からはレリッシュでも 新レッスンが始まります。
ワイヤーワークにご興味のある方、ぜひご覧ください。



PHP「くらしラクーる♪」8月号が発売になりました。
(いつも行くスーパーのレジ横棚にもありました!)

料理教室森かおるの「30分で3皿!段取りうちめし」連載中です。

今月はおうちにある材料できる、ちょっぴりエスニックな夏メニューです。
時間がないときの料理はなんとなくやっつけ仕事になって、
マンネリになりがち……。
そんなときにぜひぜひお試しを。
撮影のときにも好評で、何度か家でも作りました。(S)
20




こんなに楽しくていいのかしら。
「おうちのごはん男子専科」
dansisenka1

dansisenka-2

今回は「冷麺(冷やし中華)」。
しいたけの含め煮や、野菜の切り方のレッスンです。
クライマックスは錦糸卵。
お一人1枚ずつ焼いて、成功するたびにパチパチパチと拍手が。
dansisenka-reimen

熟年の方も、新婚さんも、子育て真っ最中のパパさんも
ご参加くださっています。
皆さん回を重ねるごとにお料理上手&お料理好きに
なられているようです!
ハンバーグや煮魚がすっかり得意料理になった、
レッスンでした料理はお父さん担当になった(奥さまより)などなど
うれしい話がいっぱいです。

なんかいいんです……。
(S)









ここ数日は山崎も雨、雨、雨の日々でした。
いいかげん、青い空が恋しいです。

今年も法然院さんで行われる善気山 遊びの寺子屋」
料理教室森かおるが参加します!

・「おにぎり作って、山に行こう」
  7月27日(火)10時〜13時半
  小学生以上 500円
お申し込みは7月17日より「法然院 森のセンター」にて。
075−752−4582

※レリッシュでの受付はありません。

工作、音楽などいろいろなプログラムがあります。
銀閣寺の近くです。
ぜひご家族でおでかけください。

フェリシモ「kraso」のサイトで、料理教室森かおるのレシピを
ご紹介しています。
今回は「お友だちと囲む わが家カフェランチ」。
夏野菜たっぷりのヘルシーなランチプレートです。
デザートに使ったカステラの切り方が何気ないけど
ナルホド、でした。(家で試して好評でしたー)

節約やスピード料理も実際の暮らしでは大切ですが、
誰かに喜んでもらうために料理する気持ちは
もっと大切だなと思うこの頃です。
夏休みの1日、お友だちとおうちランチ、いかがですか?
(S)





昨日の土曜日は十日市でした。
梅雨の中休みでお天気もまずまずで、ほっとしました。
足を運んでくださったお客様ありがとうございました。

土曜日ということもあり、ご夫婦連れの方が多かったように思います。
最近の若いご夫婦は(我々とはひと回りほど下かな?)、
本当に素敵なご夫婦が多いです。
楽しみながら暮らしを作りあげている感じ。
うらやましいですー。

雨降りの1日になってしまいました。

明日の十日市が心配ですが、今のところの天気予報では
雨もあがりそうです。

十日市の日は、はじめてレリッシュに来られる方も多く、
駅からの道順をよくお問い合わせいただきます。
JRの山崎駅の場合、本当に目の前(駅の向かいのカフェtabitabiさんの2階)ですので、どうか通り過ぎないように
お気をつけください!
通り過ぎてさまよってしまう方が結構多いのです。

HPのアクセス&MAPを少し詳しく書き直しました。
ご参考までご覧ください。
(S)
9

8

朝から気温がぐんぐん上昇して、真夏のような1日でした。
暑い中足を運んでくださったお客様、ありがとうございます。

午後からは「おうちで中国茶」のレッスンでした。
中国茶の日は、いつもいい香りが漂って
癒されています。
写真は冬瓜と生姜入りの甘いお茶。
冬瓜にはむくみをとる効果も期待できるとか。
見るからにキレイになれそう……。
「むくみ」という言葉、つい反応してしまうこの頃。


9月からは「中国茶でアレンジティ」のレッスンも始まります。
薬膳素材や果物をブレンドして、お茶をつくるレッスンです。
こちらもよろしくお願いします。(S)



京都たち吉さんのパンフレット「器のこと・暮らしのこと」夏号が
届きました。
6

料理教室森かおるの夏レシピ8点をご紹介しています。
チン!でできるキーマカレーや鶏とトマトの煮込みなどなど。
暑さと湿気でテンションが下がって
「何作っていいかわからない~」と
料理スランプにおちいったとき(すでにおちいっています……)
に作りたいスパイシーな元気メニューです。

全国百貨店のたち吉店頭で設置されています。
レリッシュにも若干ありますので、お声かけください。(S)

30nuka-2

今年最後のぬか漬け教室。
ご参加くださった皆様ありがとうございました。
今回は以前にぬか床をご臨終させてしまったという
リベンジ組の方が目立ちました。(お仲間です♪)

1日ぬか床を触れない日があって、
「明日こそ」「今日こそ…」の繰り返しで
気がつくとエライことになってしまった、という声が多く……(お仲間です♪)

少人数の家族の場合、お漬物にする野菜を切らして、
ついぬか床を混ぜるのを忘れがちですね。
そんなときは、手で混ぜなくてもゴムべらやお箸で空気を入れるだけでも
いいそうです。(by料理教室 森かおるのアドバイス)

ぬか床失敗談をカミングアウトすると、「私も」「実は……」と
盛り上がります。
近頃は近所で井戸端会議30nuka-1
をしなくなってしまいましたが、
一昔前は、きっと近所のベテランお母さんや親戚のおばちゃんが
「そういうときはね…」と暮らしの知恵を分けてくれていたのかも
しれません。

失敗も笑い話として、ぬか床のご長寿をお祈りします……。
(S)


このページのトップヘ