NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

2012年04月

いよいよ明日は天王山ファーム&フードマーケット
明日の料理に使う筍をense小泉さんが持ってきてくれました。
見るからにおいしそう、やわかそうな京筍。
大山崎が誇る名産品です。

料理教室森かおる、筍に囲まれて下ごしらえです。
29takenoko

掘りたてほやほやの葉玉ねぎ。葉っぱが甘くて美味。
29tamanegi


レリッシュブースのメニューは……

・たけのこ丼  ←おだしのきいたあんかけ丼。葉玉ねぎ入り。お米も大山崎産。

・たけのこのベーコンチーズ焼き

です。レシピもあります。

なお、レリッシュブースの売上の一部は、東日本大震災で被災した子どもたちに
「日本ユネスコ協会就学支援奨学金」を通して寄付させていただきます。


それでは、明日お待ちしております。(S)

いよいよ明日からGWがスタートですね。
レリッシュはGW期間中は休まず営業しております!ぜひぜひ遊びにお越しください。

明日28日(土)からはPCIの夏服展
こだわり素材のカットソーや、キレイなシルエットのパンツなどなど新作が賑やかに並びます。
オリジナルのフラワープリントなど、今年は「色」に挑戦してみたいという方にもぜひ
お試しいただきたいと思います。
個人的にはマキシワンピースが気になります……。
どうぞご試着してお気に入りを見つけてください。
29日(日)・30日(月)はスペースを拡大します。
ごゆっくりご覧いただけると思います。
27-1

27-2


5月5日(土)には、PCIデザイナーのKPCIこと、山田かほるさんが来店です。
10数年前にお母さん仲間と立ち上げたブランド。レリッシュの憧れの先輩でもあります。
再会を私たちも楽しみにしています。

洋服に囲まれると、最近どっかに行ってしまっていた女子力が、
ほんの少し,いや若干アップするような気がします……。気のせいかしら。(S)






今日は「保存食の会」塩麹の教室の日でした。
午前午後ともたくさんお集まりいただきありがとうございました。

大流行の塩麹、料理教室森かおるもいろいろな料理に使って楽しんでいます。
そんな中からおすすめレシピを紹介しました。

あらかじめ仕込んでおいた塩麹を使って、マリネ、パスタ、ポタージュの3品。
塩麹を生で味わうもの、加熱するものの両方のメニューです。
それと、写真にはありませんが、ヒミツのデザートも。
こちらは意外な組み合わせが大好評でした。
26-3


今回の主役、塩麹も作りました。
広口瓶を使い、麹と手でかき混ぜて手のいい菌もいっしょにブレンドします。
イタリアの保存瓶に入れてお持ち帰りいただきました。
発酵するまでに数週間かかるので、おうちでじっくりMYこうじくんを育ててくださいね。
26-1

26-2


はずかしながら……
塩麹がはやり始めの頃の数カ月前。
美容院で「塩麹、はやってますね~」といわれて、
流行に疎い私は何のことやらさっぱりわからず、
京都の通りの名前かな~思って「新しいお店、出来てるんですか?」などと
おマヌケな返事をしてしまいました。
今思うと、あれは「塩小路」ではなく「塩麹」……。
そんな私も、塩麹、育てています。(S)

GWのため、5月3日(木祝)のおうちカフェに空きが出ましたので、
体験レッスンのご参加を承ります。

一度どんな感じかレッスンを受けてみたい、という方、ぜひこの機会に
ご参加ください。
レッスンのあと、美術館にお散歩、もいいかもしれませんね。

詳しくは、料理教室の頁をご覧ください。(S)

takenoko2
うれしいな♪
うれしいな♪
毎年この日は音符マークが頭からでてしまうくらいうれしいです。

お待たせいたしました!
今日水曜日は「野菜の日」。
本日、大山崎enseさんの筍、届いております。
今年初めてのお目見えです。
(水煮 600円)
えぐみがなく、甘くてやわらかい、京筍。
まずはやっぱり筍ごはんでどうぞ。

※筍ごはんの作り方は、「たのしいエプロン」(森かおる著 アノニマ・スタジオ刊)に
詳しく紹介しております。
本をお持ちの方、ぜひお試しください。
takenokogohann

※次回(4/25)の筍の入荷状況はお問い合わせください。tel075-953-1292(S)

今月の「はじめての料理」は「魚のさばき方」。
11回コースの中でも一番の山場です。
昨日のレッスンではアジを一人1尾さばきました。
皆さまおつかれさまでした!

働く女性が多い今、なかなか夜帰宅してから魚をさばく、ということもキビシイものがありますが、
「覚えておくとメニューの幅が格段に広がるし、何より切り身のパックより新鮮でおいしい」(by料理教室森かおる)
とのことです。

さりげなく魚をさばける女性。憧れます。(S)

13

昨日の十日市はうららかな春らしい陽気に桜も満開になりました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
近くの幼稚園も入園式。最高の1日だったでしょうね。

うってかわって今日は雨。
窓の外の桜が散ってしまわないか気が気でない……。
何度も何度も見てしまいます。(桜のストーカーのようです)
気温が低いせいか、なんとか散るのをこらえてくれています。

11-2


11-1


近くで桜の木を見ると、2,3日前までは見えなかった柔かそうな葉っぱが顔を出していました。
天王山はもうすぐ新緑シーズンを迎えます。(S)

8


ダウンを着てふるえながらお花見をしている人たちの映像をニュースで見て。
そこまでしてでもしたい、お花見。わかるなぁ、その気持ち。
子どもにはわかるまい……。

週末の寒さで、山崎の桜も散るのを待ってくれています。
十日市頃に満開になりそうです。
山桜はまだまだこれから。
来週くらいには山のあちこちが桜色になることでしょう。(s)

朝のうちは冬に戻ったかのような冷たい雨が降ったと思ったら、
お昼ごろから明るい春の日差しが戻りました。

窓の前の山崎駅の桜も、目をやるごとにほころんで、現在3分咲きといったところでしょうか?
明日、明後日でどんどん花の数を増やしていきそうです。
6-1

6-2


大山崎山荘の庭園の枝垂れ桜も見頃を迎えているそうです。
天王山と山荘の赤い屋根を見上げる絶好のロケーションです。
おすすめお花見スポットです。
近くの宝積寺さんや山崎聖天さんも地元では有名な桜の名所。
サントリー山崎蒸溜所入口の桜も見事です。
今年のお花見散歩はぜひ山崎へ!

来週前半は入学式のところも多いようです。
桜の花が待っていてくれますように。(S)

「日々のお弁当図鑑」にちなみ、
“お気軽お弁当づくりの極意”というテーマで
取材いただきました。
料理教室森かおるが弁当のコツなどご紹介します。
今日のおうちカフェのレッスンの模様もちらっとうつるようです。
皆さまご協力ありがとうございました!

放送日:
4月11日(水)18時10分~
「京いちにち」の「京これ」コーナー
※京都のみの放送

4月12日(木)11時30分~
「ぐるっと関西おひるまえ」※関西地方のみ
(国会中継や災害報道などで放送が中止の場合もあります。)

リポーターの松田玲奈さんと森+冷蔵庫くん(見えるかなー)の3ショット。
北海道からこの春京都のNHKに赴任したばかりの松田さん。
とてもお茶目でチャーミングな女性でした。(S)

5


毎週水曜日は大山崎enseさんの野菜の販売日。
ですが、4月11日(水)はお野菜はお休みします。
(筍掘りと茄子の植えつけが重なったため)

なお、十日市の日の10日(火)には、お向かいのギャラリーNISHIDAさん「素敵発見市」で
販売があります。

よろしくお願いいたします。(S)


isetan


3月26日(月)のJR大阪三越伊勢丹のレッスンの写真です。
今回もたくさんの方にお申し込みいただきありがとうございました。

「旬を味わう料理教室」というシリーズ。
熱血フードバイヤー氏一押しの旬の食材を使った料理を作ります。
今回の主役は春の味「鯛」。
料理教室森かおるいわく、鯛飯等和食と迷いながらも、あえてカジュアルな洋風メニューに。
春らしいカラフルな野菜を添えました。

・鯛と芽キャベツのオーブン焼き
・スパイスハムと新じゃがのサラダ
・ミックストマトと菜の花のカナッペ
・新玉ねぎのクリームスープ
・バターライス

どれも素材の味そのもののシンプルな料理。
春らしいHAPPYなイメージのテーブルになりました。

※百貨店で配布されているMI STORYにて、森かおるの料理を掲載いただいています。
ミニ野菜を使った小さな小さなかわいい料理です。
レシピは地下2階「八百一」さんにあるそうです。

※次回のレッスンは5月28日(月)の予定です。受付日等は後日お知らせします。(S)


hibibenn

料理教室森かおるの「日々のお弁当図鑑」がおかげさまで2回目の重版となりました。
1年前の出版なので、なんだか不思議な感じです。
あたたかなご感想をおきかせくださった皆様、
お手に取っていただいた皆様、本当にありがとうございます。

私事ですが、この春から中学生女子のお弁当作りが始まるので、フル活用するつもりです。
今までは、晩ごはんのときの「あと1品」のときに活躍していました。
あと、巻ずしもよく作りました。(とても詳細な作り方がのっていておすすめ)

自分用のお弁当は「茶色いお弁当」でしたが、
「日々弁」でこの春は脱・茶色! !
でも、茶色いお弁当って大人的には一番おいしいんですよネ……(S)




このページのトップヘ