9-1

オリジナル焼菓子「山崎日和」ができました!
オープン当初にも同じ名前のお菓子を販売していましたが、
このたびより「山崎」らしいお菓子にリニューアルしました。
9-3

山崎の歴史をぎゅっと盛り込んだパウンドケーキです。
お抹茶味なのは、大山崎町が千利休ゆかりの町だから。
千利休のお茶室「待庵」(←山崎駅の目の前)にちなみました。

表面にプチプチとちりばめたのはエゴマの実。

香ばしいというより、かすかにすっとした風味でお抹茶味を引き締めます。
エゴマはシソ科の植物で実は油の原料。
大山崎には中世、「油座」があり、界隈は大変な繁栄ぶりだったそうです。
レリッシュの近くの離宮八幡さんは日本の製油の発祥の地といわれ、「油の神様」として有名です。


そして、自然な緑色のケーキは、横から見ると天王山みたい(?強引?)
天王山は言わずと知れた、秀吉と光秀が戦った「天下分け目」の山。
今は歴史の舞台だったのがうそのように、のんびりとたたずんでいます。
のんびりとお茶の時間のおともにしていただけたら幸いです。

cuisson712さんと一緒にレシピを考えて、焼いていただくことになりました。

1本864円 (売り切れの場合はご容赦ください) (S)