tanso

1620円

DSC04523

手前 オーバルの皿 4104円
奥 小皿 1296円

丹窓窯の器が入荷しています。

↓私的な話になります。すみません!

代々丹波立杭(今田町)の地で暮らしに根付いた器を作り続けておられる窯。
バーナードリーチや柳宗理らが訪れた民藝の窯です。

若いころ短い間ですが週末、陶芸教室に通っていたことがありました。
生来の不器用さと、結婚したばかりで料理も超初心者ゆえ、
器と自分の料理のイメージがピンとこなくて、、作るもの作るものがまったく「使えない」ものばかりというお恥ずかしい状態でした(笑)

お茶の時間が毎回とても楽しみで、お菓子や地元の黒枝豆や、名前もしらないきのこなどの山の幸を、丹窓窯ファミリーの皆さんと立杭の器でいただくという贅沢なひとときでした。
教室の奥で先々代のおじいちゃん先生が黙々と作業をされている気配を感じるのも、
なんともいえない時間でした。

当時のご主人が数年前に急逝されてからは、奥様の茂子先生とお嬢様で暮らしの器を制作されているということです。

ご主人とそのお父様の代に親交の深かったバーナード リーチの面影を伝えるスリップウェア。
最近は若いひとたちが上手に使ってくださっているみたい、と、ちょっとうれしそうにおっしゃる茂子先生の笑顔が印象的でした。

IMG_0101


窯のほうにもぜひお出かけください。
ドライブにもおすすめです。

(S)