NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

2012年02月

昨日水曜日はとうふの日でした。
長岡京のお豆腐屋さん、「あらいぶきっちん」より、その日の朝つくりたてのお豆腐が並びます。
(「朝いっちばん早いのは~♪」っていう歌、あったなあ……)
国産(契約農家)の無農薬・有機の大豆と天然のにがりでできた、
ちょっとお高い(1丁220円)けれど、大豆のおいしさのつまったいおいしいお豆腐です。
tofu

うね乃の「極上利尻昆布」でシンプルに湯豆腐にするのがお気に入りです。
大人のプチ贅沢ですね。

お豆腐は水きりするとおいしさが倍増します。
料理教室森かおるのおすすめの方法は、
キッチンペーパーでくるんで(さらにふきんで包むとなおよい)、しばらく置くだけです。
平ザルや小さなバットを水きり中のお豆腐の指定席に。
P2221799


来週からは、厚揚げも並びます。
さっと焼いてしょうが+かけぽんかな~。(S)

seri

料理教室で使ったセリの根っこを水に挿したら、
あっというまに茎を伸ばして新しい葉をつけました。
日の差す窓のほうに向かって、背伸びをしているようでなんだかけなげです。

毎年のことですが、冬から春へと季節が変わる今の頃は、
植物の生長のスピードに目をみはります。(S)

昨日20日は、長岡京市中央生涯学習センターのレッスンの日でした。
託児ありのレッスンとあって、小さい子のお母さんからベテランミセスまで
たくさんお集まりいがだきありがとうございました!
テーマは、「大人が楽しいひなまつり」。
ワインにもあうお友達どうしのランチをイメージしたメニューです。

・菜の花のちらしずし
・チーズのカナッペ
・春色のポテトサラダ

菜の花の鮮やかな黄緑色は春だけの色。
えびのオレンジ、いちごの赤、サラダのたまご色とグリーン
とウキウキ楽しいテーブルになりました。
nagaokalesson
nagaoka ryouri

ここ(長岡駅前バンビオ)の調理室は景色がよいのも魅力です。
空気は澄んでいた昨日はマンションの奥の西山(?)がとくにきれいでした。
nagaokakesiki

次回が決まりましたらまたお知らせします。(S)


朝晴れていたと思ったら、吹雪、
今ふっていたとおもったら、青空がのぞき……。
めまぐるしくお天気の変わる1日でした。
天王山もほんのり雪景色でした。

明日は少し寒さがゆるむようです。
うれしいですね。(s)
18

P2181767

恵古箱の古道具市はじまりました。
今回は金属のものが多いのが特徴です。
写真にはありませんが、古いパウンド&パンの型もいくつかあります。
調味料の瓶を入れたり、ふだんの暮らしで使えそうです。

明日午後1時ごろからは、恵古箱さんも来店です。
お待ちしております。

26日(日)までです。

明日18日(土)からはじまります。
「恵古箱の古道具市」。
19日(日)は恵古箱店主の上山さんも在店です。(1時~6時)
古いものへの愛情あふれるお話を聞くのも、わたしたちにとっても楽しみの一つです。

冬らしい寒い週末になりそうです。
暖かくしてお出かけください。
お待ちしております。(S)

daikon

昨日の水曜日は野菜&豆腐の日でした。
(野菜はenseさん、お豆腐はあらいぶきっちんさんより)

ムチムチで色白のとってもべっぴんさんな大根たち。
今はやりの「塩こうじ」でお漬物にしようかな~。
塩こうじはスタッフYさんのおすそわけです。

そういえば、昔は「晩ごはん、つくらなきゃ……」と思いながら家路を急いでいましたが、
最近は「晩ごはん、何つくろうかな~」と楽しみに思えるようになってきました。
(たまにやる気の起きない日もありますが)

とっても手前味噌ですが、レリッシュで働いていて良かったと思うこの頃です。
料理教室森かおるに感謝です。(S)

どのレッスンでも、インフルエンザの猛威が話題に。
皆さまのご家族は大丈夫ですか?
レリッシュの3人はなんとか老体にむちうって
持ちこたえております。
かかってしまわれた方、どうぞお大事に。
れいぞうこ君も見守ってくれています。

(S)
P2111728


日曜日は「はじめての料理」第1回でした。
はじめましての方がほとんどで、皆さまドキドキだったのでは……。
おつかれさまでした。

1回目は恒例の包丁づかいのレッスン。
りんごの皮むき、キャベツのせん切り、玉ねぎのみじん切りを
ひたすら練習……。
りんごとキャベツはサラダに、玉ねぎはオムレツにしていただきました。

自己流だった方も、ちょっとしたコツを覚えて練習すれば、
11回コースが終わる頃には見違えるほど包丁名人になるはずです。
料理教室森かおるのいつものくちぐせ。
「料理は数こなせばうまくなる!」
次回以降は毎年大盛り上がりの魚のおろし方などもレッスンしていきます。

結婚前、いやせめて子どもが生まれる前にこんなレッスンを受けていれば、
働きながらの子育てももっと楽だったのにな~と、いつもレッスンを見ながら
感じています。(S)

6













フェリシモのカタログ「kraso」の会員誌「くらそび」(旧名 クラソクラブ)で
料理教室森かおるがレシピの連載がはじまりました。

「森さんちの季節のかぞくごはん」とタイトルで、
季節の行事や旬の食材を使った簡単レシピをご紹介しています。
「くらそび」は、カレンダーとしても飾っていただける、暮らしのアイデアいっぱいの楽しい冊子です。
(表紙の木のお皿は、料理教室森かおるプロデュースの
オリジナル商品です。とてもご好評のようです♪)
お申し込み方法などはフェリシモのサイトをごらんください。












先日の「お米の会×4th-market 土鍋で釜めし」教室のようすです。
ご参加くださった皆さまありがとうございました。

メニューは
 ・鰆とせりの釜めし
 ・エリンギのお吸い物
 ・かぶの浅漬け

1
2donabe

釜めし屋さんでは1人に1台のお釜で出てきますが、
レッスンでは数人分ずつをひとつの土鍋で炊きました。
黒い土鍋は2合用のこじんまりとしたかわいいタイプ。
おひつとしても使える人気の品です。

3

5osuimono

お吸い物も、4th-marketのお鍋でつくるとこんなかんじ。ちょっとおすまし顔です。

6morituke

4P1291677

蓋をあけると、しょうがの香りがふわっと……。お焦げもほどよくできました。
思わずてんこ盛りに……。
7kansei

短い炊き時間でふっくらおいしく炊ける土鍋ごはん。
忙しい方にこそおすすめしたいです。
おいしいごはんがあれば、おかず一品少なくても許されそう。
ぜひお試しください!(S)


このページのトップヘ