NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

2013年08月


31


ずっと見たかったのに、ぐずぐすしていたら終了前日になってしまいました。
「バーナード・リーチのうつわに跳ねる動物たち」展(アサヒビール大山崎山荘美術館)。
ようやく今日、訪れることができました。

リーチといえば、スリップウェアが有名ですが、今回の展示では、
動物の絵付けの作品にスポットを当てています。
ウサギ、かえる、ツバメ、かたつむり……。
飄々としていて、かつイキイキと器に生命感を吹き込んでいる作品の数々。

夏休み自由研究の追い込みなのか、子どもさんの姿も見られました。
ガンバレー(お母さんも……)

池のむこうのホール「宝箱」では、瀬戸内国際芸術祭(直島)で見て印象的だった
須田悦弘さんの作品も展示されていました。
木を薄く薄く削って造られた、こわいくらい精巧な蓮の花。行かれる方、お見逃しなく。

山荘は、いつ訪れても心落ちつく場所。
間接照明のクラシックな洋館を静かに背筋を伸ばしてゆっくり歩くと
気分はBS美術番組の女優さん(勝手なイメージ:中谷美紀さん)  ←ドがつく厚かましさでスミマセン。
年に何度か訪れて、あたふたとした日常をリセットしています。
こんな場所が近くにあって、幸せです。
(S)


※美術館は9/2~9/20は閉館です。お気をつけください。

開催人数に達しましたので、開催いたします!!!!
当初は男性のお申し込みが少なく、ヒヤヒヤしましたが、皆さま素敵な方をご紹介ありがとうございました。

すでにお申し込みいただいている方には、順次ご案内をお送りしています。
今しばらくお待ちくださいませ。

そして、「エッ、もう締め切り?!」という方。
男性のみ、若干名様お申し込み受け付けます。
お早めにお申し込みください。
最後のチャンスです!!!
詳細はこちらを。

前回のようすはこちらを。

男性も定員に達しました。
ご紹介くださった皆さまありがとうございました。(9.17更新)

9月30日(月)の料理教室のメニューです。

ホクホクおいしい「栗マロンかぼちゃ」を味わう、ランチプレートをつくります。

・鶏とかぼちゃのスパイス煮
・かぼちゃとりんごのサラダ
・かぼちゃチップごはん
・かぼちゃとキャラメルナッツのデザート

受付開始は9月4日(水)です。
詳しくはこちらをご覧ください。(S)

※訂正しました(9/1)
誤:かぼちゃとキャラメルナッツのごはん
正:かぼちゃとキャラメルナッツのデザート

先週のこと。
夏休みをいただきレリッシュの3人で「瀬戸内国際芸術祭」に行って参りました。
小豆島、豊島、直島を駆け足で回る旅でした(写真は時系列ではアリマセン)

25-1

↑潮風に吹かれるY&森。(実は海の上でも相当暑い……)

25-2

↑直島にて。
歯医者さんだった建物をアートに(by 大竹伸朗氏)。後姿は料理教室森かおる(実は汗だく)。

25-3

↑「小豆島の光」という作品。棚田に忽然と現れる巨大な竹のドーム。
島の田んぼは黄金色に色づき始めていました。秋だなあ……(でも汗だく)

25-kichin

↑豊島(てしま)「島キッチン」でランチ。
ホテルのシェフのレシピを、島のお母さんや若い人たちが地元の素材を使って料理してくれます。
一見素朴なようでいて、ホテルの味というだけあって、ソースなどとても手間暇かけられた深い味わいでした。
行列ができる大人気スポット。
25-mikan

隣接のお土産屋さんもほのぼの。

25-izumi

こちらも豊島にて「唐櫃(からと)の清水」。地元の人たちが大切にしている、神社の清水です。
本橋成一監督の「アレクセイと泉」を思い出しました。
スイカを冷やして、観光客にふるまいます。
四国にはお遍路さんに地元の人が食べ物でもてなす「お接待」の風習があるそうで、
今回の旅でも何度か「お接待」という言葉を耳にしました。

25-olive_

↑小豆島のオリーブ畑にて。
向かいに住むおじさんが、アートの番人&案内役。
「9月にBSの特集に出る」とうれしそう。
地元の人とボランティアスタッフの方が入り混じってイキイキとイベントを支えてる姿が
とても印象的でした。

1泊2日の駆け足&超強行軍の旅でしたが、心と体にいっぱい栄養をもらいました。
汗だくだったのに、栄養もらいすぎて体重が増えていました。

芸術祭は、秋の部もあります。
ある程度下調べをされてから行かれることをおすすめします。
私たちは、予習不足で、見逃してしまったところもあったので。
(S)

P8195350

今日は料理教室森かおるがお弁当のレシピを連載している
「ステーション」(こうべコープ)の撮影でした。

8月23日(金)まで夏期休業とさせていただきます。
メールによるお問い合わせのお返事は、休業明けに順次おこたえして参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。(S)

ゴクリ……。
おばんざい9品勢ぞろいです。
和風だけなく、ワインやビールにも合う洋風のものも。

コーンとかぼちゃのスパイスコロッケ
1koroke


鱧とオクラの梅風味マリネ
2hamo


マグロのユッケ すだち添え
3maguro4


なすのそぼろ煮
4soboro


さわらのムニエルトマトソースのせ
5sawara


きゅうりと鶏肉のししとう味噌和え
6mune


ゴーヤと豚肉の焼き春雨
7goya


枝豆とわかめの白和え風サラダ
8edamame


おじゃことみょうがの混ぜごはん
9gohann



おばんざい教室、来年も開く予定です。(S)

1日教室「夏のおばんざい」すべて終了しました。
ご参加くださった皆さまありがとうございました。

19-1

2時間で9品という、いつもの教室の倍以上の品数。
料理教室森かおるいわく、せっかく暑い中来て下さるので、
可能なかぎりあれもこれも覚えていただきたいと考えていたら、こんな数になっちゃった、とのことです。

グループに分かれて担当の料理を作っていただきました。
大忙しでしたが、皆さんテキパキ。
19-2


19-3

大鉢におかず盛り付け、ズラリと並べていただきます!
いつもとは違う器づかいが新鮮でした。
 
続く……   (S)

今日は「男が作る夏のおばんざい」の日でした。
暑い中、ご参加くださった皆さまありがとうございました!
5品の料理を作るということで、皆さまフル回転していただきました。
時間内に見事完成しました!

名場面集を……。
ryori1

ryori

↑定期講座(「男子専科」)にもお越しいただいている方も
今回はじめてご参加のお若いご主人(←っていい方、オバちゃんぽい……)も
皆さん包丁づかいがお上手!センスのいいエプロンも素敵です。

nakayosi

↑親子みたいないろんな世代の方が集うのが、この教室の楽しいところかも。

hamo

↑「さっそく家で作りたい!」という声が多かったのは、「鱧とオクラの梅風味マリネ」(右)でした。
ぜひ、忘れないうちに復習してください!

morituke

plate


↑おばんざい屋さんみたいに大鉢に盛り付けました。
プレートに盛り付けたら、カフェごはんみたい^^

minnna

「ビールがないよ~」というクレームもいただきました(笑)
続きはおうちでどうぞ!

お孫さんに手料理をふるまう、というシニアの方や、
料理はあまりしたことがないけれど、奥さまのすすめで参加くださった方……。

料理を楽しむ男性は、まわりの人を幸せにします!
もっとふえるといいな~  (S)





奇数月に開催している百貨店レッスンのお知らせです。
秋においしいかぼちゃを味わうメニューです。

旬を味わう料理教室
「栗マロンかぼちゃを使って」

日時:9月30日(月)11時~13時半  

参加費:2100円(材料費込)

場所:地下2階 フードセミナールーム(JR大阪三越伊勢丹)

持ち物:エプロン ハンドタオル 筆記具

講師:森かおる(Relish)

受付:9/4(水)10時より
電話にて先着順
06(4301)3710 【食料品サービスカウンター直通】
※レリッシュでの受付はありません。

※前回のレッスン時に受付開始日を9/1とご案内しましたが、
9/4に変更となりました。
また、開始時間を10時半→11時に訂正しました

※メニューはこちら


17-1

オープン10年以来はじめて、8月の料理教室を休講として、そのかわりとして「夏のおばんざい」1日教室を開催しています。
この暑い中、ご参加くださっている皆様ありがとうございます!

こう暑いと、何が食べたいんだか、作りたいんだかわからなくなってきます……。
でも、皆さんの手で料理が出来上がっていくのを、スタッフとして横で見ていると
やっぱりおいしもの作ろう~という気がよみがえってきます。
家族のために、自分のために。

料理教室っていいな……。

おばんざい教室の詳しいご報告はまた後日に。(S)

14日(水)は野菜(ense)と豆腐(あらいぶきっちん)の販売はお休みします。
21日(水)は夏期休業のため、次回の販売は28日(水)となります。
よろしくお願いいたします。

その頃には少しは暑さもやわらいでいるでしょうか……。(S)


猛暑が続きます。
汗をかきすぎて、ン十年ぶりにアセモができてしまいました。ヤダヤダ。
お盆休み、いかがお過ごしですか?

レリッシュは今年のお盆は休まず営業しております。
山崎観光のお帰りにお立ち寄りください♪

※夏期休業についてはこちらを

ご近所のアサヒビール大山崎山荘美術館ではちょっとオトクな企画を実施中です。
美術館のblogをチェックしてみてくださいね。
ハズカシながらレリッシュのこともご紹介いただいています。

美術館のバスはレリッシュの目の前から出ています。
プチ避暑地旅行気分を楽しめますよ。
P8135287


楽しいお盆休みを!
        (S)

明日は十日市です。
JR山崎駅南側広場(デイリーヤマザキ前の道すぐ)、10時~15時です。

子どもさんも楽しめるワークショップもありますよ。
ぜひご家族で遊びにお越しください。
会場の広場は風がよく通る場所ですが、なにしろこの猛暑です。
どうかお気をつけてお越しください。

詳しい出店情報は十日市ブログを。


30日は夏休み親子おだし教室の日でした。
4才~小3までの子どもたちとお母さんにお集まりいただきました。
暑い中ありがとうございました。
手作りの麺つゆをつくって、サラダうどんでいただきました。

31-1

↑レタスをひたすらちぎる子どもたち。
お友達と一緒だとがぜんやる気アップ、小さな子もはりきってくれました!

31-2

料理教室森かおるのお気に入りアノ網はじめ  おだし三種の神器でおだしをとります。

「あ、おだしのにおーい!」という子もいて、お家でお母さんのすることをよく見ているんだな~と感心しました。
おだしに調味料を加えれば麺つゆの出来上がり。
31-3

旬のとうもろこし(←子どもたちが一生懸命バラバラに外してくれました)の甘みがアクセント。
野菜たっぷりのサラダうどんが出来上がりました。

なんとなく、「家では作れなくて、お店で買うもの」と思いがちな麺つゆ。
やってみたら、案外簡単にできてしまいます。
なんでも「手作りせねば!」となるとしんどいですが、
まずはやってみて、「これならできる」と思うものから取り入れられればと思います。
「おいしいから作ってみよ!」というお気楽なスタンスが、長続きするコツなのかもしれません。
そして、楽しく作ったものが結果安全だったら一番です。

みなさまおつかれさまでした!

※麺つゆは「やさしいおだしの教室」(森かおる)でも紹介しています。(S)

このページのトップヘ