NOTE

京都山崎の生活雑貨と暮らしの教室“Relish”のblog。

http://www.relish-style.com/
https://www.facebook.com/relish.kyoto
4-6-2F Oyamazaki Nishitani, Oyamazaki-cho,Otokuni-gun,Kyoto,Japan

2016年05月

P5312015


市販のアイスもグラスの盛り付けたら、立派なデザートに。
料理教室森かおるもおすすめの、MOWのバニラがお気に入り
きなこやお抹茶をかけて和風にしたり、ヨーグルトやフルーツを添えたり。

ちょっと昭和感のあるレトロなグラスです。
昭和の小学生女子の誕生会の定番デザート、フルーツポンチを思い出しました(笑)

626円

(S)

P5312014


500グラムの梅でつくる、シロップにちょうどいいサイズです。
青梅が本格的に出回り始めました。
容器のご準備はおはやめに。

1620円

1キロの梅でつくる梅酒には、4リットルサイズをおすすめします。(1944円)

(S)

P5312006


突然ですが「とと姉ちゃん」見てますか?

オープニングで宇多田ヒカルさんの歌とともに映し出される印象的な絵。
辻恵子さんの貼り絵作品です。
 ※宇多田さんの「花束を君に」のアートワークもPVの映像も担当されたそうです。

レリッシュでもオープン間もない頃に小さな作品展をしていただきました。
懐かしい…。

新聞紙などに辻さんがハサミ(以前はたしか無印のだったと記憶。今もかな)でする~と切り出すと、今にも動き出しそうな人物が現れる…という、
ちょっと文字では伝えにくい(笑)独自の作品を発表し続けられています。
P5312004


最初に目にしたときは、まさに目が点になりました。

百聞は一見にしかず、ということで、ぜひ実物をご覧いただければと思います。
奈良の靴屋さんで作品展があります。お近くの方ぜひ。

(S)


○辻恵子貼り絵きり絵展覧会○
「貼リ切ル」

会期 6月1日(水)~6月12日(日) 6月6日(月休)
11時~日没

場所 NAOT NARA (奈良市芝突抜町8-1)


詳細は辻さんのHPにて。

maffin



7月スタートの教室のお申し込み開始日をまとめてみました。(写真はteteのおやつ)

はじめての料理 6月1日(水)22時より

パン 6月6日(月)22時より

teteのおやつ 6月7日(火)22時より





※お申し込み初日はHPのお申し込みフォームからのみ承ります。
メールソフトからのメールは承れませんのでご注意ください。
(翌朝の受信扱いになります)
初日は1通につきお1人様分でお願いします。

翌朝10時以降は、メールソフトからのメール、お電話、店頭でも承ります。

※18歳以上の女性対象です。(高校生はのぞく)


よろしくお願いいたします!



raundo


梅干作りには、酸につよい琺瑯をおすすめします。

18センチ(4.5リットル) 梅干1~2キロ、ぬか1キロ 4860円
21センチ(7リットル)  梅干2~3キロ ぬか2キロ 5400円

毎年シーズンになると完売する商品です。
保存食の容器のご用意はお早めに。

レリッシュのお客様にも(スタッフにも)ファンの多い布構成作家の丹羽さんの作品展が
神戸で開かれています。

ヴィンテージの布を使ったカラフルなバッグ。
ぜひぜひお出かけください。

日程:5月26日(木)ー 6月5日(日)12:00 ー18:00

   ※月曜休廊(最終日17:00まで)

    在廊日 5月26日・28日・29日・6月4日・5日


場所:GALLERY & SPACE DELLA-PACE

   神戸市中央区北長狭通4-9-10 黒澤ビル1F

   TEL : 078-392-9638

 

丹羽さんはグラフィカルなバッグの制作の一方で、古いものの「生かし直し」に取り組まれています。
昔のメンズジャケットなどをオリジナルのバッグとして新しい息を吹き込むという、素敵な取り組みです。
私ごとですが、亡き母のキャメルのコートをバッグに仕立てていただきました。
ステッチをそのまま生かしてもらったお茶目なバケツトートに生まれ変わりました
niwasann


断捨離をしてもいつも手元に残してしまう大切な服、思い出の服などお持ちの方はご相談されてはいかがでしょうか?

丹羽裕美子さんHP

(S)

P5251930


P5251931


6月号ができました!

表紙は「賀茂なすとベーコンのグラタン風」。
手が込んでいるように見えて、じつは焼くだけの簡単メニューです

大阪店・京都店の生鮮食品売り場にあります。毎月20ごろ発行です。
お買い物の際はぜひお手にとってくださいね。

旬の食材を使った手軽なメニューが中心です。
全部作れなくても、献立のヒントになれば幸いです。

大阪店(isetan Food Hall)のwebでもご覧いただけます。






水曜日は野菜&豆腐の日。

P5251925

きゅうりが今年初登場です。
採れたて とってもジューシーでちゃんと野菜の味がします。
スティックにしてお味噌をつけたり、サラダにどうぞ。
ポテトサラダにたっぷり入れてもおいしいです。


P5251927

和風だけでなく、温野菜サラダにもおすすめ。(農家さんのpopより)
P5251926

葉つき赤たまねぎ。
葉っぱも食べられます。

お野菜200円

P5251928

長岡京あらいぶきっちんさんのお豆腐。
ちょっとお値段ははりますが(絹・木綿250円)、お豆そのものの昔ながらのお豆腐です。

(S)


おとりおき
075-953-1292

緑があると、空気がいきいきと流れ出すような気がします。

店内の花やグリーンのほとんどは、スタッフの誰かが庭や道端で摘んできたもの。
お客様や実家からの差し入れ、なんていうこともあります。
名前を知らないときは、調べるのも楽しみです。

ご存知、ドクダミ。
hp1

「毒をおさえる」という意味だそうです。
ドクダミ茶はデトックス効果があるそうですね。
子どものころは、反対に毒がある花、と思っていました。
日陰に咲く花だからでしょうか。ごめんなさい。


hp2

(たぶん)トキワツユクサ。  ※違っていたら教えてください。

名前を知らなかったので、露草とよく似た葉っぱの形から推測して調べてみました。
ネットの図鑑によると、南アメリカ原産の帰化植物で、どんどん繁殖して困り者ものとされているようです。
可憐な花なのに、意外な感じです。

草花の名前をたくさん知っている人にあこがれます。


(S)




「はじめての料理」は2月~12月の全11回のレッスンです。
前期(2月~6月)と後期(7月~12月)に分けてお申し込みをいただいております。

7月からの後期レッスンにおきまして若干名さま募集をいたします。

レッスン曜日 第4日曜日 15時~17時

受付開始日 6月1日(水)22時より HPお申し込みフォームにて

詳細は、こちらをお読みください。

    ※定期レッスンのため、ご入会金3000円を別途頂戴いたします。


お問い合わせ
lesson@relilsh-style.com
075-953-1292

P5241912

天然生活ブックス「家しごと、私のルール」に料理教室森かおるの台所の工夫を紹介いただいています。

料理家だけではなく、いろいろな方の衣食住のアイデアがつまった1冊です。

夏のアジアン&中華ごはん

おうちのごはん
牛肉となすの中華味噌炒め
トマトと卵の春雨サラダ
コーンとオクラのスープ
ごはん

カジュアルおもてなし
鶏となすの甘辛和え
カツオときゅうりのアジアンサラダ
万願寺のスパイス肉詰め
夏野菜とエビのスープ
フルーツシャーベット


おうちカフェ
ゆで豚ナッツだれ
海鮮ビーフンサラダ
トマトとココナッツのカレースープ
ごはん
フルーツ

おうちのごはん男子専科
ひき肉と夏野菜のカレー
きゅうりとキャベツのピクルスサラダ

★空きがあれば1回だけのご参加も承ります。
詳しくはお問い合わせください。
e-mail lesson@relish-style.com
075-953-1292

このページのトップヘ