NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

2011年09月

お店の外へ出ると、キンモクセイの香りがしました。
この週末からぐっと秋らしくひんやりとするようですね。

ガラスのあかり展も2日の日曜日までです。
器も素敵なので、ぜひぜひご覧ください。

sake

こちらは大きめのグラス。
再生ガラスです。
透明な部分は、日本酒の瓶、飴色の部分はなんとビール瓶から出来ているそうです。
ライブハウスでビールをいっぺんに注いでグイッと飲みたい……という方からのリクエストから
生まれたそうです。
500ccの缶ビールが入るか入らないかくらいの大容量です。(3150円)
もったときの手触りもいい感じです。

blue

水色の器のシリーズは、窓ガラスの再生ガラス。(2100円)
なんとなく懐かしい色なのは、そのせいだったんですね。
ほかにもコップなどもあります。

ぜひぜひお手にとって、手触りや光の感じ等お確かめください。(S)

「こんにちはー」とりんごの袋をかかえて
ふらーっとお店に入って来られたのは、前田一郎さん。
遠路はるばる長野からです。
しかもアポなし!(とてもシャイな方ゆえか……)
突然の来訪(在廊)に、びっくり&大喜びの私たちでした。
ちょうどあかりを選びにご来店くださったお客さまもいらっしゃり、
グッドタイミングでした。
「ガラスのあかりは壁にうつる光もいいものです」などなど、
いろいろとアドバイスしてくださいました。

maetasan


「写真はとられることはめったにないですー」とおっしゃる前田さんですが、
この笑顔!すっかり皆ファンになりました。(S)




19日のJR大阪三越伊勢丹の野田琺瑯 野田善子さん×料理教室森かおるのトークイベントに多数お越しいただきありがとうございました。「料理洋室の生徒さんが来てくださって、心強かったわー」とのことです。

私たち残りスタッフ2名は店番でしたので、お話をうかがえず残念でしたが、ご自身が開発されたホワイトシリーズへの思いなど、人生の大先輩のお話をうかがった森かおる、「料理の楽しさを伝える仕事、もっと頑張らなあかんなー」と奮起しておりました。

写真は野田善子さんにいただいたみかんとサイダーのゼリー。
「野田琺瑯の本」にもレシピをご紹介されています。
爽やかでどこか懐かしいやさしいお味でした。(S)
mikann

前田一郎ガラスのあかり展、はじまりました。

営業時間が夕方6時までなので、
夜の感じをご覧いただけないのがちょっぴり残念です。

お酒をおいしく飲めるグラスを作り続けている
前田さんのあかり。
秋の夜長にあったかい梅酒でものみながら
ぼ~っとしながら眺めたい……。
そんな時間をもつことも必要だな、と思うこの頃です。
10月2日(日)までです。(S)
P9231051
P9231050

長野の前田一郎さんから明日から始まる「ガラスのあかり展」
荷物が届いています。
器もたくさん届いております!

前田さんの器は料理教室森かおるが若かりし頃より愛用しています。
料理教室の皆さまにはおなじみですね。
オープン当初よりの定番のコップ類に加えて、
ボウルやお皿なども今回の展では並びます。
ぽってりとした質感なので、秋のテーブルにも映えそうです。
ぜひ、この機会に。(S)

maeta


朝7時の時点で京都府南部(大山崎町)に暴風警報が発令されているため、
本日21日(水)の「カジュアルおもてなし」は休講します。

enseさんの野菜は入荷します。

なお、情況によっては早めに閉店する場合もあります。
お問い合わせください。 075−953−1292

どうかお気をつけてお過ごしください。

先週の木曜日(15日)は「シンプルなお菓子」教室の日でした。
講師の堀江さんのお菓子は、素材の組み合わせが楽しくおしゃれ。
いつもひそかに「へぇ―」と心の中で感嘆の声をあげています。

お菓子教室の日のレリッシュは、ほんわかシアワセな匂いに包まれます。
焼き菓子の焼ける匂いだったり、フルーツの香りだったり、バターの香りだったり。
そしていろいろな香りが混ざり合って、深く複雑な香りに。
アロマ効果ばっちりで癒されます……。

今月のメニューはスフレロールケーキ。
甘く香ばしい魅惑の香りの正体は、キャラメル風味のクリームでした。
洋梨といっしょに紅茶入りの生地でくるっと巻いて。
お菓子も秋、ですね。
慌ただしい日々こそ、お菓子の時間で心うるおいたいものです。(S)
19cake



9月スタート火曜日クラス受付中です。

JR大阪三越伊勢丹の「……Relish森かおるさんが選ぶ「日々を味わう暮らし方……」フェア。
7階リビングフロアで開催中です。
百貨店料理教室のあとに、のぞいてきました。

 ※最終日をレリッシュ新聞などで10月4日(火)とお知らせしていましたが、
 正しくは、10月3日(月)まで でした。訂正いたします。

スタイリッシュな空間に、どこか懐かしい生活感のあるディスプレイ。
レリッシュの定番はもちろん、ほしかったものや探していたものがいっぱいでしたよ。
野田琺瑯も圧巻の品ぞろえです。
13-f2

そして……
「Relish新聞」もあちこちに置いていただいていました。
華やかな空間に、質素な「レリ新」。いいのかな~。いいのかな~。
でもうれしい……。(S)
13-f1







12日はJR大阪三越伊勢丹「旬を味わう料理教室」でした。
たくさんのご参加ありがとうございました。

今回の主役は旬の秋鮭。それと、テーマは「カラー」。

淡いサーモンピンクをメインカラーに、パプリカとさつまいもの黄色、
にんじんのオレンジ色、スプラウトのグリーン……。
自然の色だけで描く、彩り豊かなプレートとなりました。
自然の色だけで描く、
フランスのお皿チェリーテラスの“jars”に盛り付けました。
 
 ※menuはこちらを。

4人一組に分かれてのグループ作業です。
はじめまして同士の方が多かったにもかかわらず、
皆さん和やかに、テキパキとお料理されていました。
皆さんの笑顔が印象的な、とても楽しいレッスンでした。
次回は11月の予定です。
またお知らせします。(S)

13-1

13-2




ただいま発売中のLEE10月号の別冊付録「私の好きな京都BEST100」。
「京都在住料理研究家が通う お値打ち和食」の頁に
料理教室森かおるもコメントを寄せています。
秋、京都、和食、日本酒、ゴクリ……。たまりません。
それと子どものころからの大好物のあれも……。
京都の魅力は尽きませんね。
(S)

6
フェリシモの雑貨カタログ「kraso」秋冬号で
料理教室森かおるがオリジナルの雑貨
つくりました。春夏に続き2回目となります。

木のプレート(質感good)、持ち寄りランチのためのバッグ、陶器のボウル、食材のスタンプ(←かわいすぎ!)などなど……。
料理が楽しくなるをテーマにした、キッチンまわりのあれこれです。
すでにたくさんの方にご注文いただいているようで、
ありがとうございます!

そして、今回のカタログでは巻頭特集「あこがれの人に学ぶ 暮らしの夢」特集にて、森が登場しております。なんと12ページも……。
「夢をかなえた場所」「みんなの笑顔が集まる場所」としてレリッシュをご紹介いただきました。
そうあり続けるために、一同気を引き締めております。

カタログは書店・コンビニでも販売中です。
(S)


ねむの木“エバーフレッシュ”の
ねむちんが花をたくさんつけました。
昨年はたしか花をつけなかったので、
久しぶりです。

人知れずひっそりと咲くところが、奥ゆかしい……。
タンポポの綿毛のような、まん丸の黄色いです。
咲いたと思ったら、あっという間に散ってしまうところも
はかなげで、ますます愛おしいです。
オープン早々からずっとお店にいるねむちんは、
今ではレリッシュのペットのようなんです。(S)

4-1

4-2



本日(9月3日 土)朝7時現在、京都府南部に暴風警報が発令されたため、
料理教室は午前・午後とも休講といたします。

お店の営業は、通常通り営業する予定ですが、
台風の情況により閉店をはやめることがあります。
お電話でお問い合わせくださいませ。
℡ 075−953−1292

子育てNPO“いんふぁんとroomさくらんぼ”のお母さん向けの料理教室のお知らせです。
託児つきです!

……ママのための 食育講習会~ラクラク・わくわくクッキング……

 日時:9月29日(木) 受付9時半 開始9時45分~
 場所:向日市民会館 調理室
 講師:レリッシュ 森かおる
 対象:未就園児の親20名   託児:0歳~未就園児20名
 持ち物:エプロン・三角巾・ふきん・タオル・
      託児セット(おむつ・おしりふき・お茶・タオル・ガーゼ・ナイロン袋)
 材料費:500円   託児費:300円

 お申し込み:075-952-6388

※10/20(木)大山崎町立中央公民館
  11/17(木)長岡京市立中央公民館 でも開催します。受付は各月1日より、上記のお電話にて。

百貨店のフェアにて、憧れの野田善子さんをゲストに
料理教室森かおるがトークイベントをさせていただきます。
ぜひぜひ遊びにお越しください。

……大好きな琺瑯製品が伝えるモノ・コト……
Relish森かおる ゲスト:野田善子さん(野田琺瑯

 日時:9月19日(月祝)14時~

 場所:JR大阪三越伊勢丹リビング・キッチンダイニング売り場

※ご予約は不要です。


*野田善子さんプロフィール
映画会社を経て野田琺瑯に嫁ぐ。
二人の息子を育てた後、家業をしながら家事をこなす日々の中で、
自社製品である琺瑯製品の便利な使い方を研究し、製品開発に携わる。
自身が開発された「ホワイトシリーズ」はシンプルで機能的。
数多くの雑誌等で取り上げられ、「作り手であると同時に一番の使い手」と
使う人の目線で開発された琺瑯の良さを多くの人に伝えている。

このページのトップヘ